« ノートPC2台のセキュリティ対策&膝痛悪化ジョグ | トップページ | 日本経済、「失われた30年」になるのか・・&無理して再びハーフ走 »

『いつかこの恋を』と主題歌『明日への手紙』(手嶌葵)MV、軽~い感想♪

時間その他の関係で、レビューはまだ書いてないけど、フジ月9『いつかこ

の恋を思い出してきっと泣いてしまう』は、毎週楽しみにしてるドラマだ。こ

こ最近だと一番のお気に入りかも・・・とか言いつつ、いまだにこの長いタイ

トルはうろ覚えだったりする♪

 

このドラマ、脚本家・坂元裕二の詩的でレトロな物語が展開されてて、今ど

き過激な挑戦だと思う。恋愛とか純愛ドラマというだけでマイナスになって

しまう時代に、死別、介護、格差、病、離婚、等々。これだけディープな重さ

だと、視聴率を取れないのは当たり前(11.6%、 9.6%、 10.0%、

8.9%)。むしろ、この数字は挑戦者たちへの勲章と言える♪

 

いつの世でも、静かな挑戦を理解できる人は少数しかいない。道端のアス

ファルトの境目に咲く花の美しさが目に入るかどうか。故郷の湖に映った

山の姿を味わえるかどうか。そうゆう事なのだ。私は子供の頃から、海を

じっと見つめて育って来た。数学の難問をじっくり考えながら1人で解くの

も、似たような事だ。

 

第4話なら例えば、練(高良健吾)のアパートに箱で置かれたままの現品

処分の格安ストーブに、どの程度の思いを感じ取れるか。あるいは、安く

て美味しい、たこ焼きを描いた3つのシーンのリズムと「メロディー」を味わ

えるかどうか。音(有村架純)の小さな喜び、それを打ち消す小さな悲しみ、

そして、大きな喜びとそれを打ち消すくらいの悲しみの融合。。

 

 

         ☆          ☆          ☆

このドラマの主題歌『明日への手紙』(手嶌葵=てしま・あおい)も、昭和レ

トロな歌詞とメロディーで、入り込める人とそうでない人のギャップが大きい

かも知れない。

 

曲だけだと入り込めない人でも、今回公開されたMV(ミュージック・ビデオ)

を見ると、馴染みやすいだろう。GYAO!(ギャオ)の期間限定フルヴァー

ジョンを解釈してみる。2月10日のシングル・リリースに合わせて、8日~

21日の2週間公開。Victor Entertainment。プロデューサーは村瀬健。

 

以下、ネタバレになるので、先にビデオをご覧あれ♪ 著作権に配慮して、

控えめな縮小キャプチャー画像のみ使用。私の好きな超人気女優、有村

の顔はわざと入れてないので、悪しからず♪

 

160210a

 

始まりは、大人の音が静かに都会の海を見つめる姿。ここから一瞬、ブラッ

クアウトした後、いきなり子供の音の世界になる。

 

フツーに見るなら、大人の音が昔の自分を思い出してることになるが、必ず

しもそうではない。というのも、「明日への手紙」とは、子供の音が書いたも

のだから。子供の音が想像してる未来だと考えることもできる、ファンタジッ

クな二重性の映像なのだ。それは歌詞が、進むことと戻ること、想像と回顧

を融け合わせてるのと同様になってる。

 

160210b

 

子供の音(平澤宏々路)の映像は、雪道の一本の筋(タイヤの跡)を歩くシー

ンから始まる。雪は偶然だったらしいけど、ある意味、必然の幸運なのかも。

歌詞の4行目には、「この道の先で」と書かれてた。作詞・作曲は池田綾子。

 

 

         ☆          ☆          ☆

家に帰るとまず、音は玄関に咲く小さな1本の小さな花を見つめる。1人ぼっ

ちの小さな自分と重なる姿。花の中に自分を見た後、家の鏡の中に自分を

見る。いつも笑顔でいるための練習。いま一つ笑ってない所が細かい演技。

顔も有村に似てるし、よくこんな子役が見つかったもんだと感心する。「きょ

うは会社休みます。』、『信長協奏曲』、『セカンド・ラブ』にも出てたのか。。

 

160210c

 

食事は一人で、クマさんの人形(テディベア?)と仲良く。「これ、食べる?」

とか、箸でおかずを運ぶけど、クマさんは知らんぷり♪ 音も気にしてない

というか、音の脳内だと、食べてくれたことになってるのかも。見方によっ

ては、ちょっと怖いシーン(笑)

 

その後は、クマさんが見つめる中、1人でお絵かき。「明日を描こうともがき

ながら」。そして、手紙執筆。「元気でいますか。」の1行だけ♪

 

画面は、目をつむって微笑む大人の音に切り替わる。繰返すがこれは、将

来の自分が手紙を読んで思い出す姿を、子供の音がイメージしてるとも考

えれるわけだ。そもそもMVの主役は、子供の音。第1話の前の「エピソー

ド0(ゼロ)」だから。。

 

 

           ☆          ☆          ☆

そして、YouTubeのショート・ヴァージョンには無い、公園の「けんけんぱ」

とブランコのシーン。遊び相手は、白いクマさんの代わりに、白い雪だるま♪

 

160210d

 

大人の音と子供の音が交錯するカットも一瞬入る、幻想的シーン。その

後、大人の音が手紙を開く。

 

160210e

 

本来なら、「未来への希望の手紙」のような形で、輝いてる自分をイメージ

する文章を書く所だろう。あるいは、頑張ってる自分とか。ところが、子ども

の音のメッセージは最も控えめなものなのだ。「元気でいてね」。現在の格

差社会には、元気でいることさえ大変な子ども達が大勢いることを考える

と、微笑むだけでは済まない重みを感じる所。

 

160210f

 

子供の音が、お母さんのことで(?)泣いてるシーンを挟んで、いよいよ最

後。大人の音が子供の音を抱き締める、幻想的シーン。ナルシシズム(自

己愛)の美学。

 

人間の最初の愛の対象は、母親と自分自身。音の場合、母親がいないか

ら、自分を愛するのは自然なことだろう。自分とは、母の分身でもあるから。。

 

 

                   ☆          ☆          ☆

以上、ごく簡単にレビューしてみた。いや、先日のJR東日本の3本もそう

だけど、PR動画だと、ドラマより楽(ラク)に楽しく書けるのだ。たぶん読者

にとっても、文字だけ5000字とか読むよりも遥かに気楽だと思う♪

 

いずれ1本くらいはドラマ本編もレビューするかも。とりあえず、今日の所

はこの辺で。。☆彡

 

                           (計 2299字)

|

« ノートPC2台のセキュリティ対策&膝痛悪化ジョグ | トップページ | 日本経済、「失われた30年」になるのか・・&無理して再びハーフ走 »

「映画・テレビ」カテゴリの記事

「芸能・アイドル」カテゴリの記事

「音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ノートPC2台のセキュリティ対策&膝痛悪化ジョグ | トップページ | 日本経済、「失われた30年」になるのか・・&無理して再びハーフ走 »