« ウン、この漢字ドリルはいい♪&10km走 | トップページ | 人が手作りするものの価値、その彼岸~『ボク、運命の人です。』第6話 »

新潮砲が文春砲に命中!、破壊力はビミョーか・・

僅か数日で早くも流行遅れの感もあると言うか、そもそも流行してな

い気がする、このライバル週刊誌スキャンダル♪

 

折角、大々的に攻撃した『週刊新潮』がちょっと気の毒だから、ごく

簡単に感想を書いとこう。私は子供の頃から判官びいきだし、あまり

の寝不足で他のネタを探す余裕も無いもんで♪ 正直で、いいね。

 

ちなみに「判官」とは、兄・頼朝に滅ぼされた源義経のこと。蛇足か!

個人的にはむしろ、弁慶びいきかも♪

 

 

      ☆        ☆        ☆

170520a

 

さて、新潮・2017年5月25日号(18日発売)の中吊り広告は

一番目立つ右端に非常に大きく、“「文春砲」汚れた銃弾”と書いて

る。「産業スパイ」は死語じゃなかったわけね♪

 

大砲の「砲」と書いた後に「銃弾」と書くのもちょっと変だけど(笑)、

文春なんて実は小さな拳銃に過ぎないという意味かも。

 

一応、「同業者として脱帽する他なかった」と文春を持ち上げつつ、

「同じ発売日である週刊新潮の広告を不正に入手し、毎週、カンニ

ングしていた」と非難。

 

絶好調のライバル誌をここまで大々的に攻撃するのだから、相当な

裏付けがあるはずで、もうこの広告だけで私は新潮砲の主張をほぼ

信じた。ただ、週刊文春が自らの非を認めてないし、世間的にもそれ

ほど騒がれてる気がしなかったから、念のために新潮をチェック。

 

ちなみに下は、18日付けで文春HPに掲載された、新谷学編集長

の弁明。「読者の皆様へ」。内容が非常に薄くて、明らかに弱い反論

だけど、謝罪とか責任問題は完全に回避する姿勢らしい。まあ、もっ

と上のレベルまで波紋が広がるのを防ぎたいのは、分からなくもない。

 

170520b

 

 

      ☆        ☆        ☆

で、新潮のグラビア付き巻頭特集を読むと、もう身も蓋もない具体的

な攻撃で、文春編集長その他、関係者は赤面したと思う。あれほど

詳細な記事も珍しい。やっぱり私の直感通り、新潮の報道はほぼ正

しそうだ。

 

雑誌発売の数日前、ギリギリの時点で、文春の社員らしき男性が

新潮の広告をこっそりコピーしてる(という)姿がはっきり写真で示

されてる。目の辺りに黒い線は入れてるけど、個人が特定されるの

は確実。

 

この男性に不正に情報漏洩したのは、トランプ・・じゃなくて大手取

次会社トーハン社員で、トーハンでは基本的にあっさり認めてると

のこと。

 

 

       ☆        ☆        ☆

ただ、倫理的・社会常識的にマズイのは当然として、法的にどの程

度問題なのかが分かりにくいし、ほとんど責任追及できないといっ

た感じの識者の説明もネットに出てた。

 

おまけに、読者の側は、書かれた内容には興味があるけど、書くま

でのメディア側の経緯にはさほど興味がない。イメージ的には、妙な

内輪ゲンカに見えるかも。

 

私は、自分自身が12年近くも毎日書き続けてるブロガーだし、かな

り興味を持ってるけど、逆に文春に感心した側面もある。雑誌の印刷

直前のギリギリまで情報を探して、数時間~1日程度で対応してる

のだから、やっぱり取材力も執筆力も凄いのだ。

 

 

      ☆        ☆        ☆

まあ、騒動の着地点がどうなるかはさておき、前から漠然と感じてた

疑問が解消されたのは良かった。新潮と文春は基本的に中身が違う

けど、一部の内容は不自然に似てるなと不思議に思ってたのだ。

 

もちろん、似てるだけならどちらが真似したかは分からないし、同じ

対象を追いかけてる両社の記事がたまたま似た可能性もある。ただ、

来週以降、文春が反撃できないようなら、文春が新潮をカンニングし

てたということで決定だろう。

 

それでも、文春は知らんぷりのままで、売り上げもそのままなのかな。

文春の記者たちが編集長に抗議すれば、テレビドラマみたいな勧善

懲悪の流れになるけど、現実には無理か。。

 

 

       ☆        ☆        ☆       

それにしても、米国とロシアの問題にせよ、日本の政権関連の各種

騒動にせよ、どこでどう情報が流れてるのか、ホントに分かりにくい

時代だね。

 

とりあえず、単なる小市民としては、個人情報の漏洩に注意しよう。

ネット経由にせよ、口こみにせよ。それでは今日はこの辺で。。☆彡

 

                   (計 1632字)

|

« ウン、この漢字ドリルはいい♪&10km走 | トップページ | 人が手作りするものの価値、その彼岸~『ボク、運命の人です。』第6話 »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

「書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ウン、この漢字ドリルはいい♪&10km走 | トップページ | 人が手作りするものの価値、その彼岸~『ボク、運命の人です。』第6話 »