« 清水富美加、幸福の科学「出家」&芸能界「引退」騒動で思うこと | トップページ | レース前、最後のハーフ走、遅過ぎで大敗ほぼ決定だけど・・ »

少年たちの冒険と、最小の傷の手術~『A LIFE~愛しき人~』第5話

 ぼくらはみんな 生きている

 生きているから かなしいんだ

  ・・・・・・・・・・

 みんな みんな 生きているんだ

 友だちなんだ

        (作詞 やなせたかし)

  

   

     ☆        ☆        ☆

全国のバット(Bat)ファンの皆さん、こんばんは(笑)。今回も壮大

(浅野忠信)と実梨(菜々緒)のバッティング・シーンを描こうかと

思ってた。バット(But=しかし)、1回お休みしとこう。1回か! 

あんまし続けると、私がバッドな(Bad=悪い)男だと誤解されそ

うだから♪

        

ちなみにオーソン・ウエルズの名作映画『市民ケーン』で印象的

だった台詞は、「rose bud」(ローズ バッド)。この多義

的な言葉はもちろん、開く前のバラ(rose)の花びらとバット

(bat)の話も暗示してる。普通に言うなら、女と男の性=生。

     

いつか、本格的なレビューを書いてみたい、文句なしの名画だ

と思う。私は時々、ドラマや映画のレビューで映像の分析を書

いてるけど、最初に映像の文法に気付いたのは『市民ケーン』

だった。

   

言葉や物語の筋道とは少し違う次元に、映像の筋道というも

のがある。そして、bat、but、bad、budみたいな、音声

の筋道、つづり字の筋道というものもあるのだ。そしてもちろん、

バットにはバットの筋道がある。裏側に(笑)。コラコラ!

    

お硬いバットじゃなくてお堅い私にとって、不本意な読者サービ

スも大変なわけだが、だからと言って、「出家」する予定もない。

ブログ活動の「引退」も、もう少し先だろうか。長年の「所属」先

が変わる可能性は高まって来たけど。。

    

   

     ☆        ☆        ☆

さて、ドラマ『A LIFE』の第5話。かなり変則的で複雑な物語

になって来たので、視聴率13.9%への回復は健闘だと思う。

   

一話完結のスッキリ爽快型とはかなり離れてるし、善なる主人公

の大活躍とも距離がある。分かりやすく言うと、同じキムタク=

木村拓哉主演でも、『HERO』と『A LIFE』は違うのだ。

   

もちろん、一般的に人気があるのは『HERO』であって、それ

は数字にもハッキリ表れてる。あのタイプだと、何度か見逃して

も、安心して次の回を楽しめるのだ。高齢者から子どもまで。そ

れどころか、文部科学省の道徳教育ともタイアップしてたほど。

  

それに対して、『A LIFE』を第5話で初めて見た人はとまどう

はず。見事な成功もないし、どうして脳腫瘍で危ない深冬(竹内

結子)が患者の手術を担当してるのかも分からない。羽村(及

川光博)の行動や心理、立ち位置もややこしい。センター試験の

国語の問題で説明させると、炎上してしまうだろう♪

     

    

     ☆        ☆        ☆

つまり、脚本家の橋部敦子らは際どいチャレンジを行ってるわけ

で、ある意味、型にハマった医療ドラマの世界を「手術」してるの

だ。難しい手術だから、血も流れるし、失敗するリスクもある。

  

しかし倫理的な問題はないし、冒険に痛みや危険は付き物。そう

言えば、キムタクの憧れはトム・ソーヤの冒険だった♪ 

   

沖田先生を単なる聖人君子と考えると、数々の疑問点が生じてし

まう。しかし半ばトム・ソーヤと考えれば納得できるのだ。『A L

IFE』と言うより『B LIFE』。これもまた一つの生(a life)。

       

熱いものを胸の内に秘めて、正しいものも追い求めるし、危ない

事やあまり感心しない事もするガキ。失敗も当然ある。その人間

の原点の姿、少年の生き方が魅力なのだ。

    

だからつい、患者の安全より、深冬の医師としてのプライドを尊重

して、脳腫瘍の症状が出てるのに危ないオペをさせてしまう。いざ

となったら、自分がすぐ助ける準備をした上で。羽村にケンカを売

られたら、反射的に買いそうになってしまう。半ば、熱い少年だから、

ごく自然な反応だ。一瞬の後に、大人に戻って、大人しくなる。

     

     

      ☆        ☆        ☆

それでは、ようやくこの記事の冒頭に戻ろう。童謡『ぼくらはみんな

生きている』・・・じゃなくて、『手のひらを太陽に』。歌詞の書き

方がいくつか微妙に分かれてるようなので、私の判断で書いた。

    

この題名は、命の全肯定であると共に、お遊戯という行為への誘

い、広くて明るい世界の認識への誘いでもある。

     

可愛い莉菜(竹野谷咲=たけのや・さき)が踊りながら、深冬ママ

の前で元気に歌ってた。ある意味、反転させた形の「死亡フラッグ」

(今後の死を示す目印)とも解釈できる。

   

ただ、普通に歌詞をみると、どんな生でも「友だちなんだ」と歌って

る。ミミズだって、オケラだって。生きているだけで、みんな仲間。

見た目がどうでも、好きになれなくても、正しくなくても。そう言え

ば悪役に見える壮大と、善玉に見える沖田も、友だちだった。

   

    

     ☆        ☆        ☆

逆に言うと、生きていないと、仲間と認めてもらいにくいということ

だ。もちろん、死んだ後も仲間のままという関係はあるが、多くの

場合、徐々に記憶が薄れていくし、関心も小さくなっていく。たまに

墓参りとか法事に行った時だけ思い出すとか。

   

というわけで、生きていることがまず大切。それなのに、恩師で

ある優秀な医師・山本先生(武田鉄矢)を沖田が「殺した」と思っ

たからこそ、羽村は沖田を殴った。まるで小学校の教室で、子ど

もがケンカするみたいに、一人の教え子という子どもに戻って。

   

見方を変えるなら、羽村が殴ったのは自分自身とも言える。医療

事故調査報告書で、最終的に山本先生のミスを指摘して、桜坂

中央病院の辞職に追い込んでしまったのは、自分自身。その自

分への怒りを、目の前にいる沖田に投影したとも見れるわけだ。

  

心理的な防衛メカニズムの典型的なパターンで、医師なら大学時

代の初歩的な授業で習ってるはず。殴った後は、羽村の方が遥か

に痛いのだ。あまりに自分が恥ずかしくて、情けなくて。。

   

   

     ☆        ☆        ☆

だからこそ、まず、自分を仲間だと受け入れてくれる家族に電話す

る。ホッと一息ついた後、留守電に切り替えて録音した、山本先生

からのメッセージを聞いてた。

    

すると、意外なことに、山本先生は死んでなかったのだ。むしろ、人

間として、医師として、死にかけてた自分を、教え子の羽村が救って

くれたかのように感謝してた。少なくとも、表面的には。

   

このメッセージほど優れた医学教育はないからこそ、羽村は号泣す

る。先生、本当に申し訳ありません。そして、ありがとうございます。。

     

   

     ☆        ☆        ☆    

ここで思い出すのは、山本が行った手術「MICS」(ミックス)

英語と日本語の直訳は次の通り。

    

 Minimally Invasive Cardiac Surgery

  最小で  傷つける  心臓の  手術

  

テレビ画面のテロップには、「開胸せず小さな切開創による心臓

手術」と出てた。医学的には、皮膚が切れるダメージを「創」、切

れないダメージを「傷」と呼び分けるとかいう話だが、日常的には

むしろ皮膚が切れる方が傷だろう。

   

専門的な用語法はさておき、山本はMICSの手術を行って

る途中、最小の傷の手術では済まない病状だと気付いた。とこ

ろが、もっと大きく傷つけて手術すると、MICSの症例とはカウ

ントされないから、名医としての評判が上がらない。

  

だから、最小の傷のMICS手術だけで終わらせてしまって、患者

は完治しなかった。それは、「山本少年」がやってしまった大失敗

であって、結局はバレて、自分が最大の傷を受けてしまった。

      

・・・かと思ったら、実はその最大に見えた傷、つまり不正の発覚

と病院辞職こそ、山本にとって最小の傷の手術になったというお

話なのだ。ヒネリの入ったハッピーエンドで、めでたし、めでたし。

   

患者のMICS手術で冒険して失敗した山本が、羽村や沖田のおか

げで、自分自身のMICS手術に成功。結局、ぼくらはみんな、生き

ている。冷静さを失ったって、失敗したって。

   

こうした重層的な構造が見えて来ると、ネットその他で色々言われ

てる脚本家の実力、底力も分かるだろう。なかなか理解されない

くらいの高度な技術なのだ。

    

      

     ☆        ☆        ☆

最後に、沖田くんと深冬ちゃん、少年少女の冒険についても簡単

に見ておこう。

  

深冬が米国の沖田に送った携帯メールは、冒険なのだ。壮大から

のプロポーズを知らせて、沖田の出方を見るカワイイ冒険。ただし、

自分の本心は書かない。その場での、自分の傷を最小にしたい

から。結婚して欲しいと伝えて断られたら、大きな傷になると思っ

たから。

    

それは沖田にとっても同様のこと。既に、深冬のメールでかなりの

傷を受けてしまった。そこでさらに、「オレと結婚して欲しい」などと

伝えて断られてしまったら、致命傷になってしまう。そこで、自分の

傷を最小にするオペ(操作)が、「おめでとう」の文字入力だった。

    

結果的には2人とも失敗で、大きな傷を受けてしまったけど、まだ

みんな生きている。ここで2人の傷を治すには、まず、深冬の脳

腫瘍手術を最小の傷で成功させなければならない。

    

その困難な試みにはパワーが必要だからこそ、ねぎ抜き、紅しょ

うが抜きの牛丼をガツガツ食べなきゃいけないし、差し入れして

くれた美人ナースもガンガン食べなきゃいけない♪ コラコラ!

どうせ、後の編集でカットすればいいのだ。 

    

  

    ☆        ☆        ☆

ちなみに私は、由紀(木村文乃)よりも、横に座ってた2人の方が

可愛いと思う。聞いてない? あっ、そう♪

     

若くて可愛い2人が席の中央に座って、地味にカワイイ洋服(ピン

クと白)とカクテルグラスと共に、羽村とカメラの視線を集めてたこ

と。一方、場の雰囲気に引いてる由紀が、黒い服で端っこに座っ

て、普通のビールグラスを持ってたこと。

   

これらが映像の文法でもあり、平川雄一朗の演出や美術関連ス

タッフの地道なお仕事でもある。

   

一番上の羽村だけはワイン。お坊ちゃまの井川(松山ケンイチ)だ

け、白い紙ナプキン。そして、羽村と井川の視界に入らない場所

(すぐ横)には、ビミョーなナースが配置されるのだ♪ 失礼だろ!

    

現実社会は厳しいのであった。それでは今日はこの辺で。。☆彡

   

   

   

cf. 切ってつないで治す、心の穴、頭の影

              ~『A LIFE~愛しき人~』第1話

   華麗なるキムタク、雪山へ~第2話

   みどりの目に映る FIRST PASSION COLOR~第3話

   私って、いつフラれたの?~第4話

   逆行性の解離と、二つの穴~第6話

   僅かな可能性の扱い方と、リスク管理~第7話

   穴(アナ)と由紀&深冬の女王〜第8話

   包丁を研ぎ続ける職人たち〜第9話

   闘いと穴埋め、自らの存在のために~最終回

     

                    (計 4068字)

        (追記 91字 ; 合計 4159字)

|

« 清水富美加、幸福の科学「出家」&芸能界「引退」騒動で思うこと | トップページ | レース前、最後のハーフ走、遅過ぎで大敗ほぼ決定だけど・・ »

「映画・テレビ」カテゴリの記事

「芸能・アイドル」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/123750/64893602

この記事へのトラックバック一覧です: 少年たちの冒険と、最小の傷の手術~『A LIFE~愛しき人~』第5話:

» 世界でただ一つの大切な命(木村拓哉) [キッドのブログinココログ]
人間は命を大切にする世界で生きている。 自分の命も大切だし他人の命も大切だと人間は教えられる。 人間の命だけではなくあらゆるものの命が大切だと感じることもある。 しかし・・・命は命を犠牲にして永らえるものだ。 そこに思い当たれば言葉が嘘であることがわかる。 不誠実で不条理に満ちた世界で人間は生きて行... [続きを読む]

受信: 2017年2月14日 (火) 21時27分

« 清水富美加、幸福の科学「出家」&芸能界「引退」騒動で思うこと | トップページ | レース前、最後のハーフ走、遅過ぎで大敗ほぼ決定だけど・・ »