« ディスクのクリーン・アップでPCの空き容量を確保(Vista) | トップページ | 気温19度、5月の25km走は3年ぶり・・ »

月夜に好きよ♪、ろくでなしのダメ男~『ラヴソング』第6話

全くダメだ。序盤の黒のサングラス美女、ワンピースの丈が長過ぎるから♪ 

そこか! のぞみか、まさみか、名前がよく聴き取れなかったけど、女優は

山崎真実ね。本人ブログで控えめに告知してた。「TRUTH」というブログ名

は、名前の漢字「真実」(まみ)を音読みして、英訳したものだろう。

 

160517a

   
  

低めのハイヒールでも、広平(福山雅治)とあんまし変わらない背の高さが

長所の1つ(公称171cm)。見覚えのある名前だなと思ったら、昔、週刊ヤ

ングマガジンのグラビアによく載ってたコだね。探せば見つかるはず・・って、

保存してんのか! 30歳になった今の方が、キレイかも。新体操の選手だ

から色んなポーズも使えるし・・って、何に?♪

 

 

          ☆          ☆          ☆   

あのシーン、大人と子供の対比が鮮やかだった。彼女がシックなワンピ&

黒ストッキング&パンプス。さくら(藤原さくら)が膝の破れたクラッシュ・デニ

ム&素足&緩やかシルエットのカジュアルブーツ。子どものさくらは、嫉妬

と羨望のまざった目線で、大人の女性をジロジロ♪

 

ただし、話に出て来た夏希先生(水野美紀)も含めて、アラトゥエ、アラサー、

アラフォーの女性たちがみんな、アラフィフの「ダメ男」「ろくでなし」に魅かれ

るのだ。「たまに優しいトコ」がある程度じゃ、説明になってない。

 

そう言えば、たまたま今日、50歳代と見られる女性が福山の自宅マンション

(渋谷区)に侵入ってニュースも流れてた。帰宅した新妻・吹石一恵と鉢合わ

せになって逃げたとのこと。志津子(由紀さおり)はアラセヴだから、次は60

歳前後と十代の女性にも登場して欲しいね♪ 

 

数年前までとの比較はともかく、まだまだ福山の人気は十分あるはず。だか

らこそ逆に、今回のドラマ視聴率の低さに悩むことになる。第6話は衝撃の

6.8%。『極悪ガンボ』第10話の7.8%を下回る、月9史上最低記録らしい。

 

って言うか、私は最低更新までは十分あり得ると思ってたけど、一気に6%

台まで下がるとは思ってなかった。サイゾーの今日の記事によると、5月14

日の『福山雅治 福のラジオ』(TOKYO FM)でも、本人がかなり気にして

たらしい。僅か3年前、『ガリレオ2』第6話の20.4%と比べると3分の1の暴

落だから、ショックなのは当然だろう。新妻も繊細な心遣いで支えてるはず。。

 

 

          ☆          ☆          ☆

ってことで、ドラマ本来の話をする前に、私の目が留まったもう1つのシーン

について。さくらが、夏目漱石の翻訳とされる有名な言葉を使って、「I love

you」の代わりに、「月が綺麗ですね」と言った場面。去年・秋のドラマ、『デー

ト』SPへのオマージュ(敬意を込めた模倣)ね。さくら自身の訳は「好きよ」で、

曲名と歌詞に採用。

 

私の目は、2人や満月のブルームーンより、バックでダンスするセクシーな

女性グループに注がれてた♪ そっちか! ユニット名「Carat」(カラット)。

公式twitterでメンバーが2回、写真入りでツイートしてた。軽く自虐的な所

がカワイイかも(笑)。マニアック・ブロガーはもちろん、「分かる人」だ。

 

160517b

 

ちなみに、彼女たちは何気に、『好きよ 好きよ 好きよ』の歌詞作りにも貢

献してた。1番の冒頭かな、「古いキャンピングカー買って」。まだメジャーな

ユニットではないから、移動用の車・Caratカーが古かったってことか♪ コ

ラコラ! 「福山雅治さん合間にも気さくに話しかけてくださって嬉しかったで

す」ともツイートしてた。早速、文春と女性セブンがメモしてるはず(笑)

 

あのシーンも含めて、今回演出の相沢秀幸には、もうちょっとキレイで印象

的な月を撮って欲しかった気もするな。少し長め、少し大きめに。シーンの

最後も2秒ほど月が見たい所。宇宙の彼方から優しく見つめる瞳のように。。

 

 

         ☆          ☆          ☆

さて、まずはドラマへの妙なダメ出しについて、根拠に基づいて批判しとこう。

Asagei(アサヒ芸能HP)の5月12日のネガティブ記事では、「制作側はテコ

入れで脚本家を変更させた可能性があります」(テレビ誌記者)と書いてた。

 

第5話で、脚本家・倉光泰子と脚本協力・神森万里江が役割交替したことに

対して、脚本家変更だと書いてるのだが、当サイトでは10日のレビューで、

倉光は半月前に第8話を書き始めてたと指摘しといた。ニュース検索ですぐ

分かる情報にすぎない。ちなみに第6話の脚本は倉光、協力が神森。ちゃん

と元に戻ってる。

 

一方、アサ芸は第5話の1シーンで映ったロッカーの名札(笑)まで、「批判

殺到!」と書いてた。大地震で滅亡した氏族・内ヶ島を想像させるから、熊本

地震の直後に不謹慎だと、「批判が殺到」してるというのだ。

 

その種のスタッフのお遊びらしいことは、確かにこれまでも何度か話題になっ

て来たから、単なる言いがかりでもない。ただ、批判は殺到どころか、ほんの

僅かなのだ。

 

ツイッター検索で、「-RT」(マイナス・リツイート)で「ラヴソング 内ヶ島」を調

べると、ヒットするのは8つのみ。しかも、その内の2つは、このアサ芸の記事

に疑問を示してるツイートだ。リツイートを含めても、合計で僅か24のツイー

ト。世帯視聴率から推定した第5話の個人視聴者の数は約700万人だから、

24という数字はゼロと言っていい。

 

ちなみに、アサ芸の指原莉乃出演予想なら、確かに一応あり得ると思う。

『恋仲』最終回で唐突に出てたし、AKB選抜総選挙はフジテレビ関連だし。

 

 

          ☆          ☆          ☆

とにかく、妙なダメ出し記事に対して、根拠に基づく逆ダメ出しをハッキリ示

した所で、本題のダメ男の分析に向かおう。

 

倉田真由美(くらたま)の出世作となったギャグマンガ『だめんず・うぉ~か~』

は、文庫が書店に並んでるのを見て数冊購入。面白かった♪ ダメ男たち(だ

めんず)ばかりを渡り歩いて行く女性が、だめんず・うぉ~か~。登場人物の

1人、ヨーコ会長がわりと可愛かったけど、男の趣味は最悪らしい。

 

ウィキペディアを見ると、13年間続いた『だめんず』連載の終了について、興

味深い話が書かれてる。倉田自身の説明によると、自分がおばさんになって、

だめんずに腹が立たなくなったからとの事(笑)。確かに、年を取るにつれて、

「まあ、いいか」と寛容になるのは、何についても事実だと思う。角がとれて、

丸くなるのだ。特に男は、鋭さが減っていく♪ コラコラ!

 

でも、夏希の場合、かなり若い頃から広平のことが好きだったらしいし、さく

らは現在形で若い。のぞみ or まさみが広平の元カノ(?)だった時期も、

若かったはず。一方、志津子(由紀さおり)にとって、広平は優しい先生で

あって、ダメ男ではない。案外、広平に告白した後、お星さまになるとか。

 

というわけで、広平が女性たちに好かれるのは、彼女たちが年を取ってダ

メさを許せるようになったからではない。

 

 

          ☆          ☆          ☆

一般に、女性がダメ男を愛する理由としてよく挙げられるのは、母性本能と

自己肯定だろう。ダメ男とは幼児みたいなものだから、私が守ってあげなきゃ

と思って、尽くす女性が出て来る。あと、こんなダメ男には私が必要だ、私し

かいないと思うことで、自分の存在価値も肯定できる。自分の心の中では。

 

それらは快感を伴う理由だけど、マイナビの女性アンケートを読むと、不快

な理由も挙げられてた。親がダメで、ごく自然に身近なお手本としてしまうと

いうわけだ。難しい言い方なら、無意識の反復の一例。

 

夏希の場合、親がダメと言うより、厳し過ぎたから、逆に緩い男に魅かれる

という事情は考えられる。自己肯定はともかく、母性本能のようなものも強い

はず。仕事が弱者支援、社会奉仕的なものだし、広平との共同生活とか涙

の差し入れとか、一連のやり取りを見てても、それは感じ取れる。

 

 

          ☆          ☆          ☆   

他に、来週の第7話から明らかになるはずのこととして、お姉ちゃん・春乃

(新山詩織)への複雑な思い(コンプレックス)もある。

 

綺麗で歌も上手くて、憧れてたお姉ちゃん。自分が音楽から遠ざかった後も、

しばらくは広平とのユニット「HARUNO」で活躍。嫉妬と羨望のまなざしを姉

に向けてたわけで、今回の序盤、さくらが大人の女性に向けてた視線に似て

るのだ。ただし、さくらは一時的だけど、夏希は長年の積み重ねがある。夏希

にとって春乃は、自らを「同一化」してる対象なのだ。私は、お姉ちゃん。

 

春乃が突然「他界」した後は、この世界に存在する広平が、春乃の代わりに

もなる。広平は、女癖がちょっと悪くて、生活もちょっといい加減な、プチ・ダメ

男。だからこそ世話をやきたくなるし、この世のお姉ちゃんみたいな存在とし

て、特別な価値も持つ。そして何より、イケメンなのだ♪ やっぱり、そこか!

 

夏希のイケメン好きは、20代の頃の元カレ・弦巻(大谷亮平)を見ても明らか。

自分で「いい男になった」と言いつつ、くどき直す彼に対して、夏希は「デザー

トでも食べる?」と応答。デザートとはもちろん、自分のことだ♪ 

 

実際その後すぐ、ラヴシーンもどきが展開。ただし肝心の映像は編集でカッ

トされて、終わった後、疲れて眠る夏希の脇にティッシュの箱が置かれてた

のだった(笑)

 

 

         ☆          ☆          ☆

さくらにとっては、神代広平先生は、ダメ男と言うより、理想化された父親。お

父さんみたいな年齢の臨床心理士で、優しくてイケメンで音楽もできるし、自

分に夢を見させてくれる。ダメなのは女癖くらいだろう。

 

ただし広平は、21年前、1995年にHARUNOのために作曲したものを、さ

くらのデビュー曲へと転用したらしい。締切に追われてたし、広平にとって、

さくらは春乃の生まれ変わりでもあるから。さくらを春乃と同一化、同一視し

てるのだ。

 

この事情をさくらが知ったら衝撃だろうけど、彼女にとっては所詮、知らない

女性との昔話。むしろ、春乃もHARUNOもよく知ってる夏希の方がショック

を受ける。そこを優しく弦巻が支えるのだ。ティッシュの箱と共に(笑)。まだ

言うか! 気になる方は動画の33分20秒をチェック(細かい・・)。空一(菅

田将暉)&涼子(山口紗弥加)だと映ってないから、使わないパターンか♪

 

さくらについては今回、ノドを痛めるとかいう伏線も張られてた。ノドの病気や

手術と言うと、つんくを思い出す所だけど、まさか今さらその路線の展開はな

いはず。案外、増村(田中哲司)の手術で、逆に吃音まで治るとか♪ いや、

月9はほとんど必ずハッピーエンドだから、甘めの明るい予想が自然なのだ。

最後は「ロードムービー気取って 自由の旅に出ようよ」とか(作詞 福山)。

 

 

          ☆          ☆          ☆

160517c

 

なお、今週の吃音マニュアル本は協同医書出版社『構音訓練のためのドリ

ルブック』。amazonでも楽天でも高評価になってた。こうゆう地味で実用的

な本にはもっと光が当たっていい。ホワイトボードの解説が無かったのが残

念だね。あれを広平が書きなぐるシーンが見たい所♪ ガリレオの数式か!

 

視聴率的なダメ出しにも負けず、来週も楽しみにしよう。サイゾーによると

福山はラジオで、「俺たちはまだいいけど、好きで見ている人が心配になる

んじゃないか。大丈夫みんな? 自身持って見ていいんだから」と、ファンを

励ましてたらしい(笑)。大スターから一般庶民へのお気遣い、どうも♪ 

 

ちなみに私は、オートバイじゃなくて「バイク乗る?」って感じの軽いノリで、

かなりの数の女性を乗せてる。ダメ男か! いや、私が乗った数はそうでも

ないから、ろくでなしではない♪

 

たとえ屈折した形でも、自己肯定は大切ということだ。

それでは今日はこの辺で。。☆彡

 

 

 

cf. 故郷の広島、東京から「500マイル」(800km)~『ラヴソング』第1話

   吃音(どもり)の多因子モデルCALMS~第2話

   やさしさに包まれたなら、二重の陽性転移~第3話

   もっかい、もう1回!、音楽療法~第4話

   ブルーハーツ「終わらない歌」、終わる夢~第5話

   雨の彼方に虹、Leola(太陽の声)「Rainbow」~第7話

   過去の自分との幻想的ふれあい~第8話

   ラヴソングへのラヴソング~第9話

   さよなら、やさしい悪魔(DIABLO)~最終回   

 

                         (計 4779字)

             (追記 88字 ; 合計 4867字)

|

« ディスクのクリーン・アップでPCの空き容量を確保(Vista) | トップページ | 気温19度、5月の25km走は3年ぶり・・ »

「映画・テレビ」カテゴリの記事

「芸能・アイドル」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/123750/63645978

この記事へのトラックバック一覧です: 月夜に好きよ♪、ろくでなしのダメ男~『ラヴソング』第6話:

» 粘るのは納豆だけ(福山雅治)愛してるって歌います(藤原さくら)私は涙もろい女(水野美紀) [キッドのブログinココログ]
ブルームーンは十三番目の月である。 一年は基本的に十二ヶ月で・・・四季で割ると・・・一シーズンそれぞれの月は三つである。 しかし、月齢と一年は一致しない。 月の運動と太陽の運動が一致しないためである。 そのために一つのシーズンに四つの満月が現れることがある。 米国メイン州ではそれぞれの満月に名前をつ... [続きを読む]

受信: 2016年5月18日 (水) 02時47分

« ディスクのクリーン・アップでPCの空き容量を確保(Vista) | トップページ | 気温19度、5月の25km走は3年ぶり・・ »