« 滑り止め付きランニング用ソックス&14年11月の全走行距離 | トップページ | レース前、最後のスピード練習もどき、無事終了♪ »

『信長協奏曲』第8話、原作コミックとの比較など

2014年の流行語大賞は、「ダメよ~ダメダメ」、「集団的自衛権」。なるほど

ね、ちょうど選挙前だし。ユーキャンはともかく、『現代用語の基礎知識』は

左派=リベラル的な事典で、出版元は自由国民社か。で、審査員が編集長、

姜尚中、鳥越俊太郎、やくみつる、俵万智、室井滋、箭内道彦。納得・・・っ

て言うか、初めて知った。

 

だから毎日新聞が左派的に報道して、朝日新聞も軽く左寄りに伝えるわけか。

一方、右寄りの産経と読売はあっさり伝えて、日経はお馴染みの淡白な中立

的ニュースになってる。分かりやすいメディアの構図だね。流行語大賞の伝え

方だけで、それぞれの基本的ポジション、立ち位置がキレイに表れてるわけだ。

 

 

          ☆          ☆          ☆   

「左派と右派、リベラルと保守といった二分法はもはや意味が無い」というよ

うな話は以前からあるけど、呼び名はともかく、大きく分けて2つの陣営が対

立しがちな点はほとんど変わってないし、中身も人もメディアも、ある程度は

決まってしまう。最近の大物俳優の訃報もそうだった。

 

むしろ、「『もはや意味が無い』という主張には、もはや意味が無い」と言うべ

きかも♪ あるいは、意味の揺れ、ズレを見つめるべき、とか。

 

いや、急に政治思想的な話をしたいわけじゃなくて、経済思想に目が行った

のだ。織田信長(小栗旬)の楽市・楽座というのは、経済的な自由主義(リベ

ラリズム)で、大まかなイメージ的には良い事のような気がする。悪しき制約

に対する規制緩和、束縛からの解放。ドラマでも、週刊ヤングマガジンの『セ

ンゴク』でも、いいイメージで描いてた。

 

ただ、織田領(その他)が急に独自判断で始めて、そんなに上手く行くのか

ね。関所にも関所の意味があるわけで、それを急に撤廃すると危ないような

感じもある(江戸時代には復活)。そもそも戦国時代の後半、織田は全国か

ら狙われてる身だし。理屈はともかく結果的に成功したって感じの歴史把握

も、再考してみる必要がありそうだ。

 

ま、今日はマンガの話をしたいだけだから、あまりこだわらない事にしよう。

ちなみに、最新の義務教育の教科書『社会科 中学生の歴史』(帝国書院、

2014年)にはこう書いてた。謎の兵法書『日本史B』なら、もっと色々書い

てるだろう。演説に紛れ込んでたマニュファクチャー(工場制手工業)とか♪

 

   信長は・・・・・・次々と政策をうち出しました。まず、関所を廃止して

   自由な交通を可能にし、道路を広げて商品の流通をさかんにしま

   した。さらに、楽市令を出して座をなくし、市場での税を免除して商

   工業を活発にさせました(楽市・楽座)。その一方で、堺では自治

   権をうばうなど、商人や職人たちを支配下におきました。しかし、

   1582年、家臣の明智光秀に本能寺(京都府)で攻められ、信長

   は自害しました(本能寺の変)。     (p.91)

 

 

          ☆          ☆          ☆

それでは、今日はこの辺で・・・って、コラコラ! はいはい、コミックの話ね♪

試しに、最近のドラマの箇所だけ読んでみたら、なかなか面白かった。特に、

お市のふくれっ面が(笑)。すぐ、プーッと頬を膨らませて怒る顔がカワイイの

だ。ま、少年マンガ的な表現とも言える。

 

意外だったのは、一番後ろの印刷の情報。アニメの放送開始直前、今年の

6月になってようやく、第2刷とか第3刷になってる。ネットで調べてみると、信

頼できる情報がほとんど見当たらなくて、11巻で100万部という数字が一応

流れてる程度。この情報は、オリコンの週間ランキングの数字からの推測と

それほど違ってないから、一つの目安になるだろう。

 

地上波のフジテレビでアニメとドラマが放送されて、この数字ということは、そ

れまでは大ヒット作ではなかったはず。そこに目を付けたわけだから、フジと

しては気合を入れた勝負だね。視聴率その他から考えると、今のところボチ

ボチの結果かな。第7話が10.5%、第8話が11.8%。金、人、手間をつぎ

込んだわりにはビミョーかも。

 

元の歴史は男の子っぽい話なのに、マンガの絵やストーリー、感情描写には

かなり少女マンガっぽい部分も感じる。面白いミックスだと思うけど、大ヒット

は難しいのかな。7巻で300万~400万部の『きょうは会社休みます』とか、

幅広い女性読者にウケそうなコミックと比べると。。

 

 

          ☆          ☆          ☆

さて、原作マンガとドラマを比べると当然、類似点と相違点がある。元が本物

の歴史だし、大まかなストーリー的にはかなり似てた。第8話のメインである、

森可成(よしなり : 森下能幸)ファミリーの扱いもほぼ同じ。

 

一番違うのは、帰蝶だろう。ドラマだと柴咲コウのキャラに合わせて、ツンデレ

と言うか、ツンツンデレくらいのキャラになってるけど、原作は奥ゆかしい正統

派の美人妻。「びじんづま」と読んでも、「び・ひとづま」と読んでもOK♪ 個人

的には、原作の方が好みだ。愛する信長さまが京からなかなか帰って来れな

いだけで、涙を流す姿とか。

 

ドラマの第8話になって、いまだに「ウツケ!」と信長を呼び捨てる帰蝶の姿は、

どうもしっくり来ない。せめて序盤、第3話くらいまでにしとけば良かったと思う。

 

ちなみに、歴史的にはお市(水原希子)が絶世の美女として扱われてるようだ

けど、原作マンガでは帰蝶が典型的な美女で、お市は気の強い個性派。一応、

旦那様の浅井長政(高橋一生)から一歩引いた立場を保ってるけど、子供の

茶々を使って、長政の織田攻撃を止めさせようとする。その説得に失敗する

度に、プーッとふくれっ面して平安美人になるのだ♪

 

マンガの侍女・ゆき(夏帆)の性格も、お市にちょっと似て、気が強いのに、

ちょっと可愛かったりする。上杉謙信に片思いする忍びの女のコだったのに、

少しずつ敵のサブロー信長に魅かれて行く。でも、自分ではその変化を認め

たくない。ハッキリ気付いて、情に流されやすい性格を心配してるのは、ゆき

の姉だけなのだ。

 

ゆきは風呂上がりの信長の下半身も見てしまったから、ますます魅かれてい

くはず(笑)。無意識の性的欲望はコントロール不能なのだ♪ 明智光秀の素

顔も見てしまったから、そちらにも欲望は充当される。謙信、サブロー信長、

光秀の間で、ゆきの自我は分裂するのだ。とはいえ、ドラマと違ってマンガだ

と、宇佐山城のエビソードの時点では、ゆきは腹黒い女スパイのままだった。

 

 

          ☆          ☆          ☆

どうしても女性の方に目が行ってしまうけど(笑)、もちろん主人公はコミック

でもサブロー信長。キャラ的には、ドラマよりマンガの方がちょっとクールでシ

リアスになってる。

 

外見も、マンガの方が美男子だ・・・と書くと小栗ファンに怒られそうだから止

めとこう♪ 書いとるわ! ま、おしょうゆ系で目じりが切れ上がった、スッキ

リした顔立ちだから、小栗の顔と路線が違うのは確か。マンガの信長は、宮

本武蔵の敵役、佐々木小次郎の外見イメージに近い。「元気ですか~♪」っ

て感じで、マイク片手に(笑)猪木っぽい演説をするキャラでもないのだ。

 

木下藤吉郎=羽柴秀吉(山田孝之)はマンガだと、いかにも猿っぽい顔で、

鉄砲の名手を雇って信長を狙撃させる(ドラマは、ゆきが単独犯で自白、改

心)。マント(羽織)に穴が開いただけだったから、狙撃犯に褒美も渡さず、

殺してしまうのだ。ドラマだと信長の肩あたりを銃弾が貫通、寝込んでた。

 

池田恒興(向井理)はマンガだとイマイチの男になってたけど、柴田勝家(高

嶋政宏)や足利義昭(堀部圭亮)はドラマもマンガもまったく同じ(笑)。完璧な

キャスティングとお化粧だね。徳川家康(濱田岳)も見た目はそのまんま♪ 

女好きキャラも同じだけど、多少マジメで、サブロー信長に手渡されたエロ本

を読みふけるほどでもないし、表紙の写真に挨拶することもない(笑)。

 

ちなみに歴史的には、写真の発明は19世紀になってから。カラー写真は19

世紀末で、ノーベル物理学賞にもつながったらしい。

 

・・・って言うか、サブローは今どきの高校生のくせに、修学旅行にエロ本を持っ

て行ってたのかな♪ あるいは、松永(古田新太)からの貰い物とか。修学旅

行なら、片思いのあの女の子の姿をたっぷり目に焼き付けて、脳内写真で間

に合うと思うけどね。間に合わせ方はさておき(笑)。あっ、今ならスマホのアプ

リで音を消して盗撮って手もあるのか。コラコラ!

 

 

          ☆          ☆          ☆

141202a  最後に、第8話の主役、森可成につ

  いて。森ファミリー(ブラザーズ)への

  こだわりは、コミックでも同じというか、

  コミックの方がこだわってるかも。作

  者の石井あゆみが子供好きなのか、

  あるいは少年マンガだから読者に合

  わせたのか。

 

  左の肖像画の出典は、ウィキメディ

  ア他だと国立国会図書館としか書い

てないけど、栗原信充による江戸後期の作品(デジタルコレクションで公開中)。

 

森はドラマだと、年配のパッとしない家臣だけど、コミックだと男っぽくて、むし

141202b  ろ柔道部主将って感じ

  のゴッツイ体育会系♪  

  こちらの勇壮な浮世絵

  に近い。

 

  芳幾(よしいく)による

  1867年の作品、太

  平記英勇伝。東京都

  立図書館デジタル 

  アーカイブ。ウィキ

キメディアには「落合芳幾」とか「utagawa yoshiiku」(歌川芳幾)と書かれ

てるのに、単なる「芳幾」で検索しないと出て来ないから苦労した。システム

を直した方がいいけど、画家は画姓や画号が多過ぎて対応できないのかも。

 

 

          ☆          ☆          ☆           

とにかくマンガだと、森は十文字槍の名手として必死に闘った後、延暦寺の

僧兵の槍か薙刀(なぎなた)みたいな物に後ろから胸を貫かれてしまった。

歴史的には、宇佐山城の戦いは「志賀の陣」の序盤。1570年、元亀元年。

 

しかし、僧兵ってものも考えてみると妙な存在だね。心身を鍛えるだけなら分

かるけど、戦で人を殺したり、女遊びしたり(マンガ)。信長が比叡山の焼き打

ちをした気持ちも分からなくはない(1571年、元亀2年)。いずれまた、歴史

や実情を調べてみよう。

 

父の死の直後、織田家に仕えるようになった森ブラザーズの可愛い蘭丸は、

ビードロを渡してもらうシーンはないけど、入浴中の帰蝶に優しい言葉をかけ

られて頬を赤くする。当然、彼の幼児性欲は、一気に帰蝶に注ぎ込まれるだ

ろう♪ その後、父親代わりの信長にライバル心を持ってしまい、そうした自

分に罪悪感を持って悩む。これぞ、両親なきヴァージョンの変形エディプス・

コンプレックスなのだ。。

 

 

          ☆          ☆          ☆

なお、ドラマでは全く無かったけど、原作だと森ブラザースその他を連れて、

みんなで津島の宵祭を楽しむシーンが美しかった。もちろん、信長&帰蝶カッ

プルにとっては、ラブラブの少女マンガ的「でえと」(デート)なのだ。

 

それにしても、大勢の武士が死ぬ中で、1人の死だけが英雄的に描かれる

のも妙なものだね・・・とかいう小市民の感想は、リベラルっぽいかも(笑)。

不自由よりも、不平等というものが心に引っ掛かるのだ。

 

ある意味、恵まれない自己愛の変形かも。それでは今日はこの辺で。。☆彡

 

 

(☆以下、追記)   

cf. 『信長協奏曲』第1話、軽~い感想♪

   『信長協奏曲』第2話、軽~い感想♪

   『信長協奏曲』第3話、軽~い感想(『信長公記』付き♪)

   ルービック・キューブ1面(+α)完成方法♪&『信長協奏曲』第4話

   『信長協奏曲』第5話、超軽~い感想♪

   お市の方の小豆袋、出典は本当に『朝倉家記』なのか

                               ~『信長協奏曲』第6話

   『信長協奏曲』第9話、短~い感想♪

   お市の方のInstagram&『信長協奏曲』第10話、原作コミックとの比較

   『信長協奏曲』最終回、軽~い感想♪

 

                           (追記220字込み 計4630字)

|

« 滑り止め付きランニング用ソックス&14年11月の全走行距離 | トップページ | レース前、最後のスピード練習もどき、無事終了♪ »

「アニメ・コミック」カテゴリの記事

「映画・テレビ」カテゴリの記事

「芸能・アイドル」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/123750/60750312

この記事へのトラックバック一覧です: 『信長協奏曲』第8話、原作コミックとの比較など:

» 『信長協奏曲』 第8話 [美容師は見た…]
昭和時代も戦国時代も戦争は、「立派な死を遂げた」なんて言いますけど、死んだらおしまいですからね。遺された者たちの無念な思いを和らげるため、志を見失わないため、モチベーション上げて、生きて行かなきゃならないんだもの。死に方に立派も惨めもない…「あの時、父上に... [続きを読む]

受信: 2014年12月 3日 (水) 13時25分

» 元亀ですかーっ。元亀元亀元亀の包囲網(小栗旬) [キッドのブログinココログ]
下剋上とは・・・下のものが上のものに打ち勝つことである。 つまり・・・実力主義である。 これに応ずるのが年功序列主義なのか血統主義なのか・・・適当な言葉がないような気がする。 それは・・・現代が殺人を否定的に考える時代であることが原因だろう。 戦国時代の下剋上は殺し合いが前提なのである。 殺して殺し... [続きを読む]

受信: 2014年12月 3日 (水) 14時41分

« 滑り止め付きランニング用ソックス&14年11月の全走行距離 | トップページ | レース前、最後のスピード練習もどき、無事終了♪ »