« 小保方日記6、ちょっとだけ&ヘロヘロ傘ジョグ | トップページ | 感触は戻りつつあるのにまだ心拍高過ぎ&17年3月の全走行距離 »

横浜競馬場の「老いた3人の賢者」~又吉直樹のいつか見る風景(朝日be)

「3人の賢者」とか「3人寄れば文殊の知恵」とか、人間の知性を

称賛する言葉はもう「老いた」ものになってしまったかも。

 

遂に今日、2017年4月1日、将棋の佐藤天彦名人がソフト「ポナ

ンザ」(ponanza)に負けてしまった。毎度お馴染み、ニコニコ

動画の電王戦で、失礼ながら、少しも惜しくない完敗。エイプリル

フールの嘘ではなく、真実らしい。

 

衝撃だったのは、名人がAIに負けてもほとんど衝撃が無いこと♪

逆説的だが、衝撃が無かったことこそ最大の衝撃だ。つまり、若き

名人も負けるんじゃないの?と思ってたわけ。囲碁の井山六冠も

先日、負けてしまったし。

 

そう言えば、「名人」という言葉にも「人」という文字が入ってる。今

後は、「1台あれば文殊の知恵」とか、「名機」という表現を使うべき

だろう。間違って「名器」と書くのは避けるべきかも♪ コラコラ!

 

 

      ☆        ☆        ☆

さて、人間を超える知性について書くところから始めた理由は、私

が隠れ将棋ファンだからという事だけではない。今回扱うエッセイ

が、人間を超えた知性を思い描いてるからだ。

 

今日から月1回掲載の予定で始まった、朝日新聞・土曜朝刊別刷

beのコラム、「又吉直樹の いつか見る風景」。

 

芥川賞に輝いた小説『火花』が大ベストセラーになって、一躍有名

になったお笑い芸人の、真面目で芸術的な文章だ。私はニュース

番組『ZERO』のキャスターをやってる姿しか知らない。

 

よく読むと、このタイトル自体も意味深になってる。いつか「見た」風景

ではなく、いつか「見る」風景。過去形ではなく、未来形。

 

実際に話題にしてるのは、歴史を感じる古い遺跡、「横浜競馬場一

等馬見所跡」(横浜市・根岸森林公園内)。ただ、自分は今まで見

たことがないし、読者の多くも見たことないはず。それでも、身近に

ある存在で、いつでも見れるし、いつか幻想の中で見ることも可能。

そんな感じの意味だろう。。

 

 

      ☆        ☆        ☆

私が一番気になったのは、2つある小見出しの内の後者。「老いた

る3賢者」。これは編集者(担当不明)が付けたものだろうけど、本文

にもそれに対応する文章がある。エッセイの終盤近く。

 

 「旧一等馬見所の脇にまわると蔦を絡ませた大きな佇まいが

  どこか寂しげで、椅子に座る老いた3人の賢者が家族連れ

  で賑わう広場とその奥の海を眺めているようにも見えた」。

 

句読点の少ない、独特のリズムの芸術的文章なのはいいとして、

「3人の賢者」が何を指してるのか分からない。前後の文章を読み

返しても分からないから、仕方なく「現代の賢者」Google検索を使

用♪ 一瞬で分かってしまった。恐るべし。。

 

 

      ☆        ☆        ☆   

170401a

 

この建物の突き出た部分3つのことね。分かりにくっ! なるほど、

それぞれにちゃんと、「目」が2つずつ付いてる♪ 2008年(平成

20年度)経済産業省pdfファイル、「近代化産業遺産群 続33」。

 

いつか『火花』を読む機会があったら、この独特の比喩に注意し

よう。まだ本屋で3ページ立ち読みしただけなもんで。連続ドラマは、

途中の1回だけ音声のみで聞き流したら、ほとんど内容が分か

らなかった♪

 

 

      ☆        ☆        ☆

話を朝日新聞に戻すと、ネタバレの後で見直せば、確かに上手い

形容だし、ピッタリの写真が添えられてると言えなくもない(撮影・

時津剛)。

 

170401c

 

ただ、前に大きく写ってる又吉にピントが合ってるし、高い木もジャ

マしてるから、「3人の賢者」だと気付くのは難しい。経産省のファ

イルの解説によると、外国の圧力に譲歩した日本の哀しい歴史も

刻まれてるようだ。「生麦事件」なんてものまで関係して、外国人

居留地の住民向けに作ることになったわけか。。

 

170401b

 

ちなみにエッセイ全体としては、競馬をめぐる両親との思い出や、

白昼夢みたいな幻想をまじえながら、超越的な知性や世界に思い

を馳せてる。

 

なるほど、単なる売れ線狙いのキワモノ作家じゃなくて、本物の

アーティストのようだ。知的な顔と落ち着いた語り口は、見せかけ

じゃなかった。

 

なお、次回は4月29日掲載で、栃木県益子町を訪れる予定。今週

は残り字数が僅かになってるので、今日は早くもこの辺で。。☆彡

 

 

 

cf. なにも書けない孤独な夜を~又吉直樹in旧江戸川乱歩邸

 

          (追記 29字 ; 合計 1716字)

|

« 小保方日記6、ちょっとだけ&ヘロヘロ傘ジョグ | トップページ | 感触は戻りつつあるのにまだ心拍高過ぎ&17年3月の全走行距離 »

「文化・芸術」カテゴリの記事

「芸能・アイドル」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 小保方日記6、ちょっとだけ&ヘロヘロ傘ジョグ | トップページ | 感触は戻りつつあるのにまだ心拍高過ぎ&17年3月の全走行距離 »