« 残り150字、連続ハーフのデータ(+追記) | トップページ | 横浜・八景島シーパラダイスの『デート』、懐かしいけど・・ »

明治末期、「千里眼」(透視)ブームと科学的実験~朝日新聞「あのとき それから」

今週も引き続き、週間1万字制限を厳守。時間も字数もない中、ちょっと面白

くて珍しい話に軽く触れとこう。100年前、明治43年(1910年)に行われた、

「千里眼」の実証実験だ。

 

朝日新聞・夕刊、2015年1月24日に掲載された、「あのとき それから」シリー

ズの記事で、上側の大見出しは、「実証めざし 科学者も本気」。右側の見出し

らしきものは、「千里眼ブーム」となってる。朝日新聞デジタルでも掲載。

 

千里眼というと、私は遥か遠くを見通す眼力のことだと思ってたが、「透視」一

般を表す言葉として使われてたらしい。それどころか、ネットで日本大百科全書

の説明を読むと、「わが国で初めて超心理学の研究が行われたとき、超常的

現象をさす言葉として千里眼の語が用いられた」とさえ書かれてた。

 

朝日は書いてないが、東京帝国大学(今の東大)の心理学者・福来友吉(ふく

らい・ともきち)や物理学者・山川健次郎らが、千里眼を科学的に調べようとし

た時期は、ちょうどX線撮影(レントゲン)が普及し始めた頃なのだ。

 

見えないものを物理学的に透視できることが分かったのだから、(一部の)人

間がそれに似た能力を持ってるかも知れないと考えるのは、科学的に自然だ

ろう。もちろん、今の目線なら、奇妙な感じを受ける方が多数派だろうが。ダー

ウィンの進化論の影響で、生物がもともと持ってた未解明の能力の可能性も

考えられてたようだ。。

 

 

           ☆          ☆          ☆

中心人物の福来は、19世紀後半から話題になってた催眠術の研究者であっ

て、催眠状態の人間は特殊な能力を発揮するかも知れない、と考えてたとの

150126a  事。自己催眠で一時的に透視できるよう

  になる人が現れても、不思議はない。特

  に注目した一人が、火付け役となった熊

  本の若い女性、御船(みふね)千鶴子だ。

 

  左の写真はウィキメディアで、パブリック

  ドメイン(公的所有)。ただし、出典が書い

  てないから、別人の可能性も一応ある。

両手で持った壺か筒に、透視対象(字を書いた紙など)が入ってるのだろう。

千鶴子は鈴木光司の小説『リング』(91年)の登場人物、志津子のモデルと

も言われてるらしい。

 

一方、当時の朝日(東京朝日新聞)も、新興メディアとして、千鶴子の動向を

連日詳報。連載コーナーまで作って、大キャンペーンを張ったらしい。今なら

週刊誌でさえやりそうもない事だから、時代を感じるエピソードだ。

 

実験は何度も行われてるが、最初の公開実験らしきものが行われたのが、

1910年9月半ば。福来以外に9人、第一線の学者が立会い、計10人が見

守る中、千鶴子の透視が始まった。。

 

 

            ☆          ☆          ☆

千鶴子は、鉛の筒に密封された紙の3文字、「盗丸射」を見事に的中。一瞬、

みんな驚いたが、それは立ち会い人の山川が用意したものではなく、福来が

前日に練習用として渡したものだと、すぐに判明。

 

なぜ、そんな取り違いが起きたのかは不明のまま。常識的には、千鶴子の不

正操作(イカサマ)と考えるのが自然だろうが、その点はハッキリしない。極度

の精神集中が必要だからという理由で、千鶴子は再実験をしぶり、翌年1月

には自殺してしまった。自殺の理由は、批判によるプレッシャーなのか、金銭

トラブルなのか、これまたハッキリしない。まだ24歳の若さだった。

 

千鶴子はもともと、透視の際には、ついたてや屏風の陰に隠れたり、手元を

隠したりしてたようなので、「現在の」の朝日はかなり批判的にまとめてる。「福

来と山川はその後も別の能力者を対象に実験を続けるが、結局、超能力が実

証されることはなかった。やがてブームは去ったが・・・」。

 

コメントを載せてる信州大の認知心理学者・菊池聡も、次のように語ってる。

「・・・実証はできなかったわけです。実験によって証明できないものを『可能

性はゼロではない』と信奉したら、それは科学ではなくなってしまいます」。。

 

 

          ☆          ☆          ☆

しかし、数回の実験で失敗した後、「可能性はゼロではない」と個人的に「思

う」だけなら、科学の世界でもいくらでもあることだろう。今回の日本人ノーベ

ル賞受賞者たちも、何度も失敗して、もう止めろというような言葉も投げられ

てたはず。菊池の説明は、科学研究の最前線の動きにあまり合ってない。

 

「それまでの実験で証明できなかった事」が、「その後の実験で証明できたこ

と」など、現実的にも日常茶飯事のはずだし、理論的にもおかしくない。どんな

実験も、過去から現在に至る有限回の流れにすぎず、その一つ一つも決して

完全な正確性を持ってるわけではないのだ。科学とは、静的で完全な断定で

はなく、動的で不完全な暫定の連続。ダイナミックな漸進プロセスとしてとらえ

る必要がある。

 

150126c  実は、「当時の」朝日新聞(9月16日)の写真を

  細かくチェックしても、それほど失敗を強調して

  ないようなのだ。例の公開実験の直後、朝日

  などを招いた「記者の透覚実験」は、「結果極

  めて良好」という小見出しで紹介されてる。そ

  れどころか、例の実験さえ、小見出しは「失

  敗」とかではなく「驚愕」となってるのだ。

 

 

 

 

 

         ☆          ☆          ☆    

150126b  さらに、国立国会図書館の近代デジ 

  タルアカデミーで、福来の著書『透

  視と念写』(東京宝文館、1913)を

  読むと、例の実験については失敗

  を認めてるものの、他の実験によっ

  て、透視も念写も「事実である」と

  確信してたようだ。

 

  つまり彼自身は、実証されたと考

  えた。被験者は御船の他に、長尾

  いく子、高橋貞子。女性ばかりと

  いう点も興味深い。

 

  ただし、その確信が災いしたのか、

直後に福来は「休職」扱いとされ、1919年に東京帝大を退職したようだ。

 

この種の研究は、「トンデモ」、「イカサマ」、「ペテン師」扱いされつつ、今でも世

界中で行われてるはず。例えば、仙台市の福来心理学研究所の例会には、

50人ほどの会員が集まるそうだ。公式HPも健在。70年代にブームを起こし

た、スプーン曲げで有名なユリ・ゲラーも、いまだに活動中らしい。

 

もちろん、私が千鶴子やユリ・ゲラーらの能力を「信じてる」わけではなく、特に

ユリ・ゲラーについては、Mr.マリックの超魔術みたいなエンタテイメントだろう

と「思ってる」。催眠術もその「多くは演技や虚言、思いこみ」だろうと「思ってる」。

 

とはいえ、全否定を確信するだけの根拠もないし、僅かな部分肯定がなぜい

けないのか、説得的な議論を聞いたこともない。したがって私としては、「大部

分は偽物だろうけど、ごく一部は本当かも知れない。ただし、悪質・悲惨な詐

欺や誤解には気を付けよう」という、穏当な立場になるわけだ。

 

 

          ☆          ☆          ☆  

限られた回数の手品に一瞬だまされるだけなら、単に楽しいだけだろう♪ む

しろ、全否定する平凡な科学主義より幸福な人生だと思う。トンデモ批判がト

ンデモ期待より優れた生き方だという実証は存在しないどころか、現代の一

般人の実生活なら逆かも知れない。

 

なお、ウィキペディアの福来の項目には、なぜか上の著作を「1914年」と紹

介してるが、1913年が正しい。いまや、ネットですぐ実物(の写し)を確認で

きる時代。これもある意味、千里眼だろう。

それでは今日はこの辺で。。☆彡

 

                                    (計 2897字)

|

« 残り150字、連続ハーフのデータ(+追記) | トップページ | 横浜・八景島シーパラダイスの『デート』、懐かしいけど・・ »

科学」カテゴリの記事

心理学」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 残り150字、連続ハーフのデータ(+追記) | トップページ | 横浜・八景島シーパラダイスの『デート』、懐かしいけど・・ »