« 気温17度の暖かさの中、スノボの筋肉痛リハビリ・ラン(バトル付き♪) | トップページ | 今シーズンのランニングほぼ終了、行くぞ横浜! »

誕生日違った山猫死ね!~『怪盗 山猫』第8話

カメレオンという動物は、周囲の環境に合わせて身体の色を変化させることで有

名だが、ネットでコトバンクの数種類の説明を読むと、どれも同じポイントを加え

てた。つまり、自分の感情でも身体の色が変わるらしい。カメレオンの感情がど

うして分かるのか?という疑問(人間なら他我問題)はさておき♪

 

朝日新聞や野党も含め、一部で称賛されてる、「保育園落ちた日本死ね!」と

いう暴言。先日ウチでも記事を書いて、長いコメント・レスも付け加えてるが、私

の「色」はほとんど変化しない。「人間」だから、それが本来のあり方だ。

 

ただし、自民党の態度はカメレオンのように素早く変化した感がある。ネット世

論という環境に適応・同調したわけで、政治の戦術としてはおそらく上手いの

だろう。譲れない所では決して譲らない代わりに、譲れる所では臨機応変に譲

る。政権批判やリベラルのガス抜きとしても適当。米大統領選の問題児・トラン

プをめぐる共和党の対応も、似た感じのカメレオン戦術かも知れない。

 

 

        ☆          ☆          ☆

政権運営とか選挙対策という現実を重視するのは、政治家として当然のこと。

ただ、ネット世論というものの認識には注意が必要だ。その点はまだまだ理解

されてない。

 

現在、はてな匿名ブログという名の単発書き込みに付けられた「いいね」は

46000。一見、多くの賛同を集めてるように感じられるが、仮に重複が無い

としても、日本の人口125000000人から考えると、0.04%に過ぎない。

ネット署名26000とかいう数字も同様。

 

これが選挙の得票率なら、全く話題にならない、リストの一番下辺りの候補者

なのだ。小選挙区の当選は、数十%レベルで決定される。かつての中選挙区

でも、10%前後は必要となる。0.04%とは、当選者の1000分の1レベルの

「得票」だ。政治的議論に使うのなら、その程度の計算は理解しとくべきだろう。

そもそも、いいねやツイートは、国民投票でも住民投票でもない。

 

 

          ☆          ☆          ☆

もし匿名ブログに、「よくないね」の表示も付けたとしたら、どれくらいの数にな

るだろうか。それは政治やネット世論に、どんな変化をもたらすだろうか。ちな

みに今日(3月9日)、産経HPで、女性筆者に対するメール・インタビューが公

開された。数々の批判的ツイートもある点について、次のように報じられてる。

 

  女性は今、「あの書き方では、そう言いたくなるのは仕方がない」と

  受け止めている。保育所の不承諾通知を受け取ったあと、感情の

  赴くままにわずか数分で書き上げた文章で「大勢の人に見られる

  ということを意識していなかった」背景があるからだ。

 

好意的に語るのがリベラル系と女性、冷めた調子で語るのが保守系というの

は、何とも分かりやすい対立の構図だろう。私は中立派で、たまに「左」を支持

することもあるが、500字レベルのブログを数分で書くことはまず無い。早くて

も15分、平均で25分くらいはかけてるのだ。感情をコントロールし、言葉を選

び、修正しながら、多様な意見や情報にも目配りして。。

 

 

         ☆          ☆          ☆ 

さて、カメレオンでさえ、感情で色が変わるという。まして、非常に感情的な動

物である人間なら、感情で「色」が大きく変わるのは当然だ。

 

私がドラマの中で一番、感情も色も変わったのはもちろん、真央(広瀬すず)

のチャイナドレス緊縛だ♪ ピンク・バニーのコスプレ拒否は逆に残念だった。

今この瞬間、私の感情を大きく揺さぶってるのは、Windows Updateの16

コ更新の遅さと重さ(笑)。「PC・・!!」と暴言を吐きたくなるほどだが、PCは

カメレオン的反応はしてくれないから意味が無い。

 

しかし一般に、人間の感情を変えるものの代表は、他の人間の言動。特に、

言葉なのだ。例えば、他人の行動や態度、表情に激怒することより、言葉に

激怒することの方が多いはず。文字、絵文字、顔文字も含めて。

 

今日伝わって来た情報によると、例の予備校生殺人。少年が好意を持ってた

女性に何か言われたのがキッカケとかいう話だ。一方、万引きの誤解で自殺

したとされてる中学生も、行為のキッカケ、あるいはその元になった感情の揺

れの原因は、先生の言葉らしい。もっと軽い情報だと、ノリスケに対するネット

民の暴言に対して、『サザエさん』の脚本家が激怒。単なる釣りには見えない。

 

人間の言葉が感情を揺さぶり、現実の行動を変える。自分で死んだり、他人

を殺したりする。イスラム過激派のテロもある。その影響力の大きさ、悲惨さ

を考えると、個人的・感情的な暴言の連射に「いいね」など出来るはずはない。

あれは、子供の深刻なイジメにもなる最悪の言葉だ。政治的効果を考慮して

もせいぜい、「主張には一理あるけど、言葉使いの問題の方が大きい」と冷静

に評する程度だろう。

 

もちろん、一番の問題は日米共通。冷静な言葉には反応せず、極端な言葉に

同調し、瞬時に拡散する現代ネット社会だろうが。。

 

 

          ☆          ☆          ☆

それでは今日はこの辺で♪ コラコラ! ハイハイ、テレビドラマね。山猫(亀

梨和也)が勝村(成宮寛貴)の誕生日を間違えたから、「死ね!!」ってことに

なったと(笑)。勝村はカメレオンらしいから、感情も色もコロッと変わるのだ。

誕生日もカメレオン的にコロコロ変わるほど。

 

しかし、殺人のプロがあの至近距離で5発「本気で」撃ったら、山猫は死ぬしか

ない。そうすると一部視聴者が「日テレ・・!」と騒いで大変だから、本気じゃない

のだ♪ 冷酷な殺しのプロに豹変したように見せかけて、必ずしもそうじゃない。

 

とりあえず、命令を下したと思われるユウキテンメイ(漢字は結城天命?)に何

か言い訳するだろうけど、要するに、もっと根本的に色が変わってるのだ。その

表現が、かなり多めの目薬の映像だろう♪ 違うわ! 長めの涙の映像ね。

 

既にカメレオン勝村にとっても、ジャーナリスト勝村にとっても、山猫たちは大

切な「仲間」となってる。仲間に対して、「・・!!」などという言葉を本気で発す

るはずはない。まして、本気で撃つはずはない。

 

逆に言うと、「・・!!」などと口にする人達、あるいはそれを擁護する人達は、

相手を仲間と思ってないのだ。おそらく多くは、日本に住む日本人だと思うが。

おまけに、探せば身近に政治家や役人もいるだろうが。

 

私なら直ちに、仲間たちの顔が浮かぶ。休職してしばらく子育てする人達の

顔も浮かぶ。そしてむしろ逆に、「生きろ!」と正論を口にしたくなるのだ♪

 

 

          ☆          ☆          ☆

ドラマで一番、仲間を欲しがってるのは、真央のように見える。天才ハッカーと

いえども、まだ子どもだし、ここまで十分な親その他の愛も受けてないんだろう

から、当然だろう。ユウキを倒した後は、山猫チームも解散。また一人ぼっちで、

学校のイジメられっ子になるのか・・・と憂鬱になってる。

 

でも実は、一番仲間を欲しがってるのは、山猫とユウキテンメイだろう。要す

るに、日本を変えたいと強く思ってるのだ。そのためには、強力な仲間と協力

する必要がある。だから、出来れば手を結びたいはず。

 

ところが、目的と手段がズレてるから、あるいは、ズレてると思ってるから、対

立してしまう。これは、前に話した古典的名作マンガ『男組』と同じ構図なのだ。

一応、激しく対立するし、主役が敵役を倒す流れにもなる。ただ、本当は一緒

に世の中を良くしたい。そうゆうシンプルな思いが基底にある。

 

 

        ☆          ☆          ☆

強い不満を持つ時、人はその不満やストレスを、自らの外部にぶつけたくなる。

投影したくなる。しかしその不満はかなりの部分、個人的な状況から生じるもの

だし、外部とは自分の仲間でもある。リスペクトすべき者でもある。

 

そこで普通の人は、自らの不満を内部的に抑圧し、妥協すると共に、外部とも

和解し、良好で正常な関係を作り上げて行く。これこそ、深層心理学の発達理

論が語るエディプス・コンプレックスの解決の流れと同様の展開なのだ。対人

関係論でも同様。

 

例の女性、怒りが少し静まった今、新たな道を築く方向に進むことを願ってる。

同じ日本に住み、言葉も理屈も感情も通じ合える、仲間の一人だから。

それでは今日はこの辺で。。☆彡

 

 

 

cf. 新渡戸稲造『BUSHIDO(武士道)』、英語原文~『山猫』第1話

   節義・道義、新渡戸『武士道』&真木和泉『何傷録』~第2話

   吉田松陰「かくすれば・・・大和魂」出典と新渡戸『武士道』~第3話

   新渡戸『武士道』における「母」と「自己否定」~第4話

   生、死、そして沈黙~第5話

   笑顔と任侠、野ブタ、武士道~第6話

   生きるべきか、死ぬべきか・・~第7話

   死ぬ恐怖、殺す快楽~第9話

    維持に負けた改革、音痴の「上を向いて歩こう」~最終回

 

                      (計 3456字)

           (追記 39字 ; 合計 3495字)

|

« 気温17度の暖かさの中、スノボの筋肉痛リハビリ・ラン(バトル付き♪) | トップページ | 今シーズンのランニングほぼ終了、行くぞ横浜! »

「映画・テレビ」カテゴリの記事

社会」カテゴリの記事

「芸能・アイドル」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/123750/63323066

この記事へのトラックバック一覧です: 誕生日違った山猫死ね!~『怪盗 山猫』第8話:

» 夕陽は一番星に追われて消えるけれど(亀梨和也)山猫たちの旅は続く(広瀬すず) [キッドのブログinココログ]
素晴らしいものが何かを決めることは生きている証のひとつである。 日曜日の昼下がりに近所のラーメン屋で一杯のラーメンを食べることは素晴らしい・・・かもしれない。 人間たちは・・・いろいろな意味で・・・素晴らしいものを決めるゲームに夢中になっているということもできる。 時々・・・そういうものは交差してい... [続きを読む]

受信: 2016年3月10日 (木) 06時54分

« 気温17度の暖かさの中、スノボの筋肉痛リハビリ・ラン(バトル付き♪) | トップページ | 今シーズンのランニングほぼ終了、行くぞ横浜! »