« 「青の洞窟 SHIBUYA」、冬の素敵なイルミネーション☆ | トップページ | 全力疾走&跳躍、人生の走り幅跳び~『地味にスゴイ! 校閲ガール』第8話 »

津波の指定避難所には標高・距離・建物の高さを!&リハビリジョグ

(22日) JOG 10km,57分26秒,心拍(推定) 134

   消費エネルギー(推定) 500kcal (脂肪 130kcal)

   

昨日、2016年11月22日の早朝の地震はかなり大きくて、首都圏の

私も目が覚めた。東北では震度5弱に達してたし、1mほどの高さの

津波の映像も流れてた(仙台で1.4m)。東日本大震災以降、最大規

模の余震らしい。

        

幸い、今回は大きな被害は無かったらしいが、自家用車での避難を

非難するようなニュースやつぶやきは、一部で流れてる。

     

代表例の1つは、次のNHKの記事。「道路が車で渋滞 スムーズ

な避難に課題」。福島県いわき市、小名浜の短い動画付きで、わり

と穏やかに注意を呼びかけてる。映像は朝6時半くらいという話だ

から、警報が流れた30分後くらいで、車の列は一応、乱れてない。

いざとなったら、救急車・消防車・パトカーを優先できる余裕はある。

        

161123a

    

    

161123e

   

   

    ☆        ☆        ☆

一方、ネットメディアのJ-CASTは、より強い調子で注意してた。

次の記事を参照。

  

 また車で避難、大渋滞 あの「地震の教訓」どこへ

   

J-CASTが福島県防災課に取材したところ、次のようにまとめられ

る応答を得たらしい。まとめたのは私だ。

    

 避難は徒歩が原則。

 津波の避難場所は住宅地近くに用意してある。

 お年寄りや子供とゆっくり歩いても大丈夫な距離。

 入江近くは別だが、避難所に行かなくても13mから14m

 ほどの2階建て住宅ほどの高台でも安全。

    

    

     ☆        ☆        ☆

これを読んで、私は直感的にちょっと疑問を感じた。沿岸の住宅地近く

に安全な避難場所をそんなに確保できるものだろうか。どの程度の

近さと標高なのか。

     

そこで早速、NHKが話題にしてた、いわき市の公式HPで、避難所

を探してみた。「小名浜地区指定避難所等一覧」。

    

スペース(空白)無しで漢字を13文字つなげてるだけでも分かりに

くいが、内容もあまり親切ではない。

   

161123b

    

一目で分かるイラストの一覧マップも(このページには)無いし、標高

もなし。位置の名前・住所と地図リンクが箇条書きされてるだけだ。

          

「一時避難場所」、「津波避難場所」、「津波避難ビル」、「避難所」、

「福祉避難所」のどこに行くべきなのかも分からない。5種類の全部

で87ヶ所もあるのに、それぞれの長所と短所はどうなってるのか。

簡単な一文があってもいいはず。「津波警報の時はこちらへ」とか。

    

   

     ☆        ☆        ☆

常識的には、一番上に並べてる「一時避難場所」が最優先だろうと

思って(実は間違い!)、最初の2ヶ所だけ地図リンクをクリックして

みたが、これがまた分かりやすくないのだ。下は、1番最初の小名浜

中央公園。

        

161123c

    

赤丸(公園)と青線(鹿島街道)は私が記入したもので、元は表示なし。

右下の距離表示も、私の環境だと最初、単位がフィートになってる。

クリックすると、mに変わるが、沿岸の住宅地からは700mくら

いの距離。お年寄りや小さな子供だと10分かかってしまう。

  

一方、いわき市防災マップというものを検索してみると、下のように

なってて、紫色の津波の浸水地域が辺りを囲んでる。左側の小名浜

中央公園も含めて、あちこちに「津波時不可」と書いてるのだ。

     

161123d

   

   

     ☆        ☆        ☆   

これでは、反射的に車に乗って、誰でも知ってる幹線道路で内陸に

逃げたくなる気持ちもよく分かる。圧倒的にそっちの方が分かりやす

い。たとえ、結果的に渋滞に巻き込まれる可能性があるにせよ。

    

そもそも5年半前、渋滞で津波に襲われた人もいれば、歩いて避難

してる途中に襲われた人もいる。実際、今、歩きの避難の妥当性が

大きな裁判として話題になってるところなのだ。堤防の高さは

7.2m(2011年・秋)とされてるが、どの程度防げるのか不明。

       

というわけで、「なるべく歩いて避難」というのなら、住民がその気に

なるようなシステムや工夫も必要だ。一目で要点が一覧できる簡単な

イラストマップ(地図)を避難所のページにも載せてと、大まかな距離

情報、そして標高や建物の高さを明示すべきだろう。

    

ちなみに私が国土地理院のHPで調べた所、小名浜中央公園の

標高は大体3m。その次に書いてた小名浜市民会館は、3階だて

くらいの建物だから、屋上で標高12mくらいだろうか。屋上に避難

できるのかどうかは不明。

(指定されてないが、小名浜港湾合同庁舎は屋上避難可能との事。)

             

役所の担当者が87ヶ所調べて記入したとして、かかる時間は全部

で1日程度だと思う。住民の自助努力や冷静な行動も大切だが、自

治体側の改善ももう少しあっていい。。

      

   

     ☆        ☆        ☆

話変わって、最後に昨日の走りについて。大満足のレースから丸2日

経過。ゴールの30分後にはもう、ダメージは無いなと感じてて、「あと

2本走れるな」とか思ってたほど♪

  

ところが昨日、実際にジョギングしてみると、やっぱりダメージは少し

残ってた。まず、足指の関節の上側。どうも、レースで使った新しい

シューズと軽く擦れてたみたいで、昨日、普段のシューズを履いて

軽く走っただけでちょっと痛かった。レース当日、皮膚保護クリーム

を塗ってたのは大正解だろう。

    

あと、プチ肺炎が完治しないままレースで激走したのだから、当然、

心肺の炎症が悪化してたようで、単なるジョグでも結構しんどかった。

わずか10kmで十分。

  

トータルでは1km5分45秒ペース。気温14度、湿度95%

風速1mは、蒸し暑く感じてしまった。要するに、これもまた、

体調が回復してない証拠だろう。

  

まあ、夏に続いてそこそこの結果は出したし、しばらくノンビリする予定♪

今夜はホントに雪が降るのかな。ではまた明日。。☆彡

   

    

            時間   心拍平均  最大

 往路(1.2km)  7分12秒  エラー

LAP1(2.2km) 12分54秒

  2         12分35秒

  3         12分27秒

復路(2.2km)  12分18秒

計 10km 57分26秒 平均(推定)134(74%) 最大151(83%)

    

                   (計 2369字)

|

« 「青の洞窟 SHIBUYA」、冬の素敵なイルミネーション☆ | トップページ | 全力疾走&跳躍、人生の走り幅跳び~『地味にスゴイ! 校閲ガール』第8話 »

「ランニング」カテゴリの記事

社会」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 「青の洞窟 SHIBUYA」、冬の素敵なイルミネーション☆ | トップページ | 全力疾走&跳躍、人生の走り幅跳び~『地味にスゴイ! 校閲ガール』第8話 »