« 気温19度、5月の25km走は3年ぶり・・ | トップページ | 強制わいせつ「容疑」で東大生5人逮捕の感想&プチ自転車 »

iPad Proで無料PowerPointを使う簡単な方法(アダプタは高価)

iPad Pro(9.7インチ)が2016年3月末に発売されて、すぐ購入した時

の建前(笑)は、最新の大人のオモチャだからではなく、仕事で便利な端末

だからという理由だ。ただ、実際に仕事で使うまでは3週間ほどの時間がか

かったし、色々と調べたり追加購入したりすることにもなった。

 

以下、一通り、MicrosoftのPowerPoint for iPad(無料アプリ)を使える

ようになるまでの流れ、やり方を初心者向けにまとめとこう。私自身がそも

そも、アップルの初心者だから、素人目線で具体的に説明する。

 

ちなみに、これまでに書いた関連記事は以下の通り。

 

 iPad Pro(9.7インチ)購入、初めてのAppleの感想♪

 iPad ProとWindows PC(Vista)でファイル転送する方法   

 Apple純正アクセサリー、品物はいいけど高過ぎ!

 

 

        ☆          ☆          ☆

まず、パワーポイントでプレゼンテーションを行うためには、そもそもiPad

をプロジェクターに接続する必要がある。

 

iPadの端子Lightning(ライトニング)で、プロジェクター側の端子はVGA

かHDMI。別の端子なので、間にはさんで中継するアダプタを手に入れる必

要がある。ひょっとして職場にあるかなと思ったら、あっさり、ご自分で用意

して下さいと言われてしまった (^^ゞ これが高くて、Apple純正は約6000円。

サードパーティー(別会社)の安物は今現在、無いようだ。

 

160519k

 

上の写真はVGA用の最新アダプタ「MD825AM/A」をiPadに取り付けた

所。手前にVGAコネクタを差し込んで、ケーブルでプロジェクタと連結。同時

に、ライトニングで充電できるようになってる(上の写真の右下)。

 

ちょっと古い型の「MD825ZM/A」は1000円ほど高いので、お勧めしない。

名前・外見・機能がそっくりだから、おそらく古くて高い方を買った人も多いはず。

Amazonのレビューの数と日付けを見れば、大体想像できる。

 

一方、HDMI用アダプタ「MD826AM/A」(新)、「MD826ZM/A」(旧)

には、アマゾンのレビューにかなりの不満が書き込まれてる。耐久性が無い、

すぐ壊れるとかいうお話。事の真偽は不明だし、1年以内なら保証で無料交

換してくれると思うけど、これも6000円~7000円程度のパーツだから、注

意が必要だ。私はしばらくVGA用を使う予定。端子の摩耗にも気を付けて。。

 

 

           ☆          ☆          ☆

で、ハードの準備が出来たら、いよいよパワーポイント導入。まずはApp

Storeで検索。仕事効率化のアプリとして、無料でダウンロードできた。

 

ただし、アプリ内の課金があるようなので、くれぐれも要注意。Office365

関連らしいけど、私はまだ課金の選択場面に直面してない。念のために、

iTunesで最近の購入履歴を確認したけど、「無料」アプリだけが並んでた。

 

160519a

 

上が最初の画面の左上あたり。この画像ではカットしてる左下あたりに、課

金関連のアイコンもあるので、要注意。「新規」で「新しいプレゼンテーション

という普通のテンプレートを選択してみると、下のような画面になる。ちなみ

に、画面は横でも縦でも使えるけど、やっぱり横の方が使いやすい。

 

160519b2

 

 

 

          ☆          ☆          ☆

上が1番目のスライドの作成画面。メインの作業領域には「スライドペイン」

という分かりにくい名前が付いてる。ダブルタップ(2回連続タッチ)で、タイト

ルとサブタイトルを入力したのが、下図。ドラッグで位置を修正できるし、文

字の大きさも簡単に変更可能。

 

160519d

 

続いて、2枚目のスライドを作成する。左上の「新しいスライド」をタップして、

ここでは「タイトルとコンテンツ」というテンプレートを選択。文字と画像を組み

合わせてみる。

 

160519e

 

文字入力は先ほどと同様。ここでは単に、「写真」と書いてみた。画像は、ま

ずコンテンツ用のスペースをタップして、上の「挿入」タブから「画像」を選択

すればいい。Windowsと同様の操作だけど、動きが非常に軽い♪

 

160519c

 

 

           ☆          ☆          ☆

3枚目のスライドは、Apple Pencil(アップル・ペンシル)の初体験。ワクワ

ク、ドキドキ。傷がつきそうで怖いのだ。画面に(笑)。封も開けてなかった♪

 

160519l

 

サポートページを参照して、iPadと「ペアリング」(対応づけ)した後、上の

「描画」タブをタップ。ベンと消しゴムのモード切り替えをしたり、線の色や

太さを変更したりして、楽しくお絵かきできた♪ 

 

当たり前だが、Windowsのアクセサリーソフト「ペイント」より遥かに便利で、

いいね☆ ちなみに消しゴム機能は、ペン先で使う。消しゴム付き鉛筆とは

違うので念のため(笑)。カスも出ない。いや、出た方が面白いけど♪

 

160519j 

 

これで、ディスプレイ画面の左側には、3枚のスライドが並んだことになる。

順番を変える時は、ドラッグすればOK。削除なら、タップして出る表示から

「削除」を選択。

 

160519m

 

 

上側のタブで「プレゼンテーション」を選択すると、黒い背景でプレゼンの

予行演習が出来る。スライドの切り替えや終了は、指でスワイプするだけ。

 

160519f_2

 

 

         ☆          ☆          ☆

プレゼンテーション作成が一段落したら、画面の左上をタップして、「名前を

付けて保存」。ここでは「プレゼン2」と入力してみた。

 

160519h

 

その後、スライドを追加したり変更したりすると、デフォルト(初期設定)では

「自動保存」されるから、新たな保存作業は不要だ。自動保存の右側が緑色

だから、自動保存状態になってる。

 

160519g

 

 

以上でもう、簡単なスライドショーは可能になった。後は、図形、表、グラフ

を挿入したり、文字を飾ったり、アニメーションを使ったり。またいずれ別記

事で扱うことにしよう。アップル・ペンシルの使い方についても、また別記事

を書きたいと思ってる。

 

 

          ☆          ☆          ☆  

なお、単にiPadの写真や画面を、テレビやスクリーンに映すだけなら、パワ

ポは不要。アダプターで接続して、例えば「写真」アプリで好みの写真を選択

していけばいい。おそらく、iPhoneでも同様だろう。

 

ただし、余計な写真を選択しないように♪ Windowsと違って、iPadのiOS

は写真を隠しにくいのだ(笑)。アップルはリベラル系の企業だろうから、情報

はオープンに、みんなでシェア(共有)ってことか。

 

とりあえず今日はこの辺で。。☆彡

   

   

cf. iPad Proで無料Word&Excelを使う

      簡単な方法(MsのOne Drive経由)

 

                      (計 2557字)

         (追記 46字 ; 合計 2603字)

|

« 気温19度、5月の25km走は3年ぶり・・ | トップページ | 強制わいせつ「容疑」で東大生5人逮捕の感想&プチ自転車 »

「パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 気温19度、5月の25km走は3年ぶり・・ | トップページ | 強制わいせつ「容疑」で東大生5人逮捕の感想&プチ自転車 »