« 何とか生きて帰れそう・・(多分♪) | トップページ | ☆ブログ公開10周年☆ »

マウンテンサイクリングin乗鞍2015(第30回)~また雨で7kmコースに短縮

16年8月29日追記: 最新の関連記事をアップ。

    乗鞍2016(第31回)~4年ぶりの山頂ゴール )

 

 

         ☆          ☆          ☆

レースBIKE 約7km(6.8km?),標高差 約360m

      平均心拍167(92%),最大心拍174(96%)

         ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

移動&下山 : BIKE 25km (前日9km+当日16km)

レース直後の信州サイクリング : 71km,約4時間半,平均心拍 115

 

 

150831h 毎年、夏の恒例行事となっ

 てる全日本マウンテンサイ

 クリングin乗鞍。今年も無

 事終了・・・とはちょっと書

 きにくい♪ むしろ「有事終

 了」だろう(笑)

 

 雨だけでなく、個人的にも

 前後のブレーキ・シューが

 摩耗して、帰路のきつい下

 り坂では自転車を降りて、

 重い荷物を背負ったまま

 ランニングするハメになっ

てしまった (^^ゞ まあ、個人的に悲惨だった雨の信州サイクリングについて

は後日、別記事でまとめることにしよう。悲惨さはある意味、面白さでもある。

 

 (☆追記: 6日後に別記事をアップ。

  雨の下り坂、ブレーキ・シューが摩耗して効かない時~信州サイクリング )

 

150831g それより、参加

 者全員の関心

 は、雨とコース

 短縮のはず♪

 当ブログにも、

 「乗鞍ヒルクラ

 イム 雨」といっ

 た感じの検索ア

 クセスが週末か

 ら続いてる。写

真は前日の夕方、受付時の空模様。雨雲の途切れ目で、ごく一部に青空

が見えてる辺りがいかにも山の天気。ビミョーな判断が要求される。

 

ちなみに最初の写真は、今年(2015年)のパンフレット。第30回記念大

会ってことで、巻頭には、過去の大会の写真特集「おかげさまで30回」が

掲載されてた。「第1回 乗鞍ハイランド サイクリングフェスティバル」だと、

ほとんど誰もヘルメットをかぶってない。キャップを後ろ向きにかぶったり、

前のツバを上に折り曲げたり♪ ヘアバンドの選手も少々。ウェアも地味め。

 

150831i  表彰式の女子のファッションと髪型も昭和レトロ

  な感じで、いいね♪ 自転車が走ってるコースを、

  牛が横切ってる写真もシュール(超現実的)。レー

  ス中かどうかは不明(笑)

 

  左は今回の記念品タオル。記念大会だからなの

  か、乗鞍カラーのブルー(青)が使われてた。こ

  こ最近だと、わりとお気に入りのデザインかも。

  まあ、色んな大会でロゴ入りタオルやTシャツ

  ばっかくれるから、扱いに困るんだけど。。♪

 

ちなみに、ウチの乗鞍レビューはいつも文章が長いので、悪しからず。単な

るレース記事ではなく、信州旅行の日記でもあるので。全部で7000字超。。

 

 

         ☆          ☆          ☆

150831a ではまず、レース前

 日(8月29日)の話

 から。私にとって乗

 鞍は半ば、「信州レー

 スクイーン撮影会」

 (笑)だから、受付より

 RQ(乗鞍ガール)が

 大切なんだけど、今

 年は離れた位置から

 ちょっと写しただけ。

 

 同宿の仲間たちとは

 別に、しばらく会って

150831b なかった旧友Mが参

 加してたから、会場で

 待ち合わせしてお喋り

 を楽しんだ。Mはメー

 ルだと最低限の用件

 しか書かないくせに、

 会うとよく喋る♪

 

 私と同様、マニアック

 な性格だから、自転車

 にズブズブとはまって、

 今では仕事まで絡んで

150831f  セミプロみたいになってるらしい (^^ゞ 年間

  の走行距離は15000kmと言ってたから、

  乗鞍の直前しか乗らなくなってる私の10倍

  だ(笑)。自転車の値段も、知り合いから借

  りたらしい高級ホイール(車輪)を含めると、

 私の5倍くらいかも。しかも何台も持っ

150831e  てて、当然(?)自分で組み立てる。いいね☆ 

  真似する気は全くないけど♪

 

  暗くなって来たから、写真を撮り合ってひとまず

  お別れ。結果的に、翌日は会えなくて、メールの

  やり取りだけとなった。  

 

            ☆          ☆          ☆  

150831c  今の自転車で乗鞍に来るの

  はこれが最後かも知れない

  から、ステージ前での記念

  写真も入れとこう。部品をか

  なり交換したから、まだ使え

  るかな。。♪ いずれにせよ、

  長年の活躍、お疲れさま☆

 

  その後、例年なら乗鞍スー

  パー林道A区間(奈川~乗

鞍)の方までポタリング(自転車散歩)するんだけど、雲行きが怪しいから

すぐに宿へ。参加予定だったA君が急病で来れなくなったから、代わりに

H君が家族を同伴。部屋割が変更になって、私は去年と同様、HさんとYさ

んの部屋となった。

 

150831s 18時から美味

 しいお食事&

 ビールの時間♪

 たまたま隣に、

 毎度お馴染み

 Fさんのお子さ

 ん(Sちゃん)が

 座ってたから、

 「大っきくなっ

 て、しっかりし

て来たね♪」と優しい言葉をかけたら、奥さんが「テンメイさんにそんな事を

言われたくありません!」とか絡んで来た(爆)。そう来たか。。 

 

普段は大人しいフリをしてるけど、お酒が入ると本性を発揮、妙に元気な女

芸人になるのだ。こう書いとくと、読んだFさんがまた連絡して、奥さんがチェッ

クしに来るのかも♪ ちなみに可愛いSちゃん、私の名前を覚えてくれてた。

次はメアドか電話番号かも(笑)

 

宿に帰るのが遅れた幹事のF・Mさんをまじえて、20時近くまでオシャベリし

たかな。以前は、仲間の有志たち(笑)が21時半頃まで騒いでたけど、最近

はみんな次々と来なくなってしまったのだ。過去の人となりつつある I さん、

読んでる? 読んでない? あっ、そう♪ 最近、ラクし過ぎ! 「快楽し過ぎ」

と書くべきかも(笑)

 

朝が早いこともあって、寝たのはみんな早かった。21時過ぎには宿全体が

静まり返ったと思う。既に雨はフツーに降り出してた。。

 

 

          ☆          ☆          ☆

いよいよレース当日、8月30日(日曜)。4時に起きると雨はザーザー降って

る。それでも5時くらいまで、準備&食事しながら、Hさん持参の iPad mini

とテレビのデータ放送で最新の気象情報をチェック。ネットだと、気象庁のナ

ウキャストと短時間情報、Yahoo!(日本気象協会)、ウェザーニューズ。

 

私は総合的に考えて、中止は無いだろうけど、雨の中で短縮コースを走るこ

とになるだろうなと判断。一昨年が約15km、去年が約19km。今年はもっ

と短くなりそうだけど、雨はここ3年で最悪だから、荷物の準備が大切になる。

 

ゴール地点に運んでもらう荷物の中には、着替えの衣類の他に、使い捨て

カイロまで入れた(笑)。カイロはレース時には使わなかったけど、帰りのサイ

クリングで活躍、準備して正解☆ 下りが寒くて、無かったら凍死してたかも♪

 

6時に開催かどうかの最終判断が出る予定だったのに、みんな、その前から

宿を出る準備。早いんだよな。私はいつもギリギリだから、宿を出たのが6時

12分頃、会場到着までの約10分間だけで、最大心拍は167に到達した(笑)。

いや、きつい坂は毎度のことだけど、今年は背中に荷物を全部かついでたも

んで。もし中止なら、すぐに雨天ツーリングに切り替えようと思ってたのだ。

 

予想通り、6時半近くの会場でも、まだ最終判断は保留中。雨はかなり降って

る。私はレース用の荷物を車に預けるのをしばらく保留した。パンフレット類に

は、荷物預けは6時半とか6時45分と書かれてるけど(統一されてない)、毎

年、後ろにズレ込むし、今年は中止の可能性も十分あるから、車はしばらく発

車しないだろうと思ったのだ。冷え症の私が個人的にリタイアする可能性もあっ

たから、荷物預けはギリギリまで遅らせたい。

 

           ☆          ☆          ☆   

150831k 観光センター

 その他でみん

 な雨宿りする

 中、「今、直接

 聞いたら中止

 だって言って

 たから帰る」な

 んて話も耳に

 入って来たけど、

 私は動揺せず。

 

ギリギリの臨機応変の判断を、ごく一部の選手だけに先に教えるとは考え

にくい。実際、その情報は誤りで、6時50分くらいに、大幅な短縮コースで

の開催が発表された。上部で、水が10cmほどあふれて走れないとかいう

お話。雨でも風でもガスでもなく、路面の水が主たる原因。。

 

初心者向けショート・トライアル用の約7km(標高差360m)のコースと同じ

なのか、少し伸ばすのかがハッキリしなかったけど、(本来の)第一チェック

ポイントと「三本滝」の間がゴールとかいうアナウンスだった。斜度がきつく

なる前に終わる楽なコース設定。スタート時間は1時間遅らせて8時に変更。

 

このアナウンスも、繰返す中で表現がブレてたのだ。観光名所としての三本

滝と、バス停その他の略称としての三本滝は違うし、ゴール地点と荷物受け

取り場所も違うから、正確な表現の原稿にまとめられてなかったんだと思う。

 

正確に言うと、こうなる。──ゴールは第一チェックポイント、つまり、三本滝

と呼ばれるバス停とレストハウスの前あたり。荷物受け取りは、そこから少し、

本物の滝の方向に登った場所──。まあ、体育会系の人間はフツー、そんな

細かい話は気にしないけど♪ だからこそ、雨の山登りレースも適当にでき

ちゃうのだ。。

 

         ☆          ☆          ☆

150831l その後も興味深い

 経験となった。近

 くの宿に戻る人達

 もいたけど、会場

 の観光センター

 に残る人も多い。

 2階の大広間が待

 機場所として解放

されたから、試しに入ってみると、最初は人が少なかったけど、20分ほどで

大勢集まった。写真はまだ人が少ない時。奥のドアの向こうから引っ張り出し

て来たイスで、大きな部屋が埋まることに。

 

150831m 7時30分からの開会式は、

 この部屋の外側に出て拝見。

 長野放送らしきテレビカメラ

 も設置されてた。オレンジの

 ウェアは、レースクイーンの

 寒さ対策としてもお馴染み♪

 右側のコが旗に隠れてるけ

ど、ちゃんと主催者の両脇を彩ってた。記念大会だからか、挨拶は長めだっ

たね。ステージ前に人はいなくても、後でテレビ番組もあるし(9月19日・土

曜、午後2時~)。

 

面白かったのは、短縮開催の決定直後。3分の1の距離になっちゃったし、

雨はフツーに降り続いてるから、帰る人達も多い。「意味ないよ」とかいう声

も聞こえて来た。そんな中で、2階に集まった選手には、顔がニヤけてる人

が多かったのだ。私も含めて♪

 

☆追記: リザルトによると、エントリー全体に対する完走率は約46%。

       ほぼ半数がDNS=Did Not Startだったことになる。

       エントリー総数4387人、完走者2032人。)

 

こんな状況でも自転車レースやるのか。。みんな、バカじゃないの? 自分も

だけど(笑)・・・って感じだろうか。変人同士の即興の仲間意識も生まれて、

みんな笑顔、笑顔。苦笑と言うほど、屈折した表情でもない。さて、長野放送

のカメラマンは、そうゆう繊細な部分までとらえたかな♪

 

ちなみに、仲間のHさんは自主的なリタイアを選択。他のメンバー達がどうし

たのか、今の時点では分からない。元気なH君は当然出たはず。Fさんは体

調の問題があるからビミョー。レース後、宿に帰らないまま、私はズブ濡れサ

イクリングに出発したし、まだ仲間内のメールも回って来てないのだ。

 

旧友Mがどうしたのかさえ、聞いてない。私が出場したから、ちょっと聞きにく

いわけ。ま、もうすぐリザルト(結果発表)があるから、見れば分かるけど。。

試しに非公式リザルト(計測システム会社マトリックスのサイト、LAP CLIP)

を探すと、Mに負けてた。。ガックシ。。_| ̄|○ Mの自転車の重さは私の半

分だしね・・・とか言い訳したくなる(笑)。しかし、出走しなかった人がやっぱ多

いな。DNS(Did Not Start)と呼ばれてる。

 

150831t 私の携帯入りの荷

 物は、7時過ぎに

 車に預けてたか

 ら、その場での連

 絡も取れなかった。

 荷物車の出発は結

 局、7時半近くまで

 延期されてたと思

う。写真は7時過ぎで、会場前の道路にマイクロバスが並んだ状況。

 

 

         ☆          ☆          ☆

150831n で、いよいよレース。ブロ

 グ記事のためにも、スター

 ト前にボードを掲げるRQ

 の写真はどうしても欲しい

 所。でも、雨は思い切り

 降ってるし、デジカメは防

 水じゃない。

 

 迷った末に、一瞬だけ撮

 影した。今現在、デジカメ

 は一応使えるけど、レン

 ズをしまう時に指で押す

 必要がある (^^ゞ 錆び

たってことかね。ま、その後も10回くらい雨の中で使ったから、仕方ないか。

ピント合わせの一瞬さえ余裕なかったし、レンズもすぐに濡れてしまったので、

ボケた写真は悪しからず。。

 

150831u このチャンピ

 オン・グルー

 プのスタート

 時には、急に

 ザーザー降り

 の大雨になっ

 たから、RQの

 後ろでスタッフ

 が傘をさしてる

 ほど♪ テレビ

局の女性ナレーターも登場してなかったね。私も慌てて、手袋を落としてし

まって、すぐ拾いに戻った。

 

正直、「やっぱ止めようかな・・・ゴール後に凍死するのも嫌だし・・・(笑)」と

も思ったけど、女子選手がかなり残ってる姿を見て反省 (^^ゞ 雨の自転車

に慣れてる選手も多いんだと思うけど、「男前」の気合が入ってて、いいね♪

 

 

            ☆          ☆          ☆ 

延々と書いた後、ようやく自分のレースの話もちょっとだけ♪ スタートする

前の時点で、私のこの1年間の走行距離は僅か1300kmだった(笑)。しか

も、7月半ばまではほぼゼロ。そこから追い上げて、後はランニングの走力

で補うはずだけど、ここ2年でランの能力もガタ落ち (^^ゞ

 

ただ、今年はレース直前に前後のギア(クランクセット&スプロケット)とチェー

ンを交換。数年ぶりにマトモに走れるようになってる(フツーだけど♪)。急に

チェーンが歯車で滑る「歯飛び」は無くなって、ダンシング(立ちこぎ)も使える

ようになった(フツーだろ♪)。今までより、ちょっとだけ軽いギアも武器になり

そう。リア(後ろ)の歯数の最大を30から32へと増やしたのだ(恥ずかし・・)。

 

冷え症だから、レインウェアを身に付けてたけど、本気で走ってる途中はちょっ

と暑いくらい。心拍数は最初の5分ほどで170(最大心拍の93%)まで上昇し

た後、ずっとキープ。予想通り、軽いギアは回しやすくて、キツイ登りの箇所で

もペダルの回転は滑らか。ダンシングも不要。

 

そうは言っても、私は乗鞍以外で全く坂を登らなくなってるから、ハーハーゼー

ゼー、余裕は無し (^^ゞ 「あと何kmだよ・・」とか、サイクル・コンピューターで

距離を見続けて、遂に6.5km。「残り500m、ラストスパート」と思ってたら、

残り300mでゴールしてしまった♪ ダンシングで猛ダッシュする前なのに。。

 

一応、最大心拍174まで持って行ったけど、アレッ、もう終わりなの?って感じ

は、他の選手もつぶやいてたから、距離が7km無かったんじゃないかな。私

のメーターの表示は6.8kmくらいだ(キャットアイの定番製品)。こっそり近

道したせいか♪ コラコラ!

 

私は、タイムはぼちぼち(笑)。去年ほど悪くはないんじゃないかな。ほぼイー

ブン・ペースだったと思う。距離がかなり短いってことで、スタートから猛ダッ

シュした選手の中には、序盤で失速するケースも少なからず見られた。たか

が7km、平均斜度5%でも、短距離走とは違うのだ。。

 

 

         ☆          ☆          ☆

150831o2 その後は自転

 車を降りて、押

 しながら少し坂

 を登って、荷物

 車で受け取った

 らすぐUターン。

 あと、計測チッ

 プ入りのアンク

 ルバンドも上で

 回収してもらっ

た。女の子のスタッフ(ボランティア?)が、「お疲れ様でした♪」って感じで。

写真は雨の中、サドルバッグに入れてたカメラで無理して撮影。

 

150831p ゴール後のお

 約束の作業は、

 2年前だとかな

 り待たされて悲

 惨だったけど、

 今年は身体が

 冷える前に終

 了したから問題

 なし。行列も短

 めだった。出走

した選手が少なかったからなのか、運営がスムーズだったのかは不明。

 

150831q とりあえず三本滝

 のバス停&レスト

 ハウスまで降りて、

 アクエリアスを2

 杯頂く。レース中

 にボトルは使わ

 なかったけど、

 やっぱり汗かいて

ノドが乾いてたらしい。写真の右下に、頑張ってくれた愛車を入れといた♪

 

アクエリアスはもう2杯飲みたかったけど、下りで冷えたら困るので自重。

ま、男なら何とでもなるけど(笑)。実際、下山時はたまに見る光景♪ タイ

ヤのパンクか何かで、自転車を押す姿と共に。今年は流石に、パンクらし

き姿は少なかったね。ゴール地点の標高が低くて、タイヤの外部の気圧が

高いことも関係してるのかも。

 

 

           ☆          ☆          ☆

写真を撮って、一息ついた後はすぐ、下山のグループに合流できた。この

下山も、7時前のアナウンスだと10時からと繰返してたから、「遅いな・・」

と思ってたけど、実際は8時45分くらいだったと推定する。ま、その辺りの

時刻設定はアバウト、適当なのだ。

 

下りでは今年も、コース脇でスピードその他を注意するスタッフさん達に大

声で挨拶。「ありがとうございました!」と声をかけると、確率8割くらいで、

「お疲れ様でした」と返事してくれる♪ ここ5、6年ですたれて来た習慣だ

けど、今年は私の前後の選手もたまに声を出してた。

 

もちろん、下山は安全第一。私は十分スピードを落としてるし、ヒルクライ

ムレースでいつもやってる事なので、危険は感じない。特に、コーナー(=

カーブ)の手前でグッとスピードを落として、そこにいるスタッフに声をかけ

た後、ブレーキを緩めることを繰返す。もちろん、後ろの自転車との車間

距離も考慮。今年は、後ろから突っ込んで来る自転車も少なかったかも。

ま、雨でブレーキの効きも悪いし、路面のミュー(摩擦係数)も下がってるし。

 

150831r 会場の手前で、なぜか左

 側の道を大回りした後、

 会場でリンゴのサービス

 を頂いた。皮まで甘くて

 美味しいから、皮を捨て

 るバケツも無し♪ JAさ

 ん、ご馳走さま! 安曇

 野の天然水のボトルも

 1本頂いた。

 

 後は、フー・・・って感じの

余韻と満足感に浸りながら、まったり着替えた後、10時半までしばらく待っ

150831j て、完走証を受

 け取った。単な

 るハガキ1枚の

 印刷。たかが自

 己満足、されど

 自己満足♪

 

 ちょうど、また

 レースクイーン

記念撮影会をやってたけど、雨も降ってることだし、私は気を引き締め直して、

雨の信州サイクリングに向かった。それについては、また後ほど。。

 

 

色々と大変だけど、第30回の乗鞍、心に残る大会になった♪ それでは今年

も、この台詞で終わりにしよう。

 

   夏は終わったね。。☆彡

 

 

 

P.S. 9月11日から、CPS(Cycle Photo Service)の写真販売が開始

     されたが、雨でコース短縮、参加人数も半減したからなのか、変更後

     のゴール(元々の第一CP)付近の写真のみ。私も1枚しか無かった。

 

 

cf. マウンテンサイクリングin乗鞍2014~悪天候で19.1kmコースに短縮

    マウンテンサイクリングin乗鞍2013~悪天候で15kmコースに短縮

 

                             (計 7323字)

|

« 何とか生きて帰れそう・・(多分♪) | トップページ | ☆ブログ公開10周年☆ »

自転車」カテゴリの記事

レース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 何とか生きて帰れそう・・(多分♪) | トップページ | ☆ブログ公開10周年☆ »