« 分断と混濁、怪物は日常の中に~小阪淳「論壇時評」(朝日新聞・15年2月) | トップページ | 『セカンド・ラブ』第4話、超軽~い感想♪ »

ダニエル・キイス『アルジャーノンに花束を』と、哲学者プラトン『国家』洞窟の比喩

(☆4月11日追記: ドラマ初回のレビューをアップ。

  ママ、お利口になるから嫌わないで・・~『アルジャーノンに花束を』第1話 )

 

 

          ☆          ☆          ☆

米国作家、ダニエル・キイス(Daniel Keyes)の古典的名作、『アルジャー

ノンに花束を』(Flowers for Algernon)。恥ずかしながら、私は知らなかっ

たが、何度も映画化・舞台化・ドラマ化されて来た人気小説らしい。日本の大

御所ロック・ミュージシャン、氷室京介のファースト・ソロアルバム(1988)に

も、原題がそのまま使われてるようだ。

 

英語版ウィキペディアによると、まず1959年に短編小説として出版(執筆

は58年)、60年にヒューゴー賞(SF・ホラー・ファンタジー対象)の短編小説

賞(最優秀賞)を受賞してる。TBSで15年4月からスタートするドラマ『アル

ジャーノンに花束を』の公式サイトには「中編小説」と書いてるが、ヒューゴー

賞の公式サイトで確認すると、やはり「short fiction」となってた。普通に

訳せば、短編フィクションだ。赤い活字は、Winner(最優秀)を示してる。

 

150227a

 

古い短編なので、正確な情報がまだ発見できないが、短編集みたいなもの

に含まれてること、15000単語(日本語で3万字)以内という情報があるこ

とから考えても、日本語で数十ページ程度の作品だったんだろう。後で正確

な情報が分かったら、また補足or訂正する。

 

(☆半日後の追記: 早川書房の単行本解説と、文庫本への著者の序文に

             は、中編と書かれてたが、ページ数など具体的な内容

             の情報は無い。)

 

その後、66年に長編小説として再び発表、ネビュラ賞(米国SFファンタジー

作家協会賞)で最優秀賞。2004年までに、27言語に翻訳され、30ヶ国で

出版。500万冊以上の売り上げ部数とのことだ。『フィフティ・シェイズ』は合

計1億部突破だから、比較するとそれほどでもないけど、売り上げ以上に評

価が高い、世界レベルのロングセラーなんだろう。

 

元々、書名のアルジャーノンとは、作家キイスに影響を与えたイングランドの

詩人の名前(19世紀後半に活躍)。また、小説のあらすじには、キイス自身

の人生が色濃く投影されてるとのことだ。強引な教育や学習が生む悲劇を複

数目撃、自分でも体験。後述する2人の研究者(悪役)の人物像は、彼が大

学院で精神分析を習った時の教授たちに基づいてるらしい。

 

 

           ☆          ☆          ☆ 

あらすじは次の通り。ネタバレになるので、ご注意あれ。と言っても、既にあち

こちに書かれてるし、知ってる人も多いはず。以下、長編小説(novel)のあら

すじ、概要(Synopsis)をさらに要約する。

 

チャーリー・ゴードン(Charlie Gordon、邦訳はチャーリイ)は32歳で、フェ

ニルケトン尿症(による精神遅滞)の患者。IQ(知能指数)は僅か68。叔父の

パン屋で働きながら、知能が遅れた大人のためのクラスに通ってた。先生は、

若くて魅力的な女性、アリス・キニアン(Alice Kinnian)。

 

チャーリーは、知能を増加させる脳手術の被験者(実験台)を探す研究者2

人と知り合う。ニーマー(Nemur)とストラウス(Strauss)。既に実験用マウ

スのアルジャーノンでは成功しており、チャーリーも手術を受けた。とりあえ

ず成功で、3ヶ月の内にIQはほぼ3倍の185まで上昇。ただし知能以外、人

間関係の面などでは遅れたままだった。

 

チャーリーは女教師アリスとの恋愛が上手く行かない中、芸術家のフェイと

性的関係を持つ。一方、彼は、自分やアルジャーノンについて調査し、手術

理論に欠陥があることを発見。被験者は結局、元の知能に戻ってしまうのだ。

実際、彼がアパートで世話してたアルジャーノンの様子がおかしくなり、やが

て死亡。

 

チャーリーの知能も後退していき、フェイは彼に話しかけるのを止める。た

だ、彼の情動面は成長して、アリスとの関係は上手く行くようになった。その

後、彼は、誰も手術のことを知らない施設に自分から入り、アリスやストラウ

ス教授らへのお別れメッセージの最後(P.S.=追伸)で、こう書く。

 

「機会があれば、裏庭のアルジャーノンのお墓に花束をお供えしてください。」

 

 

        ☆          ☆          ☆ 

全体は一人称(私=I)の語りになってて、知能が低い状態ではわざと間違い

だらけの英文になってる。冒頭は、「Progris riport 1 marten 3」。正し

くは、「Progress report 1,March 3」とかだろう。変化のプロセスを示

す発達レポート(経過報告)を、自分で書いてるのだ。

 

春からのTBSドラマでは、主役が花屋に勤める28歳、白鳥咲人(山下智久)。

知能は6歳児なみ。ヒロインが脳生理科学研究センターに勤める望月遥香(栗

山千明)。研究チームのリーダーである科学者が、蜂須賀(石丸幹二)の予定。

脚本は野島伸司。

 

さて、この程度なら、あちこちに似た話がまとめられてるはず。マニアック・サ

イトにとってのポイントは、ここからだ♪ 

 

原書の冒頭に引用されてる文章(エピグラフ:epigraph)が、知る人ぞ知る、

興味深い話なのだ。アマゾンの「LOOK INSIDE!」(中身を見る)で確認し

とこう。この箇所は、古代の有名な本からの引用だから、著作権の問題は生

じないと考える。

 

150227c_2 古代ギリシャの

 哲学者プラトン

 (Plato;紀元前

 427年頃~347

 年頃) の『国家』

 (Republic)の

 第7巻・序盤に

 ある文章だ。

 

 この個所だけを

 超訳すると、こん

 な感じだろう。正

確な直訳は、キイスの邦訳やプラトンの邦訳で御覧あれ。

 

   目の混乱、ものがよく見えない状態には、二種類ある。暗い場所か

   ら明るい場所に来た場合と、明るい場所から暗い場所に来た場合。

   その点は、心の目でも身体の目でも同じことだ。いずれの場合も、

   笑うような事ではない。

 

   ただし、両者の違いはある。明るい場所から暗い場所に来た場合

   の目の混乱は幸せで、暗い場所から明るい場所に来た場合の混乱

   は憐れだ。

 

 

         ☆          ☆          ☆

原作者キイスとしては、人間チャーリーやネズミのアルジャーノンが、この二

種類の目の混乱、心の混乱を続けて経験した存在に見えるわけだ(作品中

のチャーリーも僅かにプラトンの洞窟に言及)。

 

まず、暗い場所から明るい場所へ。つまり、精神遅滞から超天才の世界に

行き、そのまぶしさに目がくらむ。その後、元の暗い場所、低い知能に戻る

と、しばらくの間、以前より更に見えない状態になる。

 

しかし、いずれ目が慣れるはずだし、暗い場所にずっとい続けるよりも、明

るい場所、明確な世界を一度知ったことは幸せなのだ。おそらくは。。もち

ろん、皮肉や悲哀の思いも込めた上で。実際、チャーリーには最初から最

後まで、明るい場所、高い知能を望む気持ちがあるのだ。結果的に失敗し

て、違う気持ちも同時に持ってるにせよ。。

 

 

         ☆         ☆          ☆

元のプラトンの代表作では、もっとハッキリと、明るい場所を知ることの価値

が強調されてる。第7巻では冒頭から、「洞窟の比喩」(Allegory of the

Cave)と呼ばれるたとえ話が始まるのだ。主人公の大哲学者ソクラテスが、

弟子のグラウコンと語り合う形で。普通、対話編とか言われるけど、実際に

は双方向的な対話というよ、り、一方的な講義になってる。

 

150227b_2

 

左はウィキソースで公開されてる英訳の原文。この箇所だと、ほら穴は「den」

と訳されてる。人間は、太陽みたいに明るく輝く真の知識や存在(いわゆる

「イデア」)から離れて暮らしてるけど、無関係ではない。

 

暗い洞窟の奥に拘束された囚人は、火の微かな光によって洞窟の奥の壁

に映る、置物の影絵を見てるような存在。そのままでは、偽物の知識やぼ

やけた教養しか持ってない。しかし、後ろの明るい入口の方に頭を向け変え

ることは出来るし、拘束を解かれれば、外の明るい場所に向かうことも可能。

 

150227d  左はウィキメディアで公開中の、

  Gothika氏の作品。下にいるの

  が囚人、つまり普通の凡人で、

  上にいるのが天才、「哲人」だ。

  囚人が、左下の壺の影絵を見

  てるのが分かるし、身体が拘

  束されてるのも分かるだろう。

 

  囚人が外の明るい場所に行っ

  て、本物の事物や知識(イデ

  ア)と触れあっても、あまりに

  眩し過ぎるから、また暗い洞窟の

  中に引き返すことになる。

 

と言うより、主人公のソクラテス、著者のプラトンに言わせれば、洞窟の中

に戻るべきなのだ。一度は眩しい真実に触れた幸せな者の務めとして、洞

窟の中にずっといる人々を正しく導くために。国家の政治のために。あるい

は、正義や善のために。。

 

 

           ☆          ☆          ☆

プラトン『国家』の場合、明るい場所から暗い場所に戻った人は、単なる盲

人ではない。暗さに目が慣れれば、前よりも遥かに知性、徳性、行動力の高

い存在であって、だからこそ幸せとされてるのだ。

 

一方、キイスの小説のマウス、アルジャーノンは、様子がおかしくなって死ん

でしまった。主人公チャーリーも、自分が天才だったという記憶を持ってるだ

けで、当時の驚異的な知能はまったく残ってないし、高い志や行動力も無い。

これだと、施設その他の人々を正しく導くことは出来ないだろうし、彼を明る

い場所に連れ出した人の行動(科学者の手術)が正しかったかどうか、その

責任も問われる所。

 

それでもキイスが、あえて原作冒頭で洞窟の比喩を引用したのは、チャー

リー、よく頑張ったね、ということだろう。結果がどうであれ、後悔する必要

はない、君は知性を求めて立派に生きて来たのだから・・・という、温かい

思いなのだ。

 

というわけで、キイスが行ったプラトン『国家』の引用こそ、アルジャーノン

に花束を、ということになる。あるいは、チャーリーに花束を。。

 

それでは、今日はこの辺で。。☆彡

 

 

 

cf. 原作を踏まえた、妹との関係~『アルジャーノンに花束を』第7話

 

                                    (計 3985字)

|

« 分断と混濁、怪物は日常の中に~小阪淳「論壇時評」(朝日新聞・15年2月) | トップページ | 『セカンド・ラブ』第4話、超軽~い感想♪ »

文化・芸術」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ダニエル・キイス『アルジャーノンに花束を』と、哲学者プラトン『国家』洞窟の比喩:

« 分断と混濁、怪物は日常の中に~小阪淳「論壇時評」(朝日新聞・15年2月) | トップページ | 『セカンド・ラブ』第4話、超軽~い感想♪ »