« 東京タワーから見えないもの、中心の欠如の補完~『好きな人がいること』第6話 | トップページ | リオ五輪・女子5000m予選の「五輪精神」&ジムなど »

美誠(みま)パンチとテニスの思い出♪&多摩川

(16日) BIKE 59.6km,2時間10分,平均心拍 145

     消費エネルギー 1299kcal (脂肪 273kcal)

 

あぁ、ここに来て急に天気が悪くなって、困ったね。。「集中して自転車に

乗ろうと思った時に限って、天気は悪くなる」。またしても、マーフィー

の法則、恐るべし。。♪ 来週の前半まで、どうしようかな。。

 

・・って話じゃなくて、「みまパンチ」ね。まあ、ほとんど誰も知らない言葉

だろうけど♪ どうも、朝日新聞が勝手に流行らせようとしてる言葉らし

い。卓球・女子団体で銅メダルに輝いた15歳の伊藤美誠(みま)の、

「ねこパンチ」みたいな変則フォアハンドのこと。

 

円を描いて手を振るのが普通の打ち方だけど、みまパンチは押し出す

ように打つ。ボクシングにたとえると、フックじゃなくて、ジャブ。朝日新聞

デジタルの動画からキャプチャーさせて頂こう。フェンシングではない(笑)

 

160818a

 

 

         ☆          ☆          ☆

肘を伸ばしてラケットを前に出すフォームで、これだけだと球のスピード

が出にくいはずだけど、相手の速い球に対するカウンターなら十分速く

なる。おそらく、相手にとってはコースも読みにくいだろう。

 

これに限らず、伊藤は色んなユニークな打ち方を試してるらしいし、朝日

新聞と同系列の日刊スポーツは、伊藤のユニークなキャラもクローズアッ

プしてた。

 

中一で、大阪のエリート私塾、関西卓球アカデミーに入門した頃から、

普通の子とは全く違ってたとの事。

 

   「卓球は練習中に相手を重んじる風潮がある。一定の

    コースでラリーをしている時にはコースを変えない、と

    いう暗黙のルールがあった。しかし、伊藤はチャンス

    ボールが来れば容赦なく決めにいった」

 

 

         ☆          ☆          ☆

これは、広い意味での「みまパンチ」と言える♪ ニコニコ笑いながら自由

に繰り出す、この痛烈な変則パンチを浴びて、泣きだす子もいたし、みん

な一緒に練習したがらなかったらしい(笑)。目に浮かぶようだネ。

 

KY(空気が読めない)の極致とも言えるけど、中国人コーチもいたから、

別に相手に不自由しなかったのかも。やがて、試合の実績と共に認めら

れるようになって、あっと言う間に銅メダル獲得。まさに卓球界の革命児。

ちょっと、体操の内村が若い頃に似た感じ。

 

 

         ☆          ☆          ☆

さて、この話を読んで思い出したのが、自分のテニスの初心者時代。そう

言えば私のフォアハンドも、スイングと言うより手を前に押し出すような不

格好なものだった (^^ゞ ビデオ録画をチェックした時は、かなりショック。。

 

要するに、確実にボールをラケットの面に当てて返そうとしてたわけ。そ

のおかげで、見た目や試合結果はともかく、練習のラリーだけはよく続い

てた。相手が上手くて、しかも親切な場合は♪ 女の子だと、余計に気合

が入って長続きする。長い方が悦ばれるのだ(笑)。コラコラ!

 

ところが、上級者の友人K(超久々の登場♪)を誘って練習すると、さっ

ぱりラリーが続かない。私の甘いボールを、容赦なくビシビシ決めて来る

のだ (^^ゞ 泣きだすことはないけど、最初は「ハァッ?」って感じだったし、

決められたボールを遠くまで拾いに行くのがまた腹立たしい♪

 

 

         ☆          ☆          ☆    

ところが、実は私も別の場所では似たような事をやってた (^^ゞ 女性3人

と一緒にダブルスのゲームをたまに楽しんでたんだけど、1人が私より下

手で、甘い球を打って来るから、つい私がビシッと決めてしまう♪

 

すると、わりと上手い勝気な女性が私に注意して来た。練習なんだから、

仲良くラリーを続けるべきだとかいうご指摘。ところが、実はその下手な女

性が時々ビシッと打ってたから、私はその真似をしたにすぎない。

 

そう、私が反論すると、勝気な女性は「・・・さんに失礼でしょ!」

とか言い返して来た (^^ゞ いや、あなたが最初に僕に文句つけて来た

んだけどね・・とは流石に私も言わなかったけど、ちょっとピリピリ

した雰囲気。他の2人はオロオロ(笑)

 

 

          ☆          ☆          ☆   

で、とりあえずダブルスを再開すると、私のパートナーが後ろから甘い球

を打った時、勝気な女性は前衛の私にぶつけるようにビシッと打ち返して

来た。これはもう、やり返すと子供のケンカになるから、苦笑いしてお互い

終了。で、しばらくして、こっそりブログに書き込むとか(笑)

 

ちなみに、仮にその場にいた人がこの記事を読んでも分からないはず。

その程度の配慮はちゃんとしてるので、念のため。私の身内が読んでも、

絶対に分からない。

 

その後、すごく上手い人と一緒にダブルスをする機会があって、試しに

前衛にいるその人に向かって打ちこんでみたら、しっかりブロックされた♪

何だ、ということは、上のレベルなら別に打ちこんでもいいってことでしょ。要

するに、相手と状況に応じてってことね。

 

とにかく、単なる一般人の小市民が型破りなことを色々やっても、せい

ぜい雰囲気がビミョーになったり、ブログのネタになったりするだけなの

だ♪ 自由奔放な型破りで大成功するのは、ほんの一部の人だけ。そ

の淋しい現実を強調しとこう。。

 

 

cf. 卓球・団体戦の数学的解説、ABC対XYZ方式&2年ぶり荒川遠征

 

 

         ☆          ☆          ☆

一方、平凡なアスリートの走りについて。お盆休み前の仕事を徹夜で終

えた直後、8月16日は、また多摩川で60kmだけ稼いで来た。

心身の疲労が溜まりまくりだから、安全第一の保守的な走り。まだこれ

から、来週の前半までたっぷり走り込まなきゃいけないし。

 

で、のんびり走ってたら、またロードバイクが妨害♪ 責任転嫁か! と

ろとろ走ってるから、河川敷から土手に上がる短い登りで追い抜いたら、

すぐ抜き返して来て、後ろの私を気にしながら必死に逃げ始めた。まる

で、追いかけてくれと言わんばかりに(笑)。で、心拍数は下のようになっ

ちゃったわけ。超久々のレッドゾーン全開!

 

160818b

 

最大心拍は176! 97%まで到達した後、一気に下に落ち込

んでるのは、向かい風を強烈に受けて、胸のセンサーが乾いてしまっ

たからだと思う。時々ある、一時的エラー。

 

 

        ☆          ☆          ☆       

ちなみに勝負は引き分けと言っとこうか♪ その気になれば追い抜け

たけど、危ないし、そもそも本気のバトルを楽しむようなコンディション

じゃなかったから、追走のまま終了。それでも、私が付いて来たことに

驚いた様子だった。スピードの数字を書くのは自粛ってことで(笑)

 

トータルでは平均時速27.5km気温25度、湿度90%、

風速2.5mで、日射しもあったから暑く感じた。また走ってる途中に

虫に刺されたし (^^ゞ マジで痒いわ! それでは、また明日。。☆彡

 

                      (計 2639字)

|

« 東京タワーから見えないもの、中心の欠如の補完~『好きな人がいること』第6話 | トップページ | リオ五輪・女子5000m予選の「五輪精神」&ジムなど »

「スポーツ」カテゴリの記事

「テニス」カテゴリの記事

「自転車」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 東京タワーから見えないもの、中心の欠如の補完~『好きな人がいること』第6話 | トップページ | リオ五輪・女子5000m予選の「五輪精神」&ジムなど »