« 頭痛吐き気ハーフ走&16年11月の全走行距離 | トップページ | JR SKISKI 2016-17、CM第1話・目線編の解説~「冬が胸にきた。」(桜井日奈子) »

地味でスゴくないものも輝かせるスカーフ~『地味にスゴイ! 校閲ガール』第9話

このドラマのレビュー・タイトル、単に『校閲ガール』としようかと思った

けど、『地味にスゴイ!』と付けといて正解だった♪ 

   

なるほど、物語の全体が、校閲以外の「地味スゴ」にも向かう流れになっ

てたわけか。いいね。まあ、ヒロインの悦子(石原さとみ)はどう見ても

「派手スゴ」だけど(笑)。視聴率の方は、第6話に続いて最高タイの

13.2%。今の時代を考えると、「地味スゴ」の数字となった。

    

前日に16.1%となった『逃げ恥』は、形式的に仕事を絡めてるけど、

実質的に(擬似)恋愛コメディ。それに対して『校閲』は、仕事が半分、

恋愛が半分くらいの構成になってる。その辺りでも「地味スゴ」だ。

  

個人的に、石原の方が、ショートヘアのガッキー(新垣結衣)より

好みだし♪ そこか! ガッキーのチアリーダー姿を除けば(笑) 

     

関係ないけど、ごく一部で話題になってた、お騒がせタレントの元祖

「石原」のブログは「派手スゴ」。石原さとみはパクリ女優として叩かれ

てた(笑)。強烈な内容なのでリンクは付けないし、閲覧注意。最初に

話題にした独立系ネットメディアは、一時的なアクセスは稼いだんだ

ろうけど、信頼性をかなり失ったんじゃないかな。。

       

    

     ☆        ☆        ☆

さて、恋愛については、いまさら貝塚タコ八郎(青木崇高)がタコ焼き

の差し入れとかしてもムダだろう。脚本家の中谷まゆみとしては、プ

ロデューサーの要請で(?)、最終回直前に貝塚を絡ませてたけど、

悦子は幸人(菅田将暉)とラブラブ。「部屋」に行く寸前なのだ♪

  

あのくらいの時期が一番ワクワク、ドキドキ、萌えるね。部屋を出る

と、男は一気に冷めてたりするけど(笑)。コラコラ! スゴかったもの

が地味になるのだ♪ もちろん、衝動的な気持ちのことネ。

         

菅田は、月9『ラヴソング』の斬新な最終回でも福山雅治に勝ってた

し、いまや勝ち組路線まっしぐら。「派手スゴ」の頂点に見えるけど、

実は洋服を自分で作る「地味スゴ」でもある。流石は第45回・ベス

トドレッサー賞、芸能部門受賞。祖父がスーツの仕立て屋っていう 

のも地味スゴで、いいね。

    

    

     ☆        ☆        ☆

その幸人=菅田の取材ノートには、色んな働く人のことが書かれて

たけど、今回映されてたのは、校閲みたいに地味に点検するお仕事。

  

私があらためて、陽の当たる場所に出してみよう。おそらく、ほとんどの

視聴者はノートを読んでないはず♪ 実際、例えば「長大橋保守点検

作業員」をツイッター検索すると、ヒット数はゼロだった。

     

161202a

      

ノートで最初に映ったのは、「公園施設製品整備技士」。公園の遊具の

保守点検作業で、子供たちが安全に遊べるようにしてくれてる。

   

次は「鉄道保線作業員」。線路の保守点検、枕木の保守交換。砂利

(じゃり)も交換してるとか言ってた。特に、尖った石が含まれてるのが

「砕石」で、がっしり食いつくから安定するらしい。幸人のノートには、

「道床とは、砕石のこと。バラストとも呼ぶ」と書いてたけど、調べてみ

ると結構面倒な話で、ここでも省略しとこう♪

  

さらに、「長大橋保守点検作業員」。複雑な構造の橋等の点検整備

をしてるそうで、プチ高所恐怖症の私には絶対に無理 (^^ゞ ありがた

いことだ。日テレのドラマなのに、フジテレビ前のお台場レインボー

ブリッジにこだわってた。

   

   

     ☆        ☆        ☆

4番目は、「高圧送電線保守点検作業員」。「ライフラインを守る!

使命を帯びたプロ集団」と強調してたのは、テレビと関係が深いか

らか♪ まあ、高圧かどうか知らないけど、日常的に街中で目にす

る人たちではある。私が子どもの頃、近所で1人死んだ事故が話題

になってた。

   

電線にとまった鳥はどうして安全なのか、調べたこともあるけど、今ネッ

トを見たら、中国電気保安協会のイラスト付き説明が簡単明快♪ これ

も地味にスゴイね。まあ、自分の身体で鳥の真似をする気はしないけ

ど (^^ゞ ハイリスク・ローリターンの極致。って言うか、法律違反かも。

   

そして、時間を空けて最後に映ったのが、「交通信号機点検整備作業

員」。都市交通の要、信号機を守る人々だった。毎日、至る所でお世話

になってる。まあ、停電とかで信号が消えても、意外と平気だったりす

るけどネ♪ コラコラ!

         

いや、東南アジアとかの道路状況を見ると、信号なし、横断歩道なし、

整理係なしのカオス(混沌)状態でも結構みんな生きてるのは、地味

にスゴイと思う。事故率や死亡率は調べてないけど♪

   

とにかく、こうした地味なお仕事をまとめてた幸人の取材ノートも、

地味スゴだからこそ、お父さんの本郷大作(鹿賀丈史)も素直に感心。

ところが幸人の頭は「やり損なった・・」って思いで一杯だった♪ もち

ろん、お付き合いの申込みをやり損なったと(笑)

      

    

     ☆        ☆        ☆

ところで、ここまで扱って来たものは、悦子の校閲も含めて、「スゴイ」

ものばっかだ。聞けば誰でも、なるほど、それは大切なお仕事だねと

感心できる。

   

ただ、ちょっとお仕事を選んでる感もあるのだ。女性向けドラマとして、

わりとキレイで共感できるものばかり。

  

それに対して、例えば大地震とか災害時に直ちに深刻な問題となるの

は、トイレ関係。あるいは、週に3日前後お世話になってるゴミ収集も凄

く大切。どちらも、遊具、線路、橋、信号機以上に、人間の生活に密着

したものなのに、ドラマには登場してない。

    

その点は、幸人があのノートを悦子に見せたシチュエーションともつな

がってる。あの時、2人はキレイな夜景を見てたのだ。陽が当たらない

けど、美しいものを。。

   

   

     ☆        ☆        ☆ 

そう考えると、最後に森尾(本田翼)が、地味な悦子をスカーフ1枚で

輝かせてた意味が分かって来る。

    

要するに、「スゴイ」と感じにくいもの、冴えないように感じてしまうも

のを、ちょっとした工夫で輝かせてたのだ。例えば、美人女優でも専

門職でもない、一般事務OLとか、普通の専業主婦とか。

    

あの時、スカーフの巻き方、映し方もかなり上手かったわけで、単

にスカーフが高級だったわけではない(ブランド名は不明)。ちょっ

としたワザ、技術がポイントになる。普通の専業主婦なら例えば、

藤岩(江口のりこ)が即興で悦子に作ってあげてた、可愛いキャラ

弁とか♪

  

   

     ☆        ☆        ☆   

まあ、文字通りの校閲とか校正という仕事も、このドラマで一気に

輝いたわけだから、このドラマ自体が「スカーフ」とも言えるだろう。

現場の人たちが見ると、ちょっと派手なスカーフだとしても♪

   

当サイトのマニアック・レビューも、ほとんど誰も注目してないような

地味なものを輝かせる「スカーフ」のつもりなのだ。前期のフジ月9『好

きな人がいること』もそうだけど、ドラマの小物のノートや本というのは、

よく出来てることが多い。静止画で味わう人がもっと増えていいと思う。

    

ウチの『犬っぽいっすね』の解説には、それなりのアクセスが入ってる

けど、『残業戦隊』の方はまだ少ない。『明日も、あすか。』とか、赤ペン

の校閲書き込みも含めて、最終回前にもう一度プッシュしとこう。

  

なお、スカーフはシルク素材でエレガント、バンダナは綿でカジュアル

といった感じの説明が、ファッション総本山、渋谷「109ニュース」

に書かれてた。ネッカチーフは死語だから、逆にウケる言葉だけど、

ハイリスクなのでご注意あれ(笑)

      

   

    ☆        ☆        ☆

来週は、プチ悪役の『Lassy』副編集長(伊勢佳世)の代わりに

(?)、悦子が編集部に移動する話みたいだけど、ここまでの流れ

から考えると、校閲部に残るだろうと予想する。で、たまに

『Lassy』の校閲も担当して、編集者と派手にやり合うとか。

   

幸人より先輩=悦子の方が好きだと告白した、森尾のGL(ガー

ルズ・ラブ)にも注目♪ 大人気のBL(ボーイズ・ラブ)と比

べて、GLはあまりに地味すぎるだろう。

  

ちなみに私は、OLやJKの方が好みだ(笑)。美魔女や美人

人妻もOK♪ コラコラ! それでは、また明日。。☆彡

   

   

   

cf. 時は親切な友達、きのうを物語に・・~『校閲ガール』第1話

   補う技術、シール・付箋・ファッション、そして愛~第2話

   是永是之の小説『犬っぽいっすね』内容&外見も大切~第3話

   相乗効果と一石二鳥、『明日も、あすか。』~第4話

   無用の用、塞翁が馬、無駄はムダだが役に立つ~第5話

   悦んで残業する、残業せん隊(戦隊)♪~第6話

   リスク(risk)の正しい語源と、自分の場所探し~第7話

   全力疾走&跳躍、人生の走り幅跳び~第8話

   未完の夢にときめく、人間たちの出会いとB-SIDE~最終回

        

                     (計 3385字)

         (追記 29字 ; 合計 3414字)

|

« 頭痛吐き気ハーフ走&16年11月の全走行距離 | トップページ | JR SKISKI 2016-17、CM第1話・目線編の解説~「冬が胸にきた。」(桜井日奈子) »

「映画・テレビ」カテゴリの記事

「芸能・アイドル」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/123750/64570241

この記事へのトラックバック一覧です: 地味でスゴくないものも輝かせるスカーフ~『地味にスゴイ! 校閲ガール』第9話:

« 頭痛吐き気ハーフ走&16年11月の全走行距離 | トップページ | JR SKISKI 2016-17、CM第1話・目線編の解説~「冬が胸にきた。」(桜井日奈子) »