« レース用の新シューズ、速いけど靴ズレで出血、すぐ帰宅・・ | トップページ | 無理して靴ズレ傘ジョグ、ビジネスシューズで歩くだけで痛い・・ »

ソフトバンクの元セーラームーンCMと、『Moon River』歌詞解釈

時事ネタとして考えるのなら3週間遅れの話題だけど、たまたま最近ニュース

を2本、目にしたので、簡単に記事を書いとこう。個人的には、時事ネタでな

いクラシックな側面の方が興味深かった。

 

直接のキッカケは、J-CASTアサ芸プラスの記事。ソフトバンクの新CM

に不満や批判があるという内容だ。有名な原作の続きのような作品が出ると、

必ず似たような現象が起きるわけで、ここではもっとフツーにCMを鑑賞して

みよう。少なくとも、相当な制作費用をかけてる「大作」なのは間違いない。

豪華キャストへのギャラにせよ、著作権関連にせよ。

 

私はあまりテレビを見ない人間なので、テレビCMとしては今まで、元セー

ラームーン(小泉今日子)と元・鉄腕アトム(堺雅人)が登場するヴァージョン

を1回見ただけだった。15秒か30秒か、短かい放送だったから、アッ、これ

か・・・と思った程度。そこで、YouTubeの公式動画で一通り見てみた。

 

 

         ☆          ☆          ☆

私が見た順番は、「MOON RIBAR」篇のA・B・C・D・E、アルファベット順

で、最後に予告編も鑑賞。ただ、この記事では予告編から始めよう。

 

151109a 都会の雑居ビルの

 屋上で、人知れず

 営業している一軒

 のダイニングバー、

 MOON RIBAR。

 テロップで分かりや

  すく内容紹介。

 

もちろん、BGMに使ってる名曲「Moon River」(1961)のタイトルをもじっ

て「バー」(BAR)に変えた名前だけど、それが分からないと、冒頭で頬を緩

めることが出来ないから、後の受け取り方もちょっと変わるだろう。

 

 

         ☆          ☆          ☆        

151109c2 すぐに、主役の元

 セーラームーンが

 登場。夜更けの窓

 辺でギターを弾い

 てる。これも、こ

 の曲と共に有名な

 映画『ティファニー

で朝食を』へのオマージュ(敬意を込めた模倣)。

 

映画は見てないけど、美人女優の代表、オードリー・ヘプバーンが歌うシー

ンだけは一応知ってた。アカデミー歌曲賞を受賞。小泉のヘアスタイルは「大

人」しいけど、白い洋服に赤いリボンはセーラームーンの名残りだ。

 

ここまでは上品な出来でOK。ただ、この後がちょっと物足りない感もある。2

分33秒もあるのに、元おぼっちゃまくん(満島真之介)以外は出演者が不明

で、やや退屈。元・鉄腕アトム、元ケンシロウ(北斗の拳)、元ゴルゴ13、元あ

したのジョー、元ちびまる子ちゃん。最後に、「出演犬」としてなら、お馴染みの

白い「お父さん」が紹介される。

 

ラストは「スマホたのしい SoftBank」。「携帯たのしい」とか「モバイルたの

しい」ではないから、ガラケーだと楽しくないらしい(笑)。ソフトバンクにとって

は儲けが少ないから♪ まあ、乞うご期待ってことで、2015年10月20日の

本編CMに注目させるわけだ。小泉のコスプレがあるのか、とか。

 

 

           ☆          ☆          ☆

で、一番話題になってる感じの、ヴァージョンA。私はセーラームーンのアニ

151109d メも漫画もほとん

 ど知らなくて、実

 写版を何回か見

 た程度。でも、オ

 ムライスは好きだ

 から、この「オムー

 ンライス」だけで

も満足だ♪ 元セーラームーンの娘らしき、元ちびまる子ちゃん(広瀬すず)

が考えたらしい。ちなみに下の白いカウンターも三日月形になってる。

 

151109e そして問題のムー

 ンスティックを使う

 シーン。伸ばして

 先端にスマホを

 セット。自撮り棒

 にして写真を取る

  辺りで、原作やファ

ンへのリスペクトが足りないという見方が生じるらしい。

 

別に、スティックをおとしめるような映し方にはなってないけど、伸ばさずに

普通の長さで使って、「自撮り棒あるわよ♪」という台詞が無ければ、抵抗

が少なかったんだろうとは思う。

 

もちろん、制作サイドは軽いユーモアのつもりだろうし、これが引っ掛かる視

聴者は少ないはず。私自身も何とも思わない。とはいえ、超人気キャラの数

十年後を扱うメジャーなCMだから、多少の配慮はあっても良かったのかも。。

 

その後は店の外に出て、写メを撮って仲間たちに送信するシーン。セーラー

ムーンもアトムも、無意識の内にお決まりのポーズを取る♪ 最後はまた、

「スマホたのしい」。ガラホもたのしくないんだろう。料金的に(笑)。まあ、月

の看板やスマホのムーンボタンも含めて、全体的に見れば上質のCMだ。

 

 

 

          ☆           ☆          ☆

続いて、ヴァージョンBでは、元ゴルゴ13(小日向文世)が総理大臣になっ

て、国会かどこかで激しく詰め寄られてる。ゴルゴは単行本を数冊読んだ程

度かな。

 

突然、スーツの胸を開くと、一同シーン。。もちろん拳銃ではなく、スマホを取

り出してセーラームーンとお話するだけ♪ スマホには銃弾の跡もあるから、

防弾スマホらしい。小さ過ぎて防ぎきれないだろうけど(笑)

 

さらに、ヴァージョンCでは、元あしたのジョーの作家(又吉)と、元ケンシロウ

の歌舞伎役者(市川海老蔵)が登場。ジョーは読んでるけど、北斗の拳は全

く読んでない。元ちびまる子ちゃんに、どっちが強いのかとスマホであおられ

て、すぐに勝負することになる。ところが、あしたのジョーは衰えてサンドバッ

グもろくに叩けない状態だから、淋しく前言撤回♪

 

まあ、頭とペンで勝負する世界に挑戦してるんだから、当然だろう。書いてる

のは、芥川賞のベストセラー『火花』だから、ジョーの才能へのリスペクトもあ

る。ケンシロウが「アタタタタ」と叫びながら連打するパンチが、ちょっと多過ぎ

てパンチに見えない (^^ゞ 

 

まあ、あれも軽いギャグなんだろうけど、違うヒネリが欲しかったかな。たとえ

ば、サンドバッグにジョー=又吉の写真を貼って、写真の下を連打で歪ませ

てジョーに動画送信するとか♪ ちなみに、写真を殴るのはリスキーだろう。。

 

 

          ☆          ☆          ☆

ヴァージョンDのおぼっちゃまくん(現在は売れない動画クリエーター)は、原

作もタレントも全く知らないので、ちびまる子ちゃんが可愛かっただけ♪ ウケ

ないギャグを連発してバカにされてる彼を、可愛く慰めてた。こうゆう「優しい」

コは、男にとって実は一番残酷だったりする(笑)。勘違いして近づき過ぎると、

優しくなくなるのだ。

 

最後はヴァージョンEで、ちびまる子ちゃん(私はほとんど知らない)が一応主

役だけど、全体の総集編みたいな形にもなってる。彼女がセーラームーンに、

スマホで「いつもありがとう、ママ」と送ると、すぐそばにいるママは「直接言い

なよ(笑)」と返信。本当に大切なことは、スマホより直接的なコミュニケーショ

ンでってことで、納得できる繊細な配慮になってる。

 

151109f ただしCMだから、

 最後はやっぱり

 「スマホたのし

 い」。シルエット

 での全員登場も、

 夜や月のイメー

 ジとピッタシだ。

 

なお、動画の再生回数は、Eだけが45万回で、他は20~25万回程度。A

が特に多いわけではないから、セーラームーンへの反発というのも、人数

的には多くないと推定できる。評価の賛否も、どれも2対1~3対1。否定的

反応がすごく多いというわけでもない。。

 

 

           ☆          ☆          ☆

実はここまで前置きのつもりだったのに、もう時間が無くなってしまった (^^ゞ

以前、JR東海のクリスマスCMの記事を書いた時ほどじゃないけど、多数の

動画を扱うと、どうしても話が長くなる。

 

CM以上に私が興味を持ったのは、初めて読んだ『Moon River』の歌詞や

背景説明だ。Moon Riverというのは、作詞家ジョニー・マーサー(Johnny

Mercer)が少年時代に遊んだBack Riverを歌ったものらしい。なぜか英語

版ウィキペディアには見当たらないけど、あちこちのサイトに書かれてる。

 

イメージ的には小さな川のような感じもあるけど、歌詞の最初に「1マイル以

上の幅」だと書かれてる。その川は夢を与えてくれたし、逆に傷つけられるこ

ともあった。要するに、田舎から広大な世界へとつながる道、あるいは壁であっ

て、いつかそこをカッコ良く渡りたいのだ。

 

 

           ☆          ☆          ☆  

1番の歌詞だけなら、この川は、恋する相手を歌ってるようでもある。要する

に、いつか心が通じ合うのを夢見てるのだ。あるいは、相手が月(Moon)で、

相手に到達するまでの道のりが川(River)と考えてもいい。

 

ただ、2番では、2人の漂流者(two drifters)が中心となるから、ムーン・リ

バーは遥か彼方の憧れの世界か、そこへと至る道と考える方が自然だろう。

もちろん、1番と2番で、ムーン・リバーが表す対象が変わると考えてもいい。

 

実は、歌詞全体の中で、ムーン(月)と直接結びつく言葉は無い。また見ぬ

未知の世界と、月明かりでおぼろげに照らされた川を重ねてると考えること

は一応可能。ただ、制作サイドの事情としては、「ムーン」という言葉は後か

ら付けたものだという話もあるようだ(未確認)。もちろん、作り手の事情と、

聞き手の解釈は別物であっても構わない。

 

 

           ☆          ☆          ☆

最後に、ソフトバンクのCMに戻ろう。設定的にも内容的にも、明らかに中高

年をターゲットにしたものであって、彼ら自身がムーン=月のような存在なの

だ。明るくて美しいけど、太陽ほどの輝きやきらめきはない、夜の存在。JRの

旅行企画、「フルムーン」を考えても分かること。

 

月のような彼らも、昔は太陽だった。でも、昔の自分たちは、今では遠く美しい

思い出。これもまた、月のイメージと重なる。つまり、月のような自分たちが、

月のような思い出を見つめてるのだ。文字通り、「Moon Lover」(ムーン・

ラバー)。

 

これを訳すと、たとえば「月の恋人」となるわけで、この辺りについては以前、

キムタク=木村拓哉のドラマ記事で細かく考察しておいた。

 

とにかく、月から月への遥かな思いを形にしてくれるのが、携帯・・・じゃなく

てスマホ・・・でもなくて、ソフトバンクのスマホ♪ そして、みんなで同じ虹の

端を追い求めるのだ。We’re after the same rainbow’s end。虹の

向こう側の端は「お空」のはず(笑)。「彼岸」を目指す漂流者たち。そこまで

考えるマニアックな視聴者はいないだろうから、CM制作者も安心なのだ。。

 

 

          ☆          ☆          ☆    

今どき、スマホくらい使わないと、セーラームーンに「お仕置き」されてしまう。

でも、その方がいいという考えもアリだろう。次のシリーズは、「おしおき たの

しい」かも。「Moon Rebashing」(ムーン・リバッシング)。月の反復おしおき

(笑)。似てないだろ!

 

ま、ムーン世代は体罰にも慣れてるしね♪ それでは今日はこの辺で。。☆彡

 

                                    (計 4196字)

|

« レース用の新シューズ、速いけど靴ズレで出血、すぐ帰宅・・ | トップページ | 無理して靴ズレ傘ジョグ、ビジネスシューズで歩くだけで痛い・・ »

「映画・テレビ」カテゴリの記事

「音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« レース用の新シューズ、速いけど靴ズレで出血、すぐ帰宅・・ | トップページ | 無理して靴ズレ傘ジョグ、ビジネスシューズで歩くだけで痛い・・ »