« お知らせ~記事のリンク切れトラブル発生、応急修理 | トップページ | インフルエンザA型のピークか、咳ゴホゴホ、熱38度で試しにお散歩 »

人工知能(AIロボット)を愛せますか?~朝日新聞GLOBEを読んで

朝日新聞が月1回発行してる、それなりに本格的な別刷特集

「GLOBE」(グローブ)。当サイトでもこれまで何度か扱って来た。

   

グローバルな視点はいいし、面白いのは面白い。ただ、個人的に

はどうしても中途半端で物足りなく感じてしまう。結局、読んでる途

中で直ちにネットで検索。色々と情報を補うことになるのだ。まあ、

それは別に新聞の欠点でないどころか、長所とも言えるが。

   

2016年1月8日の朝刊に付いてた「1/8 No.189」は、

表紙のタイトルが「人工知能を愛せますか?」。男性ブロガー

の私としては当然(?)、美人アンドロイドの魅力的な写真を期待

してしまったが、1枚も無い♪

  

巻頭の記事「人工知能と『結婚』する日」(左古将規、倉重奈苗記

者)にはいきなり、「2017年にはアメリカのメーカーがAIを搭載し

たセックスロボットを発売」と書いてる。

    

ところが朝日としては、このカタカナ単語で限界だったのか。その

「結婚相手」の有力候補の情報には触れず。肝心の画像も、直接

関係ないもので、毎度お馴染み、大阪大学・石黒浩教授のERICA

(エリカ)の横顔写真と、シャープの電話ロボット・ロボホン(笑)が

1枚ずつ。

          

どちらも、愛することならできそうだが、「結婚」のレベルには程遠

い。社会的な結婚はもちろん、肉体的な『結婚』についても。。

   

   

     ☆        ☆        ☆

そこで早速、英語で検索をかけてみると、ロボット発売のニュー

スが去年の秋に拡散したことが分かる。

   

その内、早くて中身のあるものとして、デイリーメールHPの10

月29日の記事、「Dawn of the Sexbots」(セックス・

ボット達の夜明け)を挙げとこう。ここでの「ボット」は本来の意味

で、ロボットの略称。写真は中国科学技術大学の美人ヒュー

マノイド・ロボット、Jiajia。日本の発音表記だとジャジャか?

     

170110b

    

朝日の記事と比べると、差は歴然。非常に具体的な記述がある

ので、個人ブログには引用しにくいほど。局部の話も書いてるし、

使い方にも軽く触れてる。ロボットの性的搾取のような社会問題に

触れる一方、商品の値段も企業も書いてた。

     

170110a

   

 問題のマシンは、Abyssクリエーションズがカリフォルニア

 工場で開発中で、15000ドルくらいで小売りされそうだ。

 ただ、アメリカや日本、韓国のライバル企業が急いで追い

 上げてるのは確実だろう。

   

   

     ☆        ☆        ☆

15000ドルということは今の為替レートだと170万円ほど。昨

年秋の人気ドラマ、『逃げ恥』の契約結婚とかと比べると、それ

ほど高い金額でもないと思う。

     

要するに自動車の値段であって、偶然か必然か、興味深い数字

の一致になってる。と言うのも、通俗的には昔から、女性は男性

が乗り回す車にたとえられることがあったからだ。

    

・・とか書いてると、一部の女性が、男性目線に偏った見方だと

感じるかも知れない。

   

しかし、この業界が最初から、女性に対する男性の欲望とつながっ

てるのは明らかな事実であって、見方の問題ではない。実際、デイ

リーメールのロボット写真も、中国人女性と白人女性。そして、話題

の企業のHPに飛んでもやはり、多くの商品は女性だった。

   

       

    ☆        ☆        ☆

企業名で検索すると、トップでヒットするのは、商品販売用のアダ

ルトサイト、「Real Doll」(リアルな人形)。ここではリンクは張

らないことにする。その辺りは、個人サイトでも監視が厳しいのだ。

     

そのサイト内を見ると、女性版も男性版も、いきなりそのものズバリ

の写真が表示されて、心構えのある男の私でさえ、思わず引いて

しまったほど。

   

米国と日本の文化の差、法律の差もあるかも知れない。たとえば

日本のラブドールで有名な(?)オリエント工業HPを見ると、遥か

にソフトなイメージの表示になってるし、実物に似過ぎないように配

慮してるらしい。

      

ちなみに私が知ってるのは、以前、リリーフランキーが笑い話のネ

タにしてたから。それ以降、HPにアクセスしたことは無かった。高い

から(笑)・・ではなく、興味ないから。何の反応もない人形なのに、

70万円前後の価格設定だから、品質に自信ありということか。外

見と感触、使いやすさにおいて。

  

ということは、例の米国の170万円ロボットの場合、100万円分

がAIに注ぎ込まれてる計算になる。それは結構、期待できると言

うか、それなりの性能でないと高過ぎる値段だろう。

      

   

     ☆        ☆        ☆

では、肝心の「愛せますか?」という問いや、「結婚」の可能性に

ついてはどうか。人それぞれなのは当然として、私は今現在、まだ

まだ一部マニアの世界のレベルだと思う。

   

少なくとも、一般人が愛するレベルに到達するまで、最低10年は

かかるはず。言葉や身体の反応はさておき、外見だけでもまだ人

間には見えないから、いわゆる「不気味の谷」のレベルか、その向

こう側のレベル。肌触りや感触は分からないけど、期待する気に

なれない。

     

ただ逆に言うと、20~30年後には恋愛対象のレベルに到達す

る可能性が十分あるし、量産化されれば値段も100万円は切って

来るはず。本気の恋愛対象なら、あまり値段を下げる必要もない。

   

もちろん、今すぐでも、一部のマニアなら愛せるというか、愛してる

のだろう。売り上げや使用報告までは調べてないけど。

    

   

     ☆        ☆        ☆

なお、朝日グローブには、英国のロボット倫理学者、キャスリーン・

リチャードソンの懸念も書き添えられてた。「AIを人に近づけること

は、人をAI近づけることと表裏一体です」。

   

朝日は書いてないが、彼女はどうも、反対運動を展開してる女性

学者のようだ。あるいは「女性学」学者とかフェミニズム系か。

         

女性に限らず、人間を機械扱いすることは、もちろん悪いことだ。

今の世の中では。ただ、それは人間を機械より上に置いて来た今

までの人間の価値観による判断であって、将来的にはあまり重要

でないと思う。

         

数十年~百年レベルのスパン(期間)で考えると、むしろ、

 人間は機械より上なのか?

 AIは、人間の方が上だと判断してくれるのか?

といった問いの方が深刻で本質的だろう。

  

あるいは、もっと過激な問いを提示してもいい。議論のために。

    

 高性能ロボットは、人間をペットとして飼ってくれるだろうか。

 人間をオモチャとして遊んでくれるだろうか。。

      

   

     ☆        ☆        ☆

今現在でも既に、コンピューター将棋の研究者の一部では、ブロ

棋士を格下に見るような発言もあるわけだし、それを思い上がり

とたしなめるような時代状況でもない。隠された内心の思いや、今

後の考えの変化を考えると、人間の方が上だという前提、あるいは

先入観について、真剣に再考する必要が生じて来る。

   

というわけで、インフルエンザ(?)に苦しむ中、この程度書けば

とりあえず十分だろう。ロボットを人間に近づけるということは、ロ

ボットも病気になったり、寿命が来たりするのかも♪

     

それでは、また明日。。☆彡

  

   

  

P.S. たまたま私がこの記事をアップした半日後、AFP通信が

    中国のAI記事を発表。上で画像を載せた人型ロボット

    の名前は漢字で「佳佳」。読みは「ジアジア」だった。

      

                   (計 2862字)

|

« お知らせ~記事のリンク切れトラブル発生、応急修理 | トップページ | インフルエンザA型のピークか、咳ゴホゴホ、熱38度で試しにお散歩 »

「恋愛」カテゴリの記事

科学」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« お知らせ~記事のリンク切れトラブル発生、応急修理 | トップページ | インフルエンザA型のピークか、咳ゴホゴホ、熱38度で試しにお散歩 »