« 『伝説の死闘 猪木vsアリ』(テレビ朝日)、感想と英語(音声解析) | トップページ | 梅雨のヘロヘロ25km走、コーラ飲み過ぎで眠れない夜 »

さよなら、やさしい悪魔(DIABLO)~『ラヴソング』最終回

ただいま!

おかえり!

行って来ま~す♪

行ってらっしゃ~い♪

さよなら~・・・

・・・・・・

 

 

         ☆          ☆          ☆

今の私はサッカーの方が好きだが、野球には独特の魅力がある。逆転満塁

サヨナラホームラン。最終回、延長でなければ9回裏に、満塁ホームランを

打って、一気に4点ゲットで逆転。そのままサヨナラ、試合終了となるものだ。

1点ずつしか入らないサッカーには存在しない、野球ならではの興奮。

 

意外なことに、ネット上で正確な記録がなかなか見当たらないが、日本の

プロ野球で数年に1回くらいのようだ。さらに、「代打」逆転満塁サヨナラ

本塁打となると、7年に1回くらいの奇跡らしい。

 

 

          ☆          ☆          ☆

脚本協力として、いつもの神森万里江に加えて、新たにクセ者・池上純哉を

迎えた『ラヴソング』最終回は、まさに代打逆転満塁サヨナラホームラン!

あるいは、逆転ではなく、同点から勝利を決める代打満塁サヨナラかも。

 

あの披露宴の雷鳴&稲光のような、会心の一撃を見せてくれた、ドラマ史

に残る歴史的終わり方だった。少なくとも月9では初めての斬新さだと思う。

 

それを「批判大噴出」、「脚本がクソ」、「あ然」と書く、サイゾーの平凡な感

想文などを読みながら、今ごろメイン脚本家の倉光泰子は微笑んでるだろ

う。芸術肌なのにちょっと意地悪な、やさしい悪魔として。平凡な満足を続

けるのが苦手な、第3話以来久々の演出家、西谷弘も同様。

 

 

          ☆          ☆          ☆

そしてもちろん、いつもの事ながら、これが「悪魔」、DIABLO(ディア

ブロ)をテーマにした物語だと気づいた人は(ほとんど)いない。それはちょ

うど、第8回の海岸シーンが佐野さくら(藤原さくら)の幻想=夢だと気づい

た視聴者がほんの僅かしかいないのと同様なのであった。。

 

終盤、熱海か伊東市あたりの海岸でさくらが一人、たたずんでる時、バイク

の前のフェンダー(泥除け)が3秒くらい映されて、さくらと「DIABLO」という

ロゴが並べられてるのだ。スペイン語の「悪魔」で、英語や日本語としてもた

まに使われる。

 

ここでは、オフロードのバイクレース向けブランド。ドラマ・レビューの補助的

使用として、著作権的にOKだと判断する。公式Facebookでも、ドラマ採

用を喜んでたほどだから。

 

160614b

 

 

         ☆          ☆          ☆

ラストの大どんでん返し(死語♪)は、周到に準備されたものだ。元々、

『ガリレオ』、『HERO』などを手掛けて来た鈴木吉弘プロデューサー

が、新人と言っていい倉光にオリジナル脚本を任せた際、次のように語っ

てた。

 

 「・・・キャラクターのとらえ方が皮肉っぽい。意地悪な面とか、

 ちょっとした悪意とか、そういうのを凄くうまく拾う作家さんです。

 今回は、ベタなボーイ・ミーツ・ガールじゃない話・・・。お互いを

 近寄らせない感じと、同時に近寄りたい感じの矛盾するところ

 が非常におもしろく描かれている・・・。」

 

これは2016年4月25日のスポニチの記事だから、制作当初の思

いが表れてる。皮肉、意地悪、悪意、お互いを近寄らせない。。

 

こうした言葉を再確認すると、今回のエンディングがそれほど意外な展

開だったとも思えない。しかもこの時点で倉光は、早くもあの意表を突く

第8話を書いてた。だからウチでは、「脚本家交替」などと書いたことは

一度も無い。まだ読んでないが、ノベライズ本も上下巻ともに、倉光の脚

本だと示してるのだ。

 

☆追記: 翌日、ノベライズ本・下巻の最後をチェック。蒔田陽平

       は、基本的にドラマ脚本と同じ流れでまとめてるが、

       毒のない爽やか路線にアレンジ。一般ウケはいい

       かも知れないが、私はドラマの方を評価する。)

 

 

         ☆          ☆          ☆

恋愛ドラマとして、第9話までで簡単に分かる特徴の一つは、キスの扱い。

主人公・さくらとW主演的な広平(福山雅治)がキスしてないのに、さくらと

脇役・空一(菅田将暉)は繰返しキス。

 

こうなるともう、最終回でそれを上回るにはキスを超えるものが必要だが、

ゴールデンタイムの月9では放映できない。たとえ撮影されても、編集で

カットされて、スタッフの秘蔵映像となるのみ。匿名掲示板への流出にも

時間がかかる♪  

 

だから普通は、熱い抱擁&キスとか結婚で、分かりやすいテレビドラマ的

決末を作る。前クールの月9、『いつかこの恋を』のラストも、仮眠可能な

長距離トラックだし、想像力で十分補えるのだ♪

 

ところが流石に、ちょっと皮肉で意地悪なやさしい悪魔、倉光は、伝統ある

月9のラヴストーリーの歴史を変えてくれた。『ガリレオ』のスピンオフ終盤

で、内海(柴咲コウ)を襲わせた後、男子トイレ(!)の中で号泣させた脚本

家・池上と共に。

 

もちろんアレも、単なるお遊びではない。「男子の中で泣く女」の姿を、ヒネっ

た形で表現してたわけだ。直ちに指摘したウチのレビューは当時、ごく一部

で拡散された。分かる人だけ分かる表現方法は、映画はもちろん、テレビで

も時々ある。

 

 

          ☆          ☆          ☆

話を最終回に戻そう。直前に主演の藤原さくらがまず、「衝撃の展開」を

ツイートしてた。

 

160614a

 

ここで藤原は、あの「さよなら」シーンの画像を貼り付けてる。今となっては、

ネタバレだと分かるだろう。ロケ地となった、箱根・芦ノ湖の桟橋こそが、広

平とのお別れであって、このウチのレビュー冒頭に会話を引用しておいた。

直後、空一が、新郎みたいな衣装で割りこんで来る。

 

下の写真は、ザ・プリンスHPのパーティー・レポートより。ちょっと名物の霧

がかかってる感じか。

 

160614e

 

 

         ☆          ☆          ☆      

まるで新婚家庭のラブラブ夫婦の会話みたいなものを楽しんだし、帝京大

学医学部附属病院の庭では、可愛いピンク系のパジャマやジェスチャー・

ゲームも披露。病室では最後の涙の抱擁も味わえたし、先生の『500マイ

ル』も聞けた。思い残すことはない。

 

「さよなら」の直後、真美(夏帆)の披露宴でスピーチする時、さくらは例に

よって、どもってしまう。「She is kincho?」(彼女は緊張してるのか?)

とか、神父に妙な英語で突っ込まれても、さくらはマイペース。広平が助け

舟として弾き始めたギターも、首を左右に振って制止した。広平は意外そう

な表情。さよならの前にはギターは制止してない点にも注目したい。

 

そして、広平とさくらが2人仲良さげに『Soup』を歌い始めた途端、雷鳴が

轟いて中断。雨に追われるようにして、館内に逃げ込む時、さくらの顔が赤

黒いセピア系の色に染まって、顔の中心には血のような赤い線まで入る。

人気のホラー映画『呪怨』に、似た感じのカットがあるようだ。

 

この線は、直接的には、次のMRIか何かの病院シーンへとつながるわけだ

が、要するに「広平を愛するさくら」が赤線で否定されたことになる。

 

 

         ☆          ☆          ☆ 

結局、顔を左右に振った否定の仕草が、さくらから広平への最後のメッセー

ジとなった。一方、この時点では空一と付き合うつもりもないわけで、焼きそ

ば入りのお好み焼きかモダン焼きかを空一が用意しても、さくらの返事はさ

よならだった。

 

 空一

 

 いつもありがとう

 空一は優しすぎて

 私には応えられそうにないよ

 ごめん

 私のワガママで

 みんなに迷惑かけちゃうけど

 一人で頑張ってみたい

 本当にごめん

 

           さくら

 

 

さくらは真美にもメッセージを残して、広平への思いを断ち切ることを告白。

 

 真美にだけは伝えておきます 

 私、先生への好きだって気持ち

 断ち切れてなかった

 先生は音楽を通してしか

 私を見てくれなかったけど

 

 好きな人と一緒にいるだけで

 楽しいなんて嘘だよ

 すごく苦しい

 

そして、家財道具や掃除は大家さんと新宿区に押しつけて(笑)、1人、バ

イクで横浜市の大黒大橋を渡るのであった。代表的なロケ地紹介サイト

信用するなら♪ 流れるBGMは笹やん(宇崎竜童)のアンニュイなギター、

『サマータイム』。。

 

 

          ☆          ☆          ☆

この後、2年が経過。空一は、涼子お姉さん(山口紗弥加)のアドバイスに

したがって、さくらを自分で追いかけることを決断。初Hの相手の担任・林

みか(41歳)といい、常に空一は年上の女性に育てられて、最後は立派に

「男として立ち上が」った。先日、アリが猪木を挑発してた言葉みたいに♪

 

一方、広平は、ようやく自分のさくらに対する思いを理解して、夏希(水野

美紀)にも正直に告白。ところが、音楽の仕事も忙しいし、年齢的な弱みも

ある。若くてガムシャラな空一と違って、自分ではさくらを追いかけない。

 

CHERYL(Leola)がさくらの『好きよ 好きよ 好きよ』をカバーするという

話が持ち上がって、プロデューサーか誰かがさくらの現住所を突きとめた時、

ようやく「契約交渉」の代理人として会いに行くのだ。重役の弦巻(大谷亮平)

と連絡を取りつつ、腰が引けた状態で。

 

ところが、勤務先の伊東車検センターに行っても、夏休みで不在。さみしく工

具箱を無断チェックした後、住所とかを従業員に聞いても、ストーカー扱いで

断られる♪ ようやく熱海市のビーチで、さくらが歌う所を発見。喜んで近寄

ろうとした瞬間、空一がさくらに寄り添うのであった。

 

広島風お好み焼き屋「SKY」(空)の店主。看板には、虹(レインボウ)のイラ

スト。シェリルといい、空一といい、美しいレインボウ=弓を使って、広平を突

き刺すのだ。まるでバスの中から見た、信号で停止するさくらのバイクみたい

な、ジャック・ナイフの鋭さで。。

 

 

         ☆          ☆          ☆

放心状態の広平は、強引に若い2人に割り込む勇気もなく、通行人に後ろ

からぶつかられて、よろめくのみ。平凡な幸せをつかんでる、あの親子3人

連れはもちろん、さくら&空一の今後を暗示してたわけだ。

 

2年前、真美は広平を突き飛ばしながら怒鳴ってた。「さくら、失恋さえさせ

てもらえなかったんだよ。何でさくらをちゃんと捨ててやんなかったの?!」。

捨てずに音楽を一緒にやろうとか、やさしい言葉を口にしてた広平は、や

さしい悪魔なのだ。さくらが傷つくことは分かってたんだから。

 

それに対して、遅まきながら追いかけて来た広平に目もくれず、空一と一

緒に『好きよ 好きよ』と笑顔で歌うさくらも、やさしい悪魔だ。広平も、失恋

さえさせてもらえなかったし、ちゃんと捨ててもらえなかった。

 

後はもう、SAKURAの工具箱に入ってた自分たちの写真を思い出にす

るだけなのだ。本当はまだ彼女もオレのことを好きなんだ・・とか、つい頭

に浮かぶ淋しい思いを振り払おうとしつつ。興味深いことに、ディアブロHP

のアニメには、海に浮かぶ美女の悪魔が描かれてた

 

 あの人は悪魔 私をとりこにする やさしい悪魔

      (作詞 喜多条忠、作曲 吉田拓郎、歌 キャンディーズ)

 

160614c

 

 

         ☆          ☆           ☆

広平はさくらに影響を与えたけど、さくらも広平に影響を与えた。「な?♪」。

ライブハウスのカウンターで星田(渋川清彦)が語った言葉は、むしろ逆順

なのだ。そしてもちろん、女は昔のことなどあっさり忘れて、男はいつまでも

未練がましく覚えてる。

 

ただし、こうした一般的な事実らしきものを、元ジブリの監督が海外で口に

すると、女性差別とか大騒ぎになって謝罪に追い込まれるのであった♪ 

ちなみに私も、昔ちょっとでも好きだった女性はすべて、よく覚えてる。逆は、

期待してない。少ししか。。(笑)

 

とにかく、佐野さくら&倉光泰子。どちらも見事に、やさしい悪魔=DIABLO

を演じてくれた。月9史上最低の全話平均視聴率、8.5%は、尖鋭的な作

品に挑戦したスタッフ&キャストヘの勲章だろう。私は、最前線での孤独な

チャレンジを常に応援する、やさしい天使なのであった♪ 寒いわ!

 

なお、最後の吃音関連本は、インテルナ出版『STのための音声障害診療

マニュアル。STとは、「Speech-language-hearing

 Therapy」らしい。直訳すると、言葉を話して聞く治療法。

 

160614d

 

本編の最後、いきなり暗い画面に「ラブソング」のロゴと桜(サクラ)の花び

らが映った画像に、西谷弘の映画『ガリレオ 真夏の方程式』のトンネル映

像を思い出しつつ、それでは今日はこの辺で。。☆彡

 

 

 

cf. 故郷の広島、東京から「500マイル」(800km)~『ラヴソング』第1話

   吃音(どもり)の多因子モデルCALMS~第2話

   やさしさに包まれたなら、二重の陽性転移~第3話

   もっかい、もう1回!、音楽療法~第4話

   ブルーハーツ「終わらない歌」、終わる夢~第5話

   月夜に好きよ♪、ろくでなしのダメ男~第6話

   雨の彼方に虹、Leola(太陽の声)「Rainbow」~第7話

   過去の自分との幻想的ふれあい~第8話

   ラヴソングへのラヴソング~第9話

 

                         (計 5010字)

|

« 『伝説の死闘 猪木vsアリ』(テレビ朝日)、感想と英語(音声解析) | トップページ | 梅雨のヘロヘロ25km走、コーラ飲み過ぎで眠れない夜 »

「映画・テレビ」カテゴリの記事

「芸能・アイドル」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/123750/63777863

この記事へのトラックバック一覧です: さよなら、やさしい悪魔(DIABLO)~『ラヴソング』最終回:

» すると俺は立ち去る・・・体裁つけて(福山雅治)愛してくれないなら一緒に音楽活動はできません(藤原さくら)弱虫じゃのう(夏帆)つきまとい勝ちじゃ(菅田将暉) [キッドのブログinココログ]
シンプルに分析すると・・・これは「ローマの休日」の焼き直しである。 主人公は新聞記者・・・ヒロインは王女様である。 王室のお姫様と・・・一般市民・・・この階級格差を現代で表現すると・・・やってやれないことはないが・・・現在この国にはリアルで美少女なプリンセスがいるので・・・いろいろとアレなんだよな。... [続きを読む]

受信: 2016年6月15日 (水) 08時53分

« 『伝説の死闘 猪木vsアリ』(テレビ朝日)、感想と英語(音声解析) | トップページ | 梅雨のヘロヘロ25km走、コーラ飲み過ぎで眠れない夜 »