« Windows Updateの失敗が連続した時&プチ自転車 | トップページ | 8ヶ月ぶりの多摩川上流、河川工事だらけ&ベッキー »

「ケンカじゃ負け知らず」の亀梨修二、キムタクに乗る♪(『ワッツ』)

「亀、キムタクに入る」ってタイトルの方が良かったかな?(笑)。ま、小市民ブ

ロガーとしては、迷った時は無難な方をってことで、「亀梨・・乗る」にしといた。

迷った時はしんどい方を、とか書いてただろ!って突っ込み、どうもどうも♪

 

エッ? もちろん、車の話ね。車に乗る、車に入る。正しい日本語表現だ。

いや、単なる「釣り」ではない。お気に入りのショップで、お揃いの洋服まで、

二人きりで仲良く買ってるんだから(実話)。

 

特殊な趣味をお持ちの女性たちなら、創作活動に熱狂できるネタでしょ。当

然、年下攻めで(笑)。俺様とか言われる天下の木村拓哉も、『俺俺』主演・

亀梨和也のオラオラの前では、受けに回るのであった。。♪

 

 

        ☆          ☆          ☆

さて、私は男だしファンでもないけど、キムタクのラジオ『ワッツ』は面白いか

ら、2、3ヶ月に1回くらい聴いてるし、ブログでも感想を書いてる。素(す)の

男の子のクセのある喋りが好感もてるし、下ネタも笑えるのだ。それ専門の

女性ナレーターの声を使える・・・じゃなくて萌えるし♪ そこか!

 

正直、最近は何となく聴きづらくなってたけど、昨夜(2016年5月13日)は

久々にネットのradikoでTOKYO FMを選択。23時03分から15分くらい

聴いたかな(細かい・・)。いや、もうその時点で、ブログ記事1本書けそうだっ

たから止めたわけ♪ ネタ探しか!

 

キムタクがもうちょっと突っ込んだサービスしてくれてたら、最初の3分で聴

くの止めてたかも。スタッフが置いていったらしいティッシュの話ね。下ネタ

的な使い道の方向に進みたそうにしてたけど、また東京エフエムのお偉い

さんに怒られるから(笑)、自重したんだろう。

 

男の子がティッシュを使うと言えば、もちろん、アレしかない。こよりを作って

脇とかをくすぐり責めするのだ。違うわ! 鼻に入れて、クシャミの音を披露

するのだ♪ あれ、折角やったんだか、もうちょっとエコーとかかけた方が良

かったね。遠慮してマイクから離れたのかな。でも、しっかりオヤジが入った

クシャミだった。「ハックション! チクショー」(笑)

 

 

          ☆          ☆          ☆

それでは今日はこの辺で♪ コラコラ! あっ、オラオラ状態の亀が車庫に

入った話ね。車だろ! 

 

とにかく、亀梨がKinki Kidsの番組で、キムタクとの出会いを語ったらしく

て、『ワッツ』のリスナーがキムタク本人に真偽をたずねたのだ。デビュー当

時(?)、街でいきなりキムタクの車に誘われて、カフェオレ飲んで、お揃い

の服を買ってもらって、別れ際にはアドレスまで書いてもらったとかいうお話。

 

ほとんど初対面だったみたいだから、直後の亀梨は1時間くらい放心状態

だったとの事。やっぱ、全力で相手すると疲れるわな(笑)。ネットで検索して

みると、2013年5月19日放送の『新堂本兄弟』(フジテレビ)と書いてた

描写が詳しいから、信頼していいんじゃないかな。

 

その話はそれ以前にも、亀梨がどこかで語ってたようで、2009年のサイゾー

の記事にも出典なしで書かれてた。サングラスをかけたキムタクが(?)犬の

散歩をしてる時にすれ違って、その後、車から呼ばれたらしい。洋服は、亀梨

の誕生日が近かったから、とのこと。初対面ではなく、2回目の出会いのよう

な書き方になってた。

 

 

          ☆          ☆          ☆

で、キムタクの話によると、カフェオレは勘違いじゃないか、アドレスは書いた

んじゃなくて携帯で見せたんじゃないかってお話。確かに、亀梨とキムタクが

一緒にカフェオレを飲むっていうのはイメージに合わない気がするね。アドレ

スは、逆に亀梨の側がメモしたのかも。

 

そんな事より、キムタクから見た亀梨の描写が笑えた♪ タレント感を「フル

ボリューム」で放ってたらしい(笑)。ま、多分、キムタクもフルボリュームだっ

たと思うけど、フルボリューム同士の闘いで負けたってことだろう。やっぱ若

い時、10代後半~20歳前後くらいが一番スゴイのだ。

 

キムタクがサングラスかけたまま、クラクション鳴らして合図したら、亀梨は

『修二と彰』の時の「ケンカじゃ負け知らず」って感じの空気だった、とも語っ

てた。これ、公式サイトだと、単に「負け知らず」とだけ書いてるけど、言葉が

強過ぎるし、歌詞が違ってたから、省略したんだろう。

 

録音はしてないけど、「ケンカじゃ負け知らず」っていうツイートが多数ある♪

もちろん、『青春アミーゴ』の正しい歌詞は、「地元じゃ負け知らず」。それを

「ケンカじゃ」と言い間違えたか、言い替えたくらい、亀梨はケンカ・モードだっ

たし、男の子のキムタクも敏感に察したってことだ。で、受けて、立ったと♪ 

コラコラ! そう言えば、受けの時って、どうなのかね? まだ言うか!

 

ともあれ、ネット検索を軽くかけただけで、2人の仲良しぶりがよく分かった。

何がどこまでホントなのか、よく分からないけど、特別な親密さだけは確か

だろう。熱く硬いもので深く結ばれた関係なのであった♪

 

「俺達はいつでも 2人で1つ」。あの曲って、そうゆう意味だったのか(笑)。

亀と美青年だと、どっちがどっちなのかね・・とか考えつつ、それでは今日は

この辺で。。☆彡

 

                       (計 2096字)

|

« Windows Updateの失敗が連続した時&プチ自転車 | トップページ | 8ヶ月ぶりの多摩川上流、河川工事だらけ&ベッキー »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

「芸能・アイドル」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« Windows Updateの失敗が連続した時&プチ自転車 | トップページ | 8ヶ月ぶりの多摩川上流、河川工事だらけ&ベッキー »