« 残り372字、27kmジョグのデータ | トップページ | 「16進法」の解説~2進法、10進法との相互変換、ウェブカラー »

紅白歌合戦&実写版ボクシング映画、軽~い感想♪

「紅白歌合戦、サプライズは無いとか言っといて、やっぱりあったわけね。これ

だから、芸能界の言葉は信用できないんだよな」・・とか、ツイッターみたいな

事をつぶやいて終わるようでは、マニアック・ブログを自称する資格はない♪

 

試しにあらためて検索してみたら、livedoorの配信記事は削除されてる (^^ゞ

サンスポは、「さらなるサプライズ・・・『ないです』と断言する一方、『企画は考

えています』とコメント」と伝えてた。なるほど、中森明菜の生出演は、サプラ

イズではなくて企画ゲストなわけね。とりあえず、日刊ゲンダイの「中森明菜

出場はガセネタか」っていう記事は、ガセネタだった♪ ま、驚きはないけど。

 

中森は米国から新曲『Rojo-Tierra-』(ロホ・ティエラ)を披露ってことで、

早速Google翻訳してみると、予想通りスペイン語で、意味は「赤い 地球」

と出る。まるで大トリの松田聖子のヒット曲、『瑠璃色の地球』をパロってる

みたいだし、ちょっと変だろと思って単語の意味をよく見ると、ティエラには

「土地」とか「土」って意味もあるわけか。「赤土」なら全仏テニスの曲だね♪

・・・とかボケても、通じないのであった(笑)

 

ま、こう書いとくと、紅白で中森が出た途端に、曲名の検索アクセスが入る

はず。おそらく、間違って「Tiara」とか「ティアラ」と入力する人もいるだろう

・・・って言うか、私自身が勘違いしたわけ (^^ゞ 正直で、いいね♪

 

 

          ☆          ☆          ☆

個人的にはむしろ、有働由美子の衣装の方が気になる(笑)。去年のゴール

ドのボディコン・ドレスには、職場の後輩たちも驚いたという話。出演者の衣

装より目立ってて、かつての小林幸子の域に接近♪

 

141229b   大反響を受けて、今年はセーラー服を準備し

  てたのに、どうも却下されたらしい(笑)。まあ、

  国営放送の限界なのだ。

 

  って言うか、民放でも以前、コスプレが嫌で

  (?)止めた女子アナがいたね。女子アナと

  は、局に所属する安上がりなアイドル・

タレント。この基本が分かってなかったようだ。中学の社会で教えとくべき常

識だろう♪ 写真はNHK広報局のtwitterより。

 

141229a  諦めきれない有働は、ルーズソックス姿で番組

  担当者にアピールしたのに失敗。45歳、頑張っ

  てるけど、服装の選択がちょっと古めかも(笑)。

  今どきのルーズなら、内側にもう1足、黒系のも

  のを重ね履きしなきゃダメなのだ・・・って細かい

  わ! まあ、案外、ブレザー&ミニスカ&ハイ

  ソックスか、ニーハイならOKが出たりして♪

 

  ちなみに私は、毎年紅白を「見なきゃいけない」

  環境だから、面白がるしかないのだ。ま、後番組

の『ゆく年 くる年』は大好きだけど♪ しかし「ゆく年」って題名。高齢者の方

にはビミョーかも。コラコラ! あぁ、佳子さまが御出演してくださらないかな。。

 

 

           ☆          ☆          ☆

一方、ボクシングの名勝負・・・って言うか、『あしたのジョー』実写版2011。

もともとTBSが絡んでたってことで、昨日もTBSが21:00~23:08の時間

帯で放送。地上波初。

 

私は後半1時間だけ見ようと思ってたのに、結局35分しか見れなかったか

ら、記事タイトルに映画名を入れるのを差し控えたわけ。自主規制として、

半分くらいは見なきゃダメなのだ。しかし35分見ただけでも、かなりカットさ

れてるなと感じた。元の映画の上映時間は131分。今回の放送時間は、

CMを除くと99分だったというウワサ(twitter)♪ 要するに4分の3になっ

てたわけか。

 

現代版じゃなくて、基本的には原作通りの時代設定かな。1泊100円とかの

ドヤ街、安くて、いいね。見てるだけなら(笑)。実際に泊まると色々あるはず。

この色々の部分は、具体的に書かない方が無難だと判断。

 

矢吹丈のイメージとかメタファー(比喩)として、紙飛行機を使ったのは、脚本

の篠崎絵里子のアイデアかな。聞き覚えのある名前だなと思ったら、『クロサ 

ギ』や『ヤマトナデシコ七変化』を担当してたんだね。どれもマンガが原作。紙

飛行機はいいとして、写し方はもっとフツーの方が良かったかも。50年前、

昭和っぽい感じで。撮影用のセットとかは頑張って作ってたもんな。

 

 

          ☆          ☆          ☆

それでは、この辺で(笑)。コラコラ! 主役の美青年、髪型も体型もしっかり

作り上げて、良かったんじゃないの♪ 原作も、顔は可愛くてキレイだもんね。

まあ、原作のガラの悪さは映画だと消えてたけど、今だと言葉とか制約がキ

ツイし、美青年のキャラもあるし、別にいいと思う。

 

私が見始めたのは22時半だから、試合開始直後くらいかな。人気タレントを

使ったボクシング映画としては、なかなか良く出来てると思った。力石徹役の

伊勢谷友介は、私生活的にあんまし褒めたくないんだけど(笑)、かなり減量

してるね。当時から、ネットのニュース記事で読んでた通り、プロ根性を見せ

てた。美青年のフットワークとか、テクニックもまずまず。

 

撮影協力したのかどうか知らないけど、TBSお得意の被写体をグルッと360

度回転するカメラも使って、映像的にも拳闘=健闘♪ ま、メイクはちょっと派

手すぎるかな(笑)。あれだと、バラエティのコントに近いでしょ。

 

試合展開も内容も、かなり原作に忠実だったような気がする。私は、格闘技

大好き少年だった頃に1回か2回読んだだけだから、あんまし覚えてないけ

ど、力石の倒れ方や死に方はほぼ原作通りじゃないかな。テレビ映像に先

回りして、脳内でイメージ出来た♪

 

 

           ☆          ☆          ☆

もちろん、本物のボクシングとは違うから、動きが激し過ぎて大げさなのは

確か。そもそも『週刊少年マガジン』連載だし、原作マンガの「原作者」も、派

手なスポ根を得意とする高森朝雄(梶原一騎)だし。

 

本物のボクシングで、あご狙いのアッパーを連発するのは難しい。接近して、

腕を一旦大きく下げた後の大振りになるから、相手のダメージがかなり大きい

時じゃないと、自分の方が危なくなる。もちろん、相手もあごはしっかり守るか

ら、アッパーを打つとしてもボディ(腹)。これだと、マンガやアニメ、映画的に

ちょっと弱いから、あごにヒットさせて2mくらい空中に飛ばすことになる♪

あれはワイヤーなのか、CGなのか、トランポリンなのか。。

 

ちなみに、同じく古典的名作マンガの『がんばれ元気』なら、アッパーをヒネっ

て、「アッパーストレート」。腕を下げる代わりに、自分自身が屈んで、下から

上に向けて普通の全力パンチを真っ直ぐ突き上げるのが必殺技で、最後も

それだった(ネタバレ♪)。もちろん、実際のボクシングだとほぼ不可能じゃ

ないかな。ちなみに私は、元気より、女の先生・芦川悠子が好みだ(笑)。最

後あたりは、涙、涙なのだ。。

 

 

         ☆          ☆          ☆

話を『ジョー』に戻してお嬢様の白木葉子が香里奈だと『SUMMER NUDE

の軽いイメージになっちゃうけど、それなりに演じてたのは確か。他に適役が

見当たらないしね。髪型や年齢的には黒木メイサもありだけど、それはそれ

でビミョーかも。

 

丹下段平(香川照之)は、演技よりメイクに感心(笑)。本人も、減量じゃなくて

増量したのかね。ま、香川的にはやりにくい役だと思う。元のキャラが個性的

すぎて、しかも超有名だから、独自のものを出しにくかったはず。

 

とにかく、最後の35分だけ見た感じでは、まずまずの出来って所かな。トー

タルの観客動員数や興行成績のデータがまだ発見出来てないけど、出足は

かなり良かったらしいし、『あしたのジョー2』が作られても不思議はない。何

しろ美青年ファンは数が多いから、ファンだけでも成功確実なのだ♪ DVD

も買ってくれるしね。

 

私は、ヒマが出来たら、原作マンガを読み返してみたいと思った。ネットカフェ

とかマンガ喫茶で探せば、読めるんでしょ。電子書籍もあるしね。ちなみに、

原作の絵を担当した、ちばてつやは、75歳でまだお元気そうだ。ウィキペディ

アを読むと、力石徹に謝ったらしい♪ うっかり大柄に描いてしまったから、

過酷な減量や死につながってしまったとのこと(笑)。そうゆう理由かよ!

 

もちろん、「本物」の葬儀に参加した力石ファンは、そんな言葉を相手にしな

いだろう。作者の意図と作品の世界は、関係はあっても一応独立なのだ。

それでは、今日はこの辺で。。☆彡

 

                                     (計 3336字)

|

« 残り372字、27kmジョグのデータ | トップページ | 「16進法」の解説~2進法、10進法との相互変換、ウェブカラー »

「映画・テレビ」カテゴリの記事

「芸能・アイドル」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/123750/60884874

この記事へのトラックバック一覧です: 紅白歌合戦&実写版ボクシング映画、軽~い感想♪:

» 美しき死に至る闘争~あしたのジョー(山下智久) [キッドのブログinココログ]
二十世紀の不朽の名作といえる「あしたのジョー」・・・。 二十一世紀に不死鳥のように蘇る・・・。 劇画、アニメ、実写映画と様々な先行系がある以上・・・それぞれに派生した妄想空間があるわけだが・・・山下智久の演じる矢吹丈は文句なく・・・ジョーである。 もちろん・・・伊勢谷友介の力石徹、香川照之の丹下段平... [続きを読む]

受信: 2014年12月31日 (水) 06時21分

« 残り372字、27kmジョグのデータ | トップページ | 「16進法」の解説~2進法、10進法との相互変換、ウェブカラー »