« 小(コ)バッグとMatsutake(松茸)♪&短距離ラン4日目 | トップページ | 『HERO 2』第2話、軽~い感想&6日連続ラン »

蓮實重彦のサッカー批評、「W杯の限界」(朝日新聞)&5日連続ラン

(20日) JOG 11km,58分25秒,平均心拍 151

      消費エネルギー 542kcal (脂肪 87kcal)

 

以下の文章は、4年前の記事への追記として書き始めたものだが、長くなっ

たので、こちらの新記事に移すことにした。内容的に、ごく簡単なまとめと感

想を書き添えた程度のものなので、悪しからずご了承を。。

 

ちなみに、4年前のW杯記事(南アフリカ、2010)と、3年前のなでしこW杯

優勝記事(ドイツ、2011)は以下の通り。一昨日からまた、かなりのアクセス

を頂いてる。

 

   サッカーのみが「運動する知性」(蓮實重彦)&『ホタルノヒカリ2』第2話

   蓮實重彦のなでしこ&女子サッカー批評(in朝日新聞・耕論)

 

(☆16年5月18日の追記: 蓮實の三島由紀夫賞受賞と記者会見について

  は、上のなでしこ記事でコメントを追記しておいた。)

 

 

          ☆          ☆          ☆

さて、2014年7月19日の朝日新聞・朝刊オピニオン欄には、3分の2ページ

使った蓮實重彦(はすみしげひこ)のインタビュー記事、「W杯の限界」が掲載

された。78歳、仏文学者、映画評論家、スポーツ批評家として知る人ぞ知る

大御所的存在で、元・東京大学総長でもある。

 

色んな意味で非常に「偉い」人で、「お偉い」人、怖い人と感じられることもあ

るだろうが、面白くて愛に満ちた人でもある。ただし、蓮實の「實」という漢字

を、「実」とか「見」と書いてしまうと、ご機嫌を損ねるのでご注意あれ♪

 

基本的な「蓮實節」は今まで通りで、サッカーにおける遊び(ゲーム性)や楽

しさ、途方も無い意外性の重視。逆に、勝利至上主義や国家主義の批判。

 

今回、「うそのように思いがけないことが、ピッチで起こる瞬間を目撃」させて

140721a くれたのは、オ

 ランダ-スペイ

 ン戦のファンペ

 ルシーのヘディ

 ング・シュート

 のみ、との事。

 

 参考として、

 FIFA公式動

 画のキャプチャー

画像を貼らせて頂こう。長いクロスから、派手なダイビング・ヘッドがループ

シュートみたいにフワッと決まったもので、ガラーンとした構図的にも、確か

に意外感がある。少年たちが無邪気に草原でボール遊びしてるような絵だ。

 

興味深いことに、蓮實は同じこの試合で、スペインの世界最高レベルのGK・

カシリャスが5失点した点については「見たことを一刻も早く忘れたい」そうだ♪

アンビヴァレント、両面価値的な視聴体験ということか。

 

 

           ☆          ☆          ☆    

140721b 決勝戦のドイツ選手・

 ゲッツェのシュートも

 見事だが、まだスター

 予備軍にすぎないか

 ら驚きがない、とのこ

 と。この辺り、蓮實の

 「超一流主義」がよく

 表れてる。サッカーに限

らず、単なる一流やそれ以下には冷めた態度が多い。FIFA公式動画より。

 

胸トラップからの、角度の無いボレーシュートは鮮やかだったが、確かにそれ

ほどの驚きはない。実際、コロンビアの得点王、ロドリゲスのシュートと同等と

も言える。

 

(☆追記: FIFAの投票で最優秀ゴールがロドリゲス、2位がファンペルシー。)

 

ちなみに、日本の本田の1ゴール、1アシストについても、わりと高めの評価

を示してた。「彼が日本代表の最低限の名誉を守りました」。私も、本田の出

来については、あまりにも悪く言われ過ぎてると思う。まあ、それは期待の強

さの裏返しでもあるんだろうけど。

 

 

           ☆          ☆          ☆

『ゲーム』ではなくなるから・・・負けないための真剣勝負など、見ていて興奮 

するはずもない」という考えはビミョーだが、前回の岡田サッカーよりザッケロー 

監督の姿勢の方を評価する姿勢には、私も賛成だ。

 

ただ、それを勝利につなげるには、時間も選手の能力も足りなかったし、選手

も含めて大部分の人は、どうしても目先の結果、勝敗を最重要視する傾向が

ある。もちろんザック自身も、追い詰められるとパワープレイの真似事をしたり

するのだ。評論家やアーティストではない、現場のプロフェッショナルだから。

 

ドイツがブラジル相手に7点取ったことについて、「あれはもうサッカーでは

」、「醜い失敗」、「誰かがドイツ代表の精神分析をやらなくてはいけない」、

何かが壊れるし、人の道からはずれているとしか思えない」とまで強く批判

してる点は興味深い。どこにでもあるブラジル批判ではなく、ドイツの側の責

任を厳しく問いただしてる。FIFA公式動画はこちら

 

と言っても、ドイツの側にとっても、僅か7分ほどの間の異様な展開だったと

思うし、5-0になった後は自重気味だったわけだ。無意識の破壊衝動、攻

撃本能が偶然と重なったことによるもので、別に意識的なサディズムや悪趣

味ではないはず。もちろん、ブラジルが点を取り返そうと、前のめりになった

からでもある。そもそも1点取られるまで、ブラジルの方が攻撃的だったのだ。

 

ちなみに私は、試合終了間際、ブラジルのオスカルの1点にウルッとした。

何と哀しい得点シーン。。

 

苦笑するのは、ネイマールの骨折を悲惨さの象徴として挙げる一方、スアレ

スの噛みつきは「一種のかわいげを感じ」たそうだ♪ ただし、日韓W杯のロ

ナウドみたいに「おちゃめと言えるかどうか」は分からない、とのこと。まあ、論

外の行為だけど、確かに非常に意外な行為で「動物的」、それでいて陰惨で

はないから、お気に入りなんだろう。。

 

 

           ☆          ☆          ☆

140721c 「二十数年ぶ 

 りに心から応 

 援」したチーム

 は、ボスニア・ 

 ヘルツェゴビ 

 ナとの事。

 1914年、第

 一次世界大戦

の引き金となったサラエボ事件から100年後に、日本ともつながりの深いオ

シムの尽力もあって、民族対立を乗り越えて初勝利(イランに3-1)。これが、

真夜中の二度の涙につながったそうだ。

 

凡人の私としては、同じアジアのイランの敗北、日本と同じく1分け2敗でグ

ループ最下位という結果の方が気になったが、蓮實は流石、近現代の歴史

や政治への関心も強い大知識人。あのチームの魅力あふれる運動感が継

承され、発展して行けば、気が変わって、「またW杯を熱心に見ることになる 

かもしれませんね」。

 

ただ、この終わり方は、聞き手の太田啓之&金重秀幸記者の構成によるも

のだろう。「何とも陰惨なW杯」、「血生臭さ」、「サッカーは死んだ」。。いつも

以上にネガティブな言葉が並んでたから、最後に少しホッとさせる柔らかい

言葉を持って来ただけだと推測する。

 

まあ、本人も一応認める通り、かなり「変な人間」だから、ヒネリまくった芸術

批評として、軽めに笑って受けとめればいいわけだ。稀少価値は間違いなく

あるから、「次回のW杯まで私が生きているかどうか」などと言わず、あとW杯

5回分くらい、お元気な蓮實節を聞かせて頂きたい。。

 

 

 

           ☆          ☆          ☆

最後に、昨日の走りについて一言だけ。5日連続の細切れランで、衰えた身

体にはキツかったけど、梅雨末期の涼しさが助けてくれた♪ 久々の心拍測

定にも成功。遅いジョギングなのに、心拍、高っ!

 

まあでも、この5日間でちょっと身体が慣れて来たね。って言うか、そろそろ

ヒルクライムその他(笑)に向けて、身体を絞り込まなきゃヤバイのだ。右膝

外側の痛みはいまだに残ってるけど、昨日だと2回、ピリッと痛んだ程度だか

ら、ひどくはない。ただ、もともと大好きな下り坂で飛ばせないのが辛い所。。

 

トータルでは1km5分19秒ペース。気温は低めで23度だけど、湿度が92

%あったから、汗ビッショリ。最近は毎回、走り終わった直後に水浴びを楽し

んでるのだ。夏っぽくて、いいね♪ 

 

今回から、消費エネルギーとその内の肪分も記事トップに掲載開始。体重

や体脂肪率も載せてもいいけど、測るのがダルイのだ。体脂肪率の4点測定

(両手両足)は、走るよりダルイかも(笑)

 

あぁ、楽しい3連休も今日限りか。。それでは、今朝はこの辺で。。☆彡

 

 

  往路(2.4km)   13分29秒    心拍136   

  1周(2.14km)   11分29秒       148     

  2周           11分03秒       155         

  3周           11分08秒       159 

  復路(2.18km)  11分17秒        160  

計 11km  58分25秒 心拍平均151(83%) 最大166(ゴール前)

 

                       (計 3168字)

           (追記 59字 ; 合計 3227字)

|

« 小(コ)バッグとMatsutake(松茸)♪&短距離ラン4日目 | トップページ | 『HERO 2』第2話、軽~い感想&6日連続ラン »

「サッカー」カテゴリの記事

「ランニング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 小(コ)バッグとMatsutake(松茸)♪&短距離ラン4日目 | トップページ | 『HERO 2』第2話、軽~い感想&6日連続ラン »