« 2014年、検索キーワード・ランキング Best 50 | トップページ | トラッキング(行動追跡)などを表示する「Lightbeam」&手抜きジョグ »

『ピースとハイライト』~ハイレフトなサザン・桑田佳祐の紅白歌合戦

2014年12月31日のNHK・紅白歌合戦から、早くも1週間が経過。今さら

ブログの記事にしても流行遅れだが、一連の出来事は根深くて重要な問題

と絡むし、個人的にもここ数年、関心を持ってるので、簡単に記事を書いとこ

う。サザンや桑田も、ファンというほどでもないけど、好感は持ってるし、実績

や一部の曲は高く評価してるのだ。

 

キッカケは昨日、朝日新聞2015年1月6日の朝刊に掲載されたミニ特集で、

社会面のシリーズ「ニュースQ3」の記事、「サザン 紅白の歌がネットで反響」。

1面の右端には、サザンオールスターズ・桑田佳祐の小さな写真付きで紹介。

社会面の記事本文・左側には、2枚並んだ白黒写真の上側として、桑田が鼻

の下にチョビ髭をつけてる紅白の様子を掲載している(NHKホール・モニター)。

右下には小さく、司会のSMAP・中居正広の笑顔。

 

ちなみにこの記事は、ネットの朝日新聞デジタルにも掲載されてるし、Yahoo!

にも配信されてるが、会員登録しないと序盤しか読めない。まあでも、紅白の

反響なら、普通にネットで検索するだけで大体分かるだろう。ブログ、ツイッター、

Facebook、YouTube。。朝日と同系列のハフィントン・ポストでは、1月1日

に早くも記事を掲載。こちらは今でも全文読めるが、内容はごく軽いものだった。

 

 

          ☆          ☆          ☆

さて、私自身も紅白の終盤を見て、1月2日の記事にごく簡単な感想を書い

ておいた。サザン・桑田については、

 

   「『ピースとハイライト』って、歌詞がかなり政治的だけど、

    桑田の場合、バランスや笑いの感覚があるから受け入れやすい。

    あえて、誰と比べてとまで言わないのが、小市民ブロガーなのだ♪」

 

とだけコメントしてある。

 

前年のサザン復活の時から、この曲の政治性が話題になってるのは知って

たから、「文化・芸能関連ってホント、リベラル(左寄り)な立場や体制批判が

好きだよなぁ」と思った程度。知識人にもアーティストにも、昔から目立つ傾向

だし、サザンや桑田が特にハッキリ強調してる訳でもない。

 

ただ、与党・自民党が直近3回の国政選挙で勝利、社会全体でも保守・右寄

りの傾向が増えつつある(と言われる)中、31年ぶりに国営放送の超人気長

寿番組に登場した超人気ロックバンドのパフォーマンスは、左の一部からは

拍手喝采、右の一部からはブーイングで迎えられたようだ。

 

その辺りについて考えるために、まずこの曲や紅白自体の内容を見てみよう。

 

 

          ☆          ☆          ☆

著作権の関係で歌詞の全文掲載はできないが、あちこちの歌詞サイトですぐ

に無料で確認できる。桑田の作詞した『ピースとハイライト』で問題となるのは、

この曲名(タイトル)と、歌詞の一部だ。

 

「ピースとハイライト」と言えば、国産タバコの代表的な銘柄。ウィキペディア

の説明を信用するなら、ピースは桑田の父親が、ハイライトは桑田自身が、

かつて吸ってたらしい。

 

ただし、歌詞には「ほとんど」タバコの気配は無いし、ピースと言えば平和、

平和と言えばリベラルの核心の一つだ。そもそも、この曲は2013年の夏

のリリースで、左寄りの民主党・野田政権から、右寄りの自民党・安倍政権

へと変わった半年後の作品。そうなると、曲名の「ハイライト」の意味も、本来

の意味とされる「hi-lite」(もっと陽の当たる場所)というより、「hi-right

(強く右寄り、極右)ではないか・・・と考えても不思議はない。

 

だから、曲名は「左と右」とか「リベラルと極右」という意味「とも解釈可能」。

その場合、歌詞全体の内容から考えて、前者の方が素晴らしいことになる。

 

おまけに、紅白でのサザンのライブ出演冒頭、桑田がつけてたチョビ髭は、

20世紀最大の悪役の一人、ヒトラーを真似してるようにも見える。ヒトラー

150107a  は国家「社会主義」の「革命」を行った

  政治家だから、左寄りの部分もある訳

  だが、民族主義や差別、力の誇示から

  考えて、普通は悪しき極右の象徴。だ

  から、やはりハイライト(極右)批判の

  ように感じられる。

 

  ヒトラーの写真は、ウィキメディアで公

開中、German Federal Archive(ドイツ連邦公文書館)の作品。

 

 

           ☆          ☆          ☆

そして、肝心の歌詞。全体的に、20世紀以降の現代の国際・地域紛争を扱っ

てるもので、現代史を・・一番知りたいとか、地上に愛を平和の花咲くまで

互いの幸せ願う知ろうよ互いのイイところ等々、無難な内容が並ぶ。半世紀

前から続く、「Love&Peace」(ラブ・アンド・ピース)の主張。

 

ただ、YouTubeの公式PVでは省かれてる2番の歌詞で、ちょっと気になる

箇所はある。  

 

     硬い拳を振り上げても 心開かない 

     都合のいい大義名分(かいしゃく)で 争いを仕掛けて 

     裸の王様が牛耳る世は...狂気(Insane)

 

1番だけのPVでも、米国・オバマ大統領と中国・習近平国家主席が微笑み

ながら小競り合いした後、日本の安倍首相と韓国の朴槿恵大統領が登場。

150107c  どちらもランドセ

  ルを背負って、パ

  ン屋で子どものじゃ

  れ合いみたいなケ

  ンカごっこをしてる

  から、「安倍首相も」

  意識してるのは間

  違いない。すると、

憲法「解釈」(かいしゃく)による集団的自衛権の容認を批判してるようにも見

てとれるわけだ。もちろん、いわゆる解釈改憲の成立より1年前の曲とはいえ。

 

そこへさらに、紅白の直前、3日前の情報まで加わって来る。安倍首相が昭

恵夫人と観賞したサザンのライブ。『爆笑アイランド』という曲で、「衆院解散

なんてむちゃを言う」とアドリブで歌ったとのこと。これは1998年のアルバム

の曲だし、桑田は安倍夫妻の来場を知らなかったという情報(ウィキ)もある

が、現政権「も」批判してるのは間違いない。

 

この歌詞は全体的に、『ピースとハイライト』よりも反体制的で攻撃的な内容

になってる。曲名も、日本という「アイランド」(島国)の惨状を「爆笑」してるわ

けだ。サザンと仲良しらしい、お笑いの爆笑問題と共に。ちなみに爆笑問題

は、正月の3日に放送された『初笑い東西寄席2015』で、NHK側の自粛に

よって、政治家ネタをすべてボツにされたとのこと(TBSラジオでの談話)。

 

 

           ☆          ☆          ☆

以上、かなり客観的に全体をまとめた上で、私の感想を書き添えよう。まず何

より、これらの事自体は昔からありがちな人文系、左派の一部の動きであっ

て、笑って、あるいは苦笑しながら、柔らかく受け流せばいいことだと思う。健

全で適度な、一部向けのガス抜き余興として。

 

紅白の12分間の出番の中でも、チョビ髭は最初の2分だけだし、直接的な批

判の台詞は何もない。2曲目の『東京VICTORY』は単なるスポーツ系のいけ

いけソング。そして何より、直前の総選挙で安倍政権は信任されてる。「裸の王

様」は、安倍首相と言うより、桑田自身かも知れないのだ。桑田のチョビ髭が示

してるのは、まさに自分自身の左派有名人としてのカリスマ性かも知れない。

 

150107d  例のプロモーショ

  ン・ビデオだと、サ

  ザンの5人は悪を

  退治する戦隊に扮

  してるわけだが、こ

  れ自体も明らかに

  子どものお遊び。

  みんなで、正義の

味方ごっこで遊んでるのであって、正義と悪の曖昧さや反転可能性は、初代の

ゴジラやウルトラマンから示されて来たことだ。ゴジラは核兵器に怒る。しかし、

その「正義」の怒りは、社会を破壊し、一般市民をも攻撃する「悪」でもある。。

 

 

          ☆          ☆          ☆   

あえて桑田やサザンに注文をつけるとすれば、「ハイライト」=右に対する攻撃

と比べて、自分たち自身を笑い飛ばす側面が弱い。もし、私がPVを作るのな

ら、ゴレンジャー的な戦隊としてのサザンが「悪」に立ち向かう様子を静かに見

つめる第三者的視点を入れようとするだろう。画面の右側に「右」、左側に戦隊、

中央に第三者としての子どもとか。

 

もちろん、こうした中立的でメタレベルの配慮は、商業的なプロデューサーに

却下されそうだが♪ 何らかの単純化を施した方が一般ウケする、あるいは

大きな集団にウケるという傾向は、最近のテレビドラマでも顕著だ。

 

燻(くすぶ)る火種が燃え上がるだけ」という、タバコも意識した歌詞が、自分

たちにブーメランのように跳ね返ることを十分理解した時、はじめてサザン・桑

田は「ハイレフト」(hi-left : 強い左寄り)から「ピース」へと向かうことが出来

る。それには例えば、『ピースとハイレフト』という曲をライブでアドリブで歌うの

がいい♪

 

その時はじめて、「拳を振り上げ」るのは誰なのか、その全体像も見えて来るだ

ろう。紅白の映像でも、実際に拳を振り上げたのは、桑田(と観衆)なのだ。「硬

い」拳かどうかはさておき。

 

守るにせよ変革するにせよ、平和という理想の実現は、非常に難しい現実的

問題だ。それでは、今日はこの辺で。。☆彡

 

 

 

P.S. 1月15日の夜、サザン・桑田と株式会社アミューズの名義で、昨年

     末などのライブに関する「お詫び」が発表された。紫綬褒章の扱いや

     紅白の演出などについて、悪意や特定の意図はないとの事。

 

P.S.2 1月17日のTOKYO FM『桑田佳祐のやさしい夜遊び』冒頭で、

      14分間にわたって、あらためて謝罪が行われたとの事。

 

      私はそこまで謝る必要はないと思うが、謝るのであれば、もっとシ

      ンプルな言葉の方が良かった気がする。「デマ」、「誤解とか曲解」、

      「それこそが都合のいい解釈」といった言葉は挑発的だし、それを

      言うなら「ピースとハイライト」というタイトル名やPVなどの意味の

      「正解」も示すべきだろう。

 

                                     (計 3844字)

|

« 2014年、検索キーワード・ランキング Best 50 | トップページ | トラッキング(行動追跡)などを表示する「Lightbeam」&手抜きジョグ »

「ランニング」カテゴリの記事

「映画・テレビ」カテゴリの記事

「経済・政治・国際」カテゴリの記事

「音楽」カテゴリの記事

コメント

同期の桜、テンメイさん

遅ればせながら
あけましておめでとうございますhappy01

今年の9月で癌になって5年目です。
何事もなく5年を迎えられました。
あの頃を思うと、今が信じられないけど
生きてる~~~~!w

毎日更新してるテンメイさんを見習って
何度も頑張ったけど、毎日更新ならず
その持続力すごいです。
サザンの記事から、こんなに話広げるなんて
私には出来ないし。

こんな私ですが、またよろしくお願いしますheart01

投稿: アンナ | 2015年1月 8日 (木) 07時17分

> アンナちゃん
   
流石は同期の桜 cherryblossom どうもどうも♪
明けましておめでとう fuji
ちょっと遅いけど♪ そりゃ、お互い様か (^^ゞ
    
今年の9月って、半年後ってことね。
やっぱ、5年が大きな目安なんだ。
良かったね。そっちも、おめでとう birthday
あれから色々あったもんなぁ。。
    
普通に生きてるだけで、有難いことだね。
俺も最近、しみじみ思うわ。
「生きてるだけで丸儲け」。
流石は明石家さんま。いいこと言うわ☆
ま、さんまの場合、元気すぎるけど♪
   
    
ブログの毎日更新、頑張ってたけどね。
アンナちゃんの場合、ツイッターも
始めたから、別にいいんじゃないの。
俺、ツイッターは実質0ツイートだから happy02
    
そっちはあっと言う間に8700ツイートなんだ!
・・・と思ったら、リツイートだらけかよ note
ま、あのノリとブログを両立できるって凄いわ。
俺には無理だな。シャイだし(笑)
         
サザンの記事、結構いいでしょ。
あんまし読まれてないけど (^^ゞ
たまにマニアックな記事書かないと、
ブログやってる意味ないから。
       
って言うか、自分で書いたり読んだりしてる時、
刺激がないと続かないのよ。
断トツで熱心なお客さんは自分自身だから♪
     
ほんじゃ、わざわざどうも。
今年もよろしく。。shine

投稿: テンメイ | 2015年1月 9日 (金) 07時15分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 2014年、検索キーワード・ランキング Best 50 | トップページ | トラッキング(行動追跡)などを表示する「Lightbeam」&手抜きジョグ »