« 人間ピラミッドの組み方、荷重計算、リスクと安全性 | トップページ | 東大・梶田隆章氏のノーベル物理学賞2015、受賞理由(英語原文&日本語訳) »

大村智教授のノーベル医学生理学賞2015、受賞理由(英語原文と和訳)&休養ジョグ

(4日) JOG 10km,56分08秒,平均心拍 135  

     消費エネルギー 520kcal (脂肪 130kcal)

 

まずは、ノーベル賞・英語公式HP、トップ画像のコピペから♪ 毎年、デザ

インやレイアウトが変わってる気がするかも。

 

151006a

 

 

続いて、メディア向けのプレスリリース、pdfファイルより。

 

     Diseases caused by parasites have plagued human-

     kind  for millennia and constitute major global health problem.

     寄生虫による病気は、数千年間、人類を苦しめており、地球規模

     の主要な健康問題となっている。

 

     In  particular,  parasitic diseases  affect the world’s poorest

     populations  and  represent  a  huge barrier to improving human

     health and wellbeing.

     特に、寄生虫疾患は世界の最も貧しい人々を冒し、人間の健康

     と幸福の増進を大きく妨げるものの代表である。  

 

     This year’s Nobel Laureates have developed therapies that have

      revolutionized the treatment of some of the most devastating

     parasitic diseases.

     今年のノーベル賞受賞者の方々は治療を発達させ、最も破壊的な

     幾つかの寄生虫病の処置に革命をもたらした。

 

     William C. Campbell  and  Satoshi Ōmura discovered  a  new

     drug, Avermectin, the  derivatives  of which have radically

     lowered  the  incidence of River  Blindness  and  Lymphatic

     Filariasis,  as  well  as  showing efficacy  against  an  expanding

      number  of other  parasitic  diseases.

 

     ウィリアム・C・キャンベル氏と大村智氏は、新薬エバーメクチン

     を発見し、そこから派生した薬は、河川盲目症とリンパ系フィラリア

     症(象皮病)の発生を根本的に減らした。また、それらの派生薬は、

     その他の寄生虫病の数の増加を防ぐ有効性も示している。

 

 

           ☆          ☆          ☆

事前予想の人名は当たってないけど、日本人が次々と受賞するのは嬉しい

ね。正直、本当はこのお二方より、もう1人の中国の女性、トゥ・ユウユウ氏

の業績(マラリア治療薬)の方がピンと来るけど、色んな熱帯病があるわけ

か。病名も薬物名も初めて聞いた。日本はホント、平和。申し訳ないほど。。

 

時間が無いので、早くも終了♪ ともあれ、北里大学の大村智(さとし)教授、

どうもおめでとうございます☆ 80歳にしてはお元気そうだし、明るい笑顔

がちょっとカワイイかも(笑)

 

 

          ☆          ☆          ☆

なお、昨日・・・じゃなくて一昨日の走りは、ヘロヘロのハーフ走の翌日とい

うことで、単なる休養ジョグ10kmのみ。1km5分37秒ペースとなった。 

温18度、湿度60%、風速2mの好条件にしては、かなり遅いかも (^^ゞ

ま、実は単に、コンビニに行きたかっただけだし(笑)。そうゆう走りか!

 

私も人類に貢献したいよなぁ・・とか思いつつ、ではまた明日。。☆彡

 

 

                時間    平均心拍  最大心拍

  往路(1.2km)    7分17秒    113    128     

 LAP1(2.2km)   12分56秒    128    137          

   2           12分20秒    137    143

   3           11分36秒    143    151

  復路(2.2km)   12分00秒    144    154  

計 10km  56分08秒 心拍平均 135(74%) 最大154(875)

 

 

 

cf. 東大・梶田隆章氏のノーベル物理学賞2015、

                        受賞理由(英語原文&日本語訳

 

                                  (計 1578字)

|

« 人間ピラミッドの組み方、荷重計算、リスクと安全性 | トップページ | 東大・梶田隆章氏のノーベル物理学賞2015、受賞理由(英語原文&日本語訳) »

「ランニング」カテゴリの記事

医学・医療」カテゴリの記事

英語」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 人間ピラミッドの組み方、荷重計算、リスクと安全性 | トップページ | 東大・梶田隆章氏のノーベル物理学賞2015、受賞理由(英語原文&日本語訳) »