« 青梅マラソンの案内到着、走力はまだ病み上がりレベル・・ | トップページ | 全記事一覧(17年1月~) »

私って、いつフラれたの?~『A LIFE~愛しき人~』第4話

 実梨  私って、いつ振られたの?

 壮大  バッティングセンターの帰りだよ♪

 実梨  そうそう。空振りの後、遠位弓部に凄い当たりだった☆

    

というわけで、今週も一部で人気のバットを振る話から入ろう(笑)。

またか! 「テンメイのRUN&BAT」、走りとバットのブログだ♪

RUN&BIKEだろ!

   

    

     ☆        ☆        ☆

今週は変則的な用事が色々と入ってるので、短いレビューで済ま

せたい。ただし、あくまでマニアックに。

 「山椒は小粒でもピリリと辛い」。

   

ちなみに、キムタクのラジオ『ワッツ』によると、

 「パンツは小さくてもタンガがエロイ」♪

似てないだろ!

    

木村拓哉ファンなら当然、知ってるエピソードのはずだが、万が一

知らない人は、ウチの記事をご覧あれ。同じようでも、Tバックを身

につけると、後ろのヒモが細過ぎてイマイチの反応らしい♪

  

キムタクと上手く付き合うには、細かすぎて伝わらない部分でも区

別できる繊細な感性が必要だ、というお話なのだ。ラジオでも、ドラ

マでも。。

      

    

     ☆        ☆        ☆

さて、『A LIFE』第4話は、女性2人が主人公になってた。普通

の視聴者の目線は、ヒロインの深冬(竹内結子)に注目しがちか

も知れない。脳腫瘍よりむしろ、「W失恋」のエピソードで。

    

ただ、特にナースとか女性の医療関係者なら、由紀(木村文乃)

の姿に「ある、ある」って感じだったはず。もちろん、事務職のOL

とか専業主婦でも共感できることで、男性社会の内部にもある。

     

 自分だって頑張ってるのに、みんな、自分を下に見てる(と思う)。

 自分自身もつい、自分を下に見てしまう。。

   

   

      ☆        ☆        ☆

由紀の場合、個人的な不運も重なって、医師への進路にフラれてし

まったらしい。親の病院が医療ミスで傾いて、医者を目指す経済的

余裕が消滅。上から下への転落。仕方なく奨学金を借りて、看護学

校に進学。医師の下で手助けする、オペナースに。

     

私の身内でも、ちょっと似た例がある。実家の格差は、自分ではど

うしようもない運命だけど、たまたま上の立場にいる人間は、問題

の深刻さに気付かない。というのも、上はしばしば上同士で固まっ

てるから、上下の違いを実感してないのだ。

   

そして、たまたま下から上に到達できた人は、「やれば出来る」、

「境遇なんて関係ない」、「自分の努力次第」とか口にしてしまう。

やって出来なかった多くの人達を視界に入れることもなく、自分の

幸運を理解することもなく。

  

「上とか下とか、人間の価値にとって関係ない」といった建前的な

言葉も、似たようなものだろう。そもそもこれは、中の上くらいの人

が、多少の余裕を持って口にしがちな台詞なのだ。

    

     

     ☆        ☆        ☆

そこでまず、自分でも自分を下だと感じてしまう由紀の生きづらさ、

運命にフラれてしまった後の居場所の無さを示す、映像の分析と解

釈を示そう。

     

提携予定の片山関東病院の医師から圧力を受けて、壇上病院を

辞めようとしてた時、井川(松山ケンイチ)に誘われて「いいよ」とOK

したドライブ。つまり、ナースとしての職場にもフラれて、仕方なく金持

ちのおぼっちゃまと気晴らしするシーンだ。フラれた後にも、大なり小

なり、出会いやチャンスは訪れる。それは深冬でも同じこと。

    

画像は公式動画(TVer)からキャプチャーさせて頂いた。非営利

の個人ブログのレビューにおける限定的、明示的な引用であって、

著作権・肖像権の問題は生じないと考える。

   

   

     ☆        ☆        ☆

170207b

    

デートもどきのシーンの最初は、このカットから。向こうにそびえ

る白い門は、迎賓館だろうか。上の権威のシンボル。その前には、

走る前にストレッチする女性ランナーが2人。体育会系の元気女子

の代表。左には仲良し女子2人。これらは全て、由紀が入れない

(と思ってる)世界だ。

    

170207a2

    

続いて、華やかな上の世界を目指すアイドル予備軍らしき女の子

3人が、ビミョーに地味で可愛い洋服で踊ってる。YouTube

動画用の安上がりの撮影♪ その右には、子どもと仲良く公園の

お散歩を楽しむ若いママ。これらもまた、由紀には別世界の幸せそ

うに見える人達。すべて、由紀と同じく、若い女性の姿になってる。

     

170207c2

  

橋部敦子の脚本か、加藤新の演出か。何気なく見えるこのシーンが

巧妙に構成されたものだということは、このカットでハッキリする。

   

左から由紀が歩いて来ると、撮影中だからといって制止されてしま

う。由紀は入れてもらえないのだ。キャピキャピ・アイドルの世界に

もママの育児にも、体育会系女子(右端)にも、白くそびえる門にも。

        

そこへ右から、ポルシェという馬車に乗った王子様の代わりに、井川

の白い普通車が迎えに来る。全員の視線、由紀と車と門の位置。こ

の撮影には、プロのこだわりとテクニックが感じ取れる。全体の秒単

位の調整が必要。

  

  

     ☆        ☆        ☆           

170207d2

  

そして、江ノ島の近くの湘南・鵠沼(くげぬま)海岸。由紀が思わ

ず、自分の恵まれない境遇と屈折した思いを叫んだ時のこの

映画的なショット。

   

主役は、左手前で傾いてる杭(くい)だ♪ つまり、中央の辺りに、

傾いた杭と挫けそうな由紀が映されてる。右端には、しっかり直立

した杭と、金持ちの医師の井川。キレイな象徴表現だ。

   

左側で、倒れそうな杭を支えるような土台まで見えてるのも素晴ら

しい。美術さんのグッジョブ。小粒でもピリリと光る、いい仕事だった。

この流れが分かると、直後に井川がわざとコケた優しさも分かる。

  

頭のいい由紀は、直ちに内心でそれを理解。そっけない素振りで、

焼肉を食べに行く。その後、食べられたのだった。金持ちのバット

だから、黄金バットだ♪ コラコラ!

     

   

     ☆        ☆        ☆

繰り返すが、失恋の後には、新たな出会いもある。それは二重、

三重の意味でそうなのだ。

 

170207e

  

上の2つの画像を見比べてみよう。深冬が沖田にメールして、

壮大からプロポーズされたのを伝えたのが2010年5月。

そして、由紀が壇上病院で働き始めたのが、2010年6月。

由紀の最初(No.1)のノートにしっかり書かれてた。

   

ということは、深冬と沖田が同時に「フラれた」と思った頃、由紀

には新たな出会いの世界が始まったことになる。若い美人ナー

スは当然、合コンに行かなくてもチヤホヤされたはず。

   

それらをスルーしてると、やがて素敵な王子様が迎えに来てくれ

たのだ。野菜は食べなくても、私は食べてくれるはず。手先も器用

だし♪

  

実際、沖田をまじえた会話は意味深でラブラブだった。

   

 由紀  相変わらず、動き、最高ですね♪

 沖田  あ~、やりやすかった。

   ・・・・・・・・・・

 由紀  私、ナース辞めません。沖田先生と、できるから。

   

   

     ☆        ☆        ☆

まさか、「引用が一部間違ってる」とかいう指摘は無いだろう♪ 現

在の世界は、「ポスト・トゥルース」。真実を超えたレベルの混沌に

なってる♪

        

そもそもこのドラマ自体、今回は完全に幻想の世界と融合してた

のだ。壮大の脳の中には、深冬が死んだように横たわってる姿が

焼きついて離れなくなってた。

   

「私って、いつ死んだの?」。それは、壮大が脳腫瘍を知った時と

言ってもいいし、病院の屋上で深冬が沖田と仲良くしてるのを見ら

れた時と言ってもいい。

   

壮大にとっては、深冬の姿に、愛と憎悪がぶつかりながら重なっ

ていく。愛する存在から、アンビバレント=両面価値的な存在へ

の変化。憎悪の先には、死の欲望も芽生える。愛する深冬には

死んで欲しくない。と同時に、無意識的には死も願ってしまう。

矛盾に心を引き裂かれる壮大。

   

   

     ☆        ☆        ☆

今回のレビューは、沖田と深冬の「失恋」はいつなのか、時間性

の問題を本質的に考える予定だったのに、かなりズレてしまった。

まあ、ちょっとズレた方がいいのかも。遠位弓部を刺激して♪

まだ言うか!

   

ごく簡単に言うなら、一般に、出来事の時間・時刻というものは、

一つに定まらないことも多い。

    

沖田と深冬の場合、沖田が米国のシアトルに行ったのが最初の

大きなキッカケではある。ただ、沖田がどうしても別れたくないの

なら、シアトルに行かないという選択もあったし、行った後の関係

の維持もできたはず。

   

むしろ、本当に関係を維持したかったのなら、米国の方が簡単だっ

たとも言える。「言わなくても分かる」路線が取りにくいから、声や

文字(メール)での意思伝達が必要。自然と、「口にしなきゃ分から

ない」路線に近づく。

        

だから、深冬がフラれたのは、沖田が米国行きを決める前とも言

えるし、行った後、沖田が意志を示さなかった数年間とも言える。

逆に、「まだフラれてない」とも考えられるのだ。

     

それは沖田の側でも同じこと。深冬から来た、壮大のプロポーズを

伝えるメールに、「おめでとう」と返信してしまった瞬間、沖田はフラ

れてしまったとも言えるが、学歴コンプレックスその他でシアトル行

きに追い込まれた時、病院長の娘にフラれたとも言える。もちろん、

深冬が壮大と結婚した今でも、まだフラれてないとも見れるのだ。

   

   

     ☆        ☆        ☆

かつて、フランス現代思想のデリダは、出来事に一つの時間だけを

与えてしまうような考えを「現前の形而上学」と呼んで批判した。

   

表面的に何かが前に現れた時だけを考えてしまう思考は、様々な

問題を抱えてる古い悪習だというような見方だ。物事の多様なあり

方や見方を、一つの固定されたものへと回収してしまおうとするから。

   

ちなみに、ドラマの終盤、「松果体部腫瘍」という症例が映されたが、

松果体とは脳の奥の場所。400年前のフランスの哲学者デカルト

が、心と脳のつながる場所と考えたことで有名だ。深冬という名前自

体も、心と脳がつながる深奥の問題点を表してる。。

     

・・・とかいう理屈を書いてる時間はもうないから、終わりにしよう。

普通の医療ドラマとはかなり違う路線だし、視聴率12.3%と

いう数字はそんなもんだろう。テレビドラマとしては斬新な挑戦で、

今のAIブームを先取りしてた『安堂ロイド』を思い出せば、気にす

るほどのこともない。

    

結局、4000字書いてしまった (^^ゞ 時間は絞り込めないのだ♪

それでは今日はこの辺で。。☆彡

   

   

   

cf. 切ってつないで治す、心の穴、頭の影

              ~『A LIFE~愛しき人~』第1話

   華麗なるキムタク、雪山へ~第2話

   みどりの目に映る FIRST PASSION COLOR~第3話

   少年たちの冒険と、最小の傷の手術~第5話

   逆行性の解離と、二つの穴~第6話

   僅かな可能性の扱い方と、リスク管理~第7話

   穴(アナ)と由紀&深冬の女王〜第8話

   包丁を研ぎ続ける職人たち〜第9話

   闘いと穴埋め、自らの存在のために~最終回

   

                    (計 4135字)

         (追記 111字 ; 合計 4246字)

|

« 青梅マラソンの案内到着、走力はまだ病み上がりレベル・・ | トップページ | 全記事一覧(17年1月~) »

「映画・テレビ」カテゴリの記事

「芸能・アイドル」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/123750/64864692

この記事へのトラックバック一覧です: 私って、いつフラれたの?~『A LIFE~愛しき人~』第4話:

» すれちがう心を修復する道具(木村拓哉) [キッドのブログinココログ]
心臓が機能しなければ心不全になる。 心臓の鼓動が停止すれば人は死に至るのである。 心臓は伸縮し血液を循環させる。 血管はその道である。 道が閉塞すれば渋滞が生じる。 医師たちは抜け道を作り血流を確保する。 パイパス手術のための様々な道具が駆使される。 人の心と心が通わない時・・・人は話し合う。 言葉... [続きを読む]

受信: 2017年2月 8日 (水) 08時23分

« 青梅マラソンの案内到着、走力はまだ病み上がりレベル・・ | トップページ | 全記事一覧(17年1月~) »