« 被災地でサプライズの鐘、SMAPのど自慢&自転車で余裕なし・・ | トップページ | 夏だけの自転車、第一関門クリア♪&男子マラソン惨敗 »

二重化というアート=技術~『恋仲』第5話

   (線香花火 パチパチ ポトン・・)

  俺 あかりが好きだったんだ あかりは俺の 初恋だった

  ・・・・・・!

  何ビックリしてんだよ フツー気付くだろ 俺から花火大会誘ってんだから

  言われなきゃ分かんないよ 言ってくれれば良かったのに ♡

  あの時の あの関係が壊れるのが嫌で 言い出せなかった

 

  私もおんなじ こないだのバーベキューの時 手紙の話 したでしょ

  あぁ 俺の机に入れたってやつ

  ホントは 葵が好きって書いた 私も 葵が初恋だった

  エエッ?!

  何 その顔 フツー気付くでしょ 

  好きじゃなかったら キスなんかしないよ

  いやそんなの 言われなきゃ分かんねぇだろ ♡

 

 

            ☆          ☆          ☆

「言われなくても誰でも分かるわ!」と、ツッコんで欲しいわけね♪ 脚本・桑

村さや香&協力・LiLyのコンビ、時々、何気ないボケや笑いを入れてるのだ。

 

分かる人は分かる、繊細な魅力の数々。『恋仲』第5話は11.8%で、3週連

続の2桁キープ。おめでとう☆ 初回と第2話の1ケタでさんざん叩かれた後、

静かな人気と支持の拡がり。キャストもスタッフも、嬉しいだろうね。初回から

フツーにいいドラマだと書いてた私としても、嬉しい限りだ。

 

ねとらぼによると、全国の中高生たちも、あのラストの「花火アート」(花火文字)

写真を真似して祝福してくれてるらしい。スマホなら Instant Xというカメラ・ア

150821h  プリ(無料)のバルブモード

  を使うらしいけど、似たよ

  うな機能はデジカメでも可

  能。恋仲の前から既に、

  Instagramやtwitterで拡

  がってたとのこと。。

写真はインスタグラム、saacchiiiさんの作品、「I LOVE YOU」。いいね♪

 

 

          ☆          ☆          ☆

さて、私は今、自転車その他でバタバタあおられて、ドラマレビューどころじゃ

ない状況だから、今週は休もうかとも思ったけど、「二重化」というキーワード

を中心に、軽く解釈してみよう。

 

何かと他のものと、「二つを重ね合わせる」というのは、誰でも色んな場面

でやってることだし、あちこちで見聞きすることでもある。

 

例えば、ようやく騒動が静まって来た感もある、五輪エンブレム関連の盗作

問題では、元の他人の作品と、新たな自分の作品を無断で重ね合わせて

る(ように見える)わけで、感心しない二重化の例と言える。コピペの代わり

に、トレースという小奇麗な言葉が使われてた。エンブレムに似せた、セブ

ンイレブンのおでんPOPは笑える二重化なのに、取り下げとなったらしい。

 

あるいは、気付きにくい大切な二重化の例としては、算数や数学の等式を

挙げられる。「1+2=2+1」という式は、左辺と右辺、二つの式を等号で

重ね合わせて、同一視してるわけだ。図形の合同を表す「≡」や、相似を表

す「∽」でも同じこと。

 

まあ、数式を1つ入れるごとに読者が急減していくというのは、あの車椅子の

天才・ホーキング博士も書いてた事だから、この程度にしとこうか♪ 既に読

者が半減したかも。。(笑)

 

 

          ☆          ☆          ☆

無難な人文系のドラマの話に戻すと、この記事の冒頭で引用した、葵(福士

蒼汰)とあかり(本田翼)の会話も、色んな形で二重化になってる。

 

前半は、葵が告白して、あかりが「言われなきゃ分かんない」と応答。後半

はその逆。会話そのものが二重化して、味わいや面白さを出すと共に、2

人の対等で相互的な初恋関係を表してる。と同時に、この千葉県・館山市

の海辺の花火が、故郷の海辺の花火と二重化されてるわけだ。言語的な

二重化と、時空的な二重化。

 

このドラマを受けて、全国で花火アートが拡がるのは、ドラマとプライベート、

フィクションとリアルとの二重化と言っていい。心理学用語なら、「同一化」と

いう言葉も有名だ。あるいは、何重にも重なってることを考えると、「多重化」

とも言える。

 

   恋仲の花火 = Aさんの花火 = Bさんの花火 = ・・・・・・

 

また難しげな式だと思われるかも知れないけど、等式をつなげていく思考

パターン(推移律)は、魚にも見られるという話(笑)。先日、話題になってた。

人間がお魚に負けてる場合ではない・・・というのは人間の偏見かも♪

 

 

          ☆          ☆          ☆

ところで、二重化というものは、自然に出来ることも多いけど、人間が自分

で創り出すことも多い。その意味で、二重化そのものが「アート」だ。

 

アート(art)という言葉は、日本語だと芸術という意味合いが強いけど、元

の言葉をラテン語(あるいはギリシャ語)まで遡れば、人間の「技」、「技術」、

テクニックという広い意味になる。その有名な知識を強調するために、この

記事のタイトルは「アート=技術」と二重化しておいた。

 

技としての二重化には、できる人とできない人、する人としない人、といった

違いが出て来る。

 

例えば私がこのドラマを見る時は、色んなものを重ね合わせて味わってる。

故郷の瀬戸内海と、ドラマの海。自分の恋愛(=恋する仲)と、ドラマの恋愛。

このドラマと、別のドラマ(『ビーチボーイズ』その他)。ドラマの花火と、もうす

ぐ行く予定になってる首都圏の花火大会。

 

実は昔のバイト先に、福士に似た後輩もいて、わりと仲が良かったから、ド

ラマを見てる間中、そいつの事を思い出すことになる(変な意味ではない♪)。

明るく元気で可愛い、ボーイッシュなあかりは、私の初恋候補の1人である

女の子とも重なるのだ。と言っても、小学校の低学年だから、あまり覚えて

ないわけで、重なるというより、自分で「重ねる」のだろう。無意識かつ、能

動的に。。

 

 

          ☆          ☆          ☆ 

『恋仲』に戻ると、あかりにとって、自分の幼い頃と、父が養ってるレイナちゃ

んとはキレイに重なる。

 

父が作ってくれた船のキーホルダーも同じ物で、わざわざ実際に重ね合わ

せてた。2人一緒のシーンはテレビ的配慮で、分かりやす過ぎたかも知れな

いけど、序盤でまだ説明もなしに、いきなりレイナちゃんと船の映像を1カット

入れたのは巧みなアート=技。

 

『ガリレオ』ファンの私としては、大ヒット映画『容疑者χの献身』の序盤で、

やがて死体トリックに使われるホームレスを一瞬映してたのを思い出した。

そう言えばあれは、2人を重ね合わせる二重化トリックのオチになってた。

 

ガリレオはさておき、あかりにとってある意味、レイナは父を取り合うライバ

ルでもあるけど、自分自身でもあるから、憎むことはできない。まして、父が

与えたお小遣いで買ったラムネ菓子(?)とか、分けて貰ってしまうと。。

 

 

          ☆          ☆          ☆  

もう少し気付きにくい、やや高度な二重化の例だと、公平(太賀)が翔太(野

村周平)を慰めるシーン。

 

富山名物ブラックラーメンで、恋愛とか失恋のもやもやを解消する時、実は

公平自身のもやもやが重ねられてたわけだ。葵の妹・七海(大原櫻子)に、

あんまし相手にしてもらえない辛さ。あそこで公平が、自分の話をしなかっ

た所が味わい深い。ラーメンを食べる姿が、隠れた象徴表現になってた。

 

あの葵のマンション(or アパート)だと、葵がベランダか屋上みたいな場所

に出て、あかりの事を心配しながら思い出すシーンも、やや高度なアート=

技。葵の姿をカメラが後ろから写す時、その先に何気なく、船が進んでるの

だ。おそらく、多くの視聴者の視線は、葵に集中してただろうから、船の映

像は無意識で認識される。

 

そこから画面が切り替えられて、船の横を歩くあかりの姿が映る。ここでも

視聴者の視線は、あかりとメモ用紙(父の住所記載)に向けられてるから、

背景の船はほとんど意識しないだろう。無意識の内に、船を使って、葵と

あかりが重なり合う。そしてラストでは、幼い時のかくれんぼのエピソード

が出るのだ。船に隠れたまま寝てしまったあかりを、葵が発見した思い出。

あかり=船=葵。かくれんぼで見つけてもらえない不安も、懐かしい♪

 

この辺り、脚本も演出(金井紘)も、プロの技を披露してくれてる。事務所が

父の住所を教えたのは、あり得ない個人情報暴露だけど、主犯は3枚目役

の社員だから、笑って見逃すとしよう。あかりに一目惚れしたらしいし♪ キ

モイ花占いを、瑠衣子(市川由衣)の美脚の間に映すサービス・ショットも、

いいね。

 

 

           ☆          ☆          ☆

最後に、二重化とは別の地味な技巧についても、1つだけ見ておこう。私の

お気に入りの瑠衣子が、葵をあかりのもとへと送りだした直後。部屋にいた

七海が、葵のダッシュから察して、外へ慰めに出て来る。

 

   七海    瑠衣子さん・・・

   瑠衣子   私たち やり直せなかった

   七海    またお兄ちゃん フラレちゃったんだ

   瑠衣子  ううん 私がフラレたの

 

 

わざと、お兄ちゃんがフラレたとか言って慰める七海と、その気持ちを有難く

受け取りつつ、自ら否定する潔い瑠衣子。目線は合わさず、それぞれ川(or

海)を眺めながら。素敵な会話だと思うけど、それを味わうには、多少のアー

ト=技が必要かも知れない。

 

フラれたことを認めた瑠衣子の視線の先には、橋をダッシュする葵の姿が映っ

てた。その大きなストライド(歩幅)のダイナミックな走りを見て、持久系アスリー

トの私は自分の走りと重ね合わせるのだ。ちょっと負けてるかも知れないけど♪

 

ということで、今日はもう終了。副音声で、野村周平と太賀が面白トークを繰り

広げたらしいけど、無料動画だと聞けないのかね。オンエアを見て欲しいって

ことか。それでは、また明日。。☆彡

 

 

 

cf. 葵へ 待っ(てるから) あかり~『恋仲』第1話

   「有心論」、心に神=キミが有るから・・~『恋仲』第2話

   斜めから復活、鯛焼きシャチホコの初恋~第3話

   PUNGENS(プンゲンス)、刺々しい裏切り~第4話

   エドガー・アラン・ポーの小説『盗まれた手紙』との比較~第6話

   フィクションの建築、人間の設計~第7話

    100年続く家で、エバートラベル(永遠の旅)~第8話

   普通に輝きを増すノームコア~『恋仲』最終回

 

                                (計 3906字)    

|

« 被災地でサプライズの鐘、SMAPのど自慢&自転車で余裕なし・・ | トップページ | 夏だけの自転車、第一関門クリア♪&男子マラソン惨敗 »

「映画・テレビ」カテゴリの記事

「芸能・アイドル」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/123750/62130533

この記事へのトラックバック一覧です: 二重化というアート=技術~『恋仲』第5話:

» 千葉の館山か・・・(福士蒼汰)小田舎かいっ!(本田翼)夕闇海岸での間接キスから二人花火で告白して始発バスを待ちながら肩枕修正後の直接キスかよ!(野村周平) [キッドのブログinココログ]
・・・おいっ。 あまりにロマンチックな展開に耐えられませんでした。 お約束過ぎるよな・・・。 ベタの上にもベタです。 一部お茶の間の皆さんには逆に新鮮なんじゃないのか。 これが・・・月9・・・。 変わらないもの・・・変わってはいけないものってあるよね。 汚れた大人たちが・・・こねくりまわすからダメに... [続きを読む]

受信: 2015年8月22日 (土) 03時28分

« 被災地でサプライズの鐘、SMAPのど自慢&自転車で余裕なし・・ | トップページ | 夏だけの自転車、第一関門クリア♪&男子マラソン惨敗 »