« 小保方晴子日記10~鉄格子つきの個室に再入院 | トップページ | 湘南国際マラソン2017、フルで初エントリー☆&体調不良ハーフ »

半月の恋、ときめきと切なさ~『ボク、運命の人です。』第7話

「キターーッ!」って感じのノリはもう死語なのかね♪ 久々にテレビ

を見ながら内心叫んでしまった。

 

ランニングと自転車(バイク)中心のブログとして12年前に始まった

「テンメイのRUN&BIKE」が、初めて触れたドラマが『電車男』。その

頃、匿名掲示板にお目当てのライターが登場したり、テレビに好みの

ものが映ったりすると、イクーーッ・・じゃなくて、キターーッて感じの

反応が出てた♪ 

 

ちなみに英語だと、comeがgoを表す(笑)。コラコラ! 正確には

「am coming」が「am going」を表すと言うべきか♪ 

カムは、未来を表す進行形じゃなくて現在完了形かも・・・って、

細かいわ!

 

 

     ☆        ☆        ☆    

さて、何がキタ(来た)のか? 連続テレビドラマを見慣れた視聴者

なら、今回の『ボク運』の内容は甘過ぎると思う所だろう。ハッピー

エンドの恋愛コメディでも、第7話でここまで幸せ一杯の展開という

のは珍し過ぎるほど。

 

だから私は、中盤からもう、物語の暗転をジッと待ち構えてたのだ♪

いまか、いまかと待ってるのに、指輪のラブストーリーが続いて、もう

すぐ終了。ところが最後、一気に暗転してくれた。これがマニアの素直

な喜びなのだ(笑)。ひねくれ者か!

 

もちろん、ポイントは元・彼女の余罪じゃなくて、「半月」の使い方。

脚本の金子茂樹と、演出の猪股隆一の連携プレイだ。

 

 

      ☆        ☆        ☆   

静止画を3枚引用させて頂こう。非営利の個人ブログのレビューで、

肖像権にも配慮した好意的な使い方なので、著作権の問題は生じ

ないと考える。

 

170528a

 

まずは、中盤の半月シーン。「烏田(田辺誠一)が既婚者だと知って

落ち込んだ自分」に落ち込んだ鳩崎(笑・・・渡辺江里子)が、烏田と

和解する場面。美しいのに感情移入する視聴者はいないという意味

でも、切ないシーンなのだ♪

 

次は満月の恋がしたいとか言いつつ鳩崎が見る半月は、失恋した

彼女がいる側の半分だけが暗くなってる。だから、不自然なほど

真っ二つに明暗わかれてた。

 

半月と満月の対比(コントラスト)を導入した後で、終盤にはラブラブ

の正木(亀梨和也)と晴子(木村文乃)が満月を見上げる。

 

170528b

 

この時点でもう、私の目は半月の再登場を期待してた♪ すると見事

に、ヒネった形で現れたのだ。ゴールド・・じゃなくてゴッド(神=山下

智久)が寝そべる真っ暗な部屋の片隅に。決まった。。☆

 

170528c2

 

 

     ☆        ☆        ☆    

物語の暗転をほのめかすだけなら、この明るさはむしろ邪魔だし、

神ファンに配慮するのならカメラはもっと左側を強調する所。

 

演出家やカメラマンがどの程度意識してるかどうかは別として、この

ライトは半月のヴァリエーションになってる。映像作品には映像独特

の文法があるのに、台詞やストーリーの話ばかりされる傾向がある

から、たまに書きたくなるのだ。

 

もちろん、この半月は、神もどきの片思いの切なさを表してるとも解釈

可能。折角いつもエプロン姿で美味しいお料理作って待ってるのに、

正木から70号くらいのアスパラを与えて貰えなくて悶えてるのだ(笑)

 

あれだけアスパラと太さを強調してたら、BLファンや特殊な女子は

悶えまくりのはず♪ ちなみに神は「さぶちゃん」と呼ばれてたけど、

これは昔の有名なゲイ雑誌の名前をもじったパロディ。

 

もじったと言えば、ツイッターで7人くらいしかつぶやいてなかった

けど、「生粋の乙女」を「キスオト」と略してたのは当然、3年前の

深夜番組『オトキス』(大人のキス英語)を意識したもの。ウチでは

1クールちょっとだけ英語番組としてレビューしてた・・とか書いて

も怒られないらしい(爆)

 

 

      ☆        ☆        ☆

一方、亀梨&山Pの原点だった秀作、『野ブタ。をプロデュース』の

第7話でも、半月のような恋に揺れる心が描かれてた。

 

野ブタ(堀北真希)が放送部に誘われて、彰(山P)が追いかける。

修二(亀梨)は少し距離をおいた形でビデオ撮影に加わってるのに、

野ブタは修二の作品(「私の好きなもの」)ばかり褒めるし、その中に

表れてる修二の気持ちも褒める。

 

嫉妬で面白くない彰が、修二のビデオテープをゴミ箱に捨てようと

してた時、野ブタに見つかってグーで殴られてしまう。最低の男だと

落ち込む彰を修二が慰めるようにして、二人で休日の学校に侵入。

 

勝手に放送室に侵入して、彰は野ブタへの思いを叫んだ後、『お嫁

においで』を歌い出す。

 

 もしも この舟で 君の幸せ 見つけたら 

 すぐに帰るから 僕のお嫁においで

                 (作詞 岩谷時子)

 

「もしも・・・たら」という仮定の形がポイントで、結局、彰は「君の幸せ」

を見つけられなかったから、野ブタにお嫁においでと言えなくなった。

そうゆう切ない歌なのだ・・という解釈は、11年半前に書いたことだ

 

この時、修二は学校に来てたまり子(戸田恵梨香)に向かって、正直

すぎる告白をする。好きにはなれない。これからも。。 フった側の

修二も公園のブランコで落ち込んでると、野ブタが優しく後ろから抱き

しめて、遠回しに告白。自分も恋愛対象にならないことを感じ取った

上で。。

 

 

      ☆        ☆        ☆

あのドラマの夜、半月だったかどうかは分からないけど、『お嫁』の

歌詞は夜の闇と星(=君)を描くもの。その意味では、半月の歌と

言っていい。

 

恋は、満月よりも半月の方がときめくもの。半月の切なさは、満月

よりも鮮やかに輝くものなのだ。という事で、来週の『ボク運』の暗転

は注目。

 

残念ながら週間字数制限15000字に到達したので、唐突に止める

としよう♪ それではまた来週。。☆彡

 

 

 

P.S. 第7話の視聴率は8.6%。厳しい水準になって来た。。

 

cf. 神は死んだ、そして運命は水がもたらす

           ~『ボク、運命の人です。』第1話

   雨と洪水の彼方、虹を目指すハト~『ボク運』第2話

   淋しがり屋が3人、似たもの同士~第3話

   意外な告白、ホントは114(いいよ)♪~第4話

   Over The Top、限界を超えて~第5話

   人が手作りするものの価値、その彼岸~第6話

   信じ続けること、それが愛~第8話

   取り返しのつかない未来からの帰還~第9話

   指輪という名の虹に輝く、3つの宝石~最終回

 

                   (計 2384字)

          (追記 87字 ; 合計 2471字)

|

« 小保方晴子日記10~鉄格子つきの個室に再入院 | トップページ | 湘南国際マラソン2017、フルで初エントリー☆&体調不良ハーフ »

「映画・テレビ」カテゴリの記事

「芸能・アイドル」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/123750/65336717

この記事へのトラックバック一覧です: 半月の恋、ときめきと切なさ~『ボク、運命の人です。』第7話:

« 小保方晴子日記10~鉄格子つきの個室に再入院 | トップページ | 湘南国際マラソン2017、フルで初エントリー☆&体調不良ハーフ »