« SoftBankの無料交換♪~Androidケータイ、AQUOS・501SH | トップページ | 「SMAP解散・分裂」協議報道、簡単なまとめと感想 »

デビッド・ボウイ『Let’s Dance』、MVの意味と解釈&18kmジョグ

(11日)JOG 18km,1時間38分14秒 

平均心拍144, 1003kcal(脂肪211kcal)

 

今日はたまたま、童話『眠れる森の美女』でおなじみのペローの誕生日とい

うことで、Googleのホリデーロゴでも美女が眠る様子が描かれてる。まる

で直前、永遠の眠りについたばかりの美男子を追悼するかのように。。

 

世界的なロックの大御所の一人、デビッド・ボウイ(David Bowie)が1月

10日に死去したということで、既にマスメディアでもネットでも色々と報じら

れてる。ここではまず、公式Facebook(英語版)の告知から引用、直訳し

てみよう。現在、36万シェアとなってる。

 

160112a

 

January 10 2016-David Bowie died peacefully today

surrounded by his family after a courageous 18 month

battle with cancer.

 

2016年1月10日 デビッド・ボウイは今日、ガンとの18ヶ月の勇敢な

闘いの後、家族に囲まれて安らかに亡くなった。

 

While many of you share in this loss,we ask that

you respect the family’s privacy during their time of grief.

 

皆さんの多くがこの喪失感を分かち合う中、我々は皆さんに、悲しみの

時を過ごす彼の家族のプライバシーを尊重してくださるよう、お願いする。

 

 

         ☆          ☆          ☆

さて、彼のキャリアとか影響のまとめについては、よそに任せて、ここでは

普通の意味での代表曲『Let’s Dance』(レッツ・ダンス)のMV(ミュージッ

クビデオ)を簡単に解釈してみよう。

 

曲、歌詞、ボーカル、いずれも妖しい香りが漂うダンス・ミュージックだが、

ビデオはストレートな政治的メッセージになってる。当時(1983年)、こん

な概念や言い回しが流行ってたかどうかは知らないが、要するに「多民族

の共生」とか「多様性の尊重」ということだ。

 

さあ、みんなで一緒に踊ろう、それぞれの仕方で、という意味。西欧的、ロッ

ク的なカッコ良さにとらわれる必要はないし、太った中高年も全然OK。ただ

し、我々も我々のスタイルで踊る。お互いがリスペクトし合いつつ、共にダン

スしよう。。

 

 

        ☆          ☆          ☆    

Googleで普通に検索して、最初に大きく表示されるYouTube動画は、

「Official」と名付けられた非公式のコピペに見える。本物のオフィシャル・

ビデオは次のものだろう。

 

160112b

 

 

2009年の公開で、再生回数2400万。99%の評価が、「高く評価」となっ

てる。MVというものが流行り出した当初の作品だから、今の目線だと素朴

にも見えるが、歴史やメッセージも考慮した総合的評価が非常に高いとい

うことか。

 

 

          ☆          ☆          ☆  

まず大自然に囲まれた原住民(英語版ウィキペディアによるとアボリジニー)

の世界に、西洋文化が入って来る。ボウイ自身が歌うこの曲もそうだし、歌

詞の中にある赤い靴(red shoes)もその一つ。原住民の女性が試しに、

赤い靴を履いてみた途端、遥か彼方の山の向こうで異常現象が発生。普

通に考えるなら、空想の世界に飛び込んだということ。

 

その後、若い原住民カップルは、西洋文化の中でもがき苦しみながら、お金

を稼ぎ、クレジットカードを使って、「豊かな」現代文明も垣間見る。ただショー

ウインドーであの赤い靴を見かけた途端、一気に元の大自然に引き戻され

て、みんなが足で赤い靴を踏みつける。自分たちを誘惑して圧迫する象徴。

 

最後、彼らは海を挟んで都会を眺めつつ、そそり立つ岸壁で楽しげにダンス。

一方、デビッド・ボウイは一人で草原に立ち、ギターを弾きながら身体を揺ら

す。お互いが相手の世界に魅惑される点も、そこに融けこめない点も同じ。

コンプレックスがあるのも同じだが、虐げられるのは一方だけという不平等。

その事を、あくまで西欧の最先端に立ったままストレートに訴えてるわけだ。

ボウイも「欧米の原住民」なのだから。

 

 

         ☆          ☆          ☆

個人的には、圧迫やそれに対する反発の描き方が極端すぎる点がちょっと

気になるのも確かだが、大勢の人に分かりやすくアピールするためには必

要な事なんだろう。現代日本のテレビドラマの説明過剰と似た部分はある。

 

まして、このMVは、時を超えて世界全体に伝えるべきメッセージなのだ。英

語版ウィキによると、ボウイ自身が、レイシズム(人種主義)や圧政に対す

る非常にシンプルで直接的な主張だと、語ってたらしい。

 

ちなみに、歌詞で繰返される「sway」という言葉は、身体を揺らすことを表

すと共に、支配・統治することも表す。だから、「Let’s sway」という歌詞

には、自分たち(西洋文明)に対する皮肉な意味も込められてることになる。

「さあ、支配しよう」。楽しくダンスしながら。。

 

ともあれ、名実共に本当の星となったロック・スターの輝きに、心から合掌。。

 

 

          ☆          ☆          ☆

一方、単なる小市民の走りについては一言だけ。27km走の2日後だか

ら、完全な休養モードで18kmだけジョギングした。気温8度、湿度65%

の好条件。心拍は基本的に150以下に留めて、周囲や空をのんびり眺め

つつ、気持ち良く走れた。

 

トータルでは1km5分27秒ペース。ちょうど、いいね♪ 足腰の故障も、特

に無し。時間が無くなったので、今日はいきなり、この辺で終了。。☆彡

 

 

            時間  平均心拍  最大

 往路(2.4km) 13分34秒  134  150 

LAP1(2.14)   11分51秒  143  151 

   2        11分48秒  145  152 

   3        11分51秒  145  152

   4        11分40秒  145  153

   5        11分38秒  146  154

   6        11分26秒  147  153

復路(2.76)    14分27秒  148  160

計 18km 1時間38分14秒 心拍平均144(79%) 最大160(88%)

 

                                  (計 2382字)

|

« SoftBankの無料交換♪~Androidケータイ、AQUOS・501SH | トップページ | 「SMAP解散・分裂」協議報道、簡単なまとめと感想 »

「ランニング」カテゴリの記事

「音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« SoftBankの無料交換♪~Androidケータイ、AQUOS・501SH | トップページ | 「SMAP解散・分裂」協議報道、簡単なまとめと感想 »