« イ・ボミのハングル「私は完全にイカ」(笑)、Google翻訳&つなぎジョグ | トップページ | サイバー攻撃対策、Windows XPパソコン用無料修正ソフトのインストール »

Over The Top(オーバー・ザ・トップ)、限界を超えて~『ボク、運命の人です。』第5話

眠い。。もう限界だけど、オーバー・ザ・トップ! 限界を超えて、頑

張ろう♪ まだ夕方だろ!

 

このドラマの視聴者の7割くらいは女性だろうから、細マッチョな

稽古・・・じゃなくて練習なんてあんまし興味なかったかも知れない。

相撲のバリエーションとしてなら、腕相撲よりもまだ紙相撲の方が

ウケがいいはず。  

 

しかし、体育会系の血が混ざってる男子はやっぱり、腕相撲の物語

にウケたのだ。ライバルからパーソナル・トレーナーとなった定岡(満

島真之介)が、「意外」にもナルシストだったことに(笑)。そこか! 

意外ってセリフが、意外。力が抜ける掛け声も、様になってた。

 

「エアロビは、筋肉の目覚まし時計」

「スカッシュは、筋肉のカラオケボックス」(親密性の向上)

「ストレッチは、筋肉の温泉宿」

 

今日あたり、全国のジムのトレーナーが早速使って、滑りまくりで

練習生の冷たい反応を浴びてるはず。

 

「スベリは、筋肉のクールダウン」♪

 

 

      ☆        ☆        ☆

・・・って話じゃなくて、どうでもいいような肉体系の勝負に男子が本

気でチャレンジする姿にウケたのだ♪ 今回のドラマもそうだけど、

そうした努力はしばしば女子目当てに行うもの。ところが女子の方は、

大して気にしてない(笑)

 

という事は、男子の自己満足、ナルシスティックな自己陶酔なのだ。

男子、ガックシ。。_| ̄|○ もちろん、それはそれで実際の効果も

甘美な味わいもあるけど、哀愁ただよう滑稽な姿でもある。

 

私は高校3年の時、最後の3000m走でライバルのエリート、「イカ」

に見事勝利☆ オーバー・ザ・トップ、「一番上を抜き去った」にも関

わらず、イカのファンの女子は全く気にせず♪ 「イカ」本人も、去年

の同窓会で、私をライバルと思ったことなどないとかウソぶいたらし

い。実話だろ! 細かいわ。

 

私は「完全にイカ」、真っ白の敗者になってしまったのだ。無理やり

イ・ボミのインスタグラム引用か! 昨日の記事を読んでない人には

分かりにくっ! ま、熱心な常連読者さん達へのご挨拶ってことで。。

 

 

     ☆        ☆        ☆

さて、前回のレビューは『ボク運』の後番組に触れたから、今回は

前番組に触れてみよう。2時間前の他局だけど♪

 

PCをいじりながら、夜7時のNHKニュースをチラ見した後、テレビ

を消そうと思ったら、可愛い女子アナが映ったから延長。『ブラタモ

リ』の近江友里恵アナ♪ 久々に見たね。プチ拉致シーンもあった

から、あそこだけ録画をリピートしてる視聴者も少なくないはず。

アブナイわ!

 

内容はまさに、オーバー・ザ・トップ。関東の西の「頂上を越える」

際の、箱根関所のお話だった。

 

真面目に聞いてないけど、関所には「改め婆」(あらためババア・・

笑)がいて、美少年が関東から西に出ようとすると、実は「出女」

(でおんな)じゃないかと疑って厳しくボディチェックしたらしい。男

か女か、身体検査。

 

ここでタモリが、浮世絵(?)を見ながら、「ハッキリしないが、コレ

か?」とか、10秒ほどババアになって下ネタいじり♪ 夜7時台の

国営放送なのに、そのまま流してたし、近江アナもケラケラ笑って

た。いいコだね(笑)

 

NHKとしてはまさにオーバー・ザ・トップ。限界を超えるやり取り

がオンエアされたのであった。。

 

 

     ☆        ☆        ☆

エッ、『ボク運』と関係ない? いやいや、大ありでしょ♪ だって、

31回目の結婚記念日に、晴子パパ(杉本哲太)が晴子ママ(石野

真子)にプレゼントのブランドは、「ナイチンゲール」。ジバンシーが、

男性向けバッグを女性向けにアレンジした物なんだから。

 

「男から女になっていくガール」のバッグ♪ コラコラ! それはドラ

マのストーリー上、男みたいにややキツそうな晴子(木村文乃)が女

になっていく流れの象徴。

 

尖ってること、トップを強調したがるのが男の特徴なのだ。良し悪し

はさておき。現代思想的には、男根(ファルス)中心主義を単純に

体現するのが男性、回り道して受け入れるのが女性ということだ。

 

だからこそ、正木(亀梨和也)は「ちゃんこ」を作る側になろう、力士

のように強くなろうと頑張る。つまり、自分が「ちゃんこ」になろうと

する。一方、晴子は「ちゃんこ」を美味しく食べるのであった♪

 

そう考えると、神様を名乗る謎の男(山下智久)が、次は部屋に連れ

込めと指図してたのも納得できるだろう。

 

要するに、隠れてのぞき見したいという欲望の表れ♪ 違うわ! 

ちゃんとチャンスを活かして、ちゃんこの象徴的交換、愛の儀式に

進めということなのだ。未来の隕石衝突の確率を下げるために。。

 

 

      ☆        ☆        ☆

170514a

 

一方、本家の腕相撲物語。1987年の米国映画『オーバー・ザ・トッ

プ』。私は名前しか知らなかったから早速、英語版ウィキペディア

英語のシナリオをチェックした。

 

上は劇場公開ポスターの画像。ウィキの縮小引用だし、非営利の

個人ブログでの内容に沿った好意的利用なので、著作権・肖像権

の問題は生じないと考える。シナリオはちょっと微妙なので、有名サ

イトだろうけどリンクは付けない。

 

主演のシルベスター・スタローンは、代表的な肉体派の人気俳優

で、『ロッキー』や『ランボー』のシリーズでお馴染み。『オーバー・

ザ・トップ』は、彼の人気が「頂上を超えた」頃の作品だから、まさに

彼自身の俳優人生も重ね合わせられてるわけだ。    

 

まずはプロット(あらすじ)から、超簡単に。ネタバレにご注意あれ。

って言うか、私は映画を見てないけど♪

 

トラック運転手の父(スタローン)は、長い間、息子や妻と離れて暮ら

してたが、妻の病気を機に、息子を連れて妻に会いに行く。

 

息子はおじいちゃん(妻の父)から、父の悪口を聞かされてたこと

もあって、最初は不愛想。ただ、セミプロ的な腕相撲好きの父の

影響で、息子も腕相撲の世界を知っていく。それを通じて、父へ

の理解もゆっくり進んで行く。

 

2人が妻のもとに行くと、妻は既に亡くなった後。失意の夫=父は、

腕相撲の世界で頂点(トップ)を狙う。賞金以上に、自らの誇りのた

めに。ダメ男ではなく、立派な父として認めてもらうために。

 

彼は見事、頂点に君臨する強敵を破り、義父(少年の祖父)も彼の

存在を認める。そして、息子と共に新たな人生の旅へとスタートす

るのであった。。

 

 

      ☆        ☆        ☆

こうしてみると、全盛期を過ぎた(オーバー・ザ・トップ)感がある男

による、男臭い物語だと分かる。そういえば、映画の名前を口にし

てたトレーナーも店主も、全盛期を過ぎた感がある男臭い男だ。

 

そのネガティブな意味の「オーバー・ザ・トップ」を、ポジティブな意味

の「オーバー・ザ・トップ」(頂点超え)へと昇華させる、米国的な成功

物語。

 

映画のセリフの中では、「Over the Top」には二重の意味が

含まれてるようだ。一つは、腕相撲で全力をふり絞る時の掛け声。

もう一つは、腕相撲大会(アーム・レスリング)の最終段階のこと。

 

いずれにせよ、この言葉と共に、全盛期を越えた感のある男に

新たな未来が開けるわけだ。それはちょうど、『ボク運』の11年

前、日テレ・土9『ギャルサー』の掛け声みたいなものだ。

「Open The Door!」、ドアを開け。

 

この言葉が、10年前の月9『プロポーズ大作戦』&聖書の「扉を

叩け」につながるのは偶然じゃないだろう。『プロポ』は、『ボク運』

と同じく金子茂樹の脚本で、主演は神=山Pだから。

 

 亀 ── オーバー・ザ・トップ

   ── オープン・ザ・ドア

   ── 扉を叩け

   ── 山P

 

こうして、亀梨(カメ)と山P(カミ)が遠くつながるのだ。まるで「背中

越し」のように。そしてBL女子達の萌えも、「絶頂を越して」イク♪

カタカナか!

 

 

     ☆        ☆        ☆

カメとカミがつながった所で、次はまた「神ドラマ」、野ブタについ

ても振り返っとこう。

 

第5話は『ボク運』と同じく、ある意味、初デート。ただし、野ブタ(堀

北真希)の相手は、彼女に片思いするシッタカ(若葉竜也)。その

カップルに、修二(亀梨)&まり子(戸田恵梨香)のカップルもどきが

連れ添う、Wデート。

 

修二たちが離れた後は、野ブタ・カップルを彰(山P)が偵察する、

3Pデート♪ コラッ! ところが、どこかのおじさんかおじいさんが

倒れて口から泡をふいてたのをキッカケに、流れは急展開。シッタ

カは、介抱する野ブタの手についた泡に思わず、「汚い!」。その

彼を冷たくにらむ野ブタを彰が温かく支えて、2人で病院へ。

 

結局、彰には野ブタの手の感触が残り、野ブタには修二へのほの

かな思いが微かに現れ、修二には謎の嫌がらせ女への負けん気

が燃え上がるのであった。。

 

ちなみに、生々しい人間的なものを生理的に拒絶したシッタカの態

度は、原作小説だと唯一の主人公・修二の感覚。それを、シッタカと

修二&彰へと分解アレンジした脚本家・木皿泉は実に素晴らしい。。

 

 

       ☆        ☆        ☆

で、『ボク愛』でも、初めてのデートで生々しい人間的なものが登場

してるのだ。

 

代官山・・じゃなくて大寒山(安田大サーカス・HIRO)の断髪式で、

大寒山に腕相撲で完敗した正木は、悪あがきみたいな姿まで見せて

しまったけど、晴子は別に気にしてない。

 

その後、2人で仲良く歩いてると、目の前をトラック・・じゃなくてブラ

イダルカーが走って行く。まるで、過去の晴子パパ&ママみたいに。

あるいは、未来の正木&晴子みたいに。カランカランと車の後ろで

鳴ってた空き缶の1つが切れ落ちて、思わず晴子が拾いに行った

瞬間、道路の向こうから車が!

 

その瞬間、正木の筋トレが役立った。幸せを引き寄せるように、

晴子を引き寄せ、幸せは離さない。身体と唇を密着させたまま、

妙なハッピースマイル♪ 一発逆転のオーバー・ザ・トップ、限界

を超えた接触。

 

たまたま(?)、笑顔でキスされた形になった晴子は、思わず正木

から離れる。ただし、毛嫌いしたわけでもない。要するに、野ブタで

描かれてた生理的拒絶に関する、ほのぼのヴァージョンのアレン

ジなのだ。

 

 

     ☆        ☆        ☆

原作小説の『野ブタ』には、ネガティブなものが最初から最後まで溢

れてる。ドラマの野ブタでは、ネガティブなものは主人公の外側で

表現されてる(シッタカ、謎の悪女)。

 

そして『ボク運』では、ネガティブなものがほとんど消し去られて、遠

い将来の隕石だけになってるのだ。これはある意味、死のメタファー

(比喩)とも言える。

 

人間は、自らがいずれ死ぬ運命だからこそ、結婚して子孫を残すの

も運命になってる。人に定められた道筋。個体保存ができないから

こその、種族保存本能。

 

これが保守系テレビ局の日テレの番組なのは、偶然じゃないのか

も。リベラル系テレビ局のTBSの『逃げ恥』と比較するのも興味深い

だろう。『ボク運』がフツーの男女、『逃げ恥』が頭脳派の男女を中心

にしてる辺りも面白い。

 

おっと、そろそろ時間が来た。限界を超えて書くと、日常生活に支障を

きたす。小市民は「Within The Limit」♪ あくまで限界の中で。

 

なお、今週は計14294字で終了。ではまた来週。。☆彡

 

 

 

P.S. 第5話視聴率は9.1%だった(ビデオリサーチ、関東地区)。

     瞬間最高は22時13分の11.3%。

 

cf. 神は死んだ、そして運命は水がもたらす

           ~『ボク、運命の人です。』第1話

   雨と洪水の彼方、虹を目指すハト~『ボク運』第2話

   淋しがり屋が3人、似たもの同士~第3話

   意外な告白、ホントは114(いいよ)♪~第4話

   人が手作りするものの価値、その彼岸~第6話

   半月の恋、ときめきと切なさ~第7話

   信じ続けること、それが愛~第8話

   取り返しのつかない未来からの帰還~第9話

   指輪という名の虹に輝く、3つの宝石~最終回

 

                 (計 4522字)

      (追記 146字 ; 合計 4668字)

|

« イ・ボミのハングル「私は完全にイカ」(笑)、Google翻訳&つなぎジョグ | トップページ | サイバー攻撃対策、Windows XPパソコン用無料修正ソフトのインストール »

「映画・テレビ」カテゴリの記事

「芸能・アイドル」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/123750/65279118

この記事へのトラックバック一覧です: Over The Top(オーバー・ザ・トップ)、限界を超えて~『ボク、運命の人です。』第5話:

« イ・ボミのハングル「私は完全にイカ」(笑)、Google翻訳&つなぎジョグ | トップページ | サイバー攻撃対策、Windows XPパソコン用無料修正ソフトのインストール »