« 残り250字(+追記)、32.195km走クリア | トップページ | 3・11東日本大震災から4年、福島県の放射線・放射能の減少 »

名古屋ウィメンズマラソン2015、見れば面白かったかも♪

なるほど。ウィメンズ(女性)マラソンだから、男性が走るランニングポリスじゃ

なくて、自転車ポリスにしたわけか。来年は婦人警官オンリーのランニング

ポリスが登場するかも♪

 

さて、東京マラソンで日本人男子選手が久々に好タイムを出したのが2週間

前(今井正人、2時間07分39秒)。今度は女子選手が久々の好タイムを出

した。2時間23分を切ったのは2007年の野口みずき以来、7年半ぶりかな。

 

今日の名古屋ウィメンズで日本人最高の3位になった前田彩里(さいり、ダ

イハツ)のタイムは、2時間22分48秒。日本歴代8位で、上の7人のタイム

は全て、2005年以前に出したもの。何と10年も続いた低迷を吹き飛ばした

ことになる。

 

1位はキルワ、2時間22分08秒。現在の国籍はバーレーンだけど、2年前

まではケニア人選手だから、ちょっと別格。2位のコノワロワ(ロシア)、2時 

間22分27秒は凄い☆ 40歳だそうで、40代の世界最高タイムとなった。

マラソンは男女共に、40歳くらいまでトップを走れるスポーツになって来た

ね。選手寿命が20年間ほどあれば、職業的にも成り立ちやすくなる。

 

 

        ☆          ☆          ☆

そして前田選手、まだ23歳。同姓同名のアイドルとは無関係だけど、ちょっ

と可愛いのも確か♪ 1年前の1月、大阪国際女子で初マラソンに挑戦、2

時間26分46秒は日本学生記録。

 

それだけでも凄いけど、その大会にはお母さん(当時50歳)も出場して、

ブスリー(3時間切り)を果たしたとの事。それは珍しいって言うか、初めて

聞いた。親子マラソン・合計記録のギネス記録に相当するらしい(ウィキペ

ディアの情報、ギネスHPでは未確認)。2年前に他界したお父さんもマラソ

ンランナーだから、DNA(遺伝子)にも環境にも恵まれてる。

 

私は残念ながらテレビ中継を見てなかったけど、昨日のレースでは、15km

の給水所で転倒、左膝がはっきり出血した状態なのに、この快走。写真を

見るだけでも痛そうだったから、精神力も素晴らしい。8月に北京で行われ

る世界選手権も当確ってことで、上位を期待できそう。

 

4位の伊藤舞(大塚製薬)の2時間24分42秒も、ここ数年だとかなりいい

部類のタイムだね。そして、11月の横浜国際女子で初マラソン3位、2時間

27分21秒のタイムを出した新星、岩出玲亜が8位、2時間29分16秒。僅

か4ヶ月しか経ってないから、十分健闘だと思う。フツーはそもそも、出場し

ないはず。11月は19歳、今もまだ20歳の若さだから、まだまだ期待でき

るね。40歳定年まで、あと20年あるし♪

 

 

          ☆          ☆          ☆  

ベテランでは、33歳早川英里が10位、2時間30分21秒。そして、日本

歴代2位の記録を持つ、もうすぐ36歳渋井陽子が13位、2時間31分15 

(初の一般参加)。引退してないだけでも凄い☆ 歴代1位、既に36歳の

野口みずきと共に、第一線で頑張り続けてる。ちなみに赤羽有紀子の引退

は34歳だったから、渋井も野口も新しい時代を切り開きつつあるわけだ。

 

最後に芸能人・有名人だと、ママさんとなった41歳、長谷川理恵3時間

28分41で、まだまだ元気。あと、東海テレビの女子アナ、本仮屋リイナ

4時間49分50秒で、3年連続の十分な健闘となった。一昨年の初マラソ

ンが4時間39分34秒(本人ブログの34分という表示はおそらく誤り)。去年

は4時間42分16秒。女優のユイカの妹で、もうすぐ24歳だから、まだまだ

色々と可能性を秘めてるね。かなり可愛いし(笑)

 

って感じで、今日は短いながら、日本の女子マラソンに注目してみた。いや、

先日、女性ランナーが急減してるって記事を書いた所だし、応援したくなっ

たわけ。さあ、そこの貴女(あなた)も春に向けて走り出そう♪ ではまた ☆彡

 

                                     (計 1559字)

|

« 残り250字(+追記)、32.195km走クリア | トップページ | 3・11東日本大震災から4年、福島県の放射線・放射能の減少 »

「ランニング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 残り250字(+追記)、32.195km走クリア | トップページ | 3・11東日本大震災から4年、福島県の放射線・放射能の減少 »