« お市の方の小豆袋、出典は本当に『朝倉家記』なのか~『信長協奏曲』第6話 | トップページ | 『きょうは会社休みます。』第6話、超軽~い感想♪ »

高倉健『幸福の黄色いハンカチ』の原作小説『Going Home』&25km走・3本目

(18日) RUN 25km,2時間06分23秒,平均心拍 154 

      消費エネルギー 1377kcal(脂肪 220kcal)

 

スターとしての神秘性を保った最後の映画俳優、高倉健が静かに他界した。

数々のニュースや哀悼の言葉が続く中、ロケの合間にジョギングしてたとい

141119a う話にも驚いたけど、

 私が一番感心した 

 のは、鹿児島の健

 康食品通販会社、

 「健康家族」の話

 だ。最後のCMと、

 最期の「仁義」。

 

自社農場で「不器用」に無農薬生産を続ける地方の会社の社長が、直筆で

出演依頼した所、「不器用」な高倉健が共感。井上陽水も共鳴して、大物2人

の共演で2パターンのCMが完成。にんにく物語「土との出会い」、「収穫編」。

2月と8月の撮影。いいCMだから、60秒のYouTube動画にリンクをつけと

いた。BGMはお馴染み、「夏が過ぎ 風あざみ・・・」。陽水の『少年時代』。

 

本人もお気に入りのCMで、来年以降の続編も楽しみにしてたとの事。とこ

ろが急な他界となって、公に発表する前に、所属事務所の社員がわざわざ

鹿児島の本社まで伝えに行ったらしい。おまけに、CM放映の継続も希望し

たとの事。FAXをメディアに送る前に、最後の「短編映画」に筋を通したわけ

で、なかなか出来る事ではない。旅立ちの際にも男前。流石は大スターだ。。

 

 

           ☆          ☆          ☆

141119b  一方、主演した代表作の一つ、

  『幸福の黄色いハンカチ』。映画

  を見たことはないけど、色んな形

  で自然に見聞きしてる有名な作

  品だ。

 

  左はCaptain76氏が撮影した、

  北海道夕張市のロケ地。ウィキ

  メディアより。

 

私は訃報の中で、この映画の話を読んだ時、これまた「不器用」な秀作ドラマ、

ゴーイング マイ ホーム』を思い出した。タイトル通り「我が家に行く=帰る」

話だ。正確に言うと、実家というマイホームに行くことを通じて、本来のマイホー

ムで家族が再出発する物語。是枝裕和監督、阿部寛&山口智子W主演。

 

その後、ウィキペディアで『幸福の黄色いハンカチ』の項目を見ると、原作となっ

たコラムは『Going Home』(ゴーイング・ホーム)というタイトルらしい。気になっ

て調べ始めると、予想外に深い話で、意外なつながり、共通点も発見。またズ

ブズブとハマってしまったのだ♪

 

 

           ☆          ☆          ☆

時間も字数も無いし、歴史の詳しい話は省略しよう。おそらく、最初に上手く

まとめた記事(の1つ)が、アメリカ民俗生活センターの「How the Yellow 

Ribbon Became a National Folk Symbol」だろう。手軽なまとめな

ら、日本語サイトを検索しても出て来る。

 

歴史を遡ると、400年前のシェイクスピア『オセロ』のハンカチや歌までたど

ることもできるし、20世紀の映画なら1949年の西部劇、ジョン・ウェイン

『She wore a Yellow Ribbon』(邦題:黄色いリボン)がポイント。

 

ただ、『幸福の黄色いハンカチ』の原作コラムとのつながりで言うと、1959

年の刑務所改革の書物、『Star Wormwood』(ニガヨモギという星;おそら

くヨハネ黙示録より)を挙げられる。その中の一節に、著者カーティス・ボク

聞いた話として、列車で出会った2人の男の物語があるのだ。

 

   無口な方の男は、実は5年の刑務所生活を終えた後。もし、家族が

   自分を受け入れてくれる場合は、線路のそばの大きなリンゴの木に

   白いリボンを巻き、それを見た男が列車を降りる。受け入れない場

   合はリボン無しで、男はそのまま列車で遠くに去る。

 

   ところが、男は自分で見ることが出来ず、相棒の男に任せる。やが

   て相棒は、男の腕に手を当てて叫ぶ。

   「あるよ。良かった。木が丸ごと、リボンで真っ白だ」。。

 

 

           ☆          ☆          ☆

で、いよいよ高倉健の映画の原作コラム、『Going Home』の出番となる。

1971年、ピート・ハミルがニューヨーク・ポストに書いたフィクション(短編小

説)で、今でも公式サイトに再掲されてるから、すぐ読める。河出文庫『ニュー

141119c  ヨーク・スケッチブック』

  に邦訳もあるらしい。

  ここでは、英語原文に

  即して要約しとこう。ハ

  ミルも、誰かから聞い

  た話を元にして書いた

  そうだ。

 

 

    3人の少年と3人の少女、計6人が長距離バスに乗ると、冴えない男

    が座ってた。全く動かないし、沈黙したまま。見た目もさえない。休憩

    の時でさえ、バスを降りないから、若者たちは気になって来る。やがて、

    少女が話しかけたのをキッカケにして、男も少しずつ打ち解けて来る。

 

    実は男は、4年の刑務所生活を終えた後、家に向かう所だった(he 

    was going home)。ずっと連絡を取って無かったけど、最近手紙

    を書いた。もし、妻と3人の子供たちが自分を受け入れてくれるなら、

    大きなオーク・ツリー(ブナ、カシなどの木)に黄色いハンカチを巻い

    てくれ。ハンカチが無ければ、自分はそのまま去る。

 

    刻々と男の故郷に近づき、彼も若者たちも沈黙する。あと20km、あ

    と10km。男は窓の外を見ようとしない。そして突然、若者たちが狂喜

    乱舞し始めた。木は何百もの黄色いハンカチで覆われてたのだ。男は

    席を立ち、緊張したまま歩み始める。バスの出口へ、そして我が家へ。。

 

 

           ☆          ☆          ☆

まとめてしまうと、男2人の列車旅行の話と似てしまうが、やっぱり文学なの

だ。「frozen into some personal cocoon of silence」とか、細かい

描写に味わいがある。「自分だけの沈黙の繭(まゆ)の中へと凍りついてる」。

あと、若者たち、特に少女が可愛い♪ ハンカチの話を聞いた反応とか。

 

   “Wow,” the girl said.“Wow.”   ワウ!×2♪

 

もちろん、男の沈黙と若者たちの騒ぎの対比=コントラストもしっかり作られ

てる。元の列車の話だと、小説の形にはなってないのだ。最後の別れもいい。

男も若者たちも、何も言葉を交わさず、静かにサラッと別れるのだ。米国とか

ニューヨークと言うより、日本や古都の香りが漂ってる。百人一首なら、

「これやこの 行くも帰るも別れては 知るも知らぬも 逢(あう)坂の関」。

 

静けさや自然とのつながりは、健康生活のCMともドラマとも共通。そして、

そびえたつ木は、キリスト教の神のような、愛に満ちた絶対的存在であると

共に、「男自身」でもある。ファルス的存在を、妻=女性が抱きしめるわけだ。

リボンという象徴を通じて。

 

高倉健もおそらく、無数の黄色いハンカチに迎えられたのだろう。ゴーイング・

マイ・ホーム。天上の我が家に帰って、安らかにすごして頂きたい。合掌。。

 

 

          ☆          ☆          ☆

もう時間が無くなったので、いきなり終わりにするしかない♪ 昨日は3本目

25km走で、1km5分03秒ペース。またしても5分を切れなかったという

話だ。気温10度、湿度55%。絶好の条件だったのに。。

 

ま、ホントは単なるジョグにしようかなと思ってたくらいだから、良しとしよう。

走ってる間に、自然にスピードが上がったのだ。パブロン2錠の作用で興奮

したのかも♪ コラコラ! それでは、また明日。。☆彡

 

                 時間     平均心拍  最大心拍

  往路(2.4km)   13分24秒    137     148  

 LAP1(2.14km)   11分08秒    148      154    

   2           10分56秒     153      156        

   3           10分42秒     155      159    

   4           10分39秒     156      159    

   5           10分32秒     158      162

   6           10分41秒     157      160

   7           10分40秒     157     162

   8           10分38秒     157     162

   9           10分38秒      159     161

  復路(3.34km)  16分26秒     159     169

計 25km 2時間06分23秒 心拍平均154(85%) 最大169(93%)

 

                                    (計 3072字)

|

« お市の方の小豆袋、出典は本当に『朝倉家記』なのか~『信長協奏曲』第6話 | トップページ | 『きょうは会社休みます。』第6話、超軽~い感想♪ »

「ランニング」カテゴリの記事

「文化・芸術」カテゴリの記事

「映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« お市の方の小豆袋、出典は本当に『朝倉家記』なのか~『信長協奏曲』第6話 | トップページ | 『きょうは会社休みます。』第6話、超軽~い感想♪ »