« ニフティの障害&秘蔵アプリ「Keep Safe」の無料版へのダウングレード | トップページ | スマスマ・小池百合子、「蛇はキップ持ってない」♪&休養ジョグ »

宮木あや子『校閲ガール』、『ア・ラ・モード』、サンプル本だけの感想♪

「こうえつ」と聞いて私が最初に思い出す漢字は、「光悦」だ♪ 江戸時

代の代表的な芸術家で、作家・吉川英治の代表作『宮本武蔵』でも

重要な役割を果たしてる。それが頭にあるから、「こうえつガール」と

聞くと、光悦と付き合いのある有名な芸者=芸妓(げいぎ)、吉野太夫

(よしのだゆう)を思い出すのだ。。

    

・・・っていう妙な書き出しは、実はもうすぐドラマになる宮木あや子の

小説、『校閲ガール』の内容と結び付いてる。画像はKADO

KAWAストアより。可愛いイラストは、茶谷怜花。これ、確かに、

主演女優・石原さとみのイメージに近いかも♪

      

161003a

   

校閲ガールのお仕事は色々あるけど、分かりやすいものの1つは、原

稿を素早く細かく見て、「校閲」と「光悦」のような漢字の間違いを発見、

訂正すること。ワープロ、パソコンの普及で変換ミスが増えてるから、そ

の作業の重要性は増してるはず。あと10年くらいは、機械だけだと無

理だと思う。柔軟で文系的・総合的な、人間の頭脳が必要だ。

     

私自身は、そばに派手で可愛い校閲ガールがいてくれるわけでもな

いから、ブログ記事の漢字で迷った時は、自分で変換候補の右側に

出る漢字の説明を読んだり、ネットで調べたりしてるのだ。

  

   

       ☆        ☆        ☆

さて、最近たまたま連続ドラマの情報が目に入ったから、アマゾンの

本の紹介ページで「なか身!検索」しようとしたのに、『校閲ガール』

にはその機能が設定されてない。

  

あきらめかけて、ふと思い出したのが、kindle読み放題の無料

体験で時々使ってた、「サンプル本」のダウンロード。不思議なこと

に、『校閲ガール』も『校閲ガール ア・ラ・モード』も、キンドル・

アプリ用のサンプル本だけは簡単に手に入る

    

下の画像は、iPad用アプリの端末画面。文字中心の本のサンプ

ルだと、ダウンロードも閲覧時の動きも軽い。逆に、キレイな写真

中心の雑誌とかだと重く感じる。通信&端末の環境もあるかも。

       

161003b

   

これって要するに、kindleを普及させたいアマゾンから出版社

(KADOKAWA)の側に代金が支払われてるのかね? 

   

事情はともかく、20ページほど無料で合法的に立ち読み・・・

じゃなくて座り読みできるんだから、有難いシステム♪ まあ、貴重

な時間というコストはかけることになるから、適度に賢く使う必要はあ

る。店員の冷たい視線を浴びるのが快感(笑)という方は、本屋の立

ち読みでどうぞ。

      

kindleにせよ、フツーの書店にせよ、やっぱり図書館よりは身近で便

利だと思う。特に、最近の人気小説とか雑誌の場合だと。。

    

   

       ☆        ☆        ☆

で、本題の小説。第1作は、角川・・・じゃなくてKADOKA

WAの雑誌『ダ・ヴィンチ』の公式サイトで2013年に連載。少し

補足して、2014年に発売したらしい。ということは、当時なら

大部分がネットで無料公開されてたわけだ。ただし、1章ごとに

1ヶ月限定って感じで。

  

小説の一番最初は、是永是之の小説『黒と赤』の原稿(初校)が

斜めにおかれた画像。校閲者の苗字のサインがひらがなで「こうの」

と書かれてる。この是永という小説家は、どうも後で登場するらしい

けど、サンプルの中では出てこなかった。

   

(☆追記: 第2章ですぐ登場、「ぜえいぜえ」と読まれてた♪)

      

画像で修正してる箇所が、いちいち笑える♪

   

 霞ヶ浦に「麺した」 → 「面した」

 村制が「排紙された」 → 「廃止された」

 村おこし事業を「健闘」 → 「検討」

  

かなりレベルが低い作家ってことね♪ この程度の作業なら、私もす

ぐに分かるから光悦ボーイになれるかも・・・とか書くと、「校閲

ボーイ」と直されてしまう(笑)。他人にやられると、ちょっとカチンと来

るかも。いや、そういった感情的な問題は、小説にも書かれてるのだ。

      

原稿の画像の最後に、「要再校」というハンコが目立ってるのは、「再

び校閲する必要あり」という意味。それだけ、ひどい原稿ということの

強調表現だ♪

   

    

      ☆        ☆        ☆

ストーリー的には非常に軽くて明るいノリだから、そうゆう作家なのか

と思ったら、実は宮木あや子には二面性があるらしい。重い「A面」

と、軽い「B面」。この小説はB面だと、自分でブログに書いてた♪

  

それを言うなら、ウチのこのブログにもA面、B面、エロ面(笑)、色々

ある。読者は多分、A面の方が多いから、B面その他の文章にとまどっ

てるかも♪ 「振れ幅が大きい」という表現は、読者に教えて頂いた。

   

話を戻すと、「悦子の研修メモ その1」の次、小説・第1話の冒

頭は、本郷大作(鹿賀丈史)の小説への突っ込み校閲からスタート。

   

同僚・米岡が横から、「エロミス。ムラムラしちゃったの?」とかセクハラ

して来たから、イライラしちゃった悦子は、「うるせえガラスルーペぶつ

けんぞ」と怒鳴る♪ 虫眼鏡、使ってるんだ。

  

この宮木が書いた台詞に、カドカワの校閲係が「うるせえ、ガラ

ス・・」と句読点を入れると、宮木はキレて小説のネタにするはず(笑)

      

「エロミス」という言葉(エロ・ミステリー)を説明抜きに書いてるのも、もち

ろん意図的なこと。この小説のあちこちに、意味がわかりにくい言葉が

入ってるから、読者は常に言葉に敏感になる。つまり、読者が自然に、

校閲者の視点に立てる仕掛けになってるのだ。

   

  

      ☆        ☆        ☆     

私も実は、校閲「する」ことも「される」ことも経験してる人間だから、言葉に

対して細かく配慮する感覚は分かる気がする。それは12年目に入っ

たブログ運営にも活かされてるのだ・・とかまとめちゃうと、キレイ事

すぎるかも。聞いてない? あっ、そう♪

    

ちなみに、この「する」と「される」の対比は、シリーズ2作目の小説

『ア・ラ・モード』で出て来るものだ。撮影する編集者と、撮影されるモ

デルの対比で、される側が上から目線で使う対比みたいな描き方。

   

これ、どうだろ? 私的にはいい勝負だと思うし、平均的な生涯収入

だと、する方が上だと思うけど♪ 女子目線だと違うのか。。

     

   

      ☆        ☆        ☆

ヒロインの河野悦子(こうのえつこ)が景凡社で校閲部に回された理

由は、「名前が校閲っぽいから」(笑)。完全にダジャレとか言葉遊び

の世界だけど、さすがに、「校野閲子」って名前は避けたわけね♪

   

でも、景凡社は明らかに、ケイブンシャのパロディ(笑)。違うわ!

怪獣百科辞典の老舗じゃなくて、光文社をもじってるわけね。

女子大生雑誌『JJ』でお馴染みの。

      

だから、悦子のお気に入りのファッション誌『Lassy』は、光文社

の『CLASSY』のこと・・・と書くと、「SSY.」と訂正されてしま

う(笑)。

   

最後の「.」は、デザインとして後から加えたものらしい(by ウィキペ

ディア)。って言うか、「モーニング娘。」の真似かも♪ 小説に出て

来る別の雑誌『C.C』は、『JJ』と小学館『CanCam』の融合。

       

とにかく、悦子としては、早くファッション誌の部署に移動したいか

ら、わざと乱暴な言動で反感を買うようにしてるらしい。で、これから

何か、作家・本郷との間で事件が起きそうな時に、サンプルは終了

してしまった (^^ゞ 

   

ここで購入すると私の負けだから、ガマンするしかない。本屋の立ち

読みまで♪ 買えよ! あぁ、悦子みたいな驚異的な記憶力さえあれ

ば、立ち読みだけでも済むのに。いや、速読力も必要か。店員のプレッ

シャーへの忍耐力も。。(笑)

   

   

        ☆        ☆        ☆      

残念ながら、ここでもう時間となった。まだニフティのシステムが不安定

だし、明日は月曜だから、強引に止めよう。

  

作者の宮木は、スピンオフ的な短編集らしい2作目、『ア・ラ・モード』

の方が面白いと力説してたけど、サンプルだけ読んだ私の感覚だと、

1作目の方が面白かった。まあ、その後の物語の展開がポイントって

ことだろう。3作目の『トルネード』はまもなく発売。

       

一応、『ア・ラ・モード』に登場するフランス語だけ解説しとこうか。

「redactrice en chef adjointe」。一語ずつ直訳すると、

「編集者 としての 長 補佐的」。つまり、「副編集長」。

「レダクトリス アン シェフ アジョイント」。

   

小説では、悦子の仲間・森尾登代子(ドラマでは後輩、本田翼)が

フランス語の名詞を受け取った後、フツーに会話の中で「副編集長」

と言い換えてる。この語学力に、相手が驚いて見直すのだ。水戸黄

門の印籠を見た時に♪

               

とりあえず、私にとって、『校閲ガール』の第一印象は良かった♪ 

後は、石原さとみが可愛く映されてるかどうか(笑)。結局そこか!

それでは今日はこの辺で。。☆彡

   

   

   

P.S. ただちにドラマ・レビューをアップした。

   時は親切な友達、きのうを物語に・・

       ~『地味にスゴイ! 校閲ガール』第1話

  

cf. 補う技術、シール・付箋・ファッション、そして愛~第2話

   是永是之『犬っぽいっすね』内容&外見も大切~第3話

   

                      (計 3473字)

           (追記 55字 ; 合計 3528字)

|

« ニフティの障害&秘蔵アプリ「Keep Safe」の無料版へのダウングレード | トップページ | スマスマ・小池百合子、「蛇はキップ持ってない」♪&休養ジョグ »

「文化・芸術」カテゴリの記事

「書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ニフティの障害&秘蔵アプリ「Keep Safe」の無料版へのダウングレード | トップページ | スマスマ・小池百合子、「蛇はキップ持ってない」♪&休養ジョグ »