« 気温4度、厚着で冴えない18km走 | トップページ | SMAP解散報道直後、キムタクのラジオ『ワッツ』の感想&18kmラン »

職場の派閥争いと分裂、辞職・・~テンメイ回想録12

昨日の解散・分裂報道記事で、私ならおそらくマネージャーに付いて行く、

と書いた。その思いには、個人的な経験も関わってる。要するに、私も組

織で「負け組」になって、外に出た苦い思い出があるのだ。

 

この記事を、当時の関係者が読む可能性はほとんど無いけど、念には念

を入れて、かなり曖昧で手短な書き方にしとこう。それでも、事態の重苦し

さや激しい感情はある程度伝わると思う。実際、この記事を書こうと決めて

当時を思い出してる内に、ズ~ンと暗くなってしまった。その一方で、いまだ

にエキサイトしてしまう部分も残ってる。。

 

 

         ☆          ☆          ☆

それは、私が以前所属してた、ある職場での出来事だった。私は非正社員

だけど、社員も含めてみんなとフツーに仲良くやってたし、色々と美味しい

思いもした♪ まだ付き合いのある人達もいる。

 

だから、その職場全体には今でもいいイメージを持ってるし、感謝もしてる。

ただ、一部の人達と真っ向から対立することになったので、懐かしい思い

出の中に、大きな傷も残ってしまったわけだ。

 

最初のキッカケをどこから書くのか迷うけど、一応、最大の対立相手に焦

点を絞ろう。仮に、Aと名付けとく。Aは私より数年後に入って来た正社員

で、年齢も数歳、年下。最初、Aは私を「テンメイさん」みたいな感じで呼ん

で、先輩扱いしてたし、私もAを可愛い後輩だと思ってた。話も合って、フ

ツーに喋ってたし、遊びに行こうかって感じの話もしたと思う。

 

ところが、しばらく経った頃、私が職場でちょっとイジって(からかって)遊ん

でたら、Aは冗談めかして、「テンメイさんとはもう話をしないことにしよ♪」

とか口にした。これが一つの分かれ目になったけど、もちろん私は軽口を

叩いただけで、ケンカするような事を喋ったわけじゃない。

 

おそらく、まったく違う「ある理由」で、Aは私にライバル意識や反感を持ち

始めてたんだと思う。単なる想像じゃなくて、多くの根拠があるけど、それ

はちょっと書けない。「ある理由」とは、どこにでもある平凡だけど重要な人

間関係のこと・・・とだけ言っとこう。

 

 

         ☆          ☆          ☆

その後、社員のAは普通に職場内で経験を積んで、立場が少しずつ上がっ

て行く。非正社員の私はほとんど上がらない。この間、私とAはほとんど喋

らなくなってたけど、別にケンカしてたわけでもない。単に、すっかり疎遠に

なっただけ。

 

その頃、私は「ある理由」をめぐって、Aとの立場が逆転したらしいという事

に薄々気付いてた。ハッキリとは分からないけど、まず間違いない。それで

も、私から見るとAは遥か下の後輩。能力的にも経歴的にも、頭を下げるつ

もりは全く無かった。

 

ある時、Aが私に対して、「これ、やっといて」と言って来た。名前もなし。完

全に上からの「命令」だ。一応、社員だから、もしA以外の相手だったら、私

も「分かった」と対等口調で応答して、普通に従ってた。ただ、疎遠な状態を

長く挟んだ後、いきなり命令? ずいぶんエラくなったもんだな・・・と思った

私は、指示には一応従ったけど、一瞬ニラミつけた気がする。

 

その後しばらくして、もう一度似たような命令があった時、私は「何?!」と

Aに言い返して、ハッキリとニラミつけた。Aは無言で目をそらして、他の非

正社員(Aよりさらに後輩)に用事を頼んだ。

 

これ以降、私とAは「ほぼ」完全に絶縁状態。と言うより、私の側が激怒して

たから、一触即発の緊張が続き始めた。Aもそれ以降、私に命令口調で指

示することは無くなった。ごくたまに、普通の仕事の依頼があるだけ。

 

 

         ☆          ☆          ☆

それでも、私とAの関係だけなら、別に大した事じゃなかったのだ。お互い、

自分の仕事はちゃんとやってるし、職場全体への影響はない。

 

ところが、徐々にAの勢力が拡大して行ったのだ。そうなると、Aの側に回っ

た人間たちと私の間も疎遠になる。もちろん、私の側にも仲間はいたけど、

正直、力関係では差がつき始めた。分かりやすく言うと、たまたま話題になっ

てる「4:1」くらいの大差だ。以前、私と仲が良かった人間が、徐々に疎遠に

なっていく。一度だけとはいえ、露骨に私の中傷をしたヤツも一人登場して、

かなり我慢の限度に近付いて来た。

 

とはいえ、仕事のジャマまでする人間はいなかったから、私はフツーに自

分がやるべき事をやって、踏ん張ってた。

 

 

          ☆          ☆          ☆

とどめを刺されたのは、ある上司の一言だ。この上司とは、何の対立もなく、

普通に談笑する関係だったのに、2人きりの場でいきなり、単刀直入に質問

して来たのだ。

 

「Aと仲が悪いのか?」。私は、ハイとは言わなかったけど、返事をしなかっ

たと思う。つまり、無言で認めたということ。すると上司はさらに言って来た。

「あれが理由か?」。これは全く想定外な言葉で、心に突き刺さった。という

ことは、直接か間接かはともかく、Aが上司に説明してるということだ。おそ

らく、私が悪者として説明されたはず。

 

内心の動揺を抑えて、私が無言を続けると、「アレはこうなったらしいな」と、

私が知りたくもない事実を伝えて来た。そして最後はズバリ言われてしまっ

た。「オレは社員だから、Aの味方だからな。当然だろ」。

 

 

          ☆          ☆          ☆

これでもう、終わりだ。辞めろと直接的には言われなかったけど、「お前も

ちょっと長過ぎたんだろう」とは言われてしまった。要するに、そろそろ辞

めろということだ。

 

ほぼ同時期に、私の側にいた人間、あるいはAの側にはいなかった人間

が、次々に職場を去ることになった。私以外の人の話や、その後の話の続

きもまだまだあるけど、今日はこのくらいにしとこう。

 

今から振り返ると、確かに、私が長過ぎたという部分はある。早めに辞めて

れば、対立が悪化することもなかったし、別にその職場にしがみつくほどの

「経済的」理由は無かった。

 

ただ、別の理由、別のこだわりがあったから、じっと我慢し続けたわけで、そ

れは一時期、成功につながる可能性も高まった。ただ、結局は上手くいかず、

「派閥」争いにも敗北。静かに追い出されるような感じで、自分から出て行くこ

とになったのだ。

 

というわけで、どうしても例の退社するマネージャーと自分が重なってしまうの

だ。もちろん、彼女の屈辱は私の50倍くらい大きいと思う。ただ、100倍まで

は行かないはず。そのくらい、私の屈辱感も大きい。

 

 

          ☆          ☆          ☆ 

とはいえ、全く別の側面もある。実は先日ようやく、Aから譲り受けたある物

を処分した。それは、私とAがわりと仲が良かった時代の証し。それを私に

渡す時のAの笑顔は今でも覚えてる。

 

つまり、本当は私も、Aと仲直りしたかったのだ。そもそも、直接的な争いは

僅かしかないし、対立の原因はまったく別の所にあったんだと思うから。些

細な言葉のやり取りとかは、表面的なものに過ぎない。

 

私が辞める少し前、あの理由が絡んで、Aの態度が一気に軟化したことも

あったし、昔みたいにフツーに談笑することさえ僅かにあったけど、結局は

関係修復できなかった。。

 

 

          ☆          ☆          ☆

とにかく今となってはすべて過去の話。額縁に飾ったキレイな絵の真ん中

に、大きな深い傷がついてるようなものだろう。全体的には十分美しいけ

ど、もはや傷の修復はできないのだ。

 

あり得ないけど、万が一この文章をAが読んで気付いたら、連絡して欲し

い♪ 一緒に飲んで、すべて笑って水に流そう。今となっては昔の話。お

互い、スッキリすると思う。

 

儚い夢を口にしたところで、それでは今日はこの辺で。。☆彡

 

                                  (計 3017字)

|

« 気温4度、厚着で冴えない18km走 | トップページ | SMAP解散報道直後、キムタクのラジオ『ワッツ』の感想&18kmラン »

回想録」カテゴリの記事

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 気温4度、厚着で冴えない18km走 | トップページ | SMAP解散報道直後、キムタクのラジオ『ワッツ』の感想&18kmラン »