« 無料Wi-Fi廃止論(by ソフトバンク・孫社長)、一理あるけど・・ | トップページ | 隊員の政治的行為の制限(自衛隊法、施行令)とか&小雨14km走 »

将棋の藤井聡太四段(14歳)、驚異の29連勝0敗で新記録☆

感動した! 日テレ『NEWS ZERO』の村尾信尚キャスターが

「中学2年生」と言い間違えたのに気付いた人が、私以外に1人しか

いないことに(笑)。そこか! いや、10分後にツイッター検索したら

1人しかヒットしなかったもんで、ちょっと不安だったわけ♪

 

(☆追記: 翌日の放送の藤井特集で、本人が苦笑しながら謝罪。)

 

14歳だから中学2年と考えるようじゃ、彼は文系だろうな(失礼♪)

・・と思って調べると、ホントに文系だったけど、経済の大学院教授?

それは数量計算が怪しいかも(笑)。失礼だろ!

 

ちなみに半ば理数系の私なら、14歳と聞くと、学年と誕生日はどう

なのかな・・と思ってチェックしたりするのであった。。

 

 

     ☆        ☆        ☆

とにかく、あどけない表情の「中学3年生」藤井聡太四段が、将棋の

歴史を塗り替えた。まさかのプロ公式戦29勝0敗(!)で、30年ぶり

に連勝の新記録達成。感動でウルウル、涙目になってしまった(笑)

 

こんな事は、もう二度とないんじゃないかな。将棋なんて、もうAIに

勝てなくなってるから、廃れて単なる伝統芸能になって行くだけだし♪

コラコラ!

 

勝率9割の実力と仮定。1局ごとの勝敗は独立として、29連勝する

確率を求めると、

 

 (0.9の29乗) ≒ 0.047

 

あっ、意外と高いんだね。約5%の確率なら奇跡というほどでもない。

まあ、勝率9割の実力自体が奇跡だけど♪ ちなみに勝率8割だと

仮定すると、29連勝の確率はもうゼロに近くなるのだ。。

 

 

     ☆        ☆        ☆

今日・・じゃなくて昨日(2017年6月26日)は月曜日だから、私は

真面目にお仕事してて、お昼休みに一度Abema TVを見ただけ。

増田康宏四段(19歳)との竜王戦で、先手の藤井四段の方が指し

やすそうに見えたけど、まだまだ序盤で何とも言えない状況だった。

 

仕事終了後、直ちにAbemaにアクセス。たまに通信が不安定に

なるけど、それほど問題はない。ニコニコみたいに追い出される心配

もなく、無料で楽しめる。いいね。映像はピンボケが多かったけど♪

 

この日の視聴者数(のべ人数)は何と、610万超とのこと。まあ、

「のべ」だから、私だけでも15人分くらいにカウントされてるわけで、

実数だと数十万人くらいだと思う。要するに、これだけの熱狂ぶり

でも、地上波テレビの対局中継は視聴率的に苦しいのだ。

 

ちなみに、帰りの電車内で周囲のスマホをちら見したけど、私以外

にAbemaのライブ中継を見てる人は誰もいなくて、淋しかった。

美人OLとかが見てたら、いきなり話しかけて通報されてたかも(笑)。

アブナイ人か!

 

 

      ☆        ☆        ☆

で、今回もデータベース・サイト「将棋DB2」から棋譜を借りて、

柿木将棋の無料ソフト「Kifu for Windows」でチェック

してみよう。簡単な感想&解説。

 

170627a

 

上図は20手目、後手の増田四段が5二金と指した局面。増田四段

が、研究済みらしい「力将棋」に誘導した形だ。定跡を外れた、腕力

の勝負。とりあえず藤井四段が先に攻めることにはなる。

 

170627b

 

お互いに飛車先の歩を交換、角も8筋で交換した後、40手目。増田

四段が2七角と打って、飛車・金の両取りになった。

 

これは藤井四段も分かってたはずだから、3九飛と引いた後、角金

交換から飛車を取られる流れを覚悟してたということ。私も含めて、

フツーはちょっと怖いなと思う所だろう。

 

170627c

 

飛車を取られる直前の51手目、藤井四段が左桂を跳ねた6五桂も

思い切った手。正直、良い手かどうかは分からないけど、特殊な才能

を感じるのも事実。ちなみに、私の父親はこんな感じで、左右の桂馬

を跳ねて強引に攻めるのが得意だったから、ちょっと懐かしかった♪

 

後手がアマチュアなら、すぐ飛車を取って8九に打ち込んで、香車を

取りつつ、自陣の飛車の活用も狙うところか。おそらくそれで、後手

が押し切ると思う。実際、この辺りか直前までは、後手やや有利とか

いう声が多かったし、私の形勢判断も同じだった。

 

 

      ☆        ☆        ☆

170627d

 

上は59手目、2枚目の角を右から打った局面。解説者も言ってた

けど、この形の攻撃はものすごく珍しいと思う。両方の角と桂馬が

不安定で、下手するとすぐ負けになりそうな感じなのだ。

 

一応、金の両取りの形になってるけど、自陣の金はすぐ飛車と交換

になるから、実質的には両取りの意味はない。1五角はほとんど、

左斜め前への攻撃だけを考えた大胆な手だ。確か、解説者は全国

の子どもたちに、真似しないようにと注意してた(笑)

 

170627e

 

63手目、藤井四段が5三桂打とした場面。これもかなり珍しい形では

あるけど、この桂馬は私でもすぐに打つ。一見、変な攻め方に見える

けど、後手が意外と受けにくいのが分かるから。例えば、3三角成に

備えて後手が4二銀と守ると、6一金で即詰み♪

 

ということは、この直前の後手の指し手がミスだったことになる。特に

3二銀と引いて受けたのが悪手かも。先手の攻めを呼び込むことに

なった。

 

ここからまだ、普通ならもつれるだろうけど、藤井四段は詰将棋で

トップの実力の持ち主。持ち時間も1時間ほど残してたし、間違える

とは思えない。

 

 

      ☆        ☆        ☆

170627f

 

結局、上の91手目、3八飛を見て、増田四段が投了。1九角成

なら、3四飛で金を取って勝ち。

 

あとはもうパシャパシャとカメラのシャッター音が凄くて、インタビュー

の声が全く聞こえなかった♪ 画面には確か、フラッシュの点滅に

注意をうながすテロップも出てた気がする。お子さん達も大勢見てる

しね。

 

なお、記者会見でも藤井四段は謙虚で模範的。印象に残る対局を

聞かれて、先日引退した元・最年長棋士、加藤一二三九段との

勝負を挙げてた。

 

おじいちゃん思いの孫の姿に「ひふみん」も感激して、ツイート

 

170627g

 

 

      ☆        ☆        ☆

ちなみにそのしばらく前のツイートは、熱心な将棋ファンなら笑える♪

 

170627h

 

「ひふみんアイ」とは、対局相手の背中側に回って、立ったまま

盤面を見ること。要するに、相手の目線で局面を見る動作のこと

で、継承すべき文化なのかどうかは不明♪

 

あと、連勝記録を抜かれてしまった神谷広志八段のコメントも、自虐

的な笑いが好感持てた。このチャンスに、指導する将棋教室の参加者

を3倍にした点も含めて、「非凡」なセンスだと思う。

 

 「凡人がほぼ運だけで作った記録を天才が実力で抜いたと

  いうのは、将棋界にとってとてもいいことだと思います」

 

とにかく、藤井四段、無敗のままの大記録達成、おめでとう! 

7月2日の竜王戦では30連勝に期待しつつ、今日はこの辺で ☆彡

 

 

 

P.S. 同じ6月26日、穴熊で一世風靡した大内延介九段が

     75歳で死去。合掌。。

 

 

cf. 最後まで投了しなかった藤井聡太四段、30連勝ならず・・

   藤井聡太四段、28連勝0敗で歴代タイ記録☆

   「ひふみん」、加藤一二三九段(77歳)の引退に涙・・

 

                   (計 2758字)

         (追記 27字 ; 合計 2785字)

|

« 無料Wi-Fi廃止論(by ソフトバンク・孫社長)、一理あるけど・・ | トップページ | 隊員の政治的行為の制限(自衛隊法、施行令)とか&小雨14km走 »

将棋」カテゴリの記事

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 無料Wi-Fi廃止論(by ソフトバンク・孫社長)、一理あるけど・・ | トップページ | 隊員の政治的行為の制限(自衛隊法、施行令)とか&小雨14km走 »