« 石原真理子の名前、「真理絵」名義のブログ&休養ジョグ | トップページ | 明治カール販売終了、代わりにキャラメルコーンのチーズ味♪&7kmラン »

105歳・日野原重明氏の(最終回)エッセー、「最後のごあいさつ」

今日、2017年7月29日、東京・青山で日野原重明氏の病院葬が

行われて、約4000人が参列。天皇皇后両陛下や皇太子ご夫妻

からの供花もあったようだ。

 

氏が愛した童謡『故郷(ふるさと)』の大合唱は、変な話、ちょっと

羨ましい。私も大好きで、8年前にブログ記事も書いているから。

 

 志を果たして いつの日にか帰らん

 山は青き故郷 水は清き故郷

         (作詞 高野辰之  詳細は上記記事参照)

 

氏は見事にこころざしをはたして、天に帰ったということだろう。

ちなみに普通の意味のふるさとは、第一が生まれ故郷の山口、

第二が転居先の大分と神戸のようだ。。

 

 

      ☆        ☆        ☆

「クリスチャン・トゥデイ」によると、

 

  プロテスタントでは死去することを『召天』といい、神によって

  天に召されると考える。カトリックでは『帰天』、天に帰るという。

  ちなみに、『昇天』はキリストのみに使われる言葉・・・

 

とのこと。

 

だから、先日の訃報には「日野原重明さん召天」という見出しを付けて

いたけど、上の説明が一般的に通じるものなのかどうか、まだ確認

できてない。おそらく、キリスト教の中でも、考え方や言い方は色々

あるのだろうと想像する。

 

いずれにせよ、仏教徒ではなくクリスチャンなので、「ご冥福を祈り

ます」という表現は避けた方が良さそうだ・・・と書きたくなるが、この

考えもそれほど確かなものでもない感じがある。「合掌」という表現

も微妙で、「手を合わせる」ならもう少し無難になると思う。

 

死というものは、人間にとって最も重い出来事。だからこそ、単なる

言葉使いや作法だけでも、意見が細かく分かれるのだろう。。

 

 

       ☆        ☆        ☆

ともあれ、2017年7月18日に日野原氏は死去。その際に当サイト

では、追悼関連記事をアップした。生前最後に朝日新聞で公開された

エッセーをめぐる内容だ。

 

 日野原重明氏の(生前)最後のエッセー、オスラー博士&10km走

 

その際、 そのエッセーとは別に、遺稿のようなものが遺されてると

追記しておいたが、今日(29日)、公開されたので、少し見ておこう。

土曜朝刊・別刷beの長期連載、「私の証 あるがまま行く」の1本で、

題名は、「読者の皆様に最後のごあいさつ」。

 

170729f

 

 

       ☆        ☆        ☆

自宅療養中の5月末に、ご家族の手で口述筆記されたようで、医師

だけに自分の最期もよく分かっていた・・・とか言いたくなる所だが、

実際は思ったより生命力が強かったということか。

 

命の見極めは、自分自身にとっても難しい。その後も、死の2日前

まで一応、やり取りが出来たらしい。

 

偉人のような存在の中で、日野原氏のわかりやすい特徴は、自分

の活躍を積極的にアピールしている点だと思う。

 

アピールしなくてもあまりに有名だから、普通なら謙虚さを装うところ

だろうが、最後までアピールしているのは、老人みんなの力の凄さを

訴えたいからか。

 

エッセー連載開始の2002年(91歳)は、

 

  わたしの発案した「新老人」とはどういうものか、世の中の

  人にわかってもらうために、そのモデルであるべく毎日、

  全力投球していた頃

 

で、そのまま今にいたるまで、国内外を飛び回って来た。

 

 

     ☆        ☆        ☆   

しかし、「心の故郷はやはり聖路加国際病院です」、「心の帰る場所

です」。

 

一時的な入院や、長期の自宅療養を支えてくれた多くの医師・訪問

看護スタッフたち、さらに自分の後を継いでくれる院長に、

最後までありがとうございました」。

 

死の直前まで、自分の職場をそう言えるというのは、本当に幸せ

なことだと思う。私も含めて、多くの人には言えない事。せいぜい、

60歳くらいで退職する時までの思いのはず。

 

なぜか、一番身近なご家族への言葉がないのは、別扱いで遺言や

遺書を残したからなのか、あるいは、照れとか恥ずかしさのような

ものだろうか。

 

 

      ☆        ☆        ☆

しかし、本当の最後のメッセージは、全く別次元のものになっていた。

自分の人生や老人仲間とも、職場や家族とも、直接的には関係ない、

お花の話。

 

やや長くなるが、メッセージの最終段落をそのまま引用させて頂こう。

字数制限ぎりぎりだったからか、改行はもともと入ってない。

 

 自宅の庭には、妻の遺骨がほんの少しばかりまかれています。

 亡き妻はここに静かに眠っていると思います。私の名を付けた

 深紅の薔薇「スカーレットヒノハラ」と、妻の名を付けた淡い

 クリーム色の「スマイルシズコ」も今頃、長野県中野市の一本木

 公園で花を咲かせていることでしょう。これからの季節は、紫陽花

 が美しく咲くと思います。紫陽花は丸く、ボールのような形なので、

 私はボールフラワーとニックネームを付けました。まだ緑色の

 つぼみが日に日に膨らんでいくのを眺め、ボールのような花が

 きれいに色づくのを楽しみにしています。これで、私からの

 メッセージを終わりにしたいと思います。

 

 

      ☆        ☆        ☆  

「スカーレットヒノハラ」とはおそらく、『風と共に去りぬ』の主人公、

スカーレット・オハラをもじった言葉遊び♪ 講演なら、ここで笑いを

つかんだ所か。

 

講演や庭のお花も、氏の華々しい人生も、

 Gone with the wind  風と共に去りぬ

 

そしてまた、それを引き継ぐ次世代の花が咲くのだ。

ふるさとの、新しい風の中で。。

 

 After all... 

 tomorrow is another day.

 結局 明日はまた別の新しい日なんだわ

 

名作映画のラスト・メッセージと共に、この記事も終わりとしよう。

明日は明日の記事を書く♪ 日野原氏の安らかな眠りを祈りつつ、

ではまた。。☆彡

 

                 (計 2221字)

|

« 石原真理子の名前、「真理絵」名義のブログ&休養ジョグ | トップページ | 明治カール販売終了、代わりにキャラメルコーンのチーズ味♪&7kmラン »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 石原真理子の名前、「真理絵」名義のブログ&休養ジョグ | トップページ | 明治カール販売終了、代わりにキャラメルコーンのチーズ味♪&7kmラン »