« 鷲見梓沙、「50年に1人」の選手(by 小出監督)&ハーフジョグ | トップページ | 急用に追われた週末、3日ぶりの走りは絶不調・・ »

折角のプレゼントが相手に喜んでもらえない悲しさ・・

もぉ~~~。。牛か! っていう古い突っ込みを久々に書きたくなったね♪

いやぁ、PC&ネット関連でハマリまくった、この2時間。どうしてくれるんだ!

○○○○!! そのハマリまくりの詳細をここに書きたくてウズウズしてるん

だけど、残念ながら書けないのだ。相手が強敵すぎるもんで、実名も書けな

い (^^ゞ 小市民、ガックシ。。_| ̄|○

 

そのまま工夫しても、ヘルプを見てもダメ。対策をネットで検索しても、私の

環境だと役に立たないものばっか。ソフトも2つダウンロード&インストール

したのに何の役にも立たなかったから、怒り狂って直ちにアンインストール♪

この処理がまた遅かったりして、余計に苛立つわけ (^^ゞ

 

とにかく、貴重な時間を全くムダに費やしてしまったから、今日のブログはも

う手抜きつぶやき♪ といっても、ここ最近は手間ヒマかかるマニアックな記

事を次々にアップしてるから、OKでしょ。またエキサイトのコネタの感想で

お茶を濁しとこう。。

 

 

        ☆          ☆          ☆

一昨日、たまたま目に入ったのが、「『格安スマホを中学生の娘に与えたら

泣かれた』お父さんの嘆きが話題」と題する記事♪ まあ、この種の「ネット

で話題」とかいう宣伝文句は、あんまし当てにならないんだけど、個人的に

面白かったのは確かだ。

 

50歳間近のお父さんが、中学生の娘にせがまれて、自分のお小遣いで格

安スマホを買ってあげたら、泣かれたらしい(笑)。いや、笑っちゃ失礼だよ

な♪ 音符マークも失礼だろ!

 

160220a

 

う~ん。。海外だと普通に通じそうな気もするし、中高年男性でも何とか許

容範囲かも知れない。でも、今の日本の女子中学生には向いてないね。

 

小さくて軽いのはいいとして、ブランドと外見。本人も気に入らないだろうし、

周りの女の子たちからイジメられるリスクが高い。ちょっとした違いがすぐ攻

撃目標になる年頃なのだ。特に女の子の集団は同調圧力が強いから大変。

 

前にもどこかで書いた気がするけど、私も中学生時代、友達に持ち物をバ

カにされ続けて、超不愉快だった経験があるのだ。母親が買ってくれた物。

いわゆるイジメとは違うけど、どうでもいいような事に対して、しつこい、しつ

こい! ちょっとだけ使う実用品でさえ、さんざんバカにされたから、女の子

のスマホだと厳しいね。寄らば大樹、iPhone、Xperiaってことで♪

 

ちなみにインドだと、日本円で約420円(笑)の「世界最安」スマホの予約が

大人気らしい。あちらの物価で考えても、タバコ1箱分だから、安過ぎて批判

もあるほど♪ とはいえ、白い色の写真になってるから、案外、娘さんにはこっ

ちの方が喜ばれるかも。お父さんも、昼飯を1回ガマンするだけで済む(笑)

 

 

         ☆          ☆          ☆

ところで、上のお父さんの嘆きは結局、ハッピーエンドの「朗報」の形になっ

てた。娘と一緒にスマホケースを買いに行って、画面もカスタマイズして、「お

子様っぽくなってた」らしい。ホントにお子様だから、OK。

 

まあ、良かったね♪と優しく受け止めるのが一般ウケするフツーの態度なん

だろうけど、私はフツーじゃないのが好きなのだ。「DVD」や「動画」でも、数

が少ない種類とか(笑)。コラコラ!

 

いや、マジメな話、私自身の悲しい体験があるから、朗報を真に受ける気が

しないわけ。例によって、ほとんど特定不能な形にした上で、こっそりつぶや

いてみよう♪ 関係者とはまだ付き合いがあるもんで。読まれる心配はほと

んどゼロだと思うけど、偶然読まれても気付かれないように配慮しよう。。

 

 

         ☆          ☆          ☆

実は私も以前、可愛い女の子にプレゼントをせがまれたことがあった。身近

な物だ。私はちゃんと、見た目の好みについて色々と質問したんだけど、私

に任せるって話だったから、その時は1人で買いに行った。

 

そんな物、いくらでも可愛いのが売ってるだろうと思ったら、意外なほど無い。

時期とかタイミングの問題もあったのかも知れないけど、さんざん探し回っても

コレって感じの物は一つも無し。困り果てて、疲れ果てて、最後に買ったのは、

20代後半からアラフォーくらいまでの女性の一部が好みそうな商品だった。

値段は高いし、買ったお店もブランドもしっかりした所だ。

 

キレイにラッピングしてもらって、いざプレゼントしてみると、予想以上に反応

が悪い (^^ゞ ただ、なまじ反応が悪過ぎたから、その態度はどうよって感じで、

女の子の周囲がたしなめてくれたのだ。そうすると渋々、女の子は私に謝り

に来て、「ありがとう」と言ってくれたけど、ありがとうと思ってないのは明らか。

おそらく、全く使わなかっただろうと想像する。可哀想なプレゼント。。

 

もう、お分かりだろう。例のお父さんは、娘や周囲の「気遣い」を真に受けて

喜んでるんじゃないかと思ってしまったわけ。まあ、その方が幸せかも知れ

ないけど♪ ちなみに私が渡したプレゼントは、今の私だと買わないはず。

ウケないのが見え見えだからだ。失敗はセイコウの元(笑)。カタカナか!

 

 

          ☆          ☆          ☆  

ちなみに、もちろん私も、これまでのプレゼントは喜んでもらったことの方が

多いので、念のため。ただし、読者へのプレゼントとしてのブログ記事は、

喜ばれないことの方が多い (^^ゞ 10年半もの間、毎日更新してても、いま

だに小ヒットが10本に1本、中ヒットが100本に1本、大ヒットが500本に

1本って感じだ。

 

  人生とは、微糖のコーヒーである。

  苦みに慣れた者が、大人と呼ばれる。   (by テンメイ)

 

あぁ、これも喜ばれないね(笑)。私自身は、ミルクと砂糖たっぷりのコーヒー

が好みなんだけどな。クリープの森永に表彰してもらいたいほど♪

それでは、また明日。。☆彡

 

                         (計 2290字)

|

« 鷲見梓沙、「50年に1人」の選手(by 小出監督)&ハーフジョグ | トップページ | 急用に追われた週末、3日ぶりの走りは絶不調・・ »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 鷲見梓沙、「50年に1人」の選手(by 小出監督)&ハーフジョグ | トップページ | 急用に追われた週末、3日ぶりの走りは絶不調・・ »