« 熱い1日がもうすぐ終了・・ | トップページ | 母の欠如を補う、死んだ父~『好きな人がいること』第7話 »

マウンテンサイクリングin乗鞍2016(第31回)~4年ぶりの山頂ゴール

レース : BIKE 20.5km,標高差 1260m,心拍測定エラー

     ・・・・・・・・・・・・・・・

レース直後の信州サイクリング : 72km,4時間弱,平均心拍 127

下山その他 : BIKE 37.5km (前日8.5km+当日29km)

 

160829c

 

やっぱ乗鞍、いいね! ちょっと遠すぎるけど♪ 誰も正式名称では

呼ばない(笑)「全日本マウンテンサイクリングin乗鞍2016」。

上の写真は今年、第31回のパンフレット。下は記念品のタオル。

 

160829a

 

行く前というか、レース前夜までは、どうせまた悪天候でコース短縮

だろう・・と思ってたけど、意外なことに土日の2日間で降った雨は少

しだけ。後は、曇時々晴って感じ。日焼け止めを紛失してしまった私は

今、身体がプチ火傷状態で、熱くてたまらない (^^ゞ 普段、紫外線を

避けてるもんで。

 

160829d

 

私は普段から、毎日数回、複数の天気情報を細かくチェックしてるん

だけど、今回は総合的に判断して、直前の予報は曇時々雨って感じ

になってた(土曜の夕方頃)。ただ、専門家にとっても極端に難しい状

況だったらしい。台風10号の進路と速度、影響が読みにくかった。下

は気象庁の前夜の天気図。前線が通過すると共に、台風が接近。

 

160829u

 

実際には、台風がかなり遅いスピードで東に進んだこともあって、信

州の雨は少なかったし、風も弱かった。日曜の午前の乗鞍山頂あたり

(標高2720m)でさえ、そよ風程度。ところが土曜、「私が会場で受

付する時だけ雨が降る」。マーフィーの法則 (^^ゞ 下の写真を見ると、

雨をあんまし気にしない自転車野郎たちでさえ、みんな傘を差してる。

 

160829e

 

ちなみに当ブログの乗鞍レポートはいつも長い写真日記なので、ご注

意あれ。今年はわりと短めの感想にしてるけど、それでも4000字超。

 

 

        ☆          ☆          ☆

ゼッケンや記念品などを受け取った後、かなり雨に濡れて宿に着くと、

いきなり仲間のFさんが「どうしたんですか?!」と窓から顔を出して

来た(笑)。実は今回、ちょっと個人的な変化があって、しばらく誰にも

言わないでおこうと思ったのに、一瞬でバレてしまった♪

 

ここにはあえて書かないけど、前から私や乗鞍を知ってる身内の方々

は、何かに気づくかも。今はなき I さん(笑)に幹事役を押しつけられ

てるF・Mさんなんて、翌朝わざわざスマホを取り出してたほど♪ ちな

みにF・KさんとH君ともすぐ顔を合わせて挨拶。大御所のYさんも

お元気そうで何より。

 

今年は初めて、H君、A君と同じ部屋になった。一番若い3人ってこと

か♪ 彼らが夕食前(!)にあれほど飲み食いしてるとは知らなかっ

た。ムシャムシャ、グビグビ。あれでも太らないのは自転車のおかげか。

下は民宿の部屋。3人の個性がよく表れてて、いいね(笑)。左から、

グチャグチャ、きっちり、フツー。さて、どれが私だろう・・♪

 

160829f

 

夕食は初めて、隣にキャサリン(笑)が座って、美味しい料理と共に

ビミョーな会話を楽しむことになった♪ なぜか今年は、食堂でのビー

ルは無し。初参加の子供が2人いたからかな? まあ、部屋ではそれ

なりに飲んでたけど。

 

隣部屋がすごい方言で遅くまでおしゃべりしてたにも関わらず、私は

早めに就寝。いつも通り、極度の寝不足だったし、密かに好記録を狙っ

てたもんで。悪くとも自己新・・とか思ってた(過去形♪)。

 

 

        ☆          ☆          ☆

夜中に何度か目が覚めたけど、雨音は無し。朝4時半の起床でも曇り。

一番速いH君が「残念」とかいうので笑った♪ 私も含めて、かなりの

選手が思ったかも。いや、雨で中止だと楽だから(笑)。意味ないだろ!

 

160829j

 

会場の荷物預けのリミットが6時半だから、私は遅めの6時05分頃

に宿から出陣。すると後ろからH君が声をかけて来て、一緒に激坂を

登ることに。私が最大心拍165くらいで、H君は160。彼の方が限界

値が上のはず(190近く?)だから、私よりかなり余裕があるってこと

だ。心肺能力の差ってことで、納得。

 

160829k

 

荷物預けの時、私は大失敗した。今年、初めてボトルケージを2個付

けて、片方には荷物を入れてたんだけど、それを預けるのを忘れてし

まったのだ (^^ゞ 値段が高いから捨てるわけにもいかず、お金を持っ

てなかったからコインロッカーも使えず、仕方なしに持って登ることに。

あれでタイムが10分以上悪くなったはず♪

 

160829g

 

6時半からの開会式は、レースクイーン(乗鞍ガール)2人を撮影

するチャンスなのに、これまた大失敗した。文字撮影用のテキストモー

ドにしてたから、ギクシャクした写真になってしまったのだ。

 

画像処理ソフトでかなり修正しても、この程度で、ガックシ。。_| ̄|○

折角、黒のニーハイブーツとピンヒールが好みなのに♪ サイハイブー

ツくらいの長さで希少価値があるけど、爪先はもっと尖ってて、ショート

パンツももっとピタピタがいいな(細かっ!)。ヘソ出しはGood。

 

160829h2

 

「残念」ながら、コース短縮のアナウンスも無し♪ 4年ぶり(!)の山頂

ゴールか。乗鞍以外、全く山登りしなくなってる私にとってはキツイ。。

 

お偉方の挨拶の後、地元出身とかいう女性歌手が何か歌ってた。初め

ての演出だね。ちなみにこの週末は、東京で音楽のビッグイベント

「a-nation」も開催。乗鞍と同じく、夏の終わりのお祭りってことね。

 

160829i

 

 

        ☆          ☆          ☆  

その後は、トイレ待ちの大行列の様子を確認して、スタート地点へ。

RQ(レースクイーン)らしい写真を撮ることは、レースより重要♪

と言っても、Androidケータイの設定を間違えたこともあって、修正して

もこのくらいが精一杯。僅かな時間だから、ピントもなかなか合わない。

 

160829l

 

160829m

 

よく見ると、私自身がテレビカメラに撮影されてるね (^^ゞ 毎年恒例、

長野放送の『雪上を駆ける!』。放送日時は9月25日(日)、午後

1時の予定。

 

 

        ☆          ☆          ☆

撮影後は、トイレも済ませて、メインスポンサーが配ってた味の素「アミノ

バイタル」で補給。後でまた貰ったから、宣伝しといてあげよう♪ レース

後に、「今さらタイムは変わりませんけど・・」とか言いつつ配布して

たのだ(笑)。パンフの後ろの広告より。自転車には、水とアミノ酸補給。

 

160829b2_3

 

そしていよいよ、撮影の次に重要なレース(笑)。ボトルケージに荷物

が入ったままだと気付いて動揺したけど、言い訳に使えばいいか・・

とか思いつつ、気合でスタート。

 

160829n

 

最初のほぼ直線の緩いコースで、イマイチだな・・と感じて、5kmく

らいまでに自己新はほぼ諦めた (^^ゞ まあ、ここ2年間で、去年の

乗鞍の7kmコースしかヒルクライムしてないんだから、こんなもん

か。1年間で、平地を僅か2000km走る程度♪ 仲間内の中でも、

自転車の練習量は断トツの最下位。ランニングは別として。

 

イマイチの出来に加えて、宿から会場までは動いてた心拍計が、

肝心のレースで測定エラー。やってくれたわ、ポラール。最近、多い

んだよな。ちゃんとセンサーを水で濡らしてたのに。ちなみに、レース

後はなぜかまた、ちゃんと作動 (^^ゞ 運が悪い。。

 

 

      ☆          ☆          ☆                    

下の乗鞍高原と、ちょっと上の休暇村と、どっちも観客は少なめだっ

たかな。ま、台風のせいもあるか。私は一応、どちらも頭をペコリと

下げてる。応援どうもって感じで。私個人への声援は滅多に聞かな

いけど♪

 

第1チェックポイント(約7km、三本滝レストハウス)は、自転車が

ちょっと混んでたから、安全のために給水はパス。まだボトルの水も

あったし。中間点のタイムで、自己新さえ無理だと悟った。既に2分遅

れ。。(^^ゞ 第2チェックポイント(約15km、位ヶ原山荘)では、アクエ

リアスを受け取れず、水を少しだけ頂いた。ま、気持ち程度。

 

今回、別にキツくてどうにもならないってことは無かったけど、全体的

に保守的な走りになってしまった。ま、普段から、特に自転車だとあん

まし心拍を上げてないし。やっぱ、ヤビツ峠、柳沢峠、風張峠とかに

遠征しなきゃダメか。

 

ラストは、前が詰まってたから、スパート出来ず。ちなみに、パンフレッ

トのゴール写真(p.6)が間違ってたから、本物の写真を載せとこう。

登りの左カーブでゴール。スタッフさん、パンフの写真は3年前の短縮

コースのゴールだから♪ 位ヶ原山荘前。

 

160829p

 

 

       ☆          ☆          ☆

ゴール後は、係員の方々のおかげでスムーズに荷物車まで走れた。荷

物を探し回った後、仲良さそうなカップルと写真を撮り合って、すぐ下山

用のウェアを着用。カップルで乗鞍ヒルクライム完走っていうのは、かな

り珍しいと思う。いいね☆ 彼女が「写真、撮ってもらおうよ♪」とか可愛

くおねだりしてたから、私が声をかけたわけ。

 

160829o

 

ちなみに今回、全参加者4077名中、女性選手は僅か208人。

男子の20分の1なのだ。ちなみにマラソンなら、4分の1か5分の1く

らいは女子。ウェアも含めて、マラソンの方が華やか。ま、自転車は危

ないし、お金もかかるし、手入れも持ち運びも面倒だしね。

 

160829q

 

乗鞍名物の大雪渓、今年は小さかったけど、記念写真を撮ってる人が

多かった。これと、ゴール地点の鶴ヶ池、ゴール4km前くらいのS字

カーブが名所。

 

160829r

 

先導車に続いて集団下山して、安曇野天然水とリンゴを頂いた後、

完走証の受け取り。パッとしない記録とご対面 (^^ゞ ま、速報リザルト

を見ると、ライバルのFさんやF・Mさんには勝ってたから良しとしよう♪

 

160829s

 

ちょうど降りて来たHさんと言葉をかわした後、サッと着替えて、私は

帰りの信州サイクリングに出発したのだ。奈川、薮原経由、塩尻駅ま

で72kmの木曽路旅。途中、標高1486mの境峠もトッピング♪

また後ほど、別記事でレポートしよう。

 

 

         ☆          ☆          ☆      

160829t

 

パラソルを手にしたRQとの撮影会に参加できなかったのは心残りだ

けど、昼から雨になる予報も出てたから、帰りを急ぐことにした。ま、今

回もまた無事に帰宅できたし、めでたし、めでたし。タイム以外は(笑)

 

なお、今年も優勝者は森本誠。タイムは56分12秒993。2位

の清宮洋幸、3位の兼松大和とのタイム差は0.5秒前後だった。

ゴール前の熱いスプリント勝負。女子の1位はまた金子広美。実に

素晴らしい。

 

中日新聞HPによると、実際の出場選手数は3385人、完走者は

3366人。 計算すると、完走率は99%! 確かに、パンクしてる

自転車もほとんど見なかった。コース整備のおかげだね♪ もちろん

今年も、下山の途中には、あちこちのスタッフさん達に「ありがとうご

ざいました」と声をかけた。「お疲れ様でした」という返答が嬉しい。

 

それでは今年の記事も、最後の締めくくりはお約束の言葉で。 

 

  夏は終わったね。。☆彡

 

 

 

cf. マウンテンサイクリングin乗鞍2015(第30回)

                  ~また雨で7kmコースに短縮

   乗鞍2014~悪天候で19.1kmコースに短縮

   乗鞍2013~悪天候で15kmコースに短縮

    ・・・・・・・・・・・・・・・

   レース直後の信州サイクリング2016&筋肉痛ジョグ

 

                         (計 4330字)

               (追記 40字 ; 合計 4370字)

|

« 熱い1日がもうすぐ終了・・ | トップページ | 母の欠如を補う、死んだ父~『好きな人がいること』第7話 »

「旅行・地域」カテゴリの記事

「自転車」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 熱い1日がもうすぐ終了・・ | トップページ | 母の欠如を補う、死んだ父~『好きな人がいること』第7話 »