« 気温26度のハーフ・ジョグ&つぶやき | トップページ | 海のそば、細く真っ直ぐに・・~『ホットロード』映画&原作(紡木たく) »

新旧の皇室典範、天皇の生前退位の規定なし(原文)&湿度100%ジョグ

(13日) JOG 12km,1時間04分47秒,平均心拍 152

     消費エネルギー 710kcal (脂肪 120kcal)

 

最近は次々と大きなニュースが入って来るが、昨日は、天皇陛下の生前

退位という話が伝わって来た。最初はNHKのスクープだろうか。

 

直ちに、他のマスメディアも後追い記事を掲載。意外なことに、一番大き

く扱ってたのは日経HPだ。もう一つ意外なことに、報道が一番遅れたの

は、右派の代表(多数派)、読売新聞HP。他社につられず、「裏」(根拠)

を慎重に独自取材したということかも。

 

実際、時事通信は13日の23時過ぎになって、

 「そうした事実一切ない」=宮内庁次長は報道否定─生前退位

という記事を掲載した。朝日はさらに1時間早く、同様の記事を掲載

 

とはいえ、退位の記事は削除されてないし、過去の同種の例から考える

と、宮内庁も少し遅れて認める可能性が高いと思う。

 

そもそも、平成の今上天皇は既に82歳。お身体の調子を考えても、海

外の同種の例を考えても、「数年内に」皇太子さまに地位を譲ろうと考

えるのは自然なことだ。数年前から周囲には話されてたと報じられてる。

 

 

        ☆          ☆          ☆

報道の真偽とは別に、興味深かったのは、皇室典範に天皇の生前退位

の定めが無いという話。この結論ばかりがあちこちで報じられて、肝心

の新旧の皇室典範が示されてないので、早速ネットで検索してみた。

 

まず、昭和22年(1947年)に制定・施行された、戦後の新しい

皇室典範。法務省の法令データ提供システムより。

 

  第一章 皇位継承 

   第四条 天皇が崩じたときは、皇嗣が、直ちに即位する。

 

これ以外に、退位の規定が無い。在位中の天皇に不都合が生じた時は、

支援するための「摂政」を置くとされてるが、それは退位とは別の話だ。

少なくとも、制度的・法律的には。ちなみに、天皇の地位をはく奪する規

定も無い。海外だと、どうなってるのだろう。。

 

 

        ☆          ☆          ☆

一方、明治22年(1889年)に裁定された旧・皇室典範は、上のデータ

ベースで検索しても出て来ない。大日本帝国憲法と同格とはいえ、国の

法律ではなく皇室の家法という位置付けだったからだろうか。あるいは

単に、古過ぎるからか。

 

仕方ないので、ウィキソースから引用する。「第一章 皇位継承」には、

天皇という地位の移譲の前提条件は無い。   

 

第二章  踐祚卽位 

 第十條 天皇崩スルトキハ皇嗣卽チ踐祚シ宗ノ神ヲ承ク

 

「践祚」(せんそ)とは天皇の位につくこと自体を表す古い用語で、それを

天下に布告するのが「即位」。合わせて、第二章のタイトル「践祚即位」

になる。とにかく天皇の崩御、つまり死亡だけが、地位継承の前提条件

なのだ。

 

 

        ☆          ☆          ☆

要するに、天皇は今まで、自分で辞めることは出来ず、辞めさせられる

こともなかった。そういった事による混乱を避けるためだったとかいう解

説があちこちに出てる。

 

そう言えば、高校の授業で日本史を勉強した際、天皇を巡る騒動に妙な

感じを受けたのを思い出す。というのも、最近の天皇は、文字通り「日本

の中心」で、最も安定した象徴となってるからだ。

 

いまや左派・リベラルでさえ、天皇制を批判する声は弱くなってるほど。

国歌「君が代」は批判しても、「天皇の世」は容認ということは、歌にま

つわる過去の歴史だけを問題にしてるということか。

 

いずれにせよ、生前退位という話が浮上したということは、それだけ安

定した基盤が多面的に構築されてるということだろう。今後は、法律改

正から譲位まで、各種の手続きがどのように進むのか、歴史的変化を

注視して行きたい。。

 

 

        ☆          ☆          ☆

一方、天上の世界から地上の世界に目を移すと、小市民は昨日も汗だ

くでヨロヨロ走って来た♪ もうすぐ梅雨明けで、全面的に自転車シーズ

ンに移行するから、その前にもうちょっとランニングしとこうっていう考え。

 

前日、気温26度でハーフ21.1km走った後だから、12kmジョグで十

分。ペースは、1km6分以下ならOK♪ 気温は25度で、前日より1度

下がったげど、湿度が100%風速わずか1m。汗かきの私が走ると、

汗が蒸発しないまま無駄にダラダラ流れて、すごく不快なのだ。

 

それでも、たかが12kmなら我慢の限度内。流石に給水や水浴び

もパスして、トータルでは1km5分24秒ペース。ま、想定よりは速かっ

たから良しとしよう。序盤、ちょっと左足首が痛かったけど、ごまかして

走ってる内に痛みは消えてくれた。

 

週末の天気がビミョーだな・・とか思いつつ、今日はこの辺で。。☆彡

 

 

             時間 平均心拍 最大

 往路(2.4km)   13分41秒 137  151 

LAP1(2.14km) 11分42秒 147  159 

   2         11分23秒 155  163 

   3         11分22秒 157  164

 復路(3.18km)  16分40秒 160  168

計 12km 1時間04分47秒 心拍平均152(84%) 最大168(92%)

 

                       (計 1982字)

|

« 気温26度のハーフ・ジョグ&つぶやき | トップページ | 海のそば、細く真っ直ぐに・・~『ホットロード』映画&原作(紡木たく) »

「ランニング」カテゴリの記事

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 気温26度のハーフ・ジョグ&つぶやき | トップページ | 海のそば、細く真っ直ぐに・・~『ホットロード』映画&原作(紡木たく) »