« 自分の気持ちに嘘つく理由~『好きな人がいること』第3話 | トップページ | 7月末の25kmジョグ、ポケモンGO軍団を眺めつつ♪ »

「平和」のために大量殺傷、植松聖容疑者をめぐる感想

日本はテロも無く平和な国で諸外国に申し訳ないほど・・といった感じ

のつぶやきを先日書いたが、いきなり戦後最悪レベルの「テロ」が発生し

てしまった。16年7月26日未明、神奈川県相模原市、

津久井やまゆり園。。

 

一定の政治目的を実現するための殺傷だから、テロの定義にほぼ合って

る。集団的かどうか、行為自体よりも恐怖を与えるのが目的かどうかは、

枝葉の問題だろう。特に最近の個人的な犯行を視野に入れた場合は。

 

爆弾や銃を使わず、刃物で一気に19人殺害、26人にケガをさせると

いうのは、世界的・歴史的に見てもかなり珍しい衝撃的事件で、本来

なら本格的な記事を書くべき所ではある。

 

ただ、今週はもう月・火の2日間で7500字書いたばかりだし、

たまたま昨夜、深刻なPCトラブルが生じたので、ごく短い感想に留

めよう。ただ、他とはあまりかぶらない内容を書く。

 

 

         ☆          ☆          ☆

あまりに明らかな確信犯で、直ちに自首してるのだから、「容疑者」とい

う言葉をつける必要はないとも感じるが、一応付けとこう。

 

植松聖(さとし)容疑者(26歳)のtwitterとされるものは一通り目を通し

たし、Facebookにあったとされる写真も別の場所で閲覧した。

 

犯行とほぼ同じ頃に、

  「世界が平和になりますように。 

   beautiful Japan!!!!!!」

とツイートしてるのは、必ずしも凶悪な惨殺と矛盾するものではない。

 

もちろん、普通の人間の感覚だと、大量殺人と平和祈願は矛盾してる。

大量の血が流れた状況を、美しい日本と呼ぶ人も、普通はいない。

 

けれども、彼の思考や信念においては、重度の障害者がいない世界こ

そ、より平和な世界なのだから、矛盾どころか整合的。行動まで含めて、

首尾一貫してるのだ。

 

 

         ☆          ☆          ☆      

実は、日本語の英訳を考えると、死と平和は近い概念でもある。

 

  「安らかに死ぬ」 → 「die in peace」(平和の内に死ぬ)。

  「安らかに眠る」 → 「rest peacefully」(平和的に休む)。

 

使い道は最悪としても、多少の知性を持った人間のようだから、こうした

やや抽象的な思考が(無意識的に)働いたと考えても不思議はない。何

しろ、教師を目指して実習してた頃は、「いい先生」だったとも言われてる

のだ。実際、本人twitterらしきものには、「love&peace」

と書かれてた。

 

ちなみに、ラブ&ピースは、左派=リベラルの代表的なフレーズ。しかし、

自民党の衆院議長や安倍首相に対して手紙を書いて、国家のために過

激な行動をとろうとする姿勢は、右派=保守的なものに近い。その意味

でも、分裂気味で二面性のある独自の人格と思われる。。

 

 

         ☆          ☆          ☆

一方、議長あての手紙の全文と言われるものがネットに流れてるが、そ

もそも最初はどこから手に入れたのがハッキリしない。あと、毎日新聞

HPが載せてるものは、一部が省略されてるような感じだ。FNNのテレ

ビ映像とされるものなどと合わせて、元の手紙を推測するしかない。

 

読んですぐ分かるのは、幼い字とはいえ、漢字が多くて丁寧に書かれ

てること。近所の人の、礼儀正しい若者という証言とも合ってる。日本語

として見た時、滑らかではないし上手くもないが、最低限の文法は守ら

れてるし、大きな流れも一応出来てた。同意は全くできなくても、意味や

意図はハッキリ分かる文章だ。

 

なぜか毎日の記事(共同通信)で省かれてる箇所には、誤字があった

り、世界的団体の名前が入ってたりしたようだが、それはおいとこう。与

党の中心人物への要求、請願があまりに非現実的な点も、わざわざここ

で触れる必要のない、自明なことだ。

 

 

        ☆          ☆          ☆

それより私が考えたのは、被害者、ターゲットは誰か?ということだ。

 

普通に見れば、直接的には重度の障害者たち、重複障害者たちだが、

本質は「不幸を作ることしかでき」ない存在ということ。不幸を作ることし 

かできない気の毒な存在を消すことで、世界を平和にする。

 

これは、害虫や不要なペットだけでなく、強制的に措置入院させられるほ

ど重度の精神障害を指摘されてた容疑者自身にも向けられる。そして結

局、われわれ人間全体に向けられうる殺意だと思う。

 

というのも、「人間さえいなければ地球はより平和になる」といった考え

は、昔からある一面の真理だからだ。

 

大規模な自然破壊、大量破壊兵器、地球温暖化など、地球にやさしくな

い物をもたらしたのは、われわれ人間。それでいて、「地球にやさしい」

とかいう言葉を笑顔で語りながら、ほんの僅かな善行を行うことで、免

罪符と考えたがるのだ。

 

 

         ☆          ☆          ☆

今回の悲惨な事件は、一部の気の毒な人達だけのものではない。人間

全体に向けられたテロの、前段階、予兆的なものと考えられる。

 

では、誰が人間全体を「不幸を作ることしかでき」ない存在だと考えて、

消そうとするのか。それは、一部の特殊な個人や団体かも知れないし、

人間を超えた存在も考えられる。

 

いまや、あらゆる面で人間を凌駕しつつあるAI、ロボットなどが、遥か

劣る存在である人間を抹殺するというのは、まだ映画やSF、漫画、

アニメ、小説の話だと思ってる人が多いだろう。誇大妄想、被害妄想

にすぎないと笑い飛ばすとか。

 

 

         ☆          ☆          ☆   

しかし、機械が人間から雇用を奪っていく時代の流れは、確実に進展

する。単純労働、熟練技術、計算、判断、記憶、そして、創造=クリエー

ションの世界まで。

 

それほど遠くない将来、19人どころか19万人の命が一瞬で奪われて

も、不思議はないだろう。実際、今でもその程度の兵器は世界に溢れ

てるし、その攻撃力に対して防衛力は全く追いついてない。

 

AIやロボットが、世界平和のために、不幸の存在=人間を抹殺した時、

他のAIやロボットたちはどう反応するのだろうか。逮捕、処罰どころか、

それを悪いことだと判断しない恐れもある。あるいは、善いこと、正しい

ことだとみなすとか。

 

それでいいという考えも可能かも知れないが、私は人間として容認でき

ない。そろそろ、存在一般の価値や尊厳について、AIやロボットの中核

にインプットすることを考えるべきだろう。機械に自由に考えさせるので

はなく、人間の規範的な考えを学習させる。あるいは、説得的に伝える。

 

 

        ☆          ☆          ☆

そのためにはもちろん、まず人間自身が、存在の価値や尊厳、絶対性

について考える必要があるはずだ。間近に迫って来た、最悪の危機を

回避するために。

 

ちなみに、人工知能学会は事件の前から、倫理綱領を策定中とのこと。

人間による研究の倫理だけでなく、AIが持つべき倫理へと踏み込

んで欲しい。

 

それでは今日はこの辺で。合掌。。☆彡

 

                      (計 2681字)

|

« 自分の気持ちに嘘つく理由~『好きな人がいること』第3話 | トップページ | 7月末の25kmジョグ、ポケモンGO軍団を眺めつつ♪ »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

社会」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 自分の気持ちに嘘つく理由~『好きな人がいること』第3話 | トップページ | 7月末の25kmジョグ、ポケモンGO軍団を眺めつつ♪ »