« 1年ぶりのジム&16年7月の全走行距離 | トップページ | 隠された想い、隠しきれないハート~『好きな人がいること』第4話 »

男らしい小池百合子、女性初の都知事に&山本圭壱テレビ復帰

応用数学というか確率統計学というか、強気の予想だね。私は20時

ちょうどからNHKの都知事選速報を見始めたけど、いきなり小池百合

子当選のテロップから番組スタート。投票締切の直後、開票率0%

で「当選確実」となってた。四捨五入なし、完全なゼロ・パーセント。

 

NHKは根拠として、出口調査(5000人強、30ヶ所弱、回

答率70%)を挙げてたけど、朝日新聞デジタルなんて何も根拠を

挙げずに、20時00分に「当選確実」。まあ、速報だからであっ

て、実際は各種の状況を総合的に分析したってことか。

 

160801a

 

 

数分遅れで会場に現れた小池は、目に涙を浮かべてキラキラさせながら、

演説で枯れたノドで勝利宣言。「まだハッキリした開票結果は出ておりませ

んが・・」とか、一度も言わなかった。進行係のナレーターも一切留保なし。

 

負けた増田寛也や鳥越俊太郎も、20時10分くらいにはあっさり

敗北宣言。最近の選挙は、「まだ分かりませんが・・」って感じの態度は

示さなくなってるのかね。ビッグデータ収集&解析による信頼性向上っ

てことか。

 

 

      ☆          ☆          ☆

ちなみにNHKが最初に映した開票状況(20時半頃)は、0.1%

(弱)で、小池が約1600、増田が約1400だったと思う。

20分ほど後、同じく0.1%で、小池1700弱、増田1400強。

0.1%とは、5000票前後という意味。

 

この程度の差で「確実」とする感覚や根拠がいま一つピンと来ない。私は

もともと小池だと思ってたから、別に予想結果に不満や驚きがあるわけ

じゃなく、率直な理論的感想だ。一度、そのデータと前提、仮定、数式処

理を詳しく見てみたい。

 

ちなみに、東京都の有権者数は1000万人超で、最終投票率

50%としても、投票総数は500万票。おまけに2位の増田は、

与党・自民党の推薦で強力な組織票を持ってる候補者だ。22時過

ぎでも、開票率が数%~20%の時点で、小池・増田・鳥越がほぼ

同数の激戦区がいくつもあった。。 

 

 

       ☆          ☆          ☆ 

さて、では勝因は何か。選んだ理由の一番目は、NHKの出口調査だ

と「政策」となってたけど、私はこの種のキレイ事や建前は信じない。不特

定多数を動かすのは常に、理屈ではなく、イメージだ。何となくの印象と、

すぐに感じ取れる外見。行動も含めて。

 

小池は長年の活動による知名度で、増田はもちろん、鳥越にも勝ってる。

不利とされてた「先出しジャンケン」や、「崖から飛び降りる覚悟」を見せる

男らしさ、潔さも好印象だった。党の推薦を別の男性候補者に奪われた状

況で闘い続ける、女性闘士。

 

小池は自分で、ジャンヌ・ダルクほど若くないと自嘲気味ジョークを飛ばし

てたけど、小池の35年ほど前の画像を見ると、アイドル顔負けの可愛さ

でキラキラ輝いてる。その後は美人議員として臨機応変、他方面の活躍。

 

長年のポジティブな外見イメージは、64歳になった今でも中高年の脳裏

に焼き付いてるはず。ほんわかしたタレ目のタヌキ顔も年齢にふさわしい

好印象。

 

 

         ☆          ☆          ☆   

都知事の経験が長い石原慎太郎から、「厚化粧」「大年増」「ウソつき」と

か暴言を浴びても、「慣れてるんですよ」と余裕の受け流し。これでは、

石原は、増田の応援どころか、足を引っ張った形になってしまった。

 

間違っても「セクハラ」などと女性的に反撃することなく、「これだから男は

ダメだ」とも言わず、器の大きさと長年の経験を笑顔で誇示した小池。S

NSや緑のイメージ・カラーの有効利用も含めて、見事な完勝となった。

流石は元・防衛大臣、男らしい。一部のリベラルに嫌われても、一般ウケ

で楽勝。

 

とはいえ、もちろん、ここまでは単なる予選。本当の真剣勝負はこれから

始まる。最大の強敵は、文春砲とか、メディアのスキャンダル攻撃か。リ

スク管理能力、金銭管理、都議会運営も含めて、真価を見せて頂こう。

なるべく長い間。。

 

 

☆追記: 最終的な獲得票数は、小池が約290万票、増田

       180万票、鳥越130万票。5:3:2の比率で、

       NHKの出口調査とほぼ同じになった。)

 

 

        ☆          ☆          ☆ 

一方、話のレベルはかなり違うけど、個人的にずっと気になってたお笑

いタレント、山本圭壱の「復活」についても一言、感想を書いとこう。

 

前に何度か書いたように、私は彼の才能や人望の厚さを評価してるし、

事件の謹慎期間があまりに長過ぎると思ってた。

 

そもそも、当事者間で示談・和解した後、告訴取り下げで不起訴処分。

逮捕もなく、任意の事情聴取と書類送検のみ。相手が当時17歳の少女

とはいえ、人気タレントにとって10年間もの謹慎は十分すぎるだろう。

 

16年7月30日の夜、『めちゃイケ』で地上波テレビ復帰と聞いた

ので、試しにワンセグで軽く流し見してみた。あらかじめ、収録でかなり

色々あったと伝えられてた通り、激しい内容のバラエティだった。ちなみ

に私が『めちゃイケ』を見るのは、ほとんど初めて。

 

 

        ☆          ☆          ☆

見始めたのは、山本が何も知らされないまま、地方のパチンコ店で営業

するシーンから。完全に仕込まれた仕事で、進行の女性も観客もわざと

山本を困らせる。ブタの物真似を要求されて、床を這い回る姿は、最近

まったくバラエティを見てない私には、ちょっとキツ過ぎるイジメの印象。

 

ただ、乱入した江頭2:50のおかげで、イベントの雰囲気が明るくなった。

お笑いバトルのような形だけど、正直、江頭の方が面白かったと思う。山

本が得意のはずのロボット系ブレイクダンスも、かつてのキレは無い。

 

その後、実はやらせ企画であって、『めちゃイケ』出演のオファーが来て

ると明かされる。夜のグラウンドでメンバー達が待つ中、山本が登場。

山本はポリシーを持って、わりと明るく振る舞うけど、メンバー達はそれ

が気に入らない様子で、その点がテロップでも強調される。。

 

 

         ☆          ☆          ☆   

結局、極楽とんぼ・加藤浩次や、ロンドンブーツ・田村淳の涙、ナイナイの

岡村のパンチ(ボクシング)に促される形で、山本があらためて深く謝罪。

一応、めでたしめでたしに近いエンディングにはなってたけど、山本復帰

を望んでた私が見ても、スッキリ感動する番組ではなかった。

 

最大の理由は、番組内でもさんざん突っ込まれてたように、山本に重みが

感じられないから。バラエティ的には、それは山本が「バカだから」と、加藤

の美人妻・カオリさんまで言ってたけど、私は違うと想像する。

 

おそらく、山本の謝罪にいま一つ重みが無いのは、彼が「我慢強いから」

だろう。真相を一番よく知ってる彼は、本当は世間が叩いてるような淫行

事件ではないと、内心思ってる。少なくとも、吉本を解雇されて10年も干

されるほどの犯罪を行ったわけではない。

 

ただ、それは決して口に出せない事だから、我慢し続けてる。淳や武井壮

らの山本軍団はもちろん、相方の加藤にも話してないだろう。和解条件が

崩れてしまうと、完全にやぶ蛇だから。かと言って、山本を叩いて来たメディ

アが、今さら擁護するようなスクープ記事を載せることも期待できない。。

 

 

         ☆          ☆          ☆  

結局、山本はこれから、自らの笑いの実力で復活して行くしかない。秋

からは、極楽とんぼのライブも再開されるそうだから、今後の活躍に期

待しよう。「動けるデブ」としては、ダンスやスポーツでの実力アピールが

効果的だと思ってる。見た目と違って、運動神経はかなりいいのだ。

 

山本と違って、吉本復帰の話も何度か出てる大物・島田紳助も、才能豊

かなタレントだが、彼はそもそも山本ほど復帰の意思を見せてないから、

ちょっと別の話になる。田代まさしは流石に限度を超えてるから、今後も

それなりの特殊な道を歩み続けるしかない。

 

それでは、元横綱・千代の富士の訃報に合掌しつつ、今日はそろそろ

この辺で。。☆彡

 

                     (計 3117字)

|

« 1年ぶりのジム&16年7月の全走行距離 | トップページ | 隠された想い、隠しきれないハート~『好きな人がいること』第4話 »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

「映画・テレビ」カテゴリの記事

「経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 1年ぶりのジム&16年7月の全走行距離 | トップページ | 隠された想い、隠しきれないハート~『好きな人がいること』第4話 »