« ローマ法王、限度を超えた表現の自由にはパンチ♪(AP通信・英語原文) | トップページ | 残り116字、走行データのみ♪ »

啓蒙やツイッターと異なる関係性、小池昌代『石を愛でる人』~2015センター試験・国語

(☆2016年1月17日追記: 最新の関連記事をアップ。

  キャラ化されない戦後の人々、佐多稲子『三等車』~2016センター国語

 

 

         ☆          ☆          ☆

今年は時間も字数もきびしく制限されてるが、恒例のセンター試験記事をご

く簡単に書いとこう。小説と言うより、エッセイに近い私小説と言うべきか。 

池昌代の『石を愛(め)でる人』、読みやすくて面白い作品で、私が受験生な

ら、会場で何度も笑って注意されてたかも知れない。題名だけでも「石フェチ

かよ!」と笑えるほど。

 

ただし、ツイッター検索で「センター 国語」と入力してみると、多くは1番の評

論問題でツイートしてる感じだ。佐々木敦『未知との遭遇』。こちらも、有名な

映画の「パクリ」タイトルとか、若者が好きそうなtwitter、質問サイト(教えて!

goo、Yahoo!知恵袋など)に触れてる点とか、受験生にとってはかなり取り

組みやすい文章だと思う。複数の予備校の難易度評価も、「易化」で一致。

 

佐々木は「啓蒙」、つまり知らない人に知ってる内容を教えることについて、そ

の意義は認めながらも、違う道の方を重視する。「それとは異なる次元にある、

未知なるものへの好奇心/関心/興味を刺激することの方をやはりしたい」。

つまり、「既知の伝達」より「未知との遭遇」を選ぶわけだ。コピペやパクリより、

フロンティア(新天地)、アドベンチャー(冒険)、クリエーション(創造)。

 

ただし、それが有効に機能するには、読者の側が既にある程度、啓蒙されて

リテラシー(読み書き能力)を持ってる必要があるし、語り手の自分がそれを

推し量りながら刺激する必要もある。だから問題文の最後は、慎重で控えめ

な言葉になるわけだ。「そこが難しい所であるわけですが」。

 

いずれにせよ、かなり疲れる人間関係、コミュニケーションであって、そもそも

佐々木の文章自体が、非常に啓蒙的な内容。にも関わらず、その点の自己反

省、自己批判は、(問題文の中では)見当たらない。

 

まさにそんな時、国語の次の問題文、2番の文章が心に優しく響くのだ。

 

  「人間関係の疲労とは、行き交う言葉をめぐる疲労である。だから、

   言葉を持たない石のような冷やかさが、その冷たいあたたかさが、

   とりわけ身にしみる日々があるのだ」。

 

 

         ☆          ☆          ☆

さて、この小池のエッセイ小説。ネット情報(Weblio辞書)で出典を調べると、

2004年の『感光生活』(筑摩書房)が最初らしい。さらにウィキペディアを見

ると、もともと詩人だった小池の、初期の短編集に収録されたものだ。

 

子どもの頃から石が好きだった小池が、テレビ局の山形さんと知り合い、い

きなり「『アイセキカ』友の会に入会しましたよ」と告げられる。たまたま奥さん

を病気でなくした頃だったから、「愛惜家」と思ってしまったのは無理もない。

私も、「愛石家」という単語は初めて耳にした。

 

しかし言われてみれば、私が子どもの頃も、日常的に石と触れあってたのだ。

小池と同じく、道に小石があれば蹴ってたし、海や川に石を投げて遊んでた

し、袋に入れて小石を沢山持ち帰ったことさえあった。高校の修学旅行では、

観光地の河原の大きめの石をみんなで持ち上げて、記念写真まで撮ってる。

筋トレ用と言うより、体育会系のノリをアピールする小道具になってた。

 

 

          ☆          ☆          ☆

この「石」とはもちろん、石ころでもあるし、山形さんに対する面白い比喩でも

ある。「石頭」という言葉からも分かるように、石みたいだと言われて喜ぶ人は

ほとんどいないだろう。しかし、愛石家の山形さんにとっては最高の褒め言葉、

愛情表現のはず。

 

最初は小池も、あまりいいイメージは持ってなかったらしい。テレビやインタ

ビューというものは、「希薄で一時的・図式的なもの」だし、テレビの魅力につ

いて「自信を持って決めつける」山形さんの「ずうずうしさ」も気になる。

 

けれど、石の品評会に無理やり誘われて、仕方なくOKすると、まず雨がお膳

立てしてくれた。まるで海や川原のように、渇いた石に湿った魅力を与えてく

れる。自分一人の頭上だけを華やかに囲む、傘も好きなのだ。

 

そして、会場となってる表参道の小さなアトリエに入ると、「水石」という言葉と

も遭遇する。庭石のように大きくはなく、片手で持てる小さな石のこと。その後、

山形さんが出品した真っ黒な楕円形の石と、「滋賀県瀬田川・山形寛」という

プレートを見てると、真っ黒に日焼けした山形さんが、なぜか汗に濡れた顔で

登場。キレイに、石と山形さんとが重なり合うわけだ。

 

 

         ☆          ☆          ☆

「何かが何かを少しずつひっぱっている」。漠然としたまま、彼が私を惹き付け

るし、運命や偶然が2人を引っ張る。そして、僅かな言葉だけを交わして、洋

風の居酒屋へ。「石も人も。ころがり、ぶつかりあって、わかりあうしかない」。

 

そして、熟年の男女の奇妙な恋愛がどうなるのか、読者に期待させたまま、

ポイントを語らずに物語が終了。この小説自体が、センター試験という河原で

拾った水石のようなものだろう。私もまた、小池と同じく、「石を愛でる人」だ。

 

心地良い湿り気と冷やかさ、距離感を味わいつつ、今年のセンター国語とは

この辺でお別れ。控えめな「感光」の明るさと共に、それでは。。☆彡

 

 

 

P.S. 佐々木のツイッターでは、「クソリプ」(くだらないリプライ)に関する

     批判的文章として扱われてることについて、不満をつぶやいてた♪

     確かに、例えばGIGAZINEも、クソリプと「パクツイ」(パクリのツイー

     ト)を記事タイトルに入れてる。

     小池は今の所、フェイスブックでセンター採用の報告をしてるだけ。

 

cf. データ分析(四分位数、箱ひげ図、相関係数)

                    ~2015センター試験・数学ⅠA・第3問

     ・・・・・・・・・・・・・・・

   昭和初期の女性ランニング小説、岡本かの子『快走』~2014センター

   幻想的な私小説、牧野信一『地球儀』~2013センター試験・国語

   鷲田清一の住宅&身体論「身ぶりの消失」~2011センター試験・国語

 

              (元記事 2126字; 追記 334字; 計 2460字)

|

« ローマ法王、限度を超えた表現の自由にはパンチ♪(AP通信・英語原文) | トップページ | 残り116字、走行データのみ♪ »

教育」カテゴリの記事

「文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ローマ法王、限度を超えた表現の自由にはパンチ♪(AP通信・英語原文) | トップページ | 残り116字、走行データのみ♪ »