« 気温・湿度・給水とランニングのリスク(PISA 2015・科学問題)&25km走 | トップページ | 成宮寛貴が即引退、『FRIDAY』砲は「リベンジ暴露」か・・&休養ジョグ »

未完の夢にときめく、人間たちの出会いとB-SIDE~『地味にスゴイ! 校閲ガール』最終回

(☆17年9月21日の追記: スペシャル版のレビューをアップ。

  心の分かりにくさ、他人も自分も~『地味にスゴイ!DX』 )

 

 

    ☆        ☆        ☆

『東京 B-SIDE 地味にスゴイ! プロフェッショナルたち』

最終章(?)冒頭より引用(p.246)。改行はそのまま。段落

分けでは、読みやすさのために1行空けた。

 

 B-SIDE 99 景凡社校閲部

言葉の品質管理! 日本語表現の砦を守る番人たち。

 

161208a_2

 

僕がこの本を書くことになったワケを話そうと思う。きっかけは、あ

る女性との偶然の出会いだった。彼女の職場は、出版社の校閲部。世間

ではあまり知られていないだろうが、本になる前の原稿を一字一句見て、

文字や表現に間違いがないかを点検する仕事だ。目立たず、地味な仕事

だが、間違いのない本を世に送り出すために欠かせない部署である。

 

 そんな彼女には長年夢見ていた仕事があった。校閲とはかけ離れた、

どちらかと言うと派手で目立つ仕事だ。

 

「自分のいるべき場所はここじゃない」「いつか夢を叶えてやる」

 

 彼女はいつだってそう叫んでいた。でも彼女は、ここじゃないと言い

ながらここにいる。夢を叶えてやると言いながら全力で校閲に取り組ん

でいる。・・・・・・

 

(注. 『東京B-SIDE』の本の内容については、第9話レビュー

    に書いた取材メモも参考になる。)

 

 

     ☆        ☆        ☆

冒頭の書名の副題、「プロフェッショナルたち」と打とうとして、「プロ

ジェ」と打ってしまった(実話♪)。

 

かつてのNHKの人気番組、『プロジェクトX ~挑戦者たち~』を

意識してるのは明らかだけど、あちらは派手な仕事に成功した

挑戦者たちの代表者に光を当てるのが基本。『地味スゴ』とは似

て非なる番組だ。

 

是永是之=幸人(菅田将暉)のノンフィクション本のタイトルには、

「B-SIDE」という名前も入ってる。かつての「レコード」B面

みたいに、ちょっと陽が当たらないけど大切な存在。

 

特に、アルバムのB面・1曲目にいい曲が多かったことは、平成

ブロガーでさえ知ってる♪ 『東京B-SIDE』1曲目こそ、おそら

く巻末に置かれた『景凡社校閲部』の紹介だろう。4ページきっちり、

1人1人の写真も添えて書かれてるのが静止画像で読めた。

 

地味にスゴイ、校閲部の飾りを作ってきた茸原部長(岸谷五朗)。

「おぱっぽ」(男性性器)の事実確認にこだわる藤岩(江口のりこ)♪

ちなみに、青森の一部地域の方言というのは、おそらく作り話だ。

検索してもドラマ関連の情報しか出ない。「お・・ぽ」なら実在する。

コラコラ!

 

正宗(杉野遥亮)との男性同性愛に萌える、光岡(和田正人)。

メイド喫茶でコスプレ&ロリコン愛に萌える、目黒(高橋修)。舞台

やダンスが好きらしい、坂下(麻生かほ里)。あっ、本当にミュージカ

ル女優だった! そして、農家のおばちゃんと密会しようとしてた、

青木(松川尚瑠輝)。地味でスゴイ人たち。。

 

 

    ☆        ☆        ☆

さて、『校閲ガール』最終回、視聴率は12.3%ということで、最初か

ら最後まで、地味にスゴイ! 最終回の内容もそんな感じだった(笑)。

やや派手にスゴイ『逃げ恥』じゃなくて、『校閲』をレビュー対象に選ん

だのは正解。石原さとみの方がガッキーより可愛いし♪ そこか!

 

貝塚タコ八郎(青木崇高)が悦子(石原)に差し入れして来た、

「OCTOPUS BEER」(タコ・ビール)も、いいね♪ 

細かっ! おつまみの地味な袋も笑えたし、悦子が校閲部に侵入して

置いてたタコ・グッズの数々も可愛かった。

 

最も笑えたのは、マニアックなブログ「直木龍之介の書斎」のアク

セスカウンター。

 「あなたは公開以来 000000028 人目のお客様です。」(爆) 

 

少なっ! 億のケタの立場は? ウチの11年前の公開初日より少

ないかも。私が告知した身内ばっかだろうけど(笑)

 

 

     ☆        ☆        ☆

まあでも、SNS全盛の今、独自の長い文章をアップし続ける個人

サイト運営の厳しさはよく分かる。

 

いまや、短い一言、軽いまとめが一瞬で大量にやり取りされて、ネット

上を覆い隠す時代だ。そこへいきなり、DeNA事件が発生。「キュ

レーションサイト」(=まとめサイト)に汚点がついたから、直木龍之介

=岩崎正(本田博太郎)もひそかに喜んでるはずだ・・・と他人事

のように書いとこうか♪

 

いや、正直、まとめサイトやQ&Aサイトには、ウチの記事へのリン

クも付いてるから、アクセス数的には微妙な事件だったりする (^^ゞ

 

例えば、ドラマ『ガリレオ』の数式を検索すると、昔はすぐウチの一連

の記事が表示されてたのに、最近は単なるまとめサイトの類の方が

上に表示されたりするのだ。で、リンクでウチに飛んで来て、チラッと

流し見した後、まとめサイトにすぐ戻るとか。陽の当たらない地味なマ

ニアック・ブロガー、ガックシ。。_| ̄|○

 

 

    ☆        ☆        ☆

コネタはさておき、今回の物語(脚本・中谷まゆみ)は、抽象的にまと

めるなら、「不完全性」と「偶然の出会い」の話になってた。単に10分

延長の最終回に強引に色々詰め込んでたわけではない(と信じる♪)。

 

まず、不完全ということに目を向けよう。順風満帆で生きてる本郷

大作(鹿賀丈史)に嫉妬して、原稿(念校)を盗んだ上に、本郷を

盗作者扱いした、かつてのゼミ仲間・岩崎。もし現実社会の事なら、

窃盗、脅迫、名誉毀損その他で逮捕されてもおかしくない。

 

ところが、その本郷も単なる被害者ではなく、昔、岩崎の文章を

盗んで大学を卒業したらしい。時効とはいえ、センテンス・スプリ

ング文春砲の餌食になっても不思議はないし、卒業認定の取消

が議論される可能性もある。まあ、当事者のどちらかが強く訴え

ない限り、実際には取り消されないだろうけど。

 

一方、『Lassy』への異動のチャンスをつかんだ悦子。校閲

のお仕事がらみで本郷と岩崎に振り回されて、大切なプレゼン

テーションの締切に間に合わなくなってしまった。

 

そこで、後輩の森尾(本田翼)が、USBメモリーに入ってた自分

のファイルをこっそり提供。セシル(足立梨花)も同意して、悦子は

感心しない企画書メールを編集長(芳本美代子)に送信してしまっ

た。元の執筆者・森尾の同意があるから、法的な罪がどうなるのか

はビミョーだけど、職業倫理的にあまり良くないのは確か。

 

翌朝、編集長に告白して謝った悦子に言った、編集長の言葉も

ビミョーだった。他人の仕事を奪うくらいじゃないとやっていけない

とか。ちなみにDeNAでは、まとめサイトへの転載を奨励するよう

なマニュアルまであったと報道されてる。著作権法的に認められ

てる範囲の引用に留めるべきだった。

 

 

     ☆        ☆        ☆

そうした人間の不完全性、暗いB面の部分も見た上で、前向きに

生きることを提案してたのが、悦子と本郷だった。

 

夢が全部かなうはずはないわけで、未完成の夢がある方がむしろ

ワクワクする。同様に、人間が完全な存在のはずはないわけで、

不完全な部分を認める方がむしろいい。

 

そして、そうした不完全な人間同士がたまたま出会うことで、小さな

夢や喜びが生まれることもあるのだ。偶然の出会いから生じる、奇跡

のかけら。だからこそ、少しくらい衝突があっても、人との出会いは大

切にしなきゃいけない。

 

だからこそ、本郷は岩崎の行為をあっさり許したし、逃げた妻・折原

亮子(浅田美代子)ともよりを戻して、再びラブラブになった。

 

 もうじきあの あの人が 

 来てくれる きっとまた 小さな夢もって♪

            (『赤い風船』、歌詞・安井かずみ)

 

幸人も、悦子との偶然の出会いを本のラストに書いて、一番に悦子

に読ませた。要するに、絶妙な指使いで悦子を悦ばせたのだ。キー

入力の指使いで♪ 特殊なキーには、繊細なタッチ。まだ言うか!

 

 

    ☆        ☆        ☆

最後に、その偶然の出会いについて、理数系の議論を行ってた

地味でスゴイ箇所を紹介しとこう。おそらく、(ほとんど)誰にも気付

かれてないと思う。

 

光岡が再点検してた、本郷のデビュー30周年記念作品集『ゼロ

知識証明』の再校原稿には、目次が付いてて、表題作も含めて

5つの短編小説のタイトルが書かれてた。

 

「ゼロ知識証明」とは、送信者と受信者が最低限の大切なメッセー

ジをやり取りする話。「ディリクレの箱入れ原理」とは、複数のもの

が狭い世界に存在する時、必ず出会いが生じるという話。

 

「誕生日のパラドックス」とは、わりと少数の人間でも、集まれば誕生

日が重なることが多いという、確率論の不思議な話。「アバランシェ効

果」とは、僅かな出会いが大きなことを生み出す話。最後に、「平均

自由行程」とは、小さなもの同士が遭遇するまでの動きの話。

 

要するに、ちっぽけな人間同士が至る所で偶然に出会い、わりと

大切な物事へと進展するという話なのだ。脚本家が選んだのか、あ

るいは美術さんのお仕事なのか。どちらにせよ、地味にスゴイ選択

になってた。一瞬だけ映像に残したのは、演出・佐藤東弥の配慮か。

 

マニアック・ブロガーとしても、偶然の出会いや奇跡の力を信じなが

ら、ネット界のB面でもう少し頑張り続けようと思うのであった。

地味にスゴイ!、サイトを夢見て。

 

数学・物理・情報系のコネタについては、またいずれ別記事で解説

するかも知れない。とりあえず、今日はこの辺で。。☆彡

 

 

 

cf. 時は親切な友達、きのうを物語に・・~『校閲ガール』第1話

   補う技術、シール・付箋・ファッション、そして愛~第2話

   是永是之の小説『犬っぽいっすね』内容&外見も大切~第3話

   相乗効果と一石二鳥、『明日も、あすか。』~第4話

   無用の用、塞翁が馬、無駄はムダだが役に立つ~第5話

   悦んで残業する、残業せん隊(戦隊)♪~第6話

   リスク(risk)の正しい語源と、自分の場所探し~第7話

   全力疾走&跳躍、人生の走り幅跳び~第8話

   地味でスゴくないものも輝かせるスカーフ~第9話

 

                    (計 3883字)

       (追記 61字 ; 合計 3944字)

|

« 気温・湿度・給水とランニングのリスク(PISA 2015・科学問題)&25km走 | トップページ | 成宮寛貴が即引退、『FRIDAY』砲は「リベンジ暴露」か・・&休養ジョグ »

「映画・テレビ」カテゴリの記事

「芸能・アイドル」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/123750/64598481

この記事へのトラックバック一覧です: 未完の夢にときめく、人間たちの出会いとB-SIDE~『地味にスゴイ! 校閲ガール』最終回:

« 気温・湿度・給水とランニングのリスク(PISA 2015・科学問題)&25km走 | トップページ | 成宮寛貴が即引退、『FRIDAY』砲は「リベンジ暴露」か・・&休養ジョグ »