« 野上弥生子『秋の一日』2~センター試験の省略箇所も含めた全文を読んで | トップページ | 「小保方晴子日記」(婦人公論)、初回・特別編の感想 »

インフルエンザ17日目、腰痛・胸痛・咳をごまかしつつ、お散歩

Walk 約10km,約2時間,心拍測定せず

   

腰が痛い。。し過ぎなのだ。咳の♪ いやぁ、しかし今度こそ本当

に完治が近づいた気がするね。まあ、この半月ちょっとの間、何度

も身体に騙されて来たけど、やっぱり半月あればウイルスに対応

できるわけか。普通は2週間だけど、ちょっとこじらせちゃったと。

      

ハッキリ、いいねと思えたのは、昨日の朝、起きてすぐ。これまで

は朝からゴホゴホ咳き込んでたし、痰も出てたのに、どちらも一気

に減ってくれた♪ って言うか、目覚め自体も爽やかだったのだ。 

     

その直前、一昨日の夜はよく覚えてないけど、パブロンを飲まな

かったか、2錠飲んだか、どちらかだ。飲んでたとしても、一昨日

はそれ以外に飲んでない。

   

いや、薬を飲みたいのは山々だけど、最近はあんまし効かなくなっ

て来たから、飲むのがバカバカしいわけ (^^ゞ やっぱ、私の場合、

連続使用だと10日間くらいが限界みたいな気がする。別の咳止

め薬もドラッグストアで物色してみたけど、めぼしい物が無かった

から止めといた。ノドや胸の塗り薬でいいのがあれば欲しいな。。

    

    

     ☆        ☆        ☆

話を戻すと、昨日は一気に体調がマシになったけど、仕事が忙し

かったから、運動はなし。まあ、もちろん、仕事や通勤で歩いたり

階段上ったりはしてる♪ 

   

意外なことに、階段をゆっくり上り下りする程度なら、腰は痛まな

い。平地よりも楽で、エスカレーターの右側登りでも、前を歩く人に

後ろからプレッシャーかけてたほど(笑)。コラコラ! 良い子は真

似しないように。

       

いや、私の足音の接近にあおられて焦る姿を後ろからじっくり見る

のが趣味なのだ♪ 振り返ってくれたりしたら快感。サディストか!

まあ、加虐性変態性欲ではないと思う。反応しないから(笑)。フ

ツーだろ! 

       

とにかく、昨日は鼻をかむ回数も一気に減ったし、パブロンもゼロ。

ただ、やっぱり何度か咳き込むことはあった。腰に続いて、右胸まで

痛くなってるから、普通の姿勢だと痛すぎて咳ができないのだ。咳っ

て意外と、複合的な運動なんだね♪

    

    

     ☆        ☆        ☆

で、昨夜はパブロン無しで寝て、咳は10回くらいかな? 姿勢の問

題なのか、時間帯とか室温の問題なのか、明らかに寝る時が一番、

咳が出てしまうし、腰と胸の痛みが発生したのも就寝中。

   

ただ、昨夜はわりとスヤスヤ眠れて、今朝はもう、目覚ましその他

を無視してお昼まで寝てた。って言うか、ボーッと横になってたと

言うべきか。

   

で、夕方まで咳をしないまま我慢して、試しに雑用込みのお散歩

5km。いきなり最初、冷たい風を受けて咳が出てしまったけど、

身体が慣れると収まった。のど飴の援軍も使用♪

   

    

      ☆        ☆        ☆    

帰宅した後、夜遅くに再び、お散歩5km。病気と関係なしに、そも

そも1日10kmも歩くことは滅多にないからなのか、後半はかなり

腰の痛みが広がって、何度か立ち止まってしまったほど。

    

それでも、何とかすぐ歩き始めて、無事にノルマを達成できた。い

や、外で立ち止まったままだと寒いもんで♪

  

合計10kmのウォーキングで、約2時間。この感じだと、まだ明日

もジョギングは無理だと思うけど、また歩くだけなら大丈夫かな。

9日前、1回無理して走って失敗したから、同じ過ちを繰り返さな

いように注意しよう。

     

ちなみに、「くりかえし」と入力すると、「ゝ」という記号に変換でき

る♪ 30へぇ~~くらいか。昨日の軽い文学記事を書く時に学

習したから、知識をひけらかしたいわけ(笑)。子どもか!

   

それでは、また明日。。☆彡

         

                   (計 1434字)

|

« 野上弥生子『秋の一日』2~センター試験の省略箇所も含めた全文を読んで | トップページ | 「小保方晴子日記」(婦人公論)、初回・特別編の感想 »

「ランニング」カテゴリの記事

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 野上弥生子『秋の一日』2~センター試験の省略箇所も含めた全文を読んで | トップページ | 「小保方晴子日記」(婦人公論)、初回・特別編の感想 »