« あとがきだけ読んでみると・・&14kmジョグ | トップページ | 鬼の居ぬ間に洗濯、ドラマの居ぬ間に休養♪&心肺不調ジョグ »

書物という刃の能力、現実化する主体と関係性~小阪淳「論壇時評」(朝日新聞・15年6月)

朝日新聞・朝刊が月末の木曜日に掲載している「論壇時評」。当サイトでは

ずっと全面的にレビューしてたが、2年近く記事を休んだ後、今年(2015

年)の2月、小阪淳のCG「分断と混濁」だけをごく簡単に扱った

 

それから4ヶ月経った一昨日(6月25日)の論壇時評では、小阪が予想通り

のモチーフ(題材)のCGをアップしてた。時期的に当然、元少年Aが出した

書物『絶歌(ぜっか)』(太田出版)が注目されるわけだが、もちろんCGタイ

トルは直接的なものではなく、抽象的、多義的なものになってる。「能力」。

 

まず、新聞のイラスト(現代美術)を見てない方は、次のリンクをクリックして

頂きたい。朝日新聞デジタルのサイト内に飛ぶだけなので、ご安心あれ。別

にグロテスクと言うほどのものでもないし、1週間くらい経つと見れなくなる可

能性もあるので、お早めにどうぞ。今なら登録なしで見れると思う。

 

    http://www.asahi.com/articles/photo/AS20150625004599.html

 

ツイッター検索で(ほとんど)何もヒットしないということは、そもそも『絶歌』の

CGだとさえ、あまり認識されてないということだろう。

 

 

          ☆          ☆          ☆

平積みになった書物が妖しげに光る、薄暗い画像。今までもそうだが、この

作品も、新聞の白黒画像で見るのとネットのカラー画像で見るのとでは、か

なり印象が違ってる。

 

新聞はあまりに暗過ぎて、先入観なしにチラッと見ただけだと、「刃のような

本に柄をつけた包丁」だということさえ伝わってないかも知れない。もちろん、

刃の部分の白い光と、全体的な闇とのコントラスト(対比)をつけてるわけだ

が、新聞の画像だと、手で持つ「柄」が1つしか判別できない。

 

その場合、一番上の1冊の本=包丁が他の平積みの本を切り捨てるという

意味にも解釈できる。もっと言うなら、1冊だけ手に取った特定の読者の厳し

い批判によって、他の本すべてが傷つけられる・・・という意味だ。

 

それでも構わないだろうが、作者である小阪のtwitterにおける発言を読む

限り、そうゆう意図ではなさそうだ。もちろん、作品の価値と作者の意図は、

独立とまでは言わないにせよ、別物ではあるが。。

 

 

          ☆          ☆          ☆

ここでは一応、カラー画像に即して、平積みになってる全ての本に柄が付い

てて、それぞれが鋭い包丁になってるとしとこう。下側の帯の代わりに、左

側に刃。柄の外見(曲線、太さ、色)は、性的象徴のようにも見える。

 

その場合、最も普通の解釈は、「『絶歌』の1冊1冊が、被害者や遺族らを更に

傷つける刃だ」というものだろう。平凡だが分かりやすいし、別に「誤解」でも

ないはず。実際、遺族の反発は強いし、社会的批判も凄まじい広がりを見せ

てる。あまりに激しい反応なので、私はいまだに本文を読んでなくて、あとが

きを見るだけに留めてるほどだ。

 

とはいえ、イラストに『絶歌』という文字は無いし、タイトルも単に「能力」と書い

てるだけ。ということは、あの本に限らず、「書物が一般に持ち得る、傷つけ、

切断する能力」だと考えた方が、広い理解となる。

 

この時、「傷つけられ、切断される」のは何なのか。実は著者(正確には著者

とされる人)とも考えられるのだ。多かれ少なかれ、一般に著者・作者は、自

らの作品によって傷つけられる。『絶歌』の場合なら、著書という包丁で切ら

れるのは、著者である元少年A自身とも考えられるのだ。

 

自業自得の感もあるが、一段と生きにくい環境を自らの手で作ったことにな

るし、一部報道によると、彼が敬愛する先生からも強い非難の声が出てるら

しい(報道が真実かどうかは別)。

 

他に出版社や編集者も挙げられるが、割り切って利益を重視する商業的な

プロだから、あまり気にする必要もないはず。今週の週刊新潮によると、社

長は「野菜」が良く切れる包丁を提供しただけのつもりらしい。報道の真偽

は不明だが、真実なら自分がケガしても想定内だろう。

 

一方、特定の本によって「表現の自由」が切り捨てられる、という解釈も可

能だが、この問題は今まで度々書いて来たので、ここでは省略する。

 

表現の自由にも制限があるべきだし、実際にあるわけだが、その限界の線

引きは個別のケースで考えるしかない。当サイトも過去10年間、相当な自

主制限を行い、試行錯誤した上で表現して来たのだ。今書いてる、この記

事も含めて。。

 

 

         ☆          ☆          ☆

一方、「能力」という概念を再考すると、これはまだ現実化してない次元のエ

ネルギーのようなものを指す言葉だ。包丁の持つ切断能力という時、たとえ

過去に切断した現実があったとしても、その「手前」に位置する潜在的な可

能性を意味してる。

 

つまり能力とは、現実化されるかどうか、どのように実現されるかが重要な

のであって、そこには主体の問題が浮上する。あるいは、複数の主体が織

りなす関係性。

 

私が何か、持てる能力をすべて発揮する時、能力の存在場所も発揮する主

体も私自身だ。しかし、本が持つ切断能力の場合、存在場所は仮に本として

も、発揮する際の主体は複雑多様だと思われる。

 

著者、出版社、販売者はもちろんのこと、論評者、読者も主体なのだ。切断

する能動的主体というより、切断という能力実現に関わる当事主体という意

味で。いずれにせよ、紙の本だけなら切断は生じない。

 

 

          ☆          ☆          ☆    

結局、本の送り手、受け手など、様々な関係を、一つの「もの」であるかの

ように本に帰属させたのが、本の「能力」なのだ。ここから導かれる一つの

結論は、同じ本でも、人間関係・社会関係によって、何かを切断することも

あるし、何も切断しないこともあるということ。

 

したがって、もし切断を避けたいのなら、本を消してもいいし、関係を変えて

もいい。本物の金属の包丁でさえ、実際に人を傷つけることは非常に少ない

ことを思い出そう。本、言葉、画像、映像、肉体的接触など、我々は更にに向

き合い方を探し求める必要がある。論壇時評の見出しとなってる「独学」に

せよ、教わるにせよ。

 

なお、「能力」というタイトルで私がすぐ思い出したのは、先日の記事で扱っ

た香山リカの見解。元少年Aを「サイコパス」(精神病質者)だとして、「脳」の

障害を指摘したものだった。画像診断データのようなエヴィデンス(根拠)は

添えてないが、もし正しければ、今回の本の切断能力は「脳力」でもある。

 

これは、責任能力や今後のサポートなどにも関わるので、意外なほど大き

な論点だと思う。生まれつき脳に障害があって、十分な支援も受けてない

のなら、彼自身が人権侵害を訴える余地もあるわけだ。脳の衰えが大きな

原因の一つと思われる高齢者の重大事故で、その罪を責める声は小さい。

せいぜい、困ったような悲しげな表情をする程度だろう。

 

大きな悲しみの陰にある、目立たない悲しみの側にも目を向けたいと思う。

とりあえず、今日の所はこの辺で。。☆彡

 

                                    (計 2819字)

|

« あとがきだけ読んでみると・・&14kmジョグ | トップページ | 鬼の居ぬ間に洗濯、ドラマの居ぬ間に休養♪&心肺不調ジョグ »

文化・芸術」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

社会」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« あとがきだけ読んでみると・・&14kmジョグ | トップページ | 鬼の居ぬ間に洗濯、ドラマの居ぬ間に休養♪&心肺不調ジョグ »