« 風邪と共に去りぬ・・・16年4月の全走行距離 | トップページ | 神戸・三ノ宮、暴走事故の動画を見て・・&やっとハーフジョグまで回復 »

もっかい、もう1回!、音楽療法~『ラヴソング』第4話

< 言葉と思考、感情表現 >

160503a  

 

→ 音楽は個々人の時代性、

公共性、文化、思考、言葉を

包括している 

 

 (夏希のクリニックのホワイトボードより)

 

        ☆          ☆          ☆

『ラヴソング』第4話、冒頭がインパクトあったね。収納スペースの月額料金が

税込5250円からってことは、消費税が5%になってた♪ そこか! 先日の

春乃(新山詩織)の追悼イベントのパンフレットで2016年と書かれてたから、

消費税は8%。税込5400円からのはずなのに・・・って、細かいわ!

 

そうじゃなくて、賞味期限切れの牛乳をシチューに使う(笑)夏希(水野美紀)で

もなくて、最初に映った、謎の下着メガネ美女。

 

顔立ちもセリフもハッキリしてたし、どっかで見たことあるよな・・と思ったら、ビリ

ギャルのモデル1号か。2号は妾(死語)・・・じゃなくて有村架純。1号は石川恋

(れん)なのだ。「こい」と読むんじゃないわけネ、と書いとけば、「こい」で検索ア

クセスが入るはず♪

 

モデルプレスに記事も出てたし、本人twitterでもオープニング・ロールの名

前付きで紹介されてた。やっぱあの名前の表示が、出演者やスタッフには嬉

しいんだろうね。だから私も、映画館だと最後まで席を立たないのだ。たとえ、

エンドロールの文字が小さ過ぎて読めなくても、スタッフへのリスペクトとして♪

 

160503b

 

惜しかったのは、右手で広平(福山雅治)の胸をつねるシーン。あそこは当

然、右手はもう少し下の乳首あたりにして、左手は映すべきじゃなかった♪

で、広平の声のラストは喘ぎ声にすると。「痛い! ダメダメ。。ダメ・・・♡」。

演出家の平野眞、綺麗なサービスショットの詰めがちょっと甘かったな。

 

ちなみに、上のオープニングロール写真で右端に載ってるのが、フジテレビ

の美人アナ、永島優美。元・サッカー日本代表の娘さんか。ウィキペディア

によると、お母さんがユーミンのファンだからユミと名付けたとのこと。

 

先週はさくら(藤原さくら)がユーミンの『やさしさに包まれたなら』を歌ってた

し、ちょうどいい出演じゃないの♪ 頬に油汚れをつけた整備士・大瀬良役。

最近は、キラキラもそうだけど、両性的、中性的な名前が流行ってるね。。

 

 

          ☆          ☆          ☆

さて、今回は地味めのストーリーだったけど、転回点としては重要。サブタイ

トルの「涙のキス」の意味はもちろん、さくらのプロデビューを邪魔した空一

(菅田将暉)のキスではなくて、カプチーノのカップを通じた間接キス。「涙」と

いうのは、ドリンクの量が少な過ぎたからだ♪ 米国のスタバ訴訟か!

 

マジメな話、あのシーンは、脚本的にも演出的にも面白いチャレンジだったと

思う。視聴者にどれだけ伝わったかは怪しいけど(笑)

 

今回、脚本協力として、神森万里江という名前が入ってた。平成21年度・ヤ

ングクリエーター賞・優秀賞。7年前に27歳だから、今は30代半ば。メインの

脚本家・倉光泰子とほぼ同年代だ。

 

あそこは、流れ的には重苦しい余韻を引きずってるシーン。レコード会社・グ

リスターミュージックの亜矢(りょう)との面接で、吃音について聞かれた直後、

「何かありましたら後日こちらから連絡します」と言われて、いきなり終了。フ

ツーの感覚なら、「後日」はもう無いと思う所。実社会では「もう結構です」の婉

曲表現なのだ。

 

私も僻地の安いバイトに応募して、パッとしない経営者に似たような事を言わ

れたことがある(笑)。いまだに根に持ってるのだ。

 

さくらとしては、歌の実力は既に見せてるし、広平と同じ注文ではなく、7秒の

勇気をふるって、自分でペリエを注文。十分頑張ったのに、ホテルのコーヒー

ラウンジの女性従業員には変な顔をされるし、亜矢には「どん引き」されてし

まった。ライブの前の彼女なら落ち込んで、ギターに当たり散らしてたはず。

 

 

          ☆          ☆          ☆

ところが既に、さくらはかなり強くなってる。若者成長物語の中盤だから(笑)

・・・じゃなくて、ライブは成功したし、広平との関係も切れてない。おまけに

夏希は広平の彼女じゃないらしいし、同居も止めたらしい。まだ望みはある♪

 

そこで、半ば甘えるような形で、広平に「超ドン引きしてましたよね」とボヤくと、

広平は「超うどん来ました?」(笑)。最低のオヤジギャグで、脱力系の安らぎ

を与えた後、悪くても印象に残ったんだからいいとフォロー。

 

これがベタ過ぎるフォローにならないのは、まず、2人のベタ付きを適度に妨

げるものが次々登場するから。立ち木2本、母と子、ランナーのグループ、そ

してカップルまで♪ 現実だと絶対にあり得ない光景で、何気ないナチュラル

なギャグ、古典的コントになってた。

 

その後さらに、広平は、カプチーノもカフェラテと似てるから印象に残らないと

か付け加える。これ、印象に残らないものはダメ、印象に残る方がいい、とい

う意味のフォローのはずなのに、さくらに「でも買ってますよ」とか突っ込まれる

と、広平はあっさり「そうだよ」と肯定♪ 印象に残らない物を買って見せつつ、

印象に残る大切さを語ろうとしてるから、さくらは「意味わかんない」と突っ込み。

 

論理的に高度な脱力系の笑い、ボケ&ツッコミで、流石は高学歴エリートなの

だ。倉光は超難関として名高い、東京芸大の出身らしい。

 

 

          ☆          ☆          ☆

そこで一旦、グリスター・ミュージックのシーンを挟んで、社長(ディレクター)・

桑名喜和子(りりィ)がさくらの資料の文字に目を留める。「神代広平」。ここか

ら元のさくら&広平のシーンに戻して、今度は神代広平が中心の話に切り替

えて行くのだ。キレイに流れが組み立てられてる。

 

つまり、さくらのバスケの才能(笑)・・・じゃなくて音楽の才能を褒めた広平が、

昔バンドとか、本気で音楽をやってた頃の話を始める。すると途中でさくらが、

「先生の番」と口を挟むのだ。もちろん、私の次は先生が音楽で頑張る番、と

いう意味を暗に含んでる。

 

促された広平は、「ボーカルのコと2人残ったんだけど上手く行かなくて、辞め

ちゃって・・」と言いつつ、カプチーノの空き容器をゴミ箱にシュートするものの、

上手く行かない。するとさくらは、「もっかい!、もっかい」と、強引にもう1回や

らせる。

 

広平は「あのね、慰めようとしてるんですけどね。聞く気なしですか・・」と言いつ

つ、もっかい投げる。もちろん、さくらは聞く気なしどころか、広平の話を傾聴し

て、何気ない形で巧みに激励してたのだ。もっかい失敗した後も、さくらの転倒

のドタバタを挟んだ後、「もっかい!」。遂に成功した広平に、さくらがハイタッチ。

 

ちなみに、ハンドプレッソHPによると、カプチーノとカフェラテとカフェオレの違

いは下の通り。カフェラテはイタリア語のコーヒー牛乳、カフェオレはフランス語

のコーヒー牛乳だ。カプチーノは泡立て牛乳を使うし、言葉の意味や由来が全

然違うというお話

 

160503d

 

 

          ☆          ☆          ☆

シュートの成功の後は、勝者さくらへのご褒美の、シュートのセイコウ♪ コラ

コラ! さくらの「何かくださいよ」というおねだりには、もちろん、そうゆう意味

も無意識に含まれてる。何かとは、恥じらいによる婉曲表現。

 

だから、広平のマンションに行った時、さくらは中に入りたそうな素振りを繰返

してたのだ。「ほーら、ご褒美だよ♪」、「もっかい!♡」というやり取りを期待し

て。ところが広平は、ギター用のカポともう一つ何かをプレゼントしただけ。石川

恋の部屋で疲れてたから、「もっかい」はダルかったのだ(笑)

 

ちなみに私は「あと3回だぞ」と言った経験がある。聞いてない? あっ、そう♪

・・・って言うか、実話だろ!

 

なお、『アコースティック・ギター・マガジン』2016年6月号のインタビューによ

ると、藤原さくらのギターは年代物の高級品らしい。1880年代くらいのマー

ティンで、福山のギターと同等とか。それで給料にこだわってたわけネ。

 

160503c

   
   

 

            ☆          ☆          ☆

とにかく広平も、もっかい音楽に向き合うことになる。バンドが解散しても、春

乃が交通事故で死んでも、さくらとのライブでけじめをつけても、もっかい、もっ

かい、もっかい。

 

それは結局、臨床心理士・広平という「個人」に対する、広い意味での音楽療

法となる。治療者はさくら、今という「時代」、観客や環境との間に成立する「公

共性」。嫌みな音楽会社社長も、悪いながらも広平に対する強い印象を受け

てたわけで、辛口の治療者として機能するはず。

 

音楽はそれら全てを「包括」し、広平の「言葉」や「思考」までまとめ上げる「感

情表現」であって、心を「♪」(音符マーク)みたいに軽やかにしてくれる。

 

それが、この記事冒頭で再現した、夏希のクリニックのホワイトボードに書か

れてた内容なのだ。普通のため息をつくと、幸せが逃げるかも知れないけど、

音楽の中のため息なら、アートとして昇華される。自分だけでなく、聴衆をもリ

ラックスさせてくれる。。

 

 

          ☆          ☆          ☆  

空一&ミニスカ涼子(山口紗弥加)絡みの暴力事件で、レコード会社重役との

面接をすっぽかしてしまったさくらも、もっかいチャレンジすることになるだろう。

 

涙は、アパートの水道蛇口からポタポタ落ちる水滴が、代わりに流してくれた。

広平が満たしてくれなかった欲望は、空一が満たしてくれた♪ 彼は若いから、

さくらに言われなくても、もっかい、もっかいなのだ。

 

なお、音楽がさくらだけでなく、広平に対する心理療法=精神療法になって

る点は、来週の予告でも明らか。

 

そこでは夏希が彼に、「そっちが陽性転移?」と問いかけてた。治療者という

存在は、基本的に、患者でもある。そもそも広平は、春乃の幻影をよく見てる

から、妄想性の重度の症状。ひょっとすると、冒頭のベッドシーンも妄想かも♪

私ならもっとマニアックな空想を使う所だ・・・って、使うのか!

 

同じ妄想でも、良いものに関しては普通、アートとか芸術という名前が与えら

れる。これから広平は、春乃の幻影とトラウマを、アートへと昇華していくのだ。

そして最後は、さくらも「昇華」させるだろう。もっかい、もっかい。。♪

 

それでは今日はこの辺で。。☆彡

 

 

 

cf. 故郷の広島、東京から「500マイル」(800km)~『ラヴソング』第1話

   吃音(どもり)の多因子モデルCALMS~第2話

   やさしさに包まれたなら、二重の陽性転移~第3話

   ブルーハーツ「終わらない歌」、終わる夢~第5話

   月夜に好きよ♪、ろくでなしのダメ男~第6話

   雨の彼方に虹、Leola(太陽の声)「Rainbow」~第7話

   過去の自分との幻想的ふれあい~第8話

   ラヴソングへのラヴソング~第9話

   さよなら、やさしい悪魔(DIABLO)~最終回

 

                         (計 4129字)

              (追記 132字 ; 合計 4261字)

|

« 風邪と共に去りぬ・・・16年4月の全走行距離 | トップページ | 神戸・三ノ宮、暴走事故の動画を見て・・&やっとハーフジョグまで回復 »

「映画・テレビ」カテゴリの記事

「芸能・アイドル」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/123750/63575511

この記事へのトラックバック一覧です: もっかい、もう1回!、音楽療法~『ラヴソング』第4話:

» 他人の気持ちなんてわからない(福山雅治)約束なんて破るためにあるのよ(夏帆)守るためじゃ(藤原さくら) [キッドのブログinココログ]
歌というものを嫌いな人がいる。 歌というものを好きな人がいる。 自分で歌うのは好きだが他人の歌を聴くのは嫌いだという人がいる。 そういう人がいると・・・ドラマでの歌のシーンはマイナス要素になってしまう。 人が自分の好きなことを追及するのはいい社会だと誰かが言う。 しかし・・・嫌いなものをいつか好きに... [続きを読む]

受信: 2016年5月 3日 (火) 21時13分

« 風邪と共に去りぬ・・・16年4月の全走行距離 | トップページ | 神戸・三ノ宮、暴走事故の動画を見て・・&やっとハーフジョグまで回復 »