« 手抜きつぶやき&休養ジョグ | トップページ | オバマ米大統領の広島演説、全文の感想(英語&日本語訳) »

プリンスの『We are the world』不参加の理由~NHK『songs』と英語情報

昨夜(16年5月26日)、家で雑用をこなしてる時、たまたま新聞の番組欄で

プリンスという名前が目に付いた。NHK『songs』(22時50分~23時15

分)。既に23時05分だったが、試しにテレビをつけてみると、1985年の

有名な大ヒット曲、『We are the world』の話が始まった時だった。

 

アフリカの飢餓と貧困を救うために、マイケル・ジャクソンやライオネル・リッ

チーら、当時のトップ・アーティスト達が勢ぞろいして、USA for Africa

を結成。曲もビデオもいい出来で、東日本大震災の時にも日本で流れてた

から、聴けば多くの人が「あぁ、この曲か」と分かるだろう。著作権が不明な

のでリンクは付けないが、動画はネット上に溢れてる。黙認ということか。

 

その曲の録音は1985年1月で、プリンスの代表作『Purple Rain』の発表

の翌年。当然プリンスにも声がかかって、参加する予定だったのに、急に不

参加となって、代わりにアルバムに曲を提供することになった。

 

 

          ☆          ☆          ☆    

これをNHK『ソングズ』では、ドタキャンと呼んで、みんなと一緒に歌うのが 

嫌だったからといった感じで説明。直後に、複雑な生い立ちを紹介してたか

ら、多くの人はなるほどと思っただろう。何しろ、番組のサブタイトルが「プリ

ンス ~孤独な天才~」なのだから。

 

ただ、私としては、その説明の単純さが気になった。間違いとも言えないけ

ど、テレビの影響力を考えると、日本では今後、それだけが正解扱いされ

てしまう可能性もある。25分の音楽バラエティの一口情報に過ぎないのに。

 

そこで、先日の『パープルレイン』の歌詞解説記事と同様、英語圏の情報を

チェックしてみよう。ただし、出勤前の朝だから、ごく簡単なものでお茶を濁

しとく。

 

なお、パープルレインに興味のある方は、下の記事をご参照あれ。英語イ

ンタビューと英語歌詞に基づき、日本ではなかなか見当たらない解釈を示

してある。

 

 Prince追悼、「Purple Rain」(パープル・レイン)の英語歌詞の意味

 

 

          ☆          ☆          ☆

先に、日本で一般によく使われる日本語ウィキペディアを見ておく。「ウィ・

アー・ザ・ワールド」の項目には、こう書いてあった。

 

  プリンスにも出演を頼んだが、トラブルに巻き込まれ収録時間に間に

  合わずキャンセルされたためマイケル・ジャクソンが二回ソロを歌って

  いる・・・・・・

 

ところが、日本語ウィキでよく見かけるように、情報のソースとか出典が何

も付いてないし、英語で検索しても見つからなかった。普通に読むと、交通

渋滞とかを思い描いてしまうが、そういった分かりやすい理由なら、どこか

の英語メディアにハッキリと書いてるはず。

 

とりあえず、単なる不確かな参考情報として聞き流しとこう。それより、英語

圏で調べた方がいい。プリンスの死因についても、現地のメディア報道の

方が遥かに早かったのを思い出そう。

 

 

         ☆          ☆          ☆

日本語のウィキペディアと違って、英語版ウィキは一般にかなり評価が高

い。紙の百科事典より上だという評価さえあるほどで、私もよく読んでる。

 

実際、『We Are the World』の項目を見ても、全体的に詳しいし、出典

も多数ついてるのだ。

 

160527a

 

 

時間がないので、ザクッと大まかに訳そう。正確な直訳ではないし、読み

やすさのために改行を入れてるので、念のため。

 

  招待されてたミュージシャンのプリンスは、マイケル・ジャクソンと

  一緒に歌うことになってたが、録音に参加しなかった。

  欠席の理由として挙げられてるものには、色んなものがある。

 

  ある新聞は、他のミュージシャンと一緒に録音したくなかったの

  だと主張した。

  別の報告では、まとめ役のボブ・ゲルドフが彼を「ぞっとするほど

  嫌な奴(=クリープ)」と呼んでるからだと、ほのめかした。

 

 

          ☆          ☆          ☆

上の2種類の理由らしきものの内、最初のもの(注12)は、CNNによる

1999年の年譜の説明。ごく簡単に、「他のミュージシャンと一緒には録音

しないという理由で」とだけ書かれてる。

 

160527b

 

 

2つ目の、ちょっと特殊な理由は、85年4月の『Evening Independent

(イブニング・インディペンデント)が書いてるもの。口が滑ったと言うより、仲

が悪かった、折り合いが悪かったという意味だと思う。『Rolling Stone』

(ローリング・ストーン)誌で語られたらしい。

 

ただし、当時のプリンスの広報担当は否定。プリンス自身が何もメディアに

語らないので書き放題なのだと説明してた。

 

160527c

 

 

          ☆          ☆          ☆

なお、追加の詳しい情報も「Steve Perry News」で発見したけど、信頼

性が微妙なサイトでもあるし、リンクを付けるだけにしとこう。かなり詳しい

情報で、あちこちの情報源からの寄せ集めのような気がする。

 

まあ、理由に関わらず、直前になっての不参加というのは、若きプリンス

らしい行動だと思う♪ 陽のマイケル、陰のプリンスなのだ。

 

それでは今朝はこの辺で。。☆彡

 

                      (計 2032字)

|

« 手抜きつぶやき&休養ジョグ | トップページ | オバマ米大統領の広島演説、全文の感想(英語&日本語訳) »

「映画・テレビ」カテゴリの記事

「芸能・アイドル」カテゴリの記事

「音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 手抜きつぶやき&休養ジョグ | トップページ | オバマ米大統領の広島演説、全文の感想(英語&日本語訳) »