« 2万字制限まで残り233字、ジョグのデータのみ | トップページ | 武井壮、いい年したアイドル好き論争♪&6日連続ジョグ »

雨の下り坂、自転車のブレーキ・シューが摩耗して効かない時~乗鞍・信州サイクリング

(6日) 傘 JOG 8km,46分43秒,平均心拍 135 

     消費エネルギー 420kcal (脂肪 113kcal)

 

自転車シーズンの夏が終わって、何か忘れてるよな・・・と思ってたら、そう

そう。乗鞍のヒルクライム・レース直後、信州サイクリングの記事をまだ書い

てなかった。同種の記事は既に何回か書いてるけど、今年は完全な雨の

ツーリングになったし、ブレーキのトラブルもあったから、今後のためにもしっ

かり記録しとこう♪

 

レース終了までについては、既に7000字超のレポートをアップしてあるの

で、参考までに。。

 

   マウンテンサイクリングin乗鞍2015(第30回)

                      ~また雨で7kmコースに短縮

 

また、晴れてる時の同じコースについては、去年の記事でも書いてる。

 

   乗鞍のレース後、2年ぶりに信州サイクリング♪   

 

長野県・乗鞍高原からJR塩尻駅までのルートについては、下の通り。4年

前、Google Earthの地図を加工して作ったものだ。今年は宿からスター

トせず、大会会場からだったので、例年より2kmほど短くて、全長71kmく

らいの距離になった。

 

110830u

 

 

         ☆          ☆          ☆

さて、この日(2015年8月30日)は、朝から夕方までずっと雨。そんな中で

150907e 自転車に乗り

 続けたことは、

 ここ10年ほど

 無かった。お

 まけに今年は

 リアキャリア無

 しだったから、

 重たいリュック

 が雨に濡れて

 更に重たくなっ

たものをずっと背負って走るハメになった。すぐ肩がこる人間なのに (^^ゞ

 

ただ、夏の昼間だから気温は高めだし、上下カッパを着てるし、使い捨てカ

イロまで用意してある♪ どうせ下り坂でもスピードは出せないから、それほ

ど寒くはないはず。着替えもあるし、足を動かし続ければ何とかなるだろう。。

 

そう思って、あえて山の雨の単独走に挑戦。確かに、身体はそれほど寒くな

かったけど、心がちょっと寒くなってしまった (^^ゞ 

 

まさか、ブレーキが前後ともに効かなくなるとは、「ほとんど」想定外。実際、

信州遠征直前に自転車屋で前ブレーキの調整をやってもらった後、「ちょっ

と効き過ぎるかも知れませんから用心してください」とアドバイスされたほど。

 

それなのに、たかが標高差の合計で2000mほど下っただけで効かなくなっ

たのは不思議だ。ひょっとして・・・と思って検索すると、やっぱり、雨の日は

ブレーキシューの減りが早くなるという話があちこちに書いてある。ゴムにせ

よ、金属系の素材にせよ、物理的にそんな現象があるような感じだ。

 

私は半ば理数系の人間だけど、それについて調べるのはまた別の機会に

回すことにしよう。とにかく、効き過ぎるくらいのブレーキが、丸1日で「ほと

んど」効かなくなってしまったのは事実(少しなら効く)。おまけに、コース全

体を大きく見ると、長い下りになってる。途中で境峠の登りもあるから、余計

に下ることになるのだ。。

 

 

         ☆          ☆          ☆

150907a  では本題の、効かない

  ブレーキに対処する方

  法。最初におかしいな

  と感じたのは、乗鞍高

  原から奈川に向かう乗

  鞍スーパー林道・A区

  間の下り坂だった。前

  ブレーキから異音が発

  生して、効きも悪い。

 

  雨だからかな?とか、

  使い過ぎてパッドが過熱

  したのかな?とか思いつ

つ、とりあえず安全の為に減速。シューズのビンディング(金具)も外す。道路

の直線部分だけ前後のブレーキを強めに使って、時速15km以下まで落と

すことを繰返した。自分の足では加速せず、自然落下による加速のみ。

 

それでも、どんどんブレーキが効かなくなって来たから、林道の下りの終盤

だと、もう時速20km以上はヤバイ状況。傾斜がきつい箇所では、3回くら

い自転車を降りた (^^ゞ 乗ってる時も、ブレーキを握る手が疲れるだけで、

エネルギーと時間の大損が続くハメに。あまり遅いと首都圏に帰れなくなっ

てしまうから、時計を何度も見てチェック。

 

150907b まあでも、奈川

 まで降りた後は

 しばらく平地と

 登り中心だし、

 まだリア(後ろ)

 のブレーキは

 そこそこ効いた

 から、それほど

 心配はしてな

 かった。ところ

が、境峠を登った後、薮原に向かう長い下り坂が悲惨だったのだ。地図の

コースで言うと、青緑色の部分の後半。

 

写真は登りの途中の蕎麦屋で5分ほどトイレ休憩した時。これ以外、夕方

までほとんど休憩なし。昼食はポッキーとポテトチップをかじっただけ♪ 雨

だからノドも乾かず、ボトルの水(レース後に貰った安曇野天然水)を少し飲

んだ程度。

 

 

          ☆          ☆          ☆

150907c  で、いよいよ境峠からの

  下り坂。左はお約束、峠

  の看板前での写真。「こ

  こは境峠」と書いてるけ

  ど、僅かなサイクリスト

  のそのまたごく一部し

  か読まないはず(笑)

 

  下りの傾斜を見なくて

  も、苦しいのは分かって

  たけど、前後のブレーキ

  を思い切り握っても減速

  しない時はヒヤッとした。

ブレーキより下り坂の方が強くて、サイクルコンピューターのスピード表示

がじわじわ上がってしまうのだ。15km、16km、17km。。

 

時速18kmを超えてしまった時、このままだとヤバイ・・・と思って、あらかじ

め考えてた対策をとる。片方の靴底だけ、軽く道路に接地して、そっと滑ら

せたのだ。これは予想以上に効果的で、バランスが崩れることもなかった

し、ビンディング・シューズがダメになることもなかった。特に、白い線のペ

イント上で滑らせると、滑らかで適度な減速になる。

 

もちろん非常手段だから、全くお勧めはしないし、「靴底ブレーキ」なんて私

も二度と使いたくない。雨の山国の日曜日、自転車屋どころか、人も車も非

常に少ない状況で、1人で何とかしなきゃいけないから、仕方なくやってみ

ただけの事。

 

ただし、昔から「いざとなったら・・」という脳内シミュレーションは何度も行っ

てた。突然、下りで前のブレーキワイヤーが切れてしまった時とか想定して

たのだ。ちなみに、切れたことは一度も無いし、今回は直前にワイヤー交換

してたので、念のため。あくまで、まさかのアクシデントが起きた場合の想定。

 

 

          ☆          ☆          ☆

急場をしのいだ後はもちろん、自転車を止めて、前後のブレーキワイヤーの

調整。パッドが、タイヤのリム(金属部分)に強く当たるように調整するんだけ

ど、しばらく使うとまたダメになる。結局、合計5、6回調整したと思う。

 

あと、明らかにきつい下りでは、自転車を降りて、押して走ってみた♪ 私は

ランナーだから、それほど抵抗はないけど、雨で濡れた斜面で靴底が滑る

から、時速7~8kmくらいしか出せなかった(メーターの表示で確認)。それ

でも、左足の踵に変なマメが残ったほど。。

 

流石にそんな姿を見ると、誰か乗鞍帰りの車が止まって助けてくれるんじゃ

ないか・・・と期待したけど、みんなフツーに通り過ぎるだけ。「ああ無情」(^^ゞ 

まあ、私が女性サイクリストだったら、次々に止まって、親切に手助けしてく

れたのかも♪ 

 

結局この日は、1台だけ車がクラクションで挨拶してくれただけだった。警告

じゃなく挨拶とか声援なのは、走り方と鳴らし方でハッキリ判別できる。そう

言えば、同じルートで帰る自転車も全く見なかった(例年なら2台前後)。林

道を逆方向に走る自転車と、笑って挨拶しただけだ。「雨なのに、お互い、

よく走るよな♪」って感じで。。

 

 

          ☆          ☆          ☆

というわけで、私が使った技は、時速10~20kmの低速走行、ワイヤー調

整、靴底ブレーキ、そして、降りてランニング♪ ビンディングは外したまま。

 

実はもう一つ、自転車に乗ったまま靴でタイヤとリムの横をこする方法を考

えてたけど、これは使ってない。もちろん、下手すると靴がスポークに引っ掛

かって転倒するし、タイヤのパンクもあり得るから、最後の最後に使う方法

として脳内シミュレーションしてただけ。

 

それよりはまだ、タイヤの空気を大幅に抜いてしまう方がマシだろう。もちろ

ん、走りが不安定になるし、リムを痛める恐れもあるから、これまた最後の

非常手段。ブレーキ・ワイヤーを外して、パッドがリムに当たったままの状態

にするとか、更にパッドや「腕」を足先で押すという手段についても同様。

 

ただ、単に恐怖の悲鳴を上げたり、暴走&転倒で事故るよりはマシかも知

れない・・・ということだ。あくまで自己責任で。まあ、雨の下り坂を長く走るこ

とが分かってたら、前もって予備のブレーキシューを準備するのが基本だろ

う。あるいは、普段の私もそうだけど、雨の日は自転車に乗らないとか。

 

 

          ☆          ☆          ☆

150907d ともあれ、薮原

 から塩尻まで

 の20kmほど

 までも苦労した

 けど、何とか夕

 方までに塩尻

 駅に到着でき

 た。めでたし、

 めでたし。

 

なお、昨日のランニングは、雨が弱まった隙にまた8kmジョギングしただけ。

5日連続だから、ちょっと慣れて来たかも♪ それでは今日はこの辺で。。☆彡

 

                時間    平均心拍  最大心拍

  往路(1.2km)    7分13秒    113    132     

 LAP1(2.2km)   13分06秒    132    141           

   2           12分29秒    141    148        

  復路(2.4km)   13分55秒    144    154  

  計 8km  46分43秒 心拍平均 135(74%) 最大154(85%)

 

                                   (計 3629字)

|

« 2万字制限まで残り233字、ジョグのデータのみ | トップページ | 武井壮、いい年したアイドル好き論争♪&6日連続ジョグ »

「ランニング」カテゴリの記事

「旅行・地域」カテゴリの記事

「自転車」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 2万字制限まで残り233字、ジョグのデータのみ | トップページ | 武井壮、いい年したアイドル好き論争♪&6日連続ジョグ »