« 起訴か不起訴か、検事の倫理と現実~『HERO 2』第1話 | トップページ | 計量文献学による解析、K特性値、筆者判定~『ハードナッツ』第4回 »

ラブレターの換字式暗号&数字の順列パスワード~『ハードナッツ』第4回

今週も時間配分の問題で、まず「ソフトナッツ」(簡単な問題)の記事だけアッ

プしよう。メインの「ハードナッツ」(難問)である計量文献学については、おそ

らく後で別記事をアップする

 

(☆追記: 翌日、アップした。

   計量文献学による解析、K特性値、筆者判定~『ハードナッツ』第4回 )

 

ハードナッツ!~数学girlの恋する事件簿~』第4回、「ラブレターと企業恐 

喝テロ」。まずウォーミングアップとして、超ソフトナッツから入ろう。数学ガー

ル、難波くるみ(橋本愛)が他人のPCに不法ログインする時に使った、パス

ワード解読。

 

と言っても、一瞬で解けてしまって、くるみもビックリしてたほど。あれはひょっ

とすると、簡単過ぎるパスワードを設定してる人達への警告も含めてたのか

も知れない。誕生日、1234・・・、「password」(笑)など、極端に簡単なパス

を設定してる人は、世界中に大勢いるという話だ。

 

まあ、複雑なパスを複数覚えるのは大変だから、気持ちは分かるけどね。そ

もそも、家に鍵をかけない人でさえ、田舎だとそれほど珍しくないと思う。実際、

狭い社会だと、それで何ともなかったりするのだ。ちなみに私は、覚えにくい

パスを多数使い分けてるから、時々忘れて設定し直すハメになってる (^^ゞ

 

 

         ☆          ☆          ☆

では本題。「えいと3歳の誕生日」が2012年11月23日。ここから、くるみは

なぜか、パスワードが8(えいと)と1123の「5ケタの数の組合せ」だと考えて、

60通り試し始めた。実際には、超単純な「81123」ですぐ侵入成功となった

が、なぜ60通りなのか。高校1、2年の教科書を復習してみよう。

 

くるみが「組合せ」と呼んでたのは、単に視聴者に分かりやすく言ってただけ

で、本当は「順列」(Permutation)だ。つまり、順に並んだ列。同じ数1が2コ

入ってるから、

 

  (8,1,1,2,3の5個を使って、5個並べる場合の数

                          = 5 P 5 / 2!

                          =5×4×3×2×1 / (2×1)

                          =60(通り)

 

この公式は、元の数すべてを並べる時しか使えないので、念のため。あと、2

で割る理由も確認しておこう。

 

2個ある1を、まず別物の1a、1bと考えて普通に並べれば、5 P 5=120通り。

しかし実は、1aと1bは同じく1だから、このままだと2倍に数えてしまったこと

になる。例えば、本当は「2 3 1 1 5」の1通りなのに、「2 3 1a 1b 5」と「2 3

1b 1a 5」の2通りとして数えてしまってるわけだ。したがって、2で割って重複

を解消すると、答は60通り。

 

なお、もし「7,7,8,8,8」の5個の順列だったら、

    5 P 5 / (2!3!)=10通り。

 

もちろん、この場合ならむしろ、「組合せ」(Combination)で

    5 C 2 =5×4/(2×1)=10通り

と数える方が自然だろう。5つの位置の内、どの2つを7にするか。そう考え

た組合せだ。

 

 

           ☆          ☆          ☆ 

一方、「超」のつかない「ソフトナッツ」である、ラブレターの暗号。これは、原文

を一文字ずつ別の記号(数個)へと交換したもので、広い意味で「換字式暗号

と呼べるタイプだ。当サイトでは以前、プライベートな例に即して記事を1本書

いた。あれは中級者以上向けの話で、やや不親切だったかも知れない。

 

それに対して、今回のラブレターの対応規則は単純。くるみのヒントまであった

が、検索してみると今現在、あれを解いた人がネット上に見当たらない。元の

放送は1年近く前だから、これは意外だった。

 

おそらく、2つの理由が関係して、今まで(ほとんど)誰も解けなかったんだろ

う。まず、1枚のラブレターの映像が、2つのシーンに分割されてたから。ラスト

の説明シーンでは、中央くらいまでしか映ってなくて、その下側は、ドラマの中

盤で映ってたのだ。私は最初、ラストシーンだけから推測して解いて、その後

で中盤の映像を発見した。まあ、気付きにくい話ではある。

 

そしてもう一つの理由は、ラブレターが間違ってたから♪ 単純なミスは初回

でも指摘したし、人気ドラマ『ガリレオ』でも何度か指摘してある。脚本家・蒔田

光治や監修者=考証者(根上生也)が映像の最終チェックをしてないか、見落

としたからだろうし、直接作成する美術スタッフさんへの伝達が上手く行ってな

いからでもあるだろう。

 

 

          ☆          ☆          ☆

では、ラブレターの全文と解読キーを示そう。まず、妙なラブレターから。

 

   大切なあなたへ

   私にとってあなたは、精力満点の栄養ドリンクの

   ような存在。いえ、誤解なさらないでください。

   精力満点といっても 今とっさにあなたが想像したような

   ふしだらな意味で申し上げたのではありません。

   こんな私の気持ちを、愛、と呼ぶべきなのでしょうか。

   それにはまず、愛という言葉を定義しなくてはなりません。

   名前って何?

   くるみと呼んでいる実を別の名前にしてみても

   明晰な頭脳はそのまま。

   君がため恋ぞつもりて淵となってしまいました。

   女と交際しない男は次第に阿呆になります。

   結婚したら、一緒に数学の研究を続けましょう。

   教養のない俗物として、年をとりたくないから。

   あなたを幸せにする自信はありません。

   君の瞳に乾杯。

 

                     コイシイ 

                     難波くるみ

 

 

一方、くるみが連れ去られる前、メモ用紙に書き残した解読キーは次の通り。

 

   7/10, 3/7, 11/2

   11/6, 7/10, 15/6, 9/6

 

 

            ☆          ☆          ☆

くるみは伴田(高良健吾)に対して、「この数字ごとに、文字を読んで行くと、 

メッセージになってるんです ♡」と語ってた。愛のメッセージを解読して救出

に来てくれたんだと勘違いして、くるみは大はしゃぎしてたけど、伴田にして

みれば、そんな暗号は「分かるわけない」♪ 

 

実は、解読キーは、ラブレターの行番号左から数えた文字数を表してる(句

読点は含まず)。最初の「7/10」は、7行目の左から10文字目、つまり、「

を表す。

 

問題は次の、「3/7」。上のラブレターのままだと、「え」になってしまうが、ま

ず間違いなく、これはラブレター作成時の改行の間違いだ。本来のラブレター

は、次のように改行されてたはず。全体の改行方法と比べても明らかだろう。

 

   大切なあなたへ

   私にとってあなたは、精力満点の栄養ドリンクのような存在。

   いえ、誤解なさらないでください。

 

これなら、「3/7」は「」を示す。以下、同様に考えて、は「うらがぞうせん

=浦賀造船。折角、上手く作った暗号なんだから、ドラマの映像にもきちんと

活かして欲しかった所だ。

 

詰めの甘さはさておき、これほどマニアックなドラマは見たことないので、貴重

な作品であるのは間違いない。次回も楽しみにしよう。ではまた。。☆彡

 

 

 

cf. トランプのポーカーの確率計算

          ~『ハードナッツ!~数学girlの恋する事件簿~』第1回解説

   検査精度と難病の確率、落下速度、素因数分解の暗号

                     ~『ハードナッツ!~数学girl』第2回解説

   無理数を発見した弟子をピタゴラスが殺したという伝説の検証

                             ~『ハードナッツ』第3回

   ピタゴラス音律と普通の十二平均律、周波数のズレなど~第3回

   ハートマークと「i LOVE u」、愛の方程式~第5回

   「アッシェンフェルターのワイン方程式」の間違いと本物(原論文)~第5回

   特殊な違いの有無の判定(統計的推測、5%片側検定)~第6回

   変化点検出と外れ値、スコア(Score)~第7回

   変化点検出とスコア、具体的な計算例~最終回

 

                                     (計 2993字)

|

« 起訴か不起訴か、検事の倫理と現実~『HERO 2』第1話 | トップページ | 計量文献学による解析、K特性値、筆者判定~『ハードナッツ』第4回 »

数学」カテゴリの記事

「映画・テレビ」カテゴリの記事

「芸能・アイドル」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/123750/59992694

この記事へのトラックバック一覧です: ラブレターの換字式暗号&数字の順列パスワード~『ハードナッツ』第4回:

» 恋の花など咲くものか・・・恋は胸に刺さった薔薇の棘(橋本愛) [キッドのブログinココログ]
自筆というものが衰退し筆跡鑑定が効力を失う。 恐ろしいことである。 タイピングされた文章の真贋を判定することは・・・時代の要求の一つである。 そこで計量文献学が注目される。 だが・・・その実態は多くの場合、不可解なものとなる。 なぜならば・・・人間の脳における情報処理のアルゴリズムはまだ解明されてい... [続きを読む]

受信: 2014年7月16日 (水) 23時32分

« 起訴か不起訴か、検事の倫理と現実~『HERO 2』第1話 | トップページ | 計量文献学による解析、K特性値、筆者判定~『ハードナッツ』第4回 »