« 14年8月の全走行距離&「リーダー」城島茂の24時間マラソン | トップページ | レース前、最後はビンディング(留め具)シューズで&東京マラソン、エントリー »

『HERO 2』第8話、暴力団の犯罪と一般市民

年に1度の自転車レース直前で、ドラマやブログどころじゃない状況だけど、

昔から関心のあるテーマだし、ごく簡単に感想その他をまとめとこう。裏番組

に好評だった城島茂の24時間マラソンSPが入ったにも関わらず、『HERO

2』第8話の視聴率は大台、20.5%とのこと。ホント、根強い人気だね。

 

さて、今回も非常にシンプルで古典的なヒーロー物語で、悪の暴力団に正義

の久利生検事(木村拓哉)が敢然と立ち向かうという筋書き。外見的にも、型

にハマった対比が付けられてる。悪そうな人、良さそうな人。服装、顔つき、

表情、仕草。

 

ただし、暴力団というものを、幹部、下っ端、顧問弁護士に分けて描いてる点

は丁寧だし、暴力団を倒すのではなく、身代わり出頭の下っ端構成員(池内

博之)を不起訴とするに留めた辺りは、ヒネリがあって芸が細かい所だった。

 

もちろん、コネタでホノボノさせたり笑わせたりする技も健在。水羊羹(ようか

ん)をワイワイ食べるシーンや、暴力団に襲われないためと言うより、襲って

くれとアピールしてるような変装(笑)。あるいは、「身代わり」、「日替わり」な

どの言葉遊びとか♪ 

 

ちなみに最近は、言葉の後ろから前へと逆向きに辞書を引く「逆引き」がネッ

トでもすぐ出来るから、似た言葉は簡単に検索できる。実際、Yahoo!辞書

で「がわり」で終わる言葉を検索すると、日替りも身代りもヒットした。脚本は

いつもの通り、実力派のベテラン、福田靖。

 

 

            ☆          ☆          ☆ 

さて、暴力団の対立抗争というのは、テレビ、映画その他でお馴染みのもの

で、時々ニュースでも目にすることがある。ここ最近だと、最も騒がれたのは

九州の抗争だろう。

 

2006年以降、一般人まで巻き込んだ事件が続いたので、2つの団体を全

国初の「特定抗争指定暴力団」に指定(2012年、改正・暴力団対策法)。

去年から今年にかけて、ひとまず抗争集結という形になったらしい。

 

もちろん今後も警戒が必要だが、実際問題、暴力団はどのくらいの人数がい

て、どの程度の犯罪を引き起こしてるのか。私自身も含めて、あまり知らない

と思う。今回のドラマでも、テロップや台詞、HPでの補足的説明はない。

 

そこで、法務省、警察庁による公式データをごく簡単にチェックしてみた。もち

ろん、それは表面的なものであって、裏の分かりにくい実態を表してないといっ

た批判もあるだろうが、とりあえずの基本、スタート地点という事だ。

 

 

           ☆          ☆          ☆  

まず、最新の平成25年版の犯罪白書を法務省HPで見てみよう。ここ20年

で暴力団構成員等の検挙人員は徐々に減少。平成24年(2012年)だと、

計24000人ほどとなってる(一般刑法犯14500人+特別法犯9600人)。

 

140903a

 

一般刑法犯のみの検挙人員の全体は約29万人だから、暴力団がその20

140903b  分の1を占めて

  ることになる。

  特別法犯も含め

  ると、暴力団は

  約30分の1。

 

 

           ☆          ☆          ☆      

一方、警察庁の「平成25年の暴力団情勢」を見ると、ここ10年で暴力団員

140903d  (構成員+準構成員)

  はかなり減って、平

  成24年の時点だと

  約63000人。とい

  う事は、僅か1年間

  で3人に1人以上が

  検挙されてることに

  なる。

 

  もちろん、普段から

  警察・検察に目をつ

  けられてるという事

  情はあるだろうけど、

  それにしても多過ぎる

  だろう。一般人だと、

数百人に1人の割合なのだから。

 

ただし、検挙理由の1位は断トツで覚せい剤(特別法犯)。続いて多いのが、

傷害、窃盗、詐欺などだ。殺人は約100人で、これも全体(約1000件だか

ら2000人くらいか)の20分の1くらいとなる。ということは、暴力団の犯罪

の中で、殺人が目立って多いわけではない。一般の犯罪者と同じく、200人

に1人くらいの割合で、殺人でつかまるわけだ。

 

 

          ☆          ☆          ☆

では、今回のドラマで扱われた、暴力団同士の抗争というのはどうなのか。

再び警察庁のデータを見ると、ちょっと意外な事実が分かる。簡単に言うと、

かなり少ないと言うか、ごく僅かなのだ。

 

140903e
   

 

発生事件数というのは、数え方が特殊だから飛ばして、発生回数以下を見る

と、銃の使用は10回程度、死者・負傷者が共に5人程度。一般人の死傷者

というのはほとんどゼロとなってる。この辺り、暴力団の対立にカタギを巻き込

まないような配慮があるのかも知れない。まあ、カタギへの配慮というより、余

計な敵を作らないための狡猾さかも知れないが。

 

 

            ☆          ☆          ☆

簡単にまとめると、暴力団は数が少ないわりに、犯罪者(正確には検挙者)

が非常に多いが、殺人が特に目立つとは言いにくいし、一般人が対立抗争

に巻き込まれる確率はほとんどゼロと言っていい。

 

だからと言って、対立抗争が許容されるわけではないが、フィクションの世

界では、派手な犯罪を誇張してる可能性が高い。派手なことをすれば、処罰

される確率も高まるから、冷静に計算できる幹部なら、なるべく避けるだろう。

 

もちろん、検察官や事務官に手を出すなんていうのは論外で、検察・警察を

真正面から敵に回すことになる。だからこそ、あのいかにも悪そうな顧問弁

護士(鶴見辰吾)も、余計な事をしないように組の者たちに伝えたわけだ。

 

ちなみに彼、プライベートでは自転車好きの芸能人としてかなり有名だった

りする♪ 熱いアスリートなのだ。

 

 

           ☆          ☆          ☆

話を戻すと、私自身は、暴力団っぽい男にからまれたことが10回弱くらい(?)

あるが、ホントに暴力団員かどうかは怪しいし、実害を受けたことはない。周囲

でも、実害を聞いた覚えはないのだ。

 

それに対して、自転車やバイクで真面目に走ってて、自動車(四輪)にひき殺さ

れそうになったことなら何百回もあると思う(特に左車線での猛スピードの追い

越し)。その内の何回かは、明らかに意図的なものだった。

 

これは統計でもハッキリ表れてて、自動車(バイクも含む)関連の犯罪者(自動 

車運転過失致死傷等)圧倒的に多い。窃盗と合わせると、刑法犯の8割を

超え、その大半は一般人によるものなのだ。

 

暴力団を悪として強調し、打ち負かすと、分かりやすいし、大部分の人の共

感を得られる。でも、多くの人がおかしてる犯罪を悪として強調すると、視聴

者その他の反発を招く。あるいは、他人事のように流されたり、チャンネルを

裏番組へと変えられたリする。文科省はともかく、テレビ局サイド、特に脚本

家は分かってるだろう。善悪のつけ方、選び方、作り方。

 

だからこそ、私が今回のようなドラマを見る時は、統計データも見るし、いか

にも悪そうな暴力団の姿の向こう側に、フツーの姿で犯罪をおかす大勢の

一般人を「見てる」わけだ。その中に自分が入らないよう、十分注意しようと

思いながら。。

 

 

          ☆          ☆          ☆

視聴率が高いドラマというのは、実は逆に、「見るのが難しい」ドラマだろう。

「スッキリする」のが簡単だとしても。。ホントは暴走族やマイルドヤンキーの

話にも触れるつもりだったけど、もう時間が無くなってしまった。

 

今回、本当に不起訴が正しいのかどうか、それも厄介だから保留しとこう。

1人の目撃者の証言など、出頭者が身代りだという根拠としては弱いものに

過ぎない。あくまで、始めに結論ありきのドラマ的ストーリー展開だった。

 

それでは、今日はこの辺で。。☆彡

 

 

 

cf. 「暴力団をなくすために山口組を守りたい」~組長インタビュー(産経新聞)

    芸人・暴力団・一般人~上岡龍太郎の刺激的発言(inバブル末期)

 

        ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・    

   起訴か不起訴か、検事の倫理と現実~『HERO 2』第1話

   『HERO 2』第2話、軽~い感想&6日連続ラン

   新・創世記、「Let there be surf」(波あれ)~『HERO 2』第3話

   仲間、身内という存在~『HERO 2』第4話

   『スマスマ』ネイマール笑顔&『HERO 2』第6話&6日連続走

   『HERO 2』第7話、軽~い感想♪

   チームワークと善悪~『HERO 2』第9話

   事件と人生、真正面に向き合うとは~『HERO 2』第10話

   LIE STOPS HERE(嘘=夢はここにある)~『HERO 2』最終回

 

                                    (計 3240字)

|

« 14年8月の全走行距離&「リーダー」城島茂の24時間マラソン | トップページ | レース前、最後はビンディング(留め具)シューズで&東京マラソン、エントリー »

「映画・テレビ」カテゴリの記事

社会」カテゴリの記事

「芸能・アイドル」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/123750/60254206

この記事へのトラックバック一覧です: 『HERO 2』第8話、暴力団の犯罪と一般市民:

» 納得いかないんで・・・釈放しちゃいます(木村拓哉) [キッドのブログinココログ]
巨大な社会である。 巨大な社会を維持・運営していくために法がある。 しかし、法が万能であることはない。 殺人を禁じても殺人事件は発生し、メルトダウンや土砂崩れを取り締まる法律はない。 だが・・・法を盾に何が善で何が悪かを説くことはできる。 「HERO」で描かれる一種の勧善懲悪はひとつの理想論である。... [続きを読む]

受信: 2014年9月 4日 (木) 00時10分

» 『HERO』 第8話 [美容師は見た…]
危うきにも近寄らずには済まないのが久利生ですが、暴力団に対しても堂々と立ち向かう姿勢を見せた今回も、カッコ良かったですね~。よいこはまねしないでね(笑)下っ端は、よ~く考えよう。幹部になることより、これからの人生。。。敵対する暴力団幹部を殺害した被疑者・権... [続きを読む]

受信: 2014年9月 4日 (木) 09時51分

« 14年8月の全走行距離&「リーダー」城島茂の24時間マラソン | トップページ | レース前、最後はビンディング(留め具)シューズで&東京マラソン、エントリー »