« 半年ぶりにプチ自転車、早速バトル&芳根京子ブログ更新は16「2」2日♪ | トップページ | スポーツの死亡事故で思うこと・・&多摩川上流1本目 »

信じ続けること、それが愛~『ボク、運命の人です。』第8話

 どんなに困難で くじけそうでも

 信じることさ 必ず最後に愛は勝つ

            (作詞 KAN)

 

最近あまり聴かなくなったような気もするが、1990年発表のこの

大ヒット曲は、日本人なら誰でも知ってるものの一つだろう。KANの

作詞・作曲・歌による、『愛は勝つ』。200万枚突破、91年・レコード

大賞。カバー&パロディも多数ある。

 

似たタイプの曲でも、ZARDの『負けないで』の歌詞にはかなり含み

や解釈の余地があって、彼女自身の謎めいたキャラと共に、独特な

魅力にもなってる。その点は5年前の記事で解説した通り。

 

それに対して、『愛は勝つ』の歌詞は非常にシンプルで分かりやすく、

小学生からお年寄りまで誰でも一度聞くだけで理解可能。だから、

レベルが低いといった批判もあったけど、間違ってる。逆説的だが、

シンプルなものを大ヒットさせることは、決してシンプルではない。

 

例えば、一番叫びやすい母音の「あ」を連呼して、特に文節の最初

を「あ」だけでまとめてる点も、目立たないテクニックの一つだ。自分

でスッキリ歌いやすいかどうかは、大きなポイントだから。

 

 「KANARAZU SAIGONI I WA KATU」。

 

一方、複雑なものをヒットさせることは複雑で大変なことだ。その例

の一つが、11年半前、『野ブタ。をプロデュース』のドラマと主題歌

『青春アミーゴ』だった。実力や技術と共に、運命も感じるほど。。

 

 

      ☆        ☆        ☆

さて、『ボク運』第7話は、失敗した人を信じ続けるお話だった。現実

には、裏切られ続ける場合も少なくないはずだが、ハッピーエンド

間違いなしの甘口恋愛コメディとしては当然、上手く行くわけだ。

 

信じても、最後に愛が勝つとは限らない。これこそ、間違いない真実。

上手く行くこともあれば、上手くいかないこともある。裏切られ続ける

ことに疲れ果てて、信じることを止めてしまうことも日常茶飯事だろう。

 

それでも人は信じたいし、信じ続けること、信じ続ける人を愛してる。

信じることの価値を信じてる。そもそも、少なくとも自分という存在を

信じないと生きていけない。

 

だからこそ、信じることの素晴らしさを歌い続けるし、信じて成功する

フィクション(作り話)も永遠に作られ続けて行くのだ。

「どんなときも どんなときも」。。

 

 

     ☆        ☆        ☆

ところで、信じることが困難になるパターンはいくつかある。最たる

ものは、信じてる人や物事が失敗することだろう。特に、失敗が続く

とか、大失敗してしまうとか。

 

今回の『ボク運』だと、正木(亀梨和也)が犯罪者レベルの美人局

(つつもたせ)に引っかかって、運命の人だと思ってしまったこと。

これは晴子(木村文乃)の父親(杉本哲太)にとっては、許しがたい

失敗に思えた。

 

ドラマではまるで、娘を溺愛する父親の変なこだわりみたいな扱い

にも見えたけど、フツーの判断だろう。性的な失敗は反復しがちだし、

そもそも、どうして犯罪者達と接点が生じたのかも疑問。表面的失敗

だけでなく、背景にある交友関係や行動パターンが気になる所だ。

 

しかし、自分の部下・国枝(加藤涼)がボクシングの初戦で完敗した

後、必死にサポートする姿を見て、父の心も和らぐ。過去の恋愛で

大失敗したのは、自分の娘も同じこと。

 

それなら、2人とも温かく愛し続けよう、信じ続けようという流れになっ

た。水はいつも美味しいし、将棋の王将の駒を掘ってくれるサービス

も付いてるし♪

 

ちなみに晴子の方は、既に覚悟を決めてるわけだ。自分は過去の

恋愛で失敗したけど、もう一度、男性を信じよう。男性に対する自分

の愛を信じてみよう。。

 

 

      ☆        ☆        ☆

晴子にも父親にも正木のウケがいいのは、彼に何となく愛嬌がある

からでもある。「空振りしても ご愛嬌」♪ どことなく憎めないとか、

あいつなら許してしまうということは、自分の身の回りを見ても思う

こと。

 

「ボン・キュッ・ポン」のボディはもちろん、小悪魔的なキャラの悪女

とか、柔らかくて大らかな人間っぽさとか。『大辞泉』を見ると、明快

な説明が載ってた。

 

  「愛嬌」は「愛嬌のある顔」のように、その人にもともと

 身についたものをいうことが多いが、「愛想」は、「ご愛想を

 言う」のように、意識的な動作や態度をいう。

 

意識的な愛嬌というものもあると思うが、天性のものが大きいのは

事実。正木や自称・神(山下智久)の可愛さは、基本的に天性だろう。

三恵(菜々緒)の場合は、ルックスとボディに支えられた「愛想」かも♪

 

それを信じた晴子パパは、やがて大火傷して、ママ(石野真子)に

ぶっかけられたサーバーの水で冷やすとか。やはり、水は人の命。

 

そして、おミズは男の命なのであった(笑)。「ミューズ」(女神)という

ギリシア神話の言葉を縮めると「ミズ」になるのは、偶然ではない♪

 

 

      ☆        ☆        ☆     

それにしても『ボク運』第8話の美人局は、恋愛の危機のエピソード

としてはちょっと弱いと感じる。これもいつものように、『野ブタ』第8話

へのオマージュ(敬意を込めた模倣)だからだろう。

 

木皿泉の脚本はかなり技巧的だったが、本質は唯一つ。信じること。

よく分からなくても、疑惑で心が揺れても。妖しいドラキュラの存在も、

信じれば真実になる。少なくとも、当人にとっては。

 

第8話では不運なアクシデントも続いて、人気者・修二(亀梨)の人格

が疑われる。さらに、正体を現した蒼井(柊瑠美)の歪んだ言動を追及

して、逆に悪者呼ばわりされてしまう。

 

要するに、『ボク運』も『野ブタ』も、第8話では、犯罪者レベルの悪女

がらみで亀梨が苦しむ話になってるのだ。その悪女が、ドラマの序盤

から登場してた点も同様。

 

 

     ☆        ☆        ☆   

野ブタ(堀北真希)にとっては、信じることが難しい状況にもなってる。

というのも、片思いの相手で大切な仲間でもある修二と、初めての

友達の蒼井とが対立してるから。自分が信じる2つのものが矛盾して

しまうパターンの困惑。

 

しかし、野ブタは正しく、修二を選んだ。ということは、蒼井と友達

になるという失敗を自分で修正したことでもある。自分の直感・・

ではなく「直観」、物事の本質を直接観る能力を信じて。キャサリン

の手品(夏木マリ)の手品を見破った、自分の目を信じて。

 

一方、彰(山P)も、野ブタが修二をあすなろ抱きする盗撮写真を

蒼井に見せられて、2人への友情と信頼が揺らぐ。やっぱり自分

だけ邪魔者じゃないのか。野ブタにグーで殴られた直後だし♪

 

しかし、下宿先の豆腐屋のおいちゃん(高橋克実)の古い知恵が

助けてくれる。糠(ぬか)漬けのツボに写真を封印して、見ないこと

にした。臭いものは見る気がしない♪ 逆に、美しいものなら幻想

でも見ようとするもの。

 

ちなみに、先日話題にした『うん・漢字ドリル』が発売2ヶ月ちょっと

で227万部(!)の大ベストセラーになったのは、ウン・なのに臭く

ないからだろう(笑)

 

 

     ☆        ☆        ☆   

野ブタ8話の最後は、三つのヒモの輪の奇跡♪ 信じて握れば一つ

につながる。三人の友情と絆を信じれば。野ブタ。パワーを信じれば。

あれが手品かどうかは、どうでもいい。

 

私の当時のレビューは、「信じること、本当の事」というサブタイトル。

初めて、暴言っぽいコメントが入って来たのは、それだけインパクト

がある内容だったからだろうと、私は信じる♪ 野ブタ関連の掲示板

とかフォーラムみたいな所で話題になったようだ。

 

なお、来週の『ボク運』第9話は婚前交渉(笑)・・じゃなくて婚前旅行。

今回、ゴルフのパットの練習は伏線だ♪ 棒と玉で穴に入れて悦ぶ

のだから、正木と神様の関係が進展するはず(笑)。そっちか!

 

今週は個人的に、映画の動画を3本見てしまったし、自転車シーズン

も開始したので、ブログの字数は少なめ。13142字で終了となった。

早く映画レビューを書かないと大損だな・・とか、ブロガー症候群に

苦しみつつ(笑)、それではまた来週。。☆彡 

 

 

 

P.S. 第8話の視聴率は8.2%。さすがに7%台は避けたい所。。

 

cf. 神は死んだ、そして運命は水がもたらす

           ~『ボク、運命の人です。』第1話

   雨と洪水の彼方、虹を目指すハト~『ボク運』第2話

   淋しがり屋が3人、似たもの同士~第3話

   意外な告白、ホントは114(いいよ)♪~第4話

   Over The Top、限界を超えて~第5話

   人が手作りするものの価値、その彼岸~第6話

   半月の恋、ときめきと切なさ~第7話

   取り返しのつかない未来からの帰還~第9話

   指輪という名の虹に輝く、3つの宝石~最終回

 

                     (計 3326字)

        (追記 73字 ; 合計 3399字)

|

« 半年ぶりにプチ自転車、早速バトル&芳根京子ブログ更新は16「2」2日♪ | トップページ | スポーツの死亡事故で思うこと・・&多摩川上流1本目 »

「映画・テレビ」カテゴリの記事

「芸能・アイドル」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/123750/65369291

この記事へのトラックバック一覧です: 信じ続けること、それが愛~『ボク、運命の人です。』第8話:

« 半年ぶりにプチ自転車、早速バトル&芳根京子ブログ更新は16「2」2日♪ | トップページ | スポーツの死亡事故で思うこと・・&多摩川上流1本目 »