« 雨の彼方に虹、Leola(太陽の声)「Rainbow」~『ラヴソング』第7話 | トップページ | 手抜きつぶやき&休養ジョグ »

小保方さんと瀬戸内寂聴、対談の感想(『婦人公論』)&14km走

(24日) RUN 14km,1時間09分23秒,平均心拍 160 

     消費エネルギー 810kcal (脂肪 97kcal)

 

今日は16年5月25日。最新のamazonのランキング(科学・テクノロジー、

21時)を見ると、ベストセラー1位は小保方晴子『あの日』(講談社)。120日

間100位以内を保って、中古品の値段もそれほど下がってない。

 

160525a

 

767のカスタマーレビューの平均値は、5つ星のうち、3.9。公平に見て、か

なりの健闘だろう。高評価の☆5つが461件、低評価の☆1つが145人だ。

 

ちなみに、今回の対談をいち早く伝えたitmediaの記事の横にある人気記

事ランキングでも、エロゲームやアダルトVRを抑えて、堂々1位となってた。

 

160525b_4

 

 

           ☆          ☆          ☆

さて、約2年ぶりのメディア登場ということで、数日前から話題になってる

『婦人公論』6月14日号。発売は5月24日で、翌日の夜、書店に行ってみ

ると、すぐには見つからない。当然、女性誌の平積みコーナーだろうと思っ

て見直すと、一ヶ所だけ凹んでる。そこが婦人公論で、既に大部分が売れ

た後だった。 

 

カラー7ページの企画で、最初の大きな写真は、既にネットのニュースで流

れてたもの。確かに、言われなきゃ小保方さんとは分からないし、言われて

も「本人?」と思ってしまうほど♪ よく見ると、右目を細める表情のクセ(?)

は変わってない。

 

まあ、痩せてキレイになったんじゃないかな。スラッと細い美脚もGood。あ

れでも、痩せ衰えた身体を対談のために整えて体重を4kg戻した後らしい。

48kg→40kg→44kgって感じか。

 

白のミニ・ワンピースと白のハイヒールも、私の趣味で素敵だけど、服装心

理学者の伊賀憲子はJ-CASTで批判。黒や濃紺なら問題なしとのこと。

要するに、2年前のあの記者会見の時の服装ね。

 

いつまでも「過去に騒動を起こした人物」として扱う発想。「身の潔白を訴え

たいという意思表示」など、とんでもないということらしい。「自己主張の強さ」

とか「違和感」という言葉が、自身に跳ねかえるものだと、自覚してないコメ

ンテーターなのだろう。

 

ワンピはイタリア・ブランド「VALENTINO」(ヴァレンティノ)というお話だ。

私の昔のベルトと同じね。だから何?って突っ込み、どうもどうも♪

 

 

           ☆          ☆          ☆

対談のキッカケは、4月26日号(12日発売)に掲載された瀬戸内の連載。

書いた後、瀬戸内の方から編集者を通じて、小保方さんに会いたいと伝え

たとの事。

 

小保方さんは、うつ病治療の通院以外、ほとんど外出しない状態のままだっ

たから、ためらったものの、瀬戸内ならということで承諾。亡くなった恩師の

笹井氏も、瀬戸内の『源氏物語』を愛読してたらしい。

 

対談実現は4月ということで、京都はその日、朝から雨だったのに、途中か

ら日射しが輝き始めたらしい。外出の不安を傘が和らげてくれて、対談後は

傘が不要な晴れ。

 

ちょっと出来過ぎだけど、試しに気象庁のデータで調べてみると、4月前半

にそれらしい天気が4日間あった(細かい♪)。偶然か必然か、あの記者会

見からちょうど2年後になる。読売HPには「4月末」とあるけど、気象庁デー

タにそれらしき日は無い。遅くとも4月17日。

 

彼女の罪をどう見るにせよ、「懲役2年」か「禁錮2年」の実刑以下なのは間

違いないから、既に十分償った後。私は起訴猶予くらいが妥当だと思ってる

ので、今後の復活に期待するのみだ。

 

 

         ☆          ☆          ☆

私は瀬戸内のファンでも何でもないが、今回の対談だけなら、非常に上手

いと感じた。編集部による構成が入ってるにせよ、あくまで優しい視線で、

聞きにくいこと、言いにくいことまでハッキリと口にしてるのだ。 

 

例えば、冒頭。いきなり、『あの日』を読むまでは当然の報いだと思ってた

というような事から入ってる♪ さすが、俗世間の仏教者だね。『あの日』を

計3回読んだ瀬戸内は、改心してサポートに回ったらしい。ただし、男との

恋愛話が省かれてたのは不満みたいだ(笑)。小保方さんは、研究が恋愛

とか、遠回しに反論。

 

マジメな話、世間、学会、メディアから凄まじいバッシングを受けて、恩師

まで自殺したんだから、誰かが非常に強く支えないと、とても生きてはいら

れなかったはず。せめて今日の昼まで生きようとか、必死に命を保って来

たと語ってた。

 

いまだに現役のマラソンランナー・君原健二を思い出す所かも。「次の電柱

まで走ろう」と頑張り続けて、今75歳。メキシコ五輪・銀メダルから48年☆

 

で、瀬戸内は、恋人がいるといいわねとかサラッと言った後、例の割烹着と

の関連で、小保方さんの祖母の話に切り替えてた。あれは編集部の構成に

よるものかも知れないけど、祖母お二人は元気とのこと。ただし、家族には

会わないようにしてると小保方さんが言うので、瀬戸内は、会うように促して

た。まあ、電話やメール、手紙の類は当然やり取りしてるんだと思う。

 

瀬戸内の方は、小説『花芯』(1958年)をめぐるゴタゴタで5年干されたけど、

恋人が支えてくれたとノロけてた♪ 小保方さんも対談前に3回熟読。

 

 

          ☆          ☆          ☆

『あの日』は僅か3ヶ月と10日ほどで書き上げたそうで、睡眠薬を飲んでる

のに、ベッドで徹夜。編集者のことを、ヴェロニカと呼んでた(笑)

 

イエス・キリストが十字架を背負ってゴルゴダの丘へ向かう時、汗ふき用に

ヴェールを差し出したとかいう女性のこと♪ 編集者をからかう形の、自虐

的なギャグ。「自分がキリストだと思ってるのか」とか、また言われちゃいそ

うだけど、ささやかな笑いを与えてくれるジョークなんだろう。人間、最低限

の笑顔は必要だ。

 

ちなみに瀬戸内が差し向けてくれる愛情とか慈悲に対しては、小保方さん

は「アガペー」と呼んでた。キリスト教における無限の愛で、高校の倫理で

習う程度の言葉だけど、やっぱり教養を感じる。案外、仏教者の瀬戸内に

対するひねったジョークも入ってたのかも♪

 

笹井氏の妻や、若山氏の妻の発言についても、瀬戸内は話題にしてた。流

石に、小保方さんの直接の応答は少なかったけど、週刊誌の情報とか、一応

読んでたらしい。笹井氏の葬儀に出席できないとか弔電を送れないというの

は、当時の状況だと仕方ないだろう。葬儀参列は逆に迷惑だろうと考えるはず

だし、弔電だとあまりに軽過ぎる。

 

逆に、『あの日』に対する、登場人物たちからの直接の反応というのは、全く

無いそうだ。某女性記者とかはスルーとして、若山氏からの抗議・反論くらい

あってもいいはずだけど、静かに「人の噂も数年」を待つ戦略か。

 

 

          ☆          ☆          ☆

小保方さんには当然、アメリカやドイツから誘いが来てるとの事。自分には

資格がないということで断ってるみたいだけど、相手が誘ってくれてること自

体が資格。どうせ、「今がどん底」と2年言われ続けてるんだから、試しにチャ

レンジすべきだと思う。「もっとどん底になりました」(笑)ってことはないはず。

 

あなたは必ず甦ると瀬戸内が言った後、最後の締めくくりが心をホンワカと

させてくれた。早く復活してくれなきゃ、自分はもうすぐ94歳だから見れない

とか言うのだ♪ 携帯番号とメールアドレスの交換もしたようだし、今後は小

説執筆の話で仲良く盛り上がって欲しいもの。

 

小説にはもちろん、鬼のような女性記者や冷酷な女性科学者、悪魔みたい

な男性たちがぞろぞろ登場。炎上して、逆にまたアマゾン1位につながるは

ず♪ 小説なら、「実在の人物とは関係ありません」とか書いとけば大丈夫

なのだ。どうせ実在の人物との対応関係は、ネットが書いてくれるから(笑)

 

次はピンクのミニワンピ&ハイヒールに期待しよう。テレビならやっぱり、金

スマか、しくじり先生か。ともあれ、STAP細胞関連の様々な研究も含めて、

温かく見守って行こう。。

 

 

cf. 法律上の「悪意」は道徳的な悪とは別物か~STAP小保方さん問題

   小保方さんの手記『あの日』、やはり「普通の悪意」は感じない・・

   STAP細胞・バカンティ氏に関する日米の報道&休養ジョグ

 

 

           ☆          ☆          ☆

最後に、昨日の走りについても一言。ドラマ・レビューがまた長引いてしまっ

て、ハーフ21km走る予定を変更。気温も22度で暑かったし、スタスタと14

kmだけ走ってみた。

 

目標は1km5分以内のペース。最初から心拍計を度々見て、心拍とスピー

ドをコントロール。ハーハーゼーゼー、呼吸も荒れたし心拍も上がったけど、

トータルで1km4分57秒ペースとなった♪ この程度で「♪」とか入れてる

場合じゃないね (^^ゞ 3分57秒ならともかく。

 

なお、湿度は60%、風速2m。ちょっとした風が有難かった。それにしても

7月前半くらいの暑さが続いて、早くも夏バテ気味。。ではまた明日。。☆

 

 

             時間 平均心拍 最大

 往路(2.4km)  12分28秒  145  156 

LAP1(2.14km) 10分42秒  155  162 

  2          10分33秒  159  164 

  3          10分32秒  163  167

  4          10分22秒  168  170

 復路(3.04km)  14分47秒  166  176

計 14km 1時間09分23秒 心拍平均160(88%) 最大176(97%)

 

                         (計 3679字)

|

« 雨の彼方に虹、Leola(太陽の声)「Rainbow」~『ラヴソング』第7話 | トップページ | 手抜きつぶやき&休養ジョグ »

「ランニング」カテゴリの記事

「書籍・雑誌」カテゴリの記事

社会」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 雨の彼方に虹、Leola(太陽の声)「Rainbow」~『ラヴソング』第7話 | トップページ | 手抜きつぶやき&休養ジョグ »