« 脳で入力できるメリットと、心を読み取られるリスク&中途半端ジョグ | トップページ | 半月の恋、ときめきと切なさ~『ボク、運命の人です。』第7話 »

小保方晴子日記10~鉄格子つきの個室に再入院

ついに第10回まで来てしまった、小保方日記の感想記事。当サイト

は総合マニアック・ブログであって、ファンサイトとか応援ブログでは

ないので、流石にそろそろ一区切りつけようと思う。

 

ちなみに過去9回の記事は次の通り。短いコメント記事も含まれてる

ので、念のため。

 

初回 第2回 3回 4回 5回 6回 7回 8回 9回

 

 

      ☆        ☆        ☆

さて、『婦人公論』2017年6月13日号(5月23日発売)掲載の日記

は、15年4月14日~5月18日分を3ページにまとめたもの。

 

当然、1日分あたりの文字数は少なくなってて、一言だけの日もある。

サブタイトルは、「入院、鉄格子、メールボックス」。

 

鉄格子という言葉が強烈。一般社会とはほぼ断絶したけど、メール

その他の僅かなつながりは残ってる状況だ。実際、気まぐれ先生

とのお食事、入院手続き関連でお姉さんとの再会、友達の面会と

いったつながりは書かれてるけど、今までよりあっさりした記述。

 

心身の状況は過去最悪レベルを更新した感じで、特に身体の変化

が強調されてる。極端な変化だから、心理的なものよりも、強い薬物

(向精神薬)の副作用が大きいのだろう。

 

 

      ☆        ☆        ☆  

入院直前から、皮膚が炎症を起こして熱いし、湿疹もできたらしい。

美容への関心が強いアラサー女性にとっては、それだけで大きな

ショックのはず。

 

入院後に、皮膚科の先生に訴えたけど、軽く受け流されて、もらった

薬も効かなかったらしい。その後、抗うつ薬(?)を変えたようだから、

副作用だと強く訴えたということか。何種類の薬を服用してるのかは

不明。おそらく、皮膚薬も含めて3種類以上の併用だと想像する。

 

薬にはもちろん、良い効果らしきものもあって、強烈な食欲が描かれ

てた。そうは言っても、これまでの大幅なマイナスを取り戻す程度だ

と思う。隔離された暗く退屈な病室で、そんなに飲み食いしまくる気

にはなれないはず。

 

 

       ☆        ☆        ☆

病院と病室は以前の入院時と同じで、小さい窓には鉄格子があって、

数cmしか開かない。持ち物も、鋭いものは没収。管理とリストカット

防止用という意味なのか、リストバンドも使用。

 

医師や看護師も同じ人達みたいだけど、態度が事務的で冷たくなった

ように書かれてた。事実なのか、彼女自身の調子の悪化によるもの

なのかはハッキリしない。ただ、あの魔女狩り的バッシング状況で、

彼女を引き受けるだけでも十分、「有難い」ことのはず。

 

今までの彼女なら、その有難さを強調して、素直に感謝できない自分

を責める所なのに、今回は特に主治医(=教授?)に対する不満が

繰り返し語られてる。

 

 

      ☆        ☆        ☆

普通に書いたり読んだりできるようになりたいと訴えると、ホントに

できないんですか?って感じの皮肉っぽい反応で傷ついたとか、

わざわざ告発状が受理されたことを伝えに来て、目の前で大きな

ため息をつかれたとか。

 

後から分かったことだけど、実はこの時は、彼女が告発されたのでは

なかったらしい。ということは、理研への告発ということか、あるいは

その他の関係者なのか。

 

ちなみに、看護師については、おしゃべりした話が一言書かれてる

程度。おそらく男性の(?)主治医、サブ主治医、皮膚科医、そして

薬への不満があらわなのだ。

 

 

       ☆        ☆        ☆

心を病んでる患者が、病院や治療者の類と深く関わった時、幼い頃

の状態に戻ることは珍しくない。

 

いわゆる退行で、かなり原初的なレベルまで戻ると、今まで抑えられ

てた攻撃性が前面に出る場合もある。医師はそうした事を知ってる

し、慣れてるので、それほど気にしないだろうとは思うけど、今後また

入院するかも知れないことを考えると、今回の日記は大胆な批判だ。

 

そのエネルギーはむしろ、ワインや甘酒、和菓子の暴飲暴食にでも

向けた方が健全だと思う♪ 病院内のお買物や飲食は、わりと自由

にできるようだ。

 

 

       ☆        ☆        ☆   

最後の話は、理研のメールボックスについて。まもなく使えなくなる

という通知が来たから、2つのアドレス(1つは攻撃からの避難用)

を久々にチェックしたら、未読だけでも1000通くらい入ってた。

 

彼女はその数を多いと言いたいようだけど、私は逆に少ないと感じた。

私の場合、商業用も含めてスパムメールの類だけでも、1日あたりの

合計で40通くらい来る。もし半年放置すると、それだけでも7000通

になる計算だ。もちろん、それ以外に普通のメールもかなりある。

 

彼女のアカウントは、届く前のブロックがしっかりしてるのか、あるいは

ほとんど登録されてなかったのか。とにかく、メールを他のアカウント

に転送する時にチェックすると、調査委員会の決定を変えてたかも・・

と思われる内容もあったらしい。

 

今となっては遅すぎるのか、あるいは今からでも利用できるのか。

まあ、それよりも新たな研究の方が、正攻法で有益だ。

 

 

      ☆        ☆        ☆

一番興味深かったのは、ほんの一言、彼女の周囲に仲間のような

存在がいることを匂わせてた点。

 

その仲間は今、休んでるから、自分がもっとしっかりしなければ・・と

いった感じで、遠回しにちょっとだけ書いてた。あまり名前が騒がれて

ない、STAP細胞の共同研究者ということか。単なる友人・知人では

ない気がする。あるいは、特別に身近な存在で、彼女と共に病んでる

のかも。

 

なお、次回は今現在の話に飛んで、17年5月の日記の予定とのこと。

今は落ち着いてるようだから、安心して読める内容になってることを

期待しよう。

 

新たな研究職が見つかることを祈りつつ、今日はこの辺で。。☆彡

 

                  (計 2219字)

|

« 脳で入力できるメリットと、心を読み取られるリスク&中途半端ジョグ | トップページ | 半月の恋、ときめきと切なさ~『ボク、運命の人です。』第7話 »

「書籍・雑誌」カテゴリの記事

「芸能・アイドル」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 脳で入力できるメリットと、心を読み取られるリスク&中途半端ジョグ | トップページ | 半月の恋、ときめきと切なさ~『ボク、運命の人です。』第7話 »